【アラサー座談会】ドラマ『やれたかも委員会』を通して見えた「男女のセックス観」

2018.06.20 Vol.Web Original
 4月から話題を呼んだTBS・MBSのドラマ『やれたかも委員会』が、とうとう最終回を迎えた。TOKYO HEADLINEでは、第一話を鑑賞しての「アラサーやれたかも委員会」を行ったが、今一度アラサーが「やれたかも委員会に見る現代の私達のセックス観」を語るべく、再び集合した。 座談会出席アラサーの自己紹介などはこちら→http://www.tokyoheadline.com/410574/

葉加瀬太郎サマーフェス、開催!

2018.06.20 Vol.707

 葉加瀬太郎の50歳を記念して新たな夏フェス「葉加瀬太郎サマーフェス'18 〜50thanks evolution〜」が開催。出演アーティストも豪華な顔ぶれ。東京公演1日目にはKANと山崎まさよしのユニット・YAMA-KANやKICK THE CAN CREWら。また、2日目にはさだまさし、槇原敬之らが参加。このフェスでしかみられない豪華な出演アーティストは今後も順次発表される。チケットはローチケで絶賛発売中。
「葉加瀬太郎サマーフェス'18 〜50thanks evolution〜」 【東京】8月4日(土)、5(日)・葛西臨海公園 汐風の広場【料金】各日ブロック指定9500円、小学生2000円(いずれも税込)※全券種レジャーシート付、持込禁止【HP】http://tarofes.com/

【TOKYO HEADLIEの本棚】ラクする台所テク「料理研究家がうちでやっているラクして楽しむ台所術」

2018.06.20 Vol.707

 大人気料理研究家グー先生こと、林幸子氏の「料理研究家がうちでやっているラクして楽しむ台所術」が好評発売中。たまに作るのはいいけど、毎日料理をするのは大変。働く主婦にとっては、献立を考えるのすら苦痛だと感じる人もいるとか。そんな時のお助け技が、同書には詰まっている。著者の林先生は、30年以上活躍するカリスマ料理研究家。そんな先生が日ごろからやっている時短テクを惜しげもなく披露。最小の手間で最大限においしさを引き出す実用的な方法を教えてくれる。手抜きではなく、ちょっとした工夫で「ラクして楽しく」が同書の基本。無理せず、無駄なく、そして効率よく。道具選びから、出汁のとり方、献立づくり、料理のアレンジ術、残りものをおいしくする工夫、片づけ術まで、先生が実践している「台所しごと」のコツが満載。ひとり暮らしの人、新米ママさん、ベテラン主婦、そして料理男子も必読の書。

【TOKYO HEADLINEの本棚】齋藤孝『不機嫌は罪である』

2018.06.20 Vol.707
 コミュニケーションに関する著書も多い齋藤孝の最新刊。現代の日本社会において、“不機嫌”な態度をする人が増えている。職場で、電車で、レストランで、そして家庭で。不機嫌をあらわにすることは、自分の気持ちをダウンさせるだけではなく、周りの人をも不愉快にし、状況はますます悪化していくばかり。現代は、不機嫌な態度により人を服従させ自分の思い通りにさせようとする人ばかりか、ただ単に不機嫌を巻き散らしている人も多い。著者はその原因のひとつに、SNSを上げる。ネット社会となった今、人は他者の不機嫌に傷つきやすくなる一方で、24時間攻撃性を発揮できるようになった。既読スルー、未読スルーに敏感に反応し、日常のささいなイラつきを手軽に発信する。  また芸能人の不倫報道など、自分には関係ない事にでも匿名性をいい事に、怒りの矛先を向けるのだ。それらの事が、仕事や人間関係に大きな損害をもたらす。そう考えると、いつも上機嫌でいる事は、自分自身にとっても、社会のためにも大切だ。不機嫌をコントロールし、その気分を自分の中から排除する。さらに、意識的に自分自身を上機嫌にすることで、人生が豊かになるのだと。同書には簡単に気分を変える呼吸法や、著者おススメの映画や書籍の紹介など、不機嫌を解消するためのすぐに実践できる方法も書かれている。上機嫌に生きたいと願う人の指南書として手元に置いておきたい。

ハイローシリーズの最新作はアクションなしの青春純情ムービー! DOBERMAN INFINITYが主題歌

2018.06.19 Vol.Web Original

 男たちの闘いと友情を描いて人気を博した『HiGH&LOW』シリーズ最新作の劇場公開が決まった。16日、LDH LAND in 宮崎のステージにキャストがサプライズ登場し、自ら発表した。本シリーズのスピオンオフ作品で、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹が演じたDTCが繰り広げる青春純情ムービー。監督はシリーズ全作品の脚本を手掛けてきた平沼紀久。  タイトルは『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』。ダン(山下)、テッツ(寛太)、千春(大樹)がバイクで旅をしながら奇跡を巻き起こしていく。すでに予告編映像も公開中で、バイクの旅へ繰り出したものの所持金が底をつき、温泉宿でアルバイトを始める3人がさまざまな人と出会い、物語は展開していく。  他出演に、これまでシリーズに出演してきた鈴木伸之、八木将康、天野浩成、廣瀬智紀、松田凌、西川俊介、西村一輝、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴ら。そのほか、温泉街で新たに出会う人物として、笛木優子、駿河太郎、新井美羽らが出演する。  主題歌は、DOBERMAN INFINITYが歌う「YOU & I」。グループは「映画を観させていただき、仲間との友情や家族の愛、前に進む事の大切さなど、生きていくうえで、すごく大切な事を感じました。僕たちDOBERMAN INFINITYは、物語に込められた想いを音楽で伝えられるように心を込めて楽曲制作をさせていただきました」。さらに「ぜひ、劇場で映画とともにこの主題歌のメッセージを感じ取っていただきたいです。そして、『YOU&I』という楽曲がより一層、DTCの世界観を広げられるものになれたらうれしいです」と、コメントを寄せている。  また、HONEST BOYZが登坂広臣(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)をフィーチャリングした新曲「BEPPING SOUND feat. HIROOMI TOSAKA」が挿入歌として決まった。この曲はすでに配信のみでリリースされている。  映画は9月28日公開。3週間限定のロードショー。  予告編や作品の詳細は公式サイト http://high-low.jp/ で。

「魔界転生」がこの秋舞台化! 上川隆也「無茶苦茶にやりたい」

2018.06.19 Vol.Web Original
 舞台「魔界転生」の製作発表会見が19日、都内で行われ、柳生十兵衛を演じる主演の上川隆也をはじめ、溝端淳平、松平健、高岡早紀、藤本隆宏、山口馬木也らメインキャスト14名が出席。脚本のマキノノゾミ、演出の堤幸彦も登壇し、意気込みを語った。    山田風太郎の人気時代小説を舞台化。これまでにも、映画、舞台、マンガ、アニメ、ゲームなどさまざまなジャンルで表現されてきた作品だ。

“FA宣言”のマキタスポーツらがワタナベエンタへの移籍を発表

2018.06.19 Vol.Web Original

 “FA宣言”をしていたマキタスポーツ、プチ鹿島、お笑いコンビの米粒写経が、オフィス北野からワタナベエンターテインメントに移籍することが分かった。19日放送のラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ、月曜深夜0時~)で自ら発表した。  マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経のサンキュータツオのライフワークとも言える番組。番組終盤、米粒写経の居島一平が加わって、報告。3組を代表してマキタスポーツが「我々マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経の3組は、この度、ワタナベエンターテインメントの方に、身を預けることにいたしました」と、発表した。  期限とした5月末までに、10社以上からオファーがあったとし、個々の話もあるなかで「3組が一緒に足並みを揃えることを前提として模索」し、決定したという。 「誠実に話を聞いてくださった」こと、「いろいろ面倒見てくれるということ」、また最初の段階で手を挙げてくれたことが決め手になったという。  3組は5月31日でオフィス北野は退所している。  「いい転機にしたい」と、プチ鹿島。  サンキュータツオも「どういう出会いがあるか楽しみですけれども、各組ステップアップしていければ」と飛躍を誓った。  4月23日にFA宣言。5月末まで期限を設けて、オフィス北野を含め、さまざまな事務所と話をしてみたいとしていた。

村で楽しくアイテム探し「ピータ—ラビット―小さな村の探しもの―」

2018.06.19 Vol.707

 大ヒットアプリ『ピーターラビットガーデン』に続く、ピーターラビットゲームの最新版。誰でも簡単に遊べて、インストラクションをスキップしても楽しめるアイテム探しゲームだ。  アプリを立ち上げると広がる、ピーターラビットの原作絵本のような世界のなかに隠されているアイテムを見つけて、村をどんどん大きくしていく。  探しものの舞台となるのは、ピーターの家、ジマイマの農場、ふくろうじまなどピーターラビットの絵本の中で舞台になっている場所。温かくてかわいらしい世界のなかに、いろいろなアイテムが隠されている。かわいいキャラクターが次々に登場するほか、アルコールランプ、とうもろこし、ヒールのくつ、懐中時計……見つけ出すアイテムもそれぞれキュートで実際に手に入れられないかな……なんて思ったり。仲良くなったキャラクターが探しものを手伝ってくれたり、探しものをしているともらえる「建材」を使って村を豪華にして探索できる場所を増やせるなど、広がりがあるのもうれしい。
iOS / Android ポッピンゲームズジャパン 配信中 無料(アイテム課金)

元ハイカラメンバーによるバンドプロジェクト、DracoVirgo の2nd LIVE TOUR開催

2018.06.19 Vol.707

 MAAKIII (VOCAL)、mACKAz (BASS)、SASSY(DRUMS)からなるバンドプロジェクト「DracoVirgo(ドラコヴァーゴ)」。かつてHIGH and MIGHTY COLORで音と声を重ね合わせてきた3人が集結。3人を主軸に、さまざまな世界のクリエーターを巻き込み、ミクスチャーロックアーティスト集団として進化。「夢と現実」「陰と陽」の世界を自由に行き来する無限の可能性を秘めている。7月からは、東名阪をまわる2nd LIVE TOURの開催も決定!! 詳細はローチケHP( http://l-tike.com/dracovirgo/ )で! 【東京】7月29日(日)渋谷duo MUSIC EXCHANGE/一般発売:6月16日(土)10時〜【料金】スタンディング 3800円(税込)※ドリンク代別、3歳以上要チケット

【プレゼント】30周年の劇場版“アンパンマン”

2018.06.19 Vol.707
 30年もの間、長きにわたり“愛と勇気”を日本中に届けてきたアンパンマン。30周年の節目の年に公開される最新作『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』のテーマは“原点回帰”! 本作ではテレビアニメの第1話に登場し、アンパンマンの誕生のきっかけとなった“いのちの星”が、ストーリーに大きく関わることに。映画の公開を記念してアンパンマンの「スティック スイスイ そうじき」を読者1名にプレゼント(係名:「アンパンマンそうじき」)。

至極の一人芝居『フリー・コミティッド』

2018.06.19 Vol.707
 実力派の俳優として舞台を中心に活躍し、NHKの朝ドラ『マッサン』にも出演するなど、今では映像の世界でもひっぱりだこの成河が初の一人芝居に挑む。  その作品は劇作家、女優、TVプロデューサーとマルチな活躍を見せるベッキー・モードが、劇作家であり俳優のマーク・セトロックの協力を得て作り上げた傑作コメディー。1999年9月にニューヨーク・マンハッタンのチェリー・レーン・シアターで初演され、同年度の「タイム・マガジン」誌の演劇トップテンに選ばれた作品だ。  売れない俳優でマンハッタンの超人気レストランの予約電話受付係をしているサムのところにはお客から多くの電話がかかってくる。しかし店はすでに満席で、サムの仕事はなんとか予約をもぎとろうとするお客を断ること。実はサムはオーディションの結果を待っており、気分的にはそれどころではない。なのに父親までが電話をかけてきてサムを悩ませるという、シチュエーションを聞いただけで面白さは約束されたようなお話。  成河は主人公のサムのほか、電話をかけてくる客ら合わせて38役を一人で演じる。 『アドルフに告ぐ』でドイツ人と日本人のハーフで時代に翻弄されるアドルフ・カウフマン役をやったかと思えば、『黒蜥蜴』では黒蜥蜴の部下・雨宮潤一をマゾヒスティックな演技で好演。常日ごろから振れ幅の大きい役をこなす成河なら38役も難なくこなせそう。
『フリー・コミティッド』 【日時】6月28日(木)〜7月22日(日)(開演は日月14時、火14時/19時、水木19時、金19時30分、土14時/17時30分。※5日(木)は14時、12日(木)と18日(水)は14時/19時。休演は2日(月)、9日(月)、17日(火)。開場は開演30分前) 【会場】DDD青山クロスシアター(渋谷) 【料金】全席指定 一般 6900円 【問い合わせ】チケットスペース(TEL:03-3234-9999 [HP]https://www.stagegate.jp/) 【作】ベッキー・モード 【翻訳】常田景子 【演出】千葉哲也 【出演】成河
error: Content is protected !!