ロバート秋山の“YOKO FUCHIGAMI”新ブランドを次々披露するも…

2017.03.14 Vol.686
 パナソニックが新しく発売する衣類スチーマー「NI-FS530」の発表イベントが14日、都内にて行われ、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が、自身が扮する人気キャラクター“トータルファッションアドバイザー・YOKO FUCHIGAMI”として登壇した。  衣服のシワを手軽に伸ばせる衣料スチーマーがファッション業界でも重宝されていることから“パリコレ”と“バリコレ”で活躍するFUCHIGAMIが1日シワ撲滅大使に任命された、という設定。「これは東京への感謝を示したセカンドブランド“カーカー”のイヤリングで、カラスのしっぽで作ったの。服のほうはね、BUNRI FUCHIGAMIというブランドで、国道沿いの中央分離帯に落ちていた布を使ってるの」と、冒頭からFUCHIGAMIトークで会場を爆笑させた。  ところがメーカーの担当者が衣料スチーマーでシワを撲滅したいと語るや常々「一番のおしゃれは裸」と、自然体をモットーとするFUCHIGAMIがこれに抗議。「シワは自然が作り出すデザイン」とし、「タンスの奥で何年も寝かせたシャツ」や「親戚の座布団の下に置いておいた帽子」など、新ブランドTANSU FUCHIGAMIのアイテムを披露。徹底抗戦の構えを見せたものの、担当者が衣料スチーマーを使ってあっさりシワを伸ばしてしまうと「この服の本来の姿が見えてきたって感じで、これはこれでアリかもね…」と、新ブランドが潰えたことに不満を残しつつ「これならファッションショーのときも時間がかからなくて済むわね」と感心していた。  ちなみにFUCHIGAMIは、ロバート秋山のなりきり芸について「世界でベスト3に入るコメディアン」と絶賛しつつ「(いろいろなキャラになりすぎて)彼は今、どこが自分でどこがキャラクターなのか、分からない状態じゃないでしょうか。たまに普通にしゃべっているときも、よくわからない状態になっている」と、秋山の本音を漏らし、記者の笑いを誘った。  NI-FS530は4月21日発売。本日18時より公式SNSでプレゼントキャンペーンを開始。

2倍楽しい!TGCコラボステージ

2014.09.14 Vol.626
今年も大盛況だったリアルクローズのファッションフェスタ『第19回 東京ガールズコレクション2014 AUTUMN/WINTER』。10周年を迎える今回は“10th Anniversary 「Power of Fashion!−PROLOGUE−」”をテーマにTOKYO GIRLSの多彩なトレンドが集結。今回はいろいろなアイテムやカルチャー、豪華ゲストが登場するコラボステージに注目!

TGC TIPS for 2014 A/W  プラスワンアイテムで今年風に!

2014.09.14 Vol.626
HAT/CAP ベレー帽なら女子力アップ間違いなし!62618.jpg  季節を問わず、ファッションコーディネートに欠かせないアイテムとなったハットやキャップ。秋冬シーズンには防寒という目的も加わって、春夏以上に欠かせない存在になってくる。ランウェイをみると、女の子の魅力をぐっと引き上げるベレー帽が大活躍の兆し。ブラックはもちろん、レッド、グレーなども。



ACCESSORY ブラックには大振り&派手なデザインが合う62619.jpg  ブラックやダークカラーでシンプルにまとめたコーディネートに合わせるアクセサリーは大きなモチーフのネックレス。チェックや柄物のアイテムにも映える。敬遠しがちだった派手なデザインも全体をきゅっと引き締め、それぞれのアイテムの魅力を引き出す。リュクスなものや遊び心があるものでもグッド!



BAG アクセ感覚でビビッドカラーにトライ!62620.jpg  ブラックや落ち着きのあるカラーでまとめたファッションを引き立ててくれるのがバッグ。キャンディーのようなピンクやブルーのバッグたちがコーディネートにスパイスを加えてくれる。今季買い足すならば、アクセサリー感覚で使えるカラフルバッグがおすすめ。ビビッドカラーにも挑戦してみて!



FUR 秋冬度上げるふわふわファーはマストバイ!62621.jpg  定番のファーは秋冬には欠かせないアイテム。ファーを取り入れたジャケットやコートはもちろん、マフラーやスヌード、帽子、イヤーマフなど小物類もピックアップしたい。ゴージャス感を演出したり、カジュアル感やアウトドア感が増すイメージもあるけれど、キュートさもプラスしてくれる。

TGC 2014 A/W 鉄板のレザージャケットはライダースが狙い 

2014.09.14 Vol.626
 春夏と比べて、素材も豊富で重ね着コーディネートも楽しめる、秋冬ファッション。さまざまなアイテムが出そろうなかで、定番かつマストハブとなったのがレザーだ。ライダース、ノーカラー、テーラードなどバラエティーに富んだラインアップのジャケットはもちろん、さまざまなレングスのコート、スカートやパンツなど、ピックアップするアイテムも豊富で選択肢も幅広い。  TGCのランウェイで目に付いたのが、ブラックのライダースジャケットだった。どのブランドのショーにも必ず一点は登場するといっても過言ではないほど鉄板アイテムになっていて、それぞれレトロなミニワンピースやボタニカル柄の柔らかい素材のワンピースなどフェミニンなアイテムとミックスさせたり、デニムやスリムなボトムスと合わせてカッコいいを追求するコーディネートなど、大活躍だった。今季、レザージャケットを買い足すなら、このタイプがオススメといえそうだ。  また、ライダースでも、イチオシはダブルのもの(写真11)。シングルと比べると、よりマニッシュなイメージがあるけれど、その力強さがフェミニンなアイテムとの相性がいい。襟のついた清楚なミニワンピースと併せると凜とした雰囲気が加わる。ワンピースの良さを最大限に引き出して、女の子らしさを演出していた。また、ジャケットは、着込む、肩にかけるなど取り入れ方を変えるだけで印象も変わるので、気分やシチュエーションに合わせて楽しめそうだ。  気付けば、9月も半ば。まもなく本格的な秋の気配が漂い始め、秋冬ファッションをまとった人たちで街がいっぱいになる。今こそ、準備に着手するタイミング。TGCから得たヒントを参考に、あなたのクローゼットも充実させてみて! ただでさえ楽しい秋のお出かけが、もっと楽しくなるはずだ。

TGC 2014 A/W 秋冬のキーワードはクロ使い!

2014.09.14 Vol.626
街を歩けば、ショーウインドーはすでに秋模様。そろそろ自分のクローゼットも秋仕様にチェンジするタイミングだ。最新アイテムやトレンドカラーを買い足して、コーディネートもバージョンアップ。さて、何を足したらいいの? リアルクローズの祭典「東京ガールズコレクション 2014 AUTUMN/WINTER(TGC)」からヒントをもらった!

ユニクロの新商品「リラコ」と「ステテコ」が期間限定セール

2013.06.07 Vol.592

20130607c.jpg 女性のために、女性が開発したユニクロの「リラコ」。昨年、本格販売を開始し、大きな反響を呼んだ男性用の「ステテコ」の快適性と利便性を取り入れた、この夏注目のアイテムだ。「Relax&Comfort Pants」がネーミングの由来の通り、猛暑が予想される今夏、「リラコ」人気が高まりそう。

 そんな「リラコ」と「ステテコ」が夏に先駆け期間限定セールを実施。 6月13日(木)まで、990円を790円に値下げして販売する。

 部屋着としても、ちょっとそこまでの外着としても便利な「リラコ」の快適な着心地を一足先に体験してみない?

リアル福袋人間イベント開催

2012.12.21 Vol.577

20121221e.jpg
 全国に60店舗展開するリサイクル古着屋「ドンドンダウン オン ウエンズデイ 原宿店」が、23日オープン、オープン記念イベントの開催を発表した。

 同店は、人気古着ショップ「Hanjiro」とのコラボショップ。「ドンドン~」初の原宿出店にして、フラッグシップストアとして位置づけられるという。
 その記念イベントとは、自分自身が福袋になる"リアル福袋人間イベント"「ふくぶくれ」。店内のイベントスペースに用意された山盛りの古着を、8分の制限時間内にドンドン重ね着していくというもの。もちろん、着た洋服はすべて持ち帰れる。しかも、88枚着たら参加料金の888円がタダになるというチャンスも。一足早いお年玉企画。なるべく薄着をしていくのがコツだが、全裸からのスタートはダメなので、お気を付けて。

「ふくぶくれ」【開催期間】12月23日(日)~2013年1月3日(木)【開催時間】11時30分、14時30分、17時30分【参加料金】888円(1人1回限り)【制限時間】8分【参加人数】期間中888名限定

銀座に女性のためのユニクロがオープン

2012.11.01 Vol.570

20121101b.jpg 女性のためのユニクロ『ユニクロマルシェ プランタン銀座』が2日、東京・銀座のプランタン銀座にオープン。それに先立ち1日、店内が公開された。
 同店は、ファーストリテイリンググループ傘下のユニクロ、ジーユー、コントワー・デ・コトニエ、日本初出店のプリンセス タム・タム、プラステの5ブランドが集結。6階と7階の2フロア、約630坪の総面積で展開される。
 各ブランドの服を着たモデルとともに、登場した同社の代表取締役会長兼社長の柳井氏は、「最高の立地に出店できて嬉しい。有楽町、銀座で働く女性、またショッピングに来る女性たちに買い物を楽しんで欲しい。世界でも初めての試みだと思うが、この店が成功すれば今後、国内外でこのような店舗を出店する計画もある」と語った。
 同店では、トータルコーディネイトのアドバイスをする「ファッションソムリエ」を配置するほか、小学館の人気女性誌「Oggi」や「CanCam」とのコラボ商品を発売するなど、女性にうれしいサービスや商品を展開する。

ファッション業界に嵐? 「SERENE Dept.」ローンチ

2011.06.06 Vol.512

表参道発



ph_tokyo0200.jpg

(写真左)「グッドガール」をキーワードに「ベーシック・クラシック・キュート」をコンセプトにしたスタイルだ。“おばあちゃんが着ていた服を今風にアレンジ”。 (写真中央上)SERENE Dept.は靴にも注力。リーズナブルな価格帯で多数のアイテムを投入予定。 (写真中央下)注目度の高いアイテム、フード付きキルトコートは1万2000円(予定)。
(写真右端)総合プロデューサーの佐々木大輔氏。「ファストファッション、ハイメゾンはある意味完成された市場。それとは違う新しい層を生み出したい」。世代を代表するデザイナーを起用し「ジャパンカルチャーを世界に発信したい」とも語った




 5月24、25日、都内で東京スタイルが手掛ける新しいブランド「SERENE Dept.」の展示会が開催され、多くのマスコミ、アパレル業界の関係者が詰めかけた。本ブランドは東京スタイルが初めてF1層をターゲットにしたブランドとして話題を集めている。


 総合プロデューサーには、札幌コレクションなどを手掛けた佐々木大輔氏を迎えた。ファストファッションとハイメゾンの2極化が進むF1層の中で「パイ(客)を取り合うのではなく、新しいマーケット、新しいカルチャーを創出したい」と佐々木氏。キーワードは「グッドガール」。「家族も仕事も大切にしながら自由を謳歌する女性」のイメージで、「日本のユーザーには世界を感じてもらいながら、海外から見ると“東京ポップ”を感じさせる」スタイルを作り上げている。


 イメージアイコンには、アメリカの名門7女子大学のセブン・シスターズをモチーフにした「セブンスターズ」を使用するなど、視覚的・聴覚的なイメージ戦略にも力を入れており、今後さまざまな展開を行っていく予定だ。今年秋に旗艦店となる路面店をオープンし、今秋5店舗展開を目指していく。