【インタビュー】DEEP「歌いたい」……10年間、ずっと思い続けてきた

2018.02.21 Vol.Web Original
 コーラスグループのDEEPがニューシングル『SING』を2月28日にリリースする。10周年超え、改めて新しい一歩を踏み出す彼らの集大成であり、原点回帰であるバラード。黙っていてもにじみ出る歌や歌うことへの想いが反映された曲。彼らの新しい代表曲になることは間違いなさそうだ。

【インタビュー】知英 × 竹中直人 地味な派遣OLと女好きワンマン社長が入れ替わる!? 映画『レオン』

2018.02.19 Vol.703
 ナイスバディだけが取り柄の地味OLと、年商500億の女好きワンマン社長の“心”と“体”が入れ替わる話題作『レオン』。オッサン化した知英とナヨナヨの竹中直人が魅せる抱腹絶倒のスイッチング・エンターテインメントは、今昔の入れ替わり作品とは一味も二味も違う。竹中直人も圧倒された知英のダイナミズムを見逃すな!

インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.14 EXILE SHOKICHI (EXILE/EXILE THE SECOND)

2018.02.18 Vol.Web Original
 EXILE、三代目J Soul Brothers、E-Girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを通じて「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDH バトン】では、LDHに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、Dream(夢)について聞いていきます。  今回、登場していただくのは、EXILE SHOKICHIさん。現在、EXILE THE SECONDで全国ツアーを展開中。22日にはニューシングル『アカシア』を発売。3月28日にはニューアルバム『Highway Star』のリリースを控えています。

“ホラー免疫”の無いポーランドで生まれた傑作ホラー

2018.02.14 Vol.703

 美しき肉食人魚姉妹が、歌声と美貌で男たちを引き付けては餌食にする、異色のファンタジーホラーミュージカル! 日本では昨年の東京国際映画祭での上映を機に早くから話題を呼んでいたが、アグニェシュカ・スモチンスカ監督いわく「最初まったく理解されなかった(笑)」という。 「実はポーランドでは、もともとホラー映画の文化が無く誰も見ないし作らない。この作品も完成までかなり苦労しました。配給会社にデモ映像を見せたらセックス描写には何も言わず、肉食シーンを見て即“このシーンはカットしてください”って(笑)。もちろんそういうオーダーはすべて拒否しました。なぜならこの作品がユニークで魅力的であるのは美しさと残酷さ両方の側面を備えているからなのです。ホラーとポエム、リアリズムとファンタジー、それらが一体となっているのが本作の重要な点なのです」

武尊「K-1を下げるような発言に腹が立った」

2018.02.13 Vol.703
「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN 〜K'FESTA.1〜」(3月21日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)で当初は大雅の持つ「K-1スーパー・フェザー級」のベルトに挑戦することになっていた武尊。しかし大雅の所属するTRY HARD GYMの契約上のトラブルにより思わぬ形で大雅は不出場となり、王座もはく奪。この試合は消滅した。新しい武尊のカードに注目が集まったが、2月7日、ついに発表。それは武尊を含む8選手による「第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント」という世間の予想の遥か上をいくものだった。会見前に武尊に話を聞いた。

トンネルを抜けた先に生まれた、新たな“俳優・岩田剛典”!

2018.02.12 Vol.703
 EXILE、三代目J Soul Brothersのメンバーにして、俳優としても評価が高まる岩田剛典が、日本中を胸キュンさせた『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』から一転、人の心の闇に迫る緊迫のサスペンスで映画初単独主演! かつて見せたことの無い表情の数々、そして最後に明かす衝撃の顔とは!?

インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.13 Crystal Kay

2018.02.11 Vol.Web Original
 EXILE、三代目J Soul Brothers、E-Girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを展開して「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDHバトン】では、LDH JAPANに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、DREAM(夢)について聞いていきます。  今回は、Crystal Kayさんです。

伊勢谷友介「“働くこと”が人類の未来につながる社会を」

2018.02.08 Vol.702
「人類が地球に生き残るにはどうするべきか?」という問いに真剣に向き合おうとしたとき、伊勢谷さんが選んだのは“起業”という道だった。俳優として映画やドラマなど幅広い舞台で活躍する一方、一人の人間として人類の未来のためにできることをしたい、という思いをビジネスとして実現しようとした背景とは。そして社会起業家にこそ必要な視点とは。

名匠ジョン・ウー「アクションよりも大事なこと」!

2018.02.05 Vol.702

「健さんは正義を代弁する役を演じ、男前で、口数は少なくとも目や背中で語ることができるトップスターでした」と、故・高倉健へのリスペクトを熱く語るのは、世界中のアクション映画ファンから支持を得る名匠ジョン・ウー。 「当時の私は日本とフランスにあこがれていて、フランスのタバコを吸い、ゲリラみたいなジャケットを着て長髪で、ヒッピーみたいな格好をしていました(笑)。香港の著名監督の助手をやっていたんですが監督からよくフランスのチンピラみたいだな、と言われていました(笑)」  そんな監督が高倉主演で映画化もされた小説『君よ憤怒の河を渉れ』を、日本の福山雅治と中国の実力派俳優チャン・ハンユーをW主演に迎えて再映画化。 「以前にCMの仕事でご一緒したときにガンアクションのある短編映像も撮影したんですが、スタント無しでこなす福山さんに感銘を受け、いつか一緒に映画をと思っていたんです」  ハードボイルドな福山の姿も必見。 「私がオファーをする際に最も重要視しているのは演技で、アクションはその次。外見だけでなく内面世界も表現できる説得力のある演技をして、初めてアクションにも説得力を持たせることができると思っています。それに私が求めているのは、ジャッキー・チェンさんのような超人的なものではなく(笑)、あくまでかっこよく美しく見せること。俳優には最初、普段どんなスポーツに親しんでいるかを尋ねます。テニスなのかダンスなのかによってこなせる動作が違ってくる。あと見せ方としてはむしろミュージカルを意識していますね」  二丁拳銃や白い鳩といったジョン・ウー節はそのままに70年代の名作をよみがえらせた、映画ファン必見の一本。

インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.12 EXILE TETSUYA(EXILE/EXILE THE SECOND / DANCE EARTH PARTY)

2018.02.04 Vol.Web Original
 EXILE、三代目J Soul Brothers、E-Girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを展開して「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDHバトン】では、LDH JAPANに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、DREAM(夢)について聞いていきます。  第12回は、本紙でコラム『DANCEの道』を執筆中のEXILE TETSUYAさんです。

【インタビュー】Leola、こじらせ女子歌う新曲「感じたこと、素直に書いた」

2018.02.01 Vol.Web Original
 シンガーのLeolaが2018年第1弾となるニューシングル『Puzzle』を2月7日にリリースする。映画『パンとバスと二度目のハツコイ』(2月17日公開)の主題歌で、Leolaが“こじらせてる”ヒロインを歌詞にしたためた。「彼女が言葉にできない気持ちを歌にしたいと思った」というLeolaにインタビューした。
error: Content is protected !!