日本最大級のコレクションを一挙公開

2011.03.14 Vol.501
ph_tg0500.jpg

 少女や裸婦、猫を描いた画家として親しまれているレオナール・フジタの展覧会『レオナール・フジタ−私のパリ、私のアトリエ』がポーラ美術館で開催される。初公開作品11点を含む110点を展覧。活動の拠点となったパリ、そして制作と生活の場であったアトリエに焦点をあて、彼の芸術がいかに形成されたかを探る。読者5組10名に招待券をプレゼント(係名:「ポーラ」)。


レオナール・フジタ(藤田嗣治)《姉妹》1950年 油彩/カンヴァス
©ADAGP, Paris&SPDA, Tokyo, 2011



【会期】3月19日(土)〜9月4日(日)、会期中無休 【開館時間】9〜17時(入館は16時30分まで) 【入館料】大人1800円、大学・高校生1300円、中学・小学生700円(土曜日無料)、シニア、団体割引あり 【問い合わせ】ポーラ美術館 TEL:0460-84-2111 【URL】http://www.polamuseum.or.jp



『TOKYO HEADLINE』500号記念 Part.2

2011.03.07 Vol.500

お世話になったみなさまからコメントをいただきました













ph_feature0200.jpg

別所哲也
 東京の今がギッシリと詰まったTOKYOヘッドライン。カラフルで明るい紙面からいつも刺激を受けます。国際都市・東京がどんな色彩変化で息づいているのか?をハンドメイドの優しさで届けてくれる稀有な東京メディアだと思います。しかも情報のブレンド感は絶妙!美味しいコーヒーのようにこれからも薫り高く、前頭葉と脳幹を刺激する情報を発信し続けてください。そして僕たちの日常を彩るカラフルニュースペーパーであり続けてください。500号達成おめでとうございます!!!


4月からは、開場100周年を迎える帝国劇場にて、ミュージカル「レ・ミゼラブル」にジャン・バルジャン役で主演。99年より主宰する国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2011」が6月に開催予定。今年で13年目を迎える。これまでの映画祭への取り組みから、観光庁「VISIT JAPAN大使」に任命され、文化庁からは文化発信部門長官表彰を受けた。2010年より、内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会委員を務める。


サイン入り著書を1名にプレゼント



ph_feature0201.jpg

 秋元才加「私も出させていただけたことは光栄です。これからも続けていってください」。梅田彩佳「東京タワーの連載でお世話になっています。私が落ち着ける場所ですので、これからもよろしくお願いします」。奥真奈美「すごくいろんな情報が載っているので、みなさんぜひ見てください」。小林香菜「楽屋の待ち時間などに、芸能面を読んで勉強しています。私も出させてください」。増田有華「東京食道楽で取材させてもらいましたが、ためになることがギュッと詰まっているので、次は1000号目指してください」。宮澤佐江「ニュースや芸能の勉強ができるので、これからも楽しいフリーペーパーをよろしくお願いします」


秋元才加(写真上段左)、梅田彩佳(写真上段右)、奥真奈美(写真中央左)、小林香菜(写真中央右)、増田有華(写真下段左)、宮澤佐江(写真下段左)



ph_feature0202.jpg

©HIROSHI NOMURA



リリー・フランキー
 TOKYO HEADLINEはいつもなにかを探しているし、いつもなにかを変えようとしている。だから、500号に達してもいつも存在が端々しい。


1963年福岡県生まれ。武蔵野美術大学卒業。イラストのほか、文筆、写真、デザイン、俳優など幅広い分野で活動。初の長編小説「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」は06年本屋大賞を受賞、220万部を超すベストセラーとなった。また絵本「おでんくん」は老若男女問わず熱烈な支持を集めている。最新刊は「エコラム」。



ph_feature0203.jpg

石田純一
 500号おめでとうございます!
 TOKYO HEADLINEとはフードアクションニッポンからのお付き合いで、毎回仕事を越えた新しい出会いをもたらしてくれます。これからもよろしくお願いします!



ph_feature0204.jpg

小山薫堂
 これだけの情報を毎週無料で提供し続けてきたなんて、現代の奇跡だと思います。しかもHPはさらに充実しているし! これからも東京のいちばんオイシイネタを発信し続けてください。


著書「恋する日本語」(幻冬舎文庫)がドラマ化され現在毎週木曜深夜0:15〜NHK総合にてOA中。深夜のひととき、心のビタミンになるハートウォーミングドラマ。放送内にて紹介された「恋する日本語」を携帯サイトにて限定公開中。http://wv.nhk.or.jp/koisuru/



ph_feature0205.jpg

ICONIQ
 TOKYO HEADLINE様500号、おめでとうございます。ICONIQのデビュータイミングで表誌を飾らせて頂いたこともあり、私にとってもとても思い入れがあるフリーペーパーです。今後も1000号・2000号とずっと末永く皆様に愛されるTOKYO HEADLINEであることを心より願っております。今後ともICONIQよろしくお願いいたします。


ICONIQグッズを2名にプレゼント




500号プレイバック <ヘッドライン的インタビュー>


 メジャーから知る人ぞ知る的なアーティストまで、多彩なインタビューがHEADLINEのウリなんです。


ph_feature0206.jpg

取材から見えた報道と現実のギャップ


 福田康夫氏が突然の総理辞任。小池百合子氏のインタビューは、自民党総裁選で忙しい時期に行った。事務所では、ニュース番組が流れていたが、報道と現実に多少のギャップがあるのを察することができたのが印象的だった。
2008年9月15日号




ph_feature0207.jpg

これ以上ロマンチックな取材はない


 さまざまな取材エピソードが飛び交うGACKT。本紙でもキャンドルの炎を眺めながらの取材がありました。ロマンチックなディナーをキャンドルディナーっていいますが、まさかキャンドルインタビューとは!
2007年12月17日号




ph_feature0208.jpg

福田沙紀の笑顔に参った東京食道楽


 東京食道楽に登場してくれた福田沙紀は当時16歳で、出されたワッフルをほっくほくの表情で食べる姿がかわいらしい。明るくて、元気がよくて、分け隔てのない態度。「子どもが生まれるなら、こんな娘に育ってほしい」と嘆息した取材だった。
2006年9月4日号




ph_feature0209.jpg

マサイ族のイケメン戦士から逆取材!?


 映画『マサイ』で主演したマサイ族の若き戦士、マイナとパルカシオへのインタビューで"日本について質問は?"と尋ねると「日本では結婚相手は自分で選ぶ?」「夫を選ぶ基準は?」と"恋バナ"状態に。ちなみにマサイでは"牛"(=資産)が大事だとか。
2005年12月19日号




ph_feature0210.jpg

めったに取材することのない人


「日本におけるドイツ年」だった2006年。ルネ・ポレシュというドイツ人演出家が来日した。彼はドイツに限らず、ヨーロッパでも著名な演出家。めったに来日することのない外国人にインタビューする機会がもらえることのありがたさを感じた。
2006年3月29日号




ph_feature0211.jpg

品性を感じた春風亭昇太さん


 こちらがオススメの店で食事をしながらのインタビュー。最初に箸をつけた牛タン定食をキレイに召し上がったので、ほかの珍しいメニューもお勧めすると「お箸つけていませんから、スタッフの方で食べて下さい」と。素顔もとっても素敵な方でした。
2010年8月23日号





Part.1 >> Part.3 >>



『TOKYO HEADLINE』500号記念 Part.1

2011.03.07 Vol.500

お世話になったみなさまからコメントをいただきました
















ph_feature0100.jpg

SAM(TRF)
 500号おめでとうございます!
 その節はお世話になりました。
 これからも上質なエンターテイメント情報を世の中に提供していって下さい。
 そして、1000号、2000号を目指して頑張って下さい!


TRFグッズを2名にプレゼント



ph_feature0101.jpg

HIRO(EXILE).
 創刊500号おめでとうございます!
 凄いですね。
 これからも皆がワクワクするフリーペーパーとして楽しませてください!
 僕らも頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします!!


EXILEグッズを1名にプレゼント



ph_feature0102.jpg

Every Little Thing 持田香織
 TOKYO HEADLINEさん、500号!
 おめでとうございます!!
 いつもお世話になっております。
 魅力溢れる情報を私たちに届けてくださること、楽しみにしております!
 つくっていらっしゃるみなさんの真心に感謝して。今後とも素敵なものを楽しみにしております。


ELTグッズを2名にプレゼント



ph_feature0103.jpg

Every Little Thing 伊藤一朗
 500号突破、おめでとうございます!
 ELTも、きれいなカフェで取材していただいたのを良く覚えております。
 報道もいろいろなスタイルがあると思いますが、タブロイド型のフリーペーパーという身近な存在でありながら、これからも各ジャンルの新しい話題を発信し続けてほしいと思います!



ph_feature0104.jpg

倖田來未
 TOKYO HEADLINE 500号おめでとうございます。
 東京発の情報をこれからも発信し続けて 1000号、2000号を迎えられますように。応援します!


倖田來未グッズを2名にプレゼント



ph_feature0105.jpg

大塚 愛
 お世話になっている「HEADLINE」さんが、500回だなんてめでたいデスね!! このめでたさを、さらに、めっちゃめでたい!を目指して今後もお願いいたします!!


大塚 愛グッズを2名にプレゼント



ph_feature0106.jpg

AAA
 TOKYO HEADLINE500号おめでとうございます!
 いつも楽しい企画で僕たち・私たち自身も楽しませてもらっています。
 AAAもライブ500回を目指して頑張っていきますね(笑)
 今後ともよろしくお願いいたします!


AAAグッズを2名にプレゼント



ph_feature0107.jpg

GIRL NEXT DOOR
 500号記念ということで、本当におめでとうございます! デビュー当初に表紙を飾らせていただき、いまだに大喜びしてたのを覚えています。TOKYO HEADLINEは色んなアーティストさんたちの情報から、時事も流行りのものまでチェックできるので、移動中など愛読させていただいてます♪ これからも色んな情報楽しみにしてます!


GNDグッズを2名にプレゼント




500号プレイバック <1面を飾ったセレブたち>


 2002年7月1日に日刊紙『HEADLINE TODAY』としてスタートした本紙は11月25日発行号から週刊の『TOKYO HEADLINE』として生まれ変わった。節目の1面、思い出の1面をピックアップ。


週刊化第1号はベッカム
300号ではコラム連載中の吉川晃司が登場


 週刊化の第1弾はサッカーのイングランド代表のデーヴィッド・ベッカム。2002年といえば日韓W杯が行われた年。当時のベッカムはサッカー界を飛び越えたスーパースターだった。1面のレイアウトもややおとなしめ?


 隣のブロックは100号から400号のキリ番の1面。200号ではすでに最近に近いレイアウトに。300号では本紙でコラムを連載中の吉川晃司が1面を飾った。


日本人第1号はアントニオ猪木


 1面に初めて日本人が登場したのは2003年12月22日号のアントニオ猪木。2004年には矢沢永吉、松任谷由実といったビッグネームが1面に登場。



ph_feature0108.jpg

写真上段左から・2002年11月25日号、2003年3月31日号、2005年4月18日号、2007年4月2日号、2009年3月16日号
写真下段左から・2003年12月22日号、2004年12月8日号、2004年8月30日号



Part.2 >> Part.3 >>



日本で一番長く愛されているジャムブランド

2011.03.07 Vol.500

ph_tg0100.jpg


 明治屋の『マイジャム』誕生100年を記念し『「あの朝から、100年。」キャンペーン』が実施される。クイズに応えて応募すると抽選で「マイジャム果実実感ジャム詰め合わせ(4個)」&「特製マイジャムスパチュラ」が当たる。『マイジャム』は1911年に誕生し、日本の朝食時のパン食文化を牽引してきた歴史あるジャムブランド。キャンペーンを記念し、マイジャム果実実感ジャム詰め合わせ(3個)を読者10名にプレゼント(係名:「マイジャム」)。




『「あの朝から、100年。」キャンペーン』 【応募期間】3月15日(火)〜5月31日(火) 【問い合わせ】明治屋お客様相談室 TEL:0120-565-580 【URL】http://www.meidi-ya.co.jp/




『ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路』試写会に15組30名

2011.03.07 Vol.500

【日時】3月28日(月) 18時30分〜【会場】東商ホール(日比谷)


 世界中から愛される天才音楽家、ヴォルフガング・モーツァルト。その傍らには“もう一人のモーツァルト”の存在があった。彼と等しく才能に恵まれながらも時代に翻弄された姉・ナンネルことマリア・アンナ・モーツァルトのドラマを描いた感動作。


 幼いころから音楽への才能を開花させたナンネルだったが、父はヨーロッパで神童と称される弟・ヴォルフガングを溺愛し、ナンネルにはヴァイオリンに触れることすら禁じる。ナンネルはルイ15世に招かれた演奏会で、王太子と出会い恋に落ちるのだが…。4月、Bunkamura ル・シネマにて公開予定。



『戦火のナージャ』試写会に15組30名

2011.03.07 Vol.500

【日時】3月31日(木) 18時30分〜【会場】一ツ橋ホール(神保町)


「お父さん、生きていますか?」。スターリン大粛清そして第二次世界大戦という過酷な運命下で、お互いの生存を信じながら生き延び、再会を果たそうとする父と娘の絆を、壮大なスケールで描く感動作。


 1943年。裏切り者の根絶に執念を燃やすスターリンは自分に逆らい銃殺刑に処されたコトフが生きているという情報を得、ドミートリ大佐に捜索を命令する。実は大佐こそコトフの娘・ナージャを助けた人物だった…。不朽の名作『太陽に灼かれて』の巨匠ニキータ・ミハルコフ監督、渾身の超大作。GW、シネスイッチ銀座他にて公開予定。



今年もお花見は目黒川で!

2011.03.07 Vol.500

ph_tg0300.jpg


 オーストラリアのプレミアム・スパークリングワイン“シャンドン ロゼ”のお花見イベントが今年も開催。スタイリッシュなお花見スポットとして人気の目黒川を中心に、中目黒エリアの36店のレストラン・カフェ・バーで、桜色に染まる“シャンドン ロゼ”がグラス一杯から飲むことができる。また、桜開花時の週末には、屋外のオープンエアの“CHANDON BAR”が土・日限定で登場。一年に一度の桜のシーズンを盛り上げる。読者2名にシャンドンロゼ、ボトルストッパー、ピクニックシートのセットをプレゼント(係名:「シャンドンロゼ」)。




「お花見 CHANDON 目黒川」 【期間】3月14日(月)〜4月17日(日) 【URL】www.mhdkk.com/ohanami




働く女性の“勝負ハミガキ”新定番

2011.03.07 Vol.500

ph_tg0600.jpg


 口内の隅々までしっかり洗浄し、歯が持つ本来の美しさと白さを目指すハミガキが新発売された。ステインや黄ばみをしっかりと落としながら、歯ブラシでは届きにくい裏側の奥の汚れまではがしてくれる独自開発したミクロの泡「マイクロホイップ」が健康で輝く白い歯にしてくれる。シトラス系ミントの香りで、気分もリフレッシュ。読者5名に同商品をプレゼント(係名:「ハミガキ」)。




「アクアフレッシュエクストリームクリーン ホワイトニング 」 【問い合わせ】アクアフレッシュ読者プレゼント事務局 TEL:03-3496-1037(9時30分〜17時、土・日・祝日除く) 【URL】aquafresh.jp/extreme




受け継がれてゆく日本人の心と味

2011.03.07 Vol.500

ph_tg0800.jpg


 桜舞う美しい津軽の地で、百年長々と受け継がれていく“魂”が咲かせる感動の物語が公開される。明治末期、弘前に津軽蕎麦の店を出した賢治。時は流れ現代、4代目に当たる陽一は父との確執から店を継がずに東京で暮らしていた。父の事故の知らせを聞き、久しぶりに帰省した彼の気持ちは少しずつ変化し、弘前のさくらまつりの日に小さな奇跡が起きる。森沢明夫の同名小説を原作に、大森一樹がメガホンをとった。公開を記念し、「津軽そばし」(竹製の箸)を読者3名にプレゼント(係名:「津軽」)。




『津軽百年食堂』4月2日(土)より全国順次ロードショー




『TOKYO HEADLINE』500号達成記念 プレゼント

2011.03.07 Vol.500





















ph_feature0400.jpg


好評につきシリーズ第二弾



 マクドナルドは、2010年に実施した“Big America”シリーズをさらに進化させた4つの新商品を、期間限定で販売する“Big America2”キャンペーンを実地中。ビーフ100%、通常の約2.5倍のビーフパティを主役にし、本場アメリカンテイストを実現したハンバーガーは、アメリカの4つの都市をイメージして開発した自信作。全国の店舗で利用できる商品券「マックカード」(500円×4枚セット)を10名様にプレゼント(係名:「マックカード」)。




ph_feature0500.jpg


進化に終わりはない



「真・三國無双」シリーズは、中国の三国時代を舞台にした“一騎当千の爽快感”が味わえるタクティカルアクションゲーム。プレイヤーは、三国志の武将となり、自軍を勝利へと導くべく、無数の敵が迫り来る戦場へと身を投じていく。シリーズ10周年記念作品であり、最新作である『真・三國無双6』は、新勢力である「晋」の登場や進化したアクション、3D立体視への対応など、かつてない「真・三國無双」の世界が楽しめる。読者3名様にプレゼント(係名:「真・三國無双」)。




ph_feature0600.jpg


©カラー




エヴァ2号機THE・BEAST登場



 富士急ハイランド「EVANGELION:WORLD」に「実物大エヴァンゲリオン2号機獣化第二形態THE・BEAST」が3月16日オープン。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」で、ビーストモードのエヴァ2号機がネルフ基地内に突っ込み、碇シンジと対面するシーンを高さ約7m幅約5mの立体頭像で再現。同機に搭乗している「真希波・マリ・イラストリアス」が話しかけてくれる演出も。フリーパスを読者5組にプレゼント(係名:「エヴァ」)。




ph_feature0700.jpg


シンプルな美肌スキンケア



 ネットや口コミで話題の「天使の美肌水」は、防腐剤・香料無添加の安心・安全なスキンケア化粧水。保湿効果抜群の尿素とグリセリンがみずみずしく美しい肌を保つ。そんな天使の美肌水シリーズから、「天使の美肌水しっとり」(714円)、「天使の美肌水超しっとり」(798円)、「天使の美肌クリーム」(1029円)、「天使の美肌石けん」(273円)が各1個入っているセットを読者5名様にプレゼント(係名:「天使の美肌」)。 ※価格はすべて税込




ph_feature0800.jpg


アステカ王国伝来のチョコレート



「チョコレート・ディ・モディカ」は、ミルク乳化剤を使わず、カカオ粒、砂糖、香辛料のみを使用し、ザクザクとした歯ごたえと、カカオの香りや旨みがダイレクトに味わえるチョコレート。カカオの粒からカカオバターを取り除かず加熱をしないで、砂糖の結晶が解けない温度で混ぜ合わせるので、普通なら分散してしまうカカオの香りが保たれる。ウイスキーや赤ワインなど重めの酒とも良く合い、今までにない香りと食感が楽しめる。読者10名様にプレゼント(係名:「チョコ」)。




ph_feature0900.jpg


手作り結婚指輪の体験数「日本一」



 全国からカップルたちが結婚指輪づくりに訪れるという、日本でも珍しい手作り指輪の専門工房アトリエソエタ。作業はスタッフがサポートしてくれるので安心。打ち合わせと作業の時間は、約3時間。1日で手作りの指輪ができるのも魅力。完全予約制、事前の相談や見学も可能。詳細は0120-68-7899まで。アトリエソエタプロデュースの「エー・ダブリュ・エス」のシルバーアクセサリー手作り体験チケットをペアで3組にプレゼント(係名:「ソエタ」)。




ph_feature1000.jpg


勝負時間に、ここぞの一本。



 仕事や勉強、家庭、プライベート。どんな人にもそんなさまざまなシーンで、負けられない瞬間、「勝負時間」が存在する。眠眠打破はそんな「勝負時間」をサポートし、頑張る人を応援するコーヒー味の本格派ドリンク。今、この一瞬を頑張りたい人のために、この眠眠打破を10本セットにして、読者5名様にプレゼント!(係名:「眠眠打破」)。




ph_feature1100.jpg


“素足美人”をつくります



 足裏やかかとにさまざまなトラブルを抱え悩む人が急増中! ベビーフットは、忙しい人でも自宅で簡単に『角質』をケアし、キレイで健康な足裏を維持してくれる。「ベビーフットイージーパックSP」は、フットパック内のフルーツ酸のピーリング作用で自然に角質を落としてくれるので、誰でも簡単に角質ケアができる。足全体をローションに浸すので、指と指の間など細かいところのケアも完璧。ツルすべ素足で春夏準備も万端だ。読者5名様にプレゼント(係名:「ベビーフット」)。




ph_feature1200.jpg


mixiオリジナルノベルティ



 SNS国内最大手のmixiオリジナルiPhone4ケースと缶入りキャンディーをTOKYO HEADLINE 500号を記念し、各5名様にプレゼント(係名:「ミクシィ」)。




ph_feature1300.jpg


ジンベイザメとイルカの夢の共演



『横浜・八景島シーパラダイス』のアクアミュージアムでは、この春、日本初の試みとなる、世界最大種の魚ジンベイザメとイルカによる共演のほか、多種多頭数の海の動物が繰り広げる「海の動物たちのショー~Welcome ジンベイ~」を開催する。“楽しさ”“感動”“好奇心”の追求をテーマに海の動物たちのすばらしさを伝える今までに見たことのないエンターテインメントショー。読者2組4名様にアクアリゾーツパス(水族館3施設パス)をプレゼント(係名:「八景島」)。




ph_feature1400.jpg


TM & © 2011 Marvel. ©CAPCOM




奇跡のコラボレーション



 カプコンの人気ゲームキャラとMARVELの人気コミックキャラが熱いバトルを繰り広げる人気格闘ゲームの最新作「MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds」が発売された。カプコンからはデビル メイ クライシリーズの「ダンテ」や、大神の「アマテラス」が、MARVELからは「デッドプール」や「X−23」などが格闘ゲーム史上初参戦。総勢36名のスーパーヒーローが集う。同商品のプレイステーション3用とXbox 360用をそれぞれ2名様にプレゼント(係名:「カプコン」)。




ph_feature1500.jpg


本物の人脈の築き方



 弊社社長一木広治による著書『超人脈術』が1月19日に主婦の友社から発売された。弘兼憲史さんからの推薦文に「政財界から芸能界まで幅広い交友関係を形成した男が伝える本物の人脈の作り方!」とあるように、人脈歴、これまでに培ってきた人脈構築術などを6章構成でコンパクトにまとめたビジネス実用書だ。小山薫堂氏との特別対談「小山薫堂流・人脈術」も第6章に収録。TOKYO HEADLINE 500号発行を記念し、読者5名様に同書をプレゼント(係名:「超人脈術」)。