黒田勇樹のハイパーメディア人生相談

第68回 「理由のわからない男性あるある」がトラウマになっています

 こんにちは、黒田勇樹です。
 フリーになって、そろそろスケジュール帳の白さが目につき始めてきた今日この頃です。まあスケジュール帳には書かない仕事はぼちぼちあるんですがね。
 そんなわけで8月11日に阿佐ヶ谷ロフトAで開催される「無職説明会リターンズ」からも声がかかっちゃいましたよ。
 これって何? 仕事なの?
『恐怖!セミ男』の上映会ともども、お暇だったら会いに来てください。
 それではぼちぼち始めましょうか。

いつもメールやLINEで突然「別れよう」と言われます

ニックネーム:りんご
性別:female
年齢:31

 こんにちは、はじめまして。
いつもツイッターからお悩み相談のコーナーを欠かさず楽しみに読んでます。自分とは違う考え方や悩みを持っている方の思考パターンを読んで自分に置き換えてあれこれ考えるのが好きです。他人のことは客観的に冷静に見つめられるのに自分のこととなるとサッパリ分からなくなってしまうことがあり、相談メールしてみようと思いたちました。もし相談ネタが尽きた場合などに使って頂ければ幸いです。

私には今(ギリギリ)付き合っている人がいます。6歳年上です。生まれも育ちも全く違う人で、むしろ違うところを尊敬しているし一緒にいて楽しいと思っています。共通の趣味があり、友人を介して親しくなりまして、三ヶ月ばかりデートを重ね、付き合うに至りました。彼は夢があり多趣味で毎日詰め込んで忙しく生きています。結婚も40くらいまでにはしたいと言っていて子供も欲しいと言います。

私はと言うと、周りが結婚していくのを見ながら「…結婚しなきゃダメなのかな…いつかはしたいけど、独身も楽しいしまだいいかな…」とピーターパン状態です。子供は欲しいので35歳位までにはと思っています。

そんな彼と付き合うことになって一ヶ月ばかりだった頃、突然「別れよう」って言われてびっくりしました。確かに連絡の頻度も減ったなとは思ってたけど突然でした。理由は「私のことは好きだけど、構ってあげられなくて申し訳ないし、もっと色々一緒にいることができる人といる方が幸せだと思う」的なことを言われました。

ここでふと思ったのが、私は、前の恋愛も前の前の恋愛もそうやって突然メールで(LINE含む)一方的に「別れよう」って言われているのです。既にトラウマだったので今回は「ああまたか…」って思ったと同時にとても冷静な自分がいました。私は2人のことなのに、一方的に言い切るってどうなの?と悲しく思っています。

ここで特に男性の意見を聞きたいのですが、
1.突然「別れよう」ってLINEやメールで済まそうとする心理ってなんでしょう?私は突然だと思ってるけど、何かしら兆候があったはずですよね…?今後のためにもトラウマを増やさないためにも防げることなら防ぎたいと思っております。
2.彼に限らず、私の人生を、勝手に背負い込んで、けど責任取れないからやっぱ無理!みたいな発言をする男性ってどういう意図なのでしょう。私の幸せは私が決めたいのに勝手に背負われても…って思ってしまうし、私側の感情が無視されたようで悲しいのと、だったら好きにさせるようなことしなければいいのに!って思うのですが、ここらへん全部繋がってないのでしょうか。幸せにして「もらおう」とは思いませんが、好きな気持ちのやり場がなく、そういう意味では責任取ってよ、って思っちゃいます。

男性と言っても一括りにできないとも思いますが、分かる範囲で客観的に見ての意見をお聞かせ頂ければ嬉しいです。情報が足りなかったら補完させてください。
私の中では既に「理由のわからない男性あるある」になりつつあるのが切ないですが、今後同じことにならないためにも辛口な意見でもぜひお待ちしてます。よろしくお願い致します。

こんな、耳の痛い相談来る!? 今回の相談はダメージが大きそう

 こんにちは、35才、つい最近、「結婚して子供が欲しいけど、あなたとはその未来が想像できない」(要約・一部フィクション)と離婚後「もうこの人しかいないだろう」と関係各所から言われていたアラサーの彼女と別れたばかりの俳優/映画監督志望の黒田勇樹です。
 もしも、将来僕が稼げるようになったとして、その頃に自分が健康な子供を産める年齢であるとは思えない、と…。

 耳が痛えよ! こんな、耳の痛い相談来る!? 来るよね! こちとら、自分の人生削って相談に答えてんだ!正面からぶつかってやる!

 そんなワケで、質問に答えていくと先に㈪、特に今回の夢追い人の彼に限ってのケースであれば、「夢を追ってるから」が、もうその答えで、あまり女性に理解してもらいづらいのですが、「どんなに相手が夢に協力的(な、つもり)で、あっても」(ここ重要)男性には、「恋愛にかまけていては夢に全力が出せない」と思う時があるのです。
 それが事実かどうかは置いておいて、夢に打ち込む時に「こうやっている間、彼女が寂しい思いをしていないだろうか?」という思考が頭をよぎることすら、夢の妨げと感じてしまったり、諸先輩方から「恋愛をしていては夢は叶えられない」と、言われたり。
 そういう場面で、本気で「別れよう」と言っていたり、「そんな自分でも本当に愛してくれているのか」試したくなって「別れよう」と言ってしまったり、多方、ここら辺のケースです。

 まあ、つまり「夢と女と同時につかめると思えるほど自分に自信のない男の戯言」と、みるのがいいでしょう。
 こう書くことで、僕がどれだけのブーメランに身を晒し、当たり、傷つき、切り裂かれたかは読者の皆様のご想像にお任せしますが、そんなワケで夢を追っている男とは、弱ければ弱いだけ「別れよう」度が、高いと思って下さい。相談者さんの態度や思いはあまり関係ありません。

 1.は現在の情報だけでは「相談者さんのことをあんまり大事にしてないからじゃない?」ぐらいしかわかりませんが、2.の更なる分析にもつながると思うので、残り2ケース、前と前の前の男が、どんな人物でどんな別れだったのか、もう少し詳しく聞かせていただければと思います。

 ああ、今回の相談はダメージ大きそうだ。どうか残り2人が役者志望とかじゃありませんように…お返事お待ちしております。

前の彼氏と前の前の彼氏の詳細を送ります。役者志望ではないです。

ニックネーム:りんご
性別:female
年齢:31

 ご返信ありがとうございます。今回、「あ、またフラれた」と思ったと同時に大変冷静な自分がいたので、立ち直り方などこれでも少しは学んできたことを実感しているところでございます。前回自分が送信した内容のメールを記録しておくのを忘れたので、どこか重複していたりさらに足りない情報があったら申し訳有りません。(ちなみに私は現在社会人9年目のシフト勤務会社員です。)前の彼氏と前の前の彼氏の詳細を送ります。役者志望ではないです笑

 前の彼氏(?)→10個近く年上(同時40近く)、公務員、趣味のゴルフに人生を捧げているようなところがあり、学生時代の同級生(男)が縁で知り合い、ゴルフに行ったり教えてもらったりしているうちに距離が縮まり仲良くなりました。某クリスマス頃に告白を予告され、まだわからない部分もあるけど付き合ってもいいかな…と肯定的に考えていたため告白されて付き合うことに。その際は私と結婚を考えているとも言われました。年末年始を挟んで半月ほど経ったころ、会う約束の日の時間をどうしようかと連絡したところ、「その日は(実家に帰るから)会えない」と言われました。びっくりしすぎて返信ができず「私何かしたかな…」と考えていましたが、さらに三日ほどののちに、「予定が合わなさすぎて付き合うのは難しい」と一方的に連絡が来ました。もともと実家では両親の体調があまり良くないとは聞いていたので、その時の私は「両親のことで大変な時に追い詰めちゃったのかな〜」と原因を分析していました。

 その前の彼氏→4個年下、学生、趣味テニス(サークル)、ダンス。私が一人旅で観光している時に美術館の行列の前後にいた関係で知り合いました。帰国後デートをするようになり、付き合うことに。時間の融通が利く状況だったので、週二ほどの頻度でデートしていました。そのさなか、突然「別れよう。あんまり好きじゃなくなった。」とのメールが来てショックで何も食べ物が受け付けなくなりました。家にある彼のもの等を渡すのときちんと話したかったので、約束を取り付けて会いまして一度は復縁したものの、また二ヶ月ほどで「もう無理なので別れよう」とのメールが。

 長くなりましたがこんな感じです。私が怒っているのと悲しいのは、そんな大事な話なのになんでいつもメール(直接会って言わない、せめて電話)なんだ!!!という点です。そんなわけで、彼氏からメールが来ないことなんてなんとも思わないはずなのに(私はあんまりマメではありません。お互いの間で感覚がわかってれば毎日連絡を取る必要もないと思っております。)、もう突然連絡恐怖症になりそうです。

 黒田さんの返信の中の、「男性には、「恋愛にかまけていては夢に全力が出せない」と思う時があるのです。」というのがとっても腹落ちしました。前回以前の彼氏については正直今更わからないところもあるのですが、今回の男性は、好きなことで仕事していきたい、恋愛の優先順位が低いともともと言っていました。黒田さんへのご相談メールを送信したあとに電話をかけた(私がきちんと会いたいと言ったら、会わない方がいいと思いますって返信来たので。)時に、「好きだけど執着できない、かまってあげられないし、私との温度差に違うなって思う」的なことを言われました。私自身は「彼女が趣味」みたいな男性は苦手なのですが、彼自身がものすごい好きアピールがすごかったのでそのテンションのまま付き合っているものと思っていたから晴天の霹靂でした。なので、そのご返信を拝見した時、すごく納得したというか。ただそんなの付き合う前にわかりますよね?夢追っていて恋愛したくないならちょっかいかけないでもらっていいですか、っていうのが私の言い分なのでやっぱりわかりません笑

 役者志望ではないのですが、自己表現が求められる芸術関係という意味では近いのかもしれません。思いつく範囲で教えて欲しいです。また足りない情報があればお知らせいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

3人続いてるんだから原因は相談者さん側にあると疑うのが摂理です。

 あー…非常に残念な…、せっかく、前回答えた「夢追い人であれば」の回答が腹落ちしていただいた所に申し訳ないんですが…

 どこから、話せばわかりやすいのかな?

 相手が夢追い人で、完全に馬鹿で無神経なら
「ただそんなの付き合う前にわかりますよね?夢追っていて恋愛したくないならちょっかいかけないでもらっていいですか」
 という、相談者さんの意見に「そうだね、大変だったね、もう馬鹿とは付き合わないように気を付けようね」と、慰めてあげたいところなのですが
 無理やり後半「芸術関係」と括ろうとしてますが、そんなん全然関係なくて

「あまり共通点のない3人の男に同じようなフラれ方をした」という重大な事実が露呈したわけです。
 ということは、原因は相談者さん側にあると疑うのが摂理で、もっと掘り下げて顕になる純然たる事実は、
相談者さんが「付き合ってみると、もうどんな失礼な態度を取ってでも出来るだけ電話で声も聞きたくないし、今後の関係が悪くなってもいいと思われる女」だった、ということです。
 3人続いてるんだから絶対そうだよ。
 相手がLINEやらメールで連絡してくるのは「もうどんな失礼な態度を取ってでも出来るだけ電話で声も聞きたくないし、今後の関係が悪くなってもいい」と思ってるからでしかないよ。

 相談者さんのどういうところで相手がそう思うのかは(実はちょっともうこのやり取りでわかってきてることもあるんですが…)現時点では、ぼんやりとしていますが、確実なのは付き合う前と付き合ってからで、何か自分の態度で大きく変わるところ、こういうところがあれば、そういうところに原因があると思うので、ここを聞いていって、修正するのが突然連絡恐怖症の治療にふさわしいと思うのですが、どうでしょうか?

 ここまでの回答で「相手が馬鹿だった、黒田も分かってくれなかった」で、終わるのもいいですし、もうちょっと付き合っていただけるなら、男性の心理については一度忘れて、相談者さんのなにが男たちをそうさせたのかを分析する方が読み物として面しろ…げふんげふん、相談者さんの今後の恋愛の励みになると思います。

 ここまでのやりとりを一度読み返して頂いて、ざっくばらんなお気持ちを聞かせて頂ければと思います。お返事お待ちしております。

付き合い始めて心を許せるようになるとベタッと甘えるからでしょうか?

ニックネーム:りんご
性別:female
年齢:31

 こんにちは、ご返信ありがとうございます。率直な心境としては古傷を塩を塗りながら開くような痛みですが、女友だちは慰めるようなことしか言ってくれなくて(それはまぁ仕方ないのですが)、客観的にズバズバ指摘してもらえる方が嬉しいです。この際ですので、徹底的に治療したいです。よろしくお願いいたします。

 共通点のない、全く違う男に似たような振られ方をする、というところで自分側に問題があるんだろうなというのはなんとなくわかっていたのですが、何が問題なのか全然わかっていなくて、もう二度とこんな思いをしたくないのに打開策がなく途方に暮れているところです。

 付き合う前と付き合ってからで大きく態度を変えるというところですが、あるとすれば甘えちゃう(ベタベタする)というところかなと思っています。というのも、もともと人見知りであまり他人に心を許せない方なのですが、バリバリ仕事をしているし、しょっちゅう一人旅に出るし、多趣味で忙しい毎日を送っているので、大体の男の人には、自立していて、男勝りでさっぱりしている姉御のように映るようです。なのに、付き合い始めてやっと心を許せるようになるとベタッと甘えるからでしょうか?真剣に向き合いすぎなのでしょうか?(もっとカジュアルに付き合えると思われているのかなという意味) お互い忙しくてあまり会えないため、会える時は濃い充実した時間を過ごしたいなーと思ってそうなるだけなので、会ってない時はそんなに…というのが正直なところなのですが…。連絡も相手から来れば返す、自分から送る時は必要な連絡事項がメインです。他に自分が甘えてくるのはいいけど甘えられると嫌になるのか?とか、一度手に入ったって思ったらもうベタベタしたくないのか?とか色々考えちゃって堂々巡りです。私の何がそうさせたのか… 他人のことなら客観的に冷静にわかるのに自分のこととなるとさっぱりで全くわかりません…。

 自分の傷をえぐって客観的に分析する難しいですね。まとまっていない文章で申し訳有りません。黒田さんの思っていらっしゃる点を教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

契約時の態度を変えるときは変更の手続きを踏んでいかなければいけません

 付き合ってから、態度変えちゃダメなんだよ!!!

 付き合ったからって、相手が変わってくれると思ったらダメなんだよ!!!

 人間はね、「付き合う」ってクチ約束をしただけで、人格や生活がガラっと変わったりする魔法みたいな生き物じゃないんです。

 あくまでも「交際をする」という契約を交わすことで、双方の距離感等に要望を伝えたりする権利が発生するだけ、とでもいうんでしょうか?

 お互い、「付き合う前のその人」が好きで付き合ったわけですから。

 付き合ってるから濃い時間を過ごしたいとか、甘えたいとかそういうのは全然構わないのですが、あくまでもこれは付き合いだした当初、契約時の態度とは違うので変更の手続きを踏んでいかなければいけません。

 相手に確認もしてないのに、自分の思い込みやら「世間一般」みたいな言葉に騙されて、「付き合ったんだからこのくらい当たり前」と、手続きをすっ飛ばして突然甘えたりしませんでしたか?

 もし、男勝りスタートなら、徐々に「自分にはこんな女性っぽいところもある」というアピールをし、そこに相手が許容する態度を見せたら、今度は「もっと甘えたいんだ」という要望を伝える。
 こうして徐々に、「今までのあなた」から「本当のあなた」の欲求に近い交際スタイルにしていくべき、と。
 ここであなたが変更の手続き踏まなければ、相手からすれば「契約違反」になるわけですから、そりゃ「メールで別れを告げる」みたいな、無法な態度に出てくるワケですよ。

 僕も昔、ツッコミのキレが抜群の女の子が、付き合い始めた途端、僕のくだらないボケに対して一切のツッコミを放棄し「やっぱり私のカレは面白い、うっとり」みたいな態度を取るようになったので契約を即時に破棄したことがあります。彼女の人数にも数えてません。

 頑なに態度を変えず付き合った当初のまま「金のない俳優」でいたせいでフラれる僕みたいなケースもありますが、これも双方「子供が生みたい」とかその他環境の変化含め、その都度「契約内容の変更」について協議を怠ったことに一因があると思うんですよね。

 相談者さんはこのメールのやり取り中にも結構「前置き」を、多分ご本人の中では「当たり前」であるからとハブかれることが多く見られたので、この辺の手続きや協議に対して慎重さを欠かれていたのではないかと思いますが如何でしょうか?
 このまま納得して頂いたなら放置して頂いても、思い当たるフシがあればご報告頂いても、なければ他に思い当たる理由を教えていただいても構いません。

 まずは、「交際開始からの契約変更の手続き」について考えてみられることをオススメします。

心当たりがありまくりだったので、今後は気をつけて生きたいと思います

ニックネーム:りんご
性別:female
年齢:31

黒田様

 ご返信いただきましてありがとうございました。

 なるほど、私は今まで契約履行違反でフラれていたのですね。確かに他の人からのエピソードを聞くとそりゃそーだろって思うのに、なかなか自分のことを客観視できていなくて、今まであんまり気にしたことなかったです。

 そうですよね、付き合う前の相手がお互い好きで付き合いはじめるのに、付き合った後に態度が変わったら詐欺ですよね…。付き合う相手にしか見せない姿ってあると思うのですが、それを見せる前にきちんと手続きを怠っていたと思います。受け入れてくれて当たり前、ってのはワガママでしたね。
 遡ってみると心当たりがありまくりだったので、今後は気をつけて生きたいと思います。友達関係でも同じですしね!

 色々とご指摘頂きましてありがとうございました。はじめは心を抉られていく感じでどうしようと思っておりましたが、どん底の勢いででも相談してみてよかったです。
 黒田さんの今後の更なる活躍をお祈りしております。

 りんご

自分の要求を相手が最も承諾しやすい形で提示していくことが重要です

 良かった!通じた!

「契約」の話をするときに、最も困難なのが「言語が違う人」で、結構同んなじ日本語使ってる風に見えるのに、全然チャンネルが違う人と出会ったりするので、そういうケースでないか怯えておりました。

 思い当たって頂けて本当に良かったです。

 相談者さんも仰ってましたがこの「人間関係における契約条件」、恋愛だけでなく、仕事、友人、家族、実は様々な関係の中に存在していて皆ほぼ意識していないというか、相性のいい人とは、ほとんど「問題が無ければ永続的に実行」されていて、逆に悪い人とは更新の手続きがされないまま没コミュニケーションになってしまうことが多いので気にならないのですが、

 親に「実は彼女が出来ました」とか言う時とかさ、いっぱい締結して変更してを繰り返しているわけですよ。

 ナンパする時すら「人間関係の契約」が行われていて、一方が「今夜遊ぶだけ」で、一方が「交際を前提に」、この辺、上手に確認しないまま「なんとなく一夜を共に」してしまったりすると、後で大モメになったりします。
 逆にこういう状況で出会っても、契約変更の手続きが上手な2人だったりすると、色々すり合わせて結婚まで持ち込んで、末永く幸せに暮らしてたり。

 気をつけて欲しいのは、何でもかんでも口に出して確認することが「スマートな契約更新の手続き」ではないということ。

 ビジネスでもなんでもそうですよね、自分の要求を、相手が最も承諾しやすい形で提示していく。これが重要です。

 僕はよく行くコンビニの店員さんとすら「人間関係の契約」を交わしているので、今はもう深夜に顔を出して目を合わせるだけで、早めに雑誌を売ってくれたりします。
 最初は雑誌が配達される時間を見極める為に通い、把握したら今度は唐揚げとか買いながら「あれ、その雑誌ってもう買えますか?」とかレジの中を覗いてみたり、ちょっといつもより早く行ったら無言で首を振られたり、そういう手続きを繰り返して今があるんです。

 現在の契約内容をきちんと把握すること、相手をよく観察すること、自分の要求を出来るだけ噛み砕くこと、色んな人間関係の契約更新の際に試してみて下さい。

最近の黒田くん

 

43136

7月は毎週日曜日、中野で恐怖!セミ男上映会やります!

4042

「ファンクラブ始めました!」

https://camp-fire.jp/projects/view/10006

 

Image-1

「更新頻度アップキャンペーンちゅう!」

http://ameblo.jp/kurodax-blog/

プロフィール

黒田勇樹(くろだ・ゆうき)

黒田勇樹(くろだ・ゆうき)

1982年、東京都生まれ。幼少時より俳優として活躍。
主な出演ドラマ作品に『人間・失格 たとえば僕が死んだら』『セカンド・チャンス』(ともに TBS)、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ)など。
山田洋次監督映画『学校III』にてキネマ旬報新人男優賞などを受賞。
2010年5月をもって俳優業を引退し、「ハイパー・メディア・フリーター」と名乗り、ネットを中心に謎の活動を開始。
2012年3月には自身のことを記録した『非俳優生活100days』を刊行。 現在は「廃優」と名乗り、俳優業に復帰しているとの噂も。
公式サイト:黒田運送(株) http://yuukikuroda.com
Twitterアカウント:@yuukikuroda23

バックナンバー