が~まるちょばの最新ツアー、東京凱旋公演が決定

2018.08.12 Vol.Web Original

 サイレントコメディーデュオのが~まるちょの最新ツアー「が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2018」の東京凱旋公演が決定した。日程は、年明け1月12日で、TBS赤坂ACTシアター。  最新ツアーは、7月に東京・新国立劇場でキックオフ。現在は、スコットランドのエジンバラで開催されている「エジンバラ・フェスティバル・フリンジ」に参加中で、帰国後はその勢いのまま、ツアーを継続する。  今回のツアーのステージは、今まで以上に「笑い」を意識した演目で構成している。ストリートパフォーマンスを生かした「が~まる SHOW」、短編のショートスケッチ、そして新作長編で構成されている。  現在、主催のサンライズプロモーション東京でチケット先行販売の受付中。

が~まるちょばの最新ツアーが12日開幕!「原点回帰」&「笑いは多め」

2018.07.11 Vol.Web Original
 カラフルなモヒカンとサングラス、黒スーツがトレードマークのサイレントコメディー・デュオ、が~まるちょばの全国ツアー「サイレントコメディー JAPAN TOUR 2018」が12日、東京・新国立劇場で開幕する。  2人は初日を翌日に控えた11日に公開ゲネプロを実施。今回のショーはオール新作で、おなじみの大道芸的なストリートパフォーマンス、笑いがこぼれたり涙腺を刺激する小品群、そして「007」シリーズを思わせる長編で構成。2人は約2時間のあいだ、飛んだり跳ねたり、時には車やヘリコプター、女子高生にもなって、舞台や客席を駆け回った。     ゲネプロ終了後に取材に応じた黄色のモヒカンのHIRO-PONは、本作を「原点回帰」と位置づけ。赤いモヒカンのケッチ!は「笑いが多め」だとし、「最初の3-4年は、笑いのパーセンテージを上げていこうとやっていた。その時に近いようにやっていこうと」と説明した。

サイレントコメディーデュオのが~まるちょば、カンパニーを設立!

2014.10.24 Vol.628
20141024a.jpg
 サイレントコメディーデュオのがーまるちょばが、自らの名を冠したカンパニー、ザ・が~まるちょばカンパニーを設立、2015年に旗揚げ公演となる全国ツアーを開催することを発表した。メンバーは、が~まるちょばのHIRO-PONとケッチ!共に公演などを行ってきたGABEZのMASAとhitoshiの4名に、『が~まるちょばプロジェクト』のメンバーだった角谷将視、濱口啓介を加えた6名。HIRO-PONは、「ボクたちは6人で、言葉を越えて世界に飛び出すのである。」と、意気込んでいる。

  カンパニーの設立は、が~まるちょばが活動のなかで、GABEZら他ユニットとタッグを組んだり、が~まるちょばプロジェクトなどより多くの人数でショーや舞台を作ってきたことで、表現の可能性が広がってきたことから決意されたもの。

「ふたりよりも6人、とは思っていない。でも、野球は9人、サッカーは11人いないと出来ないのである。パントマイムにだって6人でないと出来ない事があるのである。それが今までに観た事の無いような舞台になるのは、想像するに容易い」と、HIRO-PONはコメントしている。

 カンパニーの旗揚げ公演となるジャパンツアーは、4月スタート。

Copyrighted Image