ロバート秋山の“YOKO FUCHIGAMI”新ブランドを次々披露するも…

2017.03.14 Vol.686
 パナソニックが新しく発売する衣類スチーマー「NI-FS530」の発表イベントが14日、都内にて行われ、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が、自身が扮する人気キャラクター“トータルファッションアドバイザー・YOKO FUCHIGAMI”として登壇した。  衣服のシワを手軽に伸ばせる衣料スチーマーがファッション業界でも重宝されていることから“パリコレ”と“バリコレ”で活躍するFUCHIGAMIが1日シワ撲滅大使に任命された、という設定。「これは東京への感謝を示したセカンドブランド“カーカー”のイヤリングで、カラスのしっぽで作ったの。服のほうはね、BUNRI FUCHIGAMIというブランドで、国道沿いの中央分離帯に落ちていた布を使ってるの」と、冒頭からFUCHIGAMIトークで会場を爆笑させた。  ところがメーカーの担当者が衣料スチーマーでシワを撲滅したいと語るや常々「一番のおしゃれは裸」と、自然体をモットーとするFUCHIGAMIがこれに抗議。「シワは自然が作り出すデザイン」とし、「タンスの奥で何年も寝かせたシャツ」や「親戚の座布団の下に置いておいた帽子」など、新ブランドTANSU FUCHIGAMIのアイテムを披露。徹底抗戦の構えを見せたものの、担当者が衣料スチーマーを使ってあっさりシワを伸ばしてしまうと「この服の本来の姿が見えてきたって感じで、これはこれでアリかもね…」と、新ブランドが潰えたことに不満を残しつつ「これならファッションショーのときも時間がかからなくて済むわね」と感心していた。  ちなみにFUCHIGAMIは、ロバート秋山のなりきり芸について「世界でベスト3に入るコメディアン」と絶賛しつつ「(いろいろなキャラになりすぎて)彼は今、どこが自分でどこがキャラクターなのか、分からない状態じゃないでしょうか。たまに普通にしゃべっているときも、よくわからない状態になっている」と、秋山の本音を漏らし、記者の笑いを誘った。  NI-FS530は4月21日発売。本日18時より公式SNSでプレゼントキャンペーンを開始。

「ラグビー トップリーグ」パナソニックが東芝破り3連覇

2016.01.25 Vol.659
 ラグビーのトップリーグ決勝トーナメント最終日の24日、東京・秩父宮ラグビー場で決勝が行われ、パナソニックが27-26で東芝を破り、3年連続4度目の優勝を果たした。  決勝は開始早々からトライの奪い合い。3分にパナソニックがラインアウトからモールで押し込みトライを奪うと、7分には東芝がスクラムからリーチ・マイケルがトライを決めすぐに追いつく。  ともに前半2つのトライを決め、パナソニックが17-14とリードして折り返す。後半、パナソニックは8分にヘイデがPGを決め、20分には左サイドで華麗なパス回しからピーターセンがトライ。コンバージョンキックも決め27-14と突き放した。  しかし粘る東芝は28分、流れるようなパス回しから最後はニコラが突き抜け、中央にトライ。コンバージョンキックも決め27-21と食い下がる。その後も地力で勝るパナソニックに自陣まで攻め込まれるも、なんとかしのいだ東芝はロスタイム、知念が左サイドを駆け上がる。これは止められたものの、ボールは右に展開。カフィが蹴り上げたボールがゴールライン付近に転がったところを豊島が押さえ、トライに成功した。

宮迫、夫婦円満の秘訣は「髪が増えてもモテたらアカン」

2015.04.03 Vol.639
 アンファー新商品発表会が3日、都内にて行われ、CMキャラクターを務める雨上がり決死隊の宮迫博之と蛍原徹が登壇した。  この日は、フルリニューアルした11代目の新『スカルプD』シリーズに加え、パナソニックと共同開発した頭皮エステ機器『スカルプD メカノバイオ』(8月7日から販売予定)がお披露目された。
 2人が『スカルプD』のCMに起用されたのが7年前。宮迫は「たまに番組で昔の自分の映像が流れると客席がざわつくんですよ。見れば(毛髪の)違いは一目瞭然。あまり見てほしくないんですけど」と語り、「前髪下ろすなんてありえなかったからな」と言う蛍原に「分からないでしょ、貴様には」とかみついて報道陣を笑わせた。  この日は 先月31日に誕生日を迎えた宮迫にサプライズでケーキが登場。「いつもだと嫁と子供はこの時期、実家に帰るのに今年はいて、ケーキを出してくれるかと思ったらバウムクーヘンだった」と切ないエピソードを明かし、ケーキに大喜び。
 発表会後の囲み取材では、『スカルプD』と出会って人生が変わったという宮迫に、髪も増えてモテるようになったのではと質問が飛んだが、宮迫は慌てて「モテたらアカンやろ!」と即、否定。先日結婚を発表した後輩・椿鬼奴と佐藤大(グランジ)の話題になり、夫婦円満の秘訣を求められると「嫁にノーは言わない。バウムクーヘンが出てきても“この歳だとケーキは重いからな”と言う」と悟りきった表情で答え、記者たちを笑わせた。それでも「2人とも酒もギャンブルもするので財布事情をうまくやらないと」とアドバイスし、蛍原も「なるべく一緒に行動するといいと思う。でも趣味が一緒だから心配ないな」と、親身に助言をした。

パナソニック 乾電池 エボルタ 総重量約1tの有人電車が秋田の廃線約8.5kmを走破

2014.12.05 Vol.632
 これまで乾電池「エボルタ」のパワーを実証するイベントを数々行ってきたパナソニックが11月2日、「エボルタ電池鉄道 廃線1日復活チャレンジ」を秋田県大館市で開催した。  今回は単1形の乾電池エボルタ99本を動力源に、総重量約1tのオリジナル電車を動かそうというもの。  電車の大きさは幅約1.6m、高さ約2.2m、長さ約4.1m。12時45分に旧雪沢温泉駅付近を出発し、大館市内の小学校の児童計34名を交代で乗せて、廃線で抵抗の多い線路にも関わらず、スムーズな走りを見せる。沿線に集まった地域の住民や児童の声援の中、約2時間後の14時45分ごろ、懐かしい制服姿の職員が待つ御成町踏切付近のゴールに到着した。  舞台となった旧小坂鉄道は、秋田県大館市と小坂町を結ぶ鉄道線路で1994年に旅客営業を廃止し、貨物専業の鉄道となったが2009年に全線が廃止となり約100年の歴史に幕を閉じている。  関係者は「今の子供たちもほとんどは、この線路に電車が走っている姿を見たことがない。今回のイベントを通じて、子供たちが地域の歴史について考えたり、感じるきっかけになれば」と語った。  詳しくは、http://panasonic.jp/battery/drycell/evolta/challenge/2014/

ますだおかだ岡田「スマホに変えるなら今でしょ!」

2013.06.19 Vol.593
20130619a.jpg
  スマートフォンの使い方を楽しく学ぶ「パナソニック スマートフォン ELUGA  さらっとスマチェン!塾」の開講イベントが18日、都内で開かれ、お笑いコンビのますだおかだ、タレントの保田圭が出席した。特別講師という役割で登場した、ますだおかだの岡田圭右は「スマホに変えるなら今でしょ!」と、ゲキを飛ばした。

 スマートフォンを初めて使うケータイユーザーらを対象にしたレクチャー。この日のイベントでは、最新スマホ「ELUGA P」を使い、ケータイのように文字を入力できる「ケータイキー」や、タッチしなくてて画面に指をかざすだけで反応する「タッチアシスト(ホバー)」などの機能が紹介された。

 レクチャーを受けて、ますだおかだの増田英彦は「触れなくても操作できるなんてすごい」と、びっくり。保田は、「手の小さな女性でも片手操作できるのはうれしいですね」と話していた。

 パナソニック モバイルでは、今後もこのレクチャーイベントを展開する。29日にパナソニックセンター東京で、7月には同大阪でのイベントが予定されている。

Copyrighted Image