ヒュー・ジャックマンと考えた、ヒーローの“理想の最期”

2017.06.12 Vol.692
『X-メン』のウルヴァリンが、ついに一つの終焉を迎える。2000年に公開された『X-メン』以降、17年にわたってウルヴァリン役を務めてきたヒュー・ジャックマンだが、彼がウルヴァリンを演じるのは本作『LOGAN/ローガン』が最後になるという。メガホンをとったのは日本を舞台にした前作『ウルヴァリン:SAMURAI』でもジャックマンとタッグを組んだジェームズ・マンゴールド監督。 「ヒューとは『ニューヨークの恋人』からのつきあいだけど、彼とは本当に作りたいものを作れる関係なんだよ」と監督。「そして僕らはウルヴァリンの最期を、人間の物語として描きたかったんだ」。ウルヴァリン(ローガン)は脅威の回復力を持つ不死身の肉体に特殊金属の爪を備えたミュータント。しかし本作でローガンは特殊能力も衰え生きる気力も無くしており、プロフェッサーXに至っては要介護状態。熱狂的な『X-メン』ファンにはショックかもしれない。 「最後だからこそ僕らはウルヴァリンの本当のヒーロー性を描きたかったんだ。特殊能力が衰えたとき真のヒーローならどうするのか。絶望的な状況でも守るべき者がいたら? 僕もヒューも、ローガンの人間性を通してヒーローを描きたかったんだ。確かに、私のウルヴァリンをよくもあんなふうに殺してくれたわね!なんて泣き叫ぶ人も多少はいるだろうけど(笑)」  謎めいた少女ローラとプロフェッサーXを連れた危険な旅。ヒーローアクションというよりロードムービーのようであるにも関わらず、シリーズで最もエモーショナルなヒーローの物語となっている。 「CG全開のミュータントバトルも、エンディングの後の“復活”映像も無し(笑)。少なくとも僕とヒューのウルヴァリンはこれで本当に最後です」

ヒュー・ジャックマン、剛力の”ハリウッドデビュー”を予言!?

2014.05.28 Vol.618
 映画『X-MEN:フューチャー&パスト』のジャパンプレミアが27日、都内にて行われ、俳優のヒュー・ジャックマンが登壇した。
 本作は『X-MEN』のオールスターチームが史上最強の敵と戦う、シリーズ最新作。同シリーズで14年間、メインキャラクター・ウルヴァリンを演じているヒューは「これまでで最高の作品になりました。オールスターキャストが勢ぞろいしているので、ぜひ楽しんでもらいたいです」と出来栄えに自信を見せた。
 この日は、日本語吹き替え版でミスティークの声を演じる剛力彩芽も登場。映画のタイトルにかけて“未来”についての話題になり、剛力が「ハリウッド進出は目標の1つ」と明かすと、ヒューが「剛力さんがハリウッドに行くのではなく、ハリウッドから(オファー)来ますよ」と“予言”。「あなたは歌も踊りもできるから、次の『X-MEN』はミュージカルにしましょう」と茶目っ気たっぷりに提案。また、自分の未来については「何度も何度も日本に戻ってくることができる未来がほしいですね」と、親日家のヒューらしい温かいコメントで会場のファンを沸かせていた。
『X-MEN:フューチャー&パスト』は5月30日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開。

ヒュー・ジャックマンの”相棒”役で大注目!福島リラ

2013.09.14 Vol.600
『X-MEN』シリーズの人気キャラクター・ウルヴァリンが日本を舞台に大活躍する話題の映画『ウルヴァリン:SAMURAI』。その中で、冒頭から圧巻の殺陣を披露して観客の目をくぎ付けにする日本人女優がいる。それが、ヒュー・ジャックマン演じる主人公・ウルヴァリン(ローガン)のボディーガードを務めるユキオを演じた福島リラだ。「最後のオーディションでヒューとのカメラテストをすることになったんですけど、その瞬間を楽しむことでいっぱいで、あまり細かい部分は記憶がないんですよ(笑)。終わった後“ミスター・ジャックマン、今日は本当にありがとう”とお礼を言ったんですけど、そのときヒューは“今からはただヒューって呼んでよ”と。今思えば“これからよろしく”という意味だったのかな(笑)」。そうして射止めたユキオ役は文字通り体当たり。「もともと運動はしていたんですけど、刀を使ったことは無いので(笑)。少しでもより上達するようにと暇さえあれば素振りやスクワットをしていました(笑)」。辛さより楽しさのほうが上回っていたと振り返る。「現場ではみんなに助けてもらいました。真田さんはアクションの動きから体のケアまで親身になってアドバイスしてくれましたし、ヒューも私の様子を気にしてくれていて、カロリー消費が激しい私のために飲食禁止の撮影現場でも、こまめに食事をとるように取り計らってくれたり。本当に素敵な現場でした」。彼女の真摯な思いはユキオという印象的なキャラクターを生み出し、もっと彼女の活躍を見たいと思わせる。「撮影が終わるころ、ヒューに“本当にいろいろありがとう”とお礼を言ったら彼は“リラが今後、新人の俳優の支えになることができたら、それだけで僕はうれしいよ”と言ってくれたんです。そうなるために、今後も頑張ります!」

皇太子さま、ヒュー・ジャックマンと『レ・ミゼラブル』をご鑑賞

2012.12.21 Vol.577

20121221a.jpg 映画『レ・ミゼラブル』特別チャリティ試写会が18日、都内にて行われ、皇太子さまが、同作主演のヒュー・ジャックマンらとともに映画を鑑賞された。
 ジャックマン、トム・フーパー監督、プロデューサーのキャメロン・マッキントッシュは、この試写会のためだけに緊急再来日。ロビーで皇太子さまを迎えたジャックマンは、「ヒュー・ジャックマンです」と日本語で挨拶し、握手を交わした。


 その後の上映では、皇太子さまはジャックマンと隣同士で作品をご鑑賞。また、舞台挨拶でジャックマンは「私には日本で3つの夢があり、それを実現できました。1つめは、12歳の息子と富士山に登頂できたことです。2つめは、ミュージカル映画に出演できたこと、それもアカデミー賞監督の『レ・ミゼラブル』に参加でき、うれしく思います。3つめは夢というより大変光栄なことになりますが、皇太子殿下とご一緒にこの映画を鑑賞できたことです」と笑顔を見せた。


 さらに「上映後、皇太子さまから"この映画は素晴らしく興奮した"とおっしゃっていただきました」とうれしそうにコメント。また、皇太子さまとフーパー監督は、同じオックスフォード大学出身ということで、大学時代の思い出を語り合う姿もみられた。
 同作は、第70回ゴールデングローブ賞にも作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)、助演女優賞、主題歌賞の4部門でノミネートされており、アカデミー賞候補としても大きな注目を集めている。
 映画は21日より全国公開。

ヒュー・ジャックマン、日本のファンの歌声に感激!

2012.11.29 Vol.574

20121129a.jpg 映画『レ・ミゼラブル』の来日イベントが28日、都内にて行われ、ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、ファンテーヌ役のアン・ハサウェイ、コゼット役のアマンダ・セイフライド、トム・フーパー監督、キャメロン・マッキントッシュプロデューサーが登壇した。


 同作は、世界中でロングランヒットしている名作舞台ミュージカルを、『英国王のスピーチ』のフーパー監督と、舞台版の製作も務めるマッキントッシュプロデューサーが、豪華な俳優陣を揃えて映画化した話題作。


 イベントの冒頭、山口祐一郎や森公美子ら、来年5月より公演となる日本版『レ・ミゼラブル』の舞台キャストたちが劇中歌を披露。来日した一行は、日本版舞台キャストたちの贈り物に感激した様子で登場。「ステキなパフォーマンスを見せてくれてありがとう」とアンは満面の笑みを見せ、ヒューも「アリガトー、コンバンワ! 僕は日本が大好きで10回目の来日だけど今回は特別にうれしいです」と日本語交じりであいさつ。アマンダも「クールな日本に来れてうれしい!」と笑顔。


 本作では、これまでのミュージカル映画とは異なり、撮影現場で俳優たちが演じながら歌ったものを、ほぼそのまま使用している。ヒューは「生で歌うので、毎日、舞台の初日や千秋楽を迎えるような、特別な気持ちで撮影できたし、演技に合わせながら自由に歌うことができたのも良かった」とやりがいを語った。


 イベントの終盤では、2500人の観客が総立ちになって、一行のためにメイン曲"民衆の歌"を合唱。日本のファンからのサプライズプレゼントに、ヒューも「ありがとうございます! 素晴らしい!」と日本語で感激をあらわにした。
 映画『レ・ミゼラブル』は12月21日よりTOHOシネマズ 日劇他にて全国公開。

ヒュー・ジャックマン インタビュー 最新作で親子の絆

2011.12.12 Vol.534

燃えて、泣けて、元気になる"日本応援"ムービー!?『リアル・スティール』


ph_inter0100.jpg

©KaoriSuzuki



大好きな日本への応援を込めてこの映画を贈ります!


『リアル・スティール』の舞台は、人間によるボクシングがすたれ、ロボット同士を戦わせる格闘技がメジャーとなった近未来。一見SFアクションと思われがちだが、核となるのは、あるロボットとの出会いを通して絆を取り戻していく父子の物語だ。「もともと脚本の中にもその2つの要素がしっかり描かれていたんだけど、父子の関係を描いたヒューマンなストーリーの部分が本当に素晴らしかったんだ」と、主人公・チャーリーを演じたヒュー・ジャックマン。


「実は息子と一緒にこの脚本を読んだんだけど、息子は普通の本のように脚本を気に入ってしまって10夜連続で読み聞かせをさせられたよ(笑)。それほど魅力的な脚本だったことに加え、レヴィ監督がその面白さをスクリーンで表現しきったことも大きいと思う。まあ、ウチの息子が気にいったのはロボットファイトの部分なんだろうけどね(笑)。ただ彼が最も共感したのは、マックスとATOMの関係性なんだ」


 他人同然だったチャーリーとマックスに父子の絆を芽生えさせたのは、マックスが見つけた旧式ロボット・ATOMだった。ATOMの素質に気付いたマックスはチャーリーを巻き込み大舞台に挑む。共通の目的に向かって親子の気持ちは1つになっていく。共通の趣味は大事だね、とヒュー。


「ウチは最近はスポーツで盛り上がるよ。僕はスポーツ大好き人間なんだけど、テレビで試合を見る時に半ば無理やり息子を付き合わせていたら、最近少しサッカーに興味を持ったみたいだ(笑)。あとはモンティ・パイソン。今朝も"フィッシュスラッピングダンス(生の魚で顔を叩きあうコント)"を一緒に見てから家を出てきたよ(笑)」


"ダメ親父"チャーリーが観客の心をつかむのは、ヒュー自身が素敵なお父さんだからなのかも。


「本作には、子供たちに伝えたいメッセージがたくさん詰まってるんだ。自分を信じて努力すればきっとよい結果を生むことができるんだということ、人間が力を合わせればできないことなんてないってこと。なによりATOMの存在だ。彼はピカピカのロボットではないけれど、その分"ハート"がある。大事なのは中身だってことを彼が教えてくれるんだ」


 実は本作に登場するロボットのうち、4体は実際に実物大で制作されている。


「初めてロボットを生で見た時、(マックス役の)ダコタと一緒だったんだけど、僕も子供に返ったように興奮したよ。実は、実物大のロボットを作ろうと提案したのはスピルバーグなんだ。完全にCGだけでも同じように良い映画になったと思うけれど、役者にとっては実際のものがあるほうが断然やりやすい。実際のロボットに向かって演技するのは、グリーンバックで棒の先につけたテニスボール(目線の目印としてよく使われる)をロボットだと思い込んで演技するのとは大違いだからね(笑)。とくにダコタはまだ当時10歳だったし、実物があったことはすごく良かったと思うよ」


 ロボットが欲しくならなかった?


「一応聞いてみたけど、もらえなかった(笑)。もし続編があったときにはぜひ1体欲しいね。玄関先に飾って、来る人を驚かせるんだ(笑)」


 そしてやはり気になるのがX-メンシリーズ最新作『ウルヴァリン』。


「現在は、順調に企画が進んでいるよ。来年の夏に、日本で撮影を行う予定になっていると思う。僕は日本が本当に好きだから、日本で映画を撮ることを今からすごく楽しみだよ。今回映画化される日本を舞台にしたエピソードは、原作の中でもカルト的人気を誇っているんだ。このエピソードでは侍の精神、日本的な心といったものが重要なテーマの1つになっているから、そういうこともしっかり描かれるんじゃないかな。僕はそういう日本のカルチャーも好きだし、もちろん日本の人々も大好きで、今年は特に震災があったからね、早く日本に行って、撮影を通して自分も何か応援できたらと考えてるんだ」


 思えば『リアル・スティール』は日本へのエールが詰まった映画といえる。


「まさに、そういう願いを込めて作った映画なんだ。希望と勇気、ポジティブなものをいっぱい込めてね。二度目のチャンス、再起が本作の重要なテーマの1つ。そんな意味でも、日本の観客の心に響く映画になっているんじゃないかと思うし、少しでも元気づけることができたら本当にうれしいよ」


 ところどころに日本のロボットアニメへのオマージュが見て取れるのも楽しいし、何より再起をかけて立ち上がるチャーリーの姿が、勇気を与えてくれる。今一番の応援ムービーなのかも。


(本紙・秋吉布由子)







ph_inter0101.jpg

『リアル・スティール』


監督:ショーン・レヴィ 出演:ヒュー・ジャックマン、エヴァンジェリン・リリー、ダコタ・ゴヨ他/2時間7分/ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給/丸の内ピカデリー他にて公開中 http://disney-studio.jp/movies/realsteel/
©DreamWorks II Distribution Co. LLC All Rights Reserved.



『リアル・スティール』

2011.12.05 Vol.533


鋼鉄のロボットに託された、親子の絆



ph_movie0100.jpg


©DreamWorks II Distribution Co. LLC All Rights Reserved.




 人間によるボクシングがすたれ、ロボット同士を戦わせる格闘技が世界を熱狂させている近未来を舞台に、試合を通して絆を取り戻していく父と息子の姿を描く、この冬イチオシの感動大作。スティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキスという巨匠2人の製作のもと、『ナイトミュージアム』シリーズを大ヒットさせたショーン・レヴィ監督がメガホンをとった。かつては才能あふれるボクサーだったが今では落ちぶれたロボット格闘技のプロモーターとして暮らすチャーリー役に『X-メン』シリーズのヒュー・ジャックマン。息子・マックス役を演じた新星ダコタ・ゴヨは、本作の熱演で天才子役として一躍注目を集めている。2人を見守る女性・ベイリー役にドラマ「LOST」シリーズのエヴァンジェリン・リリー。CGと実写で登場するロボットのリアルな迫力に、一見SFアクションかと思われがちだが核となるのは親子の成長物語。スクラップ同然のロボットで試合に勝ち進んでいくうちに、絆を深めていく親子の姿が感動的。日本のロボットアニメへのオマージュが見て取れるのも楽しい一本だ。




STORY:ロボット格闘技のプロモーター・チャーリーのもとに、元妻が育てていた11歳の息子・マックスが現れた。打ち解け合えない2人だったが、旧式のロボットを拾ったマックスが試合に出ると言いだし...。



監督:ショーン・レヴィ 出演:ヒュー・ジャックマン他/2時間7分/ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給/12月9日(金)より丸の内ピカデリー他にて公開 http://disney-studio.jp/movies/realsteel/




Copyrighted Image