フェンシング – TOKYO HEADLINE

太田雄貴の斬新なプランが次々と【JAPAN MOVE UP】

2018.05.19 Vol.706
 太田さんは北京オリンピックのフェンシング男子フルーレ個人で銀メダルを獲得。そして2020年東京オリンピック・パラリンピックの招致活動ではプレゼンターとしてスピーチを行った。昨年、31歳の若さで日本協会の会長に就任。現在はフェンシングの認知拡大、競技人口の増加を目指し、東奔西走の毎日。太田さんからは斬新なプランが次々と明かされました。

フェンシング太田「金メダルだけ狙う」

2016.04.22 Vol.665
 フェンシングのリオデジャネイロ五輪日本代表が20日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)で会見し、4大会連続出場となる男子フルーレのエース太田雄貴は「僕にまだ足りていないのは五輪での金メダル。そこだけを狙って、自分の最高のプレーを心がけたい」と意気込んだ。  昨年の世界選手権では金メダルを獲得したが、団体で五輪出場を逃したこともあり、「僕が代わりに勝ってくる。仲間のためにも精いっぱい戦い抜きたい」と個人戦の金メダル獲得に照準を定めた。

Copyrighted Image