新スーパーマンが”赤パンツ”をはかない理由とは…!?

2013.08.23 Vol.598

20130823a.jpg 新たなキャスト、スタッフでスーパーマンの活躍を描く映画『マン・オブ・スティール』の来日記者会見が22日、都内で行われ、"新スーパーマン"役のヘンリー・カヴィルらが登壇した。


 本作は『ダークナイト』3部作のクリストファー・ノーランが製作、『300〈スリーハンドレッド〉』のザック・スナイダーが監督を務め、クラーク・ケントがスーパーマンとして成長していく姿を、斬新な視点と圧巻の映像で描いた超大作。『インモータルズ ‐神々の戦い‐』などで注目を集めたイケメン、カヴィルが、苦悩しながらもヒーローとしての運命を受け入れる青年像を好演。カヴィル本人も「自分の出演作でこれほど感動するとは予想していなかった」と出来栄えに自信を見せた。


 会見では、本作のスーパーマンが、トレードマークともいうべき"赤いブリーフ"をはいていないことも話題に上り、監督は「一応パンツ有りバージョンも考えて、試したんだけど、パンツの起源をたどったらビクトリア王朝時代のサーカスの屈強な男にたどり着いて、今は21世紀だからもういいだろうということになったんだ」と明かした。


 また、すでに決定している続編に"バットマン"が登場することについて「本作の製作中から、他のDCコミックのキャラクターが登場できる世界観を作りたいと思っていた。この2人がともに登場する映画はこれが初めてになるので、すばらしい経験になるはず」と、熱く語った監督。しかしバットマン役の候補にオーランド・ブルームが挙がっているという噂については「まだ何も言えない状態なんだ」と言葉を濁していた。


 映画『マン・オブ・スティール』は8月30日より新宿ピカデリーほか全国公開

Copyrighted Image