【読プレ】さらば、全員悪人『アウトレイジ 最終章』

2018.05.21 Vol.706

 裏社会の男たちの抗争を描いたバイオレンス・エンターテインメント映画『アウトレイジ 最終章』のBlu-ray&DVDがリリースされた。「アウトレイジ」シリーズは、北野武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開。シリーズ累計興収22億円超を記録し、大ヒットを収めた。そんな大人気シリーズの最終章にして、最大のヒットを記録した同作品は、第74回ベネチア国際映画祭でクロージング上映を飾ったことでも話題に。悪人だらけの全面戦争の行方は!? リリースを記念し、非売品のスタッフジャンパーを読者3名にプレゼント(係名:「アウトレイジ」)。
<プレゼントの応募について> 【応募の〆切】2018年6月10日(日) 以下のリンクのフォームからご応募ください。 http://www.campaign-kenshou.com/campaign.php?id=3251 【発売・販売元】バンダイナムコ アーツ

大森南朋 北野武最新作『アウトレイジ 最終章』

2017.10.11 Vol.699
 監督・北野武流バイオレンスが炸裂する大ヒットシリーズがついに完結。北野監督作『アキレスと亀』でも味のあるキャラクターを演じた大森南朋が『アウトレイジ』シリーズに初参加。1作目から出演を熱望していたという大森が、主人公・大友の弟分的役どころで、居並ぶ大御所俳優の中でも一味違う存在感を発揮する!

大森南朋が嫉妬! 白竜が感涙! 北野武最新作『アウトレイジ 最終章』プレミア

2017.09.26 Vol.Web Original
 闇組織のし烈な抗争を描く北野武監督の最新作『アウトレイジ 最終章』のジャパンプレミアが25日、都内にて行われ、俳優の西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳、そして北野監督が登壇。ダークカラーのスーツに身を包んだ13人が登場するや“顔面世界遺産”とまで言われる豪華キャストたちの迫力に、会場のファンもすっかり圧倒されていた。

全員暴走!『アウトレイジ 最終章』【プレゼント】

2017.09.23 Vol.698
 北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』が公開。9月25日(月)にはジャパンプレミアムが行われる。  同シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの構想を描いた究極のバイオレンス・エンターメインメント。2010年と2012年に公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した超人気シリーズだ。前作から5年の月日を経て、最終章を迎える。超豪華キャストが全員暴走し、先の読めない裏切り、駆け引き、騙し合いを繰り広げる同作。どんな決着を見せるのか!?  公開を記念し、オリジナル携帯うちわを読者3名にプレゼント(係名:「アウトレイジ」)。

映画『アウトレイジ 最終章』超豪華舞台挨拶付きジャパンプレミア試写会に10組20名【プレゼント】

2017.09.02 Vol.697
 映画監督・北野武が初めて手掛けたシリーズプロジェクトがこれで見納め!  2010年の第1作目『アウトレイジ』、2012年の第2作目『アウトレイジ ビヨンド』に続く最終章がついに公開。日本映画界を代表する超豪華キャストが全員“悪役”で大暴走。先の読めない裏切り、駆け引き、騙し合いを繰り広げた末に、どんな決着にたどり着くのか。  主人公・大友を演じるビートたけしをはじめ今回もそうそうたる顔ぶれが集結。大友に心酔する市川役に大森南朋、大友とトラブルを起こす花菱会の幹部・花田役にピエール瀧。覇権を狙う花菱会幹部役に西田敏行。他、松重豊、大杉漣、塩見三省らベテラン俳優が勢ぞろい。  今回は超豪華ゲスト登壇予定のジャパンプレミアにご招待。  映画は10月7日より全国公開。 <試写会の応募について> 【日時】9月25日(月)夕刻  【会場】イイノホール(内幸町) 【応募の〆切】2017年9月10日(日) 以下のリンクのフォームからご応募ください。 http://www.campaign-kenshou.com/campaign.php?id=3007

ビートたけしが青タンだらけ「テリーは酷いことさせる」

2017.06.26 Vol.693
 ビートたけしが出演する新CMが話題だ。たけしがカメラをにらみつけてゲキを飛ばすもの、もう一つはいろんなバリエーションで転んで見せるというもの。前者では何度も何度も行ったり来たりして歩かされたり、後者では何度も何度も転ばされたうえに「違うパターンはないですか?」と要求されたり。「撮影現場では怪我はなかったと思ったけど、帰りにフィットネスに行って風呂場で自分の姿を見たら青タン赤タンだらけで驚きましたけど、気合が入ればやれちゃうもんだなと思いました」と、たけし。「(転ぶのは)ディレクターがテリー伊藤なもんで、酷いことをさせられた」と、ニヤリ。  CMは、予防医学に基づいた視点で美と健康を研究し、『スカルプD』や「まつ育」などを世に広めてきたアンファーが、設立30周年を機に発表した「予防医学でミライを変えよう。」という企業メッセージを発信するもの。たけしは「ミライを変えろ。」と語りかける。  13日に都内で行われた発表会で、たけしは、CMの感想を聞かれると「嫌な爺だと思いますけどね、文句ばかり言って。今あんまし良くないと思うのは、若い人をおだてるっていうかね、君たちには夢があって未来があるっていう。世の中はそういうわけにはいかない。ちゃんと自分の範囲のなかで一生懸命やることが重要。昔みんなで手をつないで一緒にゴールしてなんていうのがあったけど、現実の世界は全然違ってたよね。それじゃ、みんなオリンピックに出たくたって、ちゃんと予選会がある。なんでも競争社会なんで、みんな戦う意識がないと。みんながどうにか引っ張って行ってくれるなんて思うのは大きな間違い。実力も運も、向きも不向きもあるけど、対応していく気持ちがないとね」  アンファーは30周年に寄せて、新分野への参入など「マニフェスト30」を発表。たけしもミライに向けたマニフェストを聞かれ、「新しいものを避けない」。 「自分にも弟子がいるけど、寛容にしている。あとは年で決めないこと。80歳でも精神年齢20の人も、その逆もいる」  CMはオンエア中。

“電脳都市”新宿にスカヨハが、たけしが、桃井が集結!

2017.03.17 Vol.686
 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』ワールドプレミア レッドカーペットイベントが16日、都内にて行われ、主演のスカーレット・ヨハンソンらが登壇した。

ユニークな才能に夢中!『ビートたけしのアートが100点! アートたけし展 』

2016.02.22 Vol.661
 お笑い芸人ビートたけし、映画監督・北野武に続く第三の“天才たけし”、その名は「アートたけし」! 「オイラの絵とか並べて展示とかしてみたら、見て喜んでもらえたりするかなぁ?」という、ビートたけし自身の発案により開催が決まったという展覧会。会場全体にビートたけしならではのエッセンスを散りばめ、カオスの中にも、たけし独特のウィットに富んだ雰囲気があふれる展示空間を演出。アートに興味のあるなしや世代に関わらず、誰もが思い思いに楽しむことができるアート展だ。  会場では、それぞれおよそ絵画60点、版画20点の他、ユニークな半立体作品20点、合わせて約100点の作品を展示。さらには、ヴェネツィア国際映画祭で授与された金獅子、銀獅子のトロフィーやフランス芸術文化勲章も公開される。  本人にとって“絵を描くこと”は無心で没頭できる最高の遊びとのこと。そのクリエイティブな才能の根源に、迫ることができるかも。 ビートたけしのアートが100点! アートたけし展 松屋銀座 8階 イベントスクエア 2月25日(木)〜3月7日(月) 【時間】10〜20時(入場は30分前まで。最終日は17時閉場) 【休】会期中無休 【料金】大人1000円、高大生700円、中学生500円、小学生300円 【問い合わせ】03-3567-1211(松屋銀座 大代表) 【交通】地下鉄 銀座駅A12番出口直結 【URL】 http://art-takeshi.com/

ここは、観光客も東京人もハマる町 浅草、再発見![第8回 したまちコメディ映画祭in台東]

2015.09.14 Vol.650
コメディー映画の祭典『したまちコメディ映画祭in台東』が9月18日から、浅草・上野エリアで開催。観光客だけじゃない、東京人も意外に知らない?下町・浅草の奥深い魅力を再発見しに出かけよう!

北野武が”老い”を描くとエンターテインメントになる!『龍三と七人の子分たち』

2015.04.25 Vol.641
 近年の大ヒット作品『アウトレイジ』シリーズに続き、北野武監督が新たに仕掛けるヤクザ映画はジジイが主役!  監督17作目となる待望作は、オレオレ詐欺に引っかかった元ヤクザの老人たちが、詐欺集団に立ち向かう騒動を描いた痛快なエンターテインメント。それぞれ、クセがありながらも憎めない“ジジイ”たちを好演するのは、平均年齢72歳の超ベテラン俳優たち。主人公・龍三役の藤竜也をはじめ、生活保護を受けながら孤独に暮らす“若頭のマサ”役・近藤正臣、ちゃちな寸借詐欺で生活している“はばかりのモキチ”役・中尾彬、今では手元がおぼつかない拳銃使い“早撃ちのマック”役・品川徹、戦争に行ったこともないのに特攻志願兵だと思い込んでいる“神風のヤス”役・小野寺昭らが、老いの切なさを笑いに変える絶妙な芝居で観客を引き付ける。一方(ジジイたちから見れば)ワルガキ、詐欺集団のボスには個性派俳優の安田顕。  個性の強すぎる老人となり居場所がなくなってしまった元ヤクザたちが、あの手この手で詐欺集団を翻弄するジジイパワーに、思わず拍手したくなる。老いをシニカルに笑い飛ばす爽快さも、北野監督ならでは。一筋縄では行かないであろう、バラエティー豊かなベテラン陣の生かし方もさすだ。

Copyrighted Image