左右田が再起戦で初参戦の中村と対戦。「第1試合」を要求【12・9 Krush.83】

2017.10.06 Vol.Web Original
左右田「僕が負けたらKrushの格が落ちる」と必勝宣言
「Krush.83」(12月9日、東京・後楽園ホール)の追加対戦カードが10月6日発表された。  8月大会でKrush-65kg王者・中澤純に挑戦し、延長の末、判定で敗れた左右田泰臣が復帰戦に挑む。  左右田に用意されたのはKrush初参戦となる中村広輝。中村は沖縄をベースに戦う32歳。39戦24勝(18KO)13敗2分け。全沖縄ライト級、LEGEND-63kg初代・第2代、TENKAICHIスーパー・ライト級の戴冠歴があるファイター。  中村はまず「ハイサイ!」と沖縄の方言で挨拶。そして「今回初めてKrushに参戦することになった。若いころに見ていた全日本キックの流れにあるkrushに出られるきっかけを作ってくれたREBELSの山口代表、Krushの宮田プロデューサーに大変感謝している。気持ちがあふれ出てきてワクワクしている。相手も左右田選手ということですごくいい試合になると思う。Krushは輝かしくて力のある団体。出られると思っていなかったので光栄。自分は勝率を見るとKOが先行しているが、特にKOを目指して戦っているわけではない。戦いの中の流れでKOが生まれている。今回も流れの中でKOが生まれればいい。自分で言うのもなんですが、Krush向きの選手だと思っているので、いつも通り戦うだけ」と話した。  左右田は「K-1のベルトが欲しいと言っておいて、8月のKrushで負けて、また順番待ちの最後尾に並んでしまいました。今回は僕が負けたらKrushの格が落ちる気がするので、シンプルに“勝つ”というテーマを持って戦いたい。中村選手はすごい激闘派の選手と聞いていた。改めて試合を見てみると、やはり激闘派だったので、素晴らしい選手だと思う。僕が8月に負けて、また一人K-1の65kgの選手を増やしてしまったので、今回はそういうことがないように、僕の仕事をしっかりしていきたい」と話した。  左右田は前回の敗戦については「負けたことに関しては納得している。試合の勝ち負けで一喜一憂していたら1年前と変わらない」と気持ち的には吹っ切れているよう。しかし「出直しという意味もある」と「第1試合」を希望した。宮田充K-1プロデューサーは「第1試合はすごく大事に考えていてインパクトのあるカードを持ってきたこともあった。でも今回の大会は土曜日。週休2日とはいえ土曜日はまだ忙しい人も多い。“この試合は絶対に見たい”というお客さんは多いと思う。そういうお客さんの思いを考えると後半にマッチメイクしたい。でも左右田選手の気持ちも分かる…」と返事を保留。この宮田氏の態度に「理想は第1試合からメーンまでフルハウスということ。自由に生きましょう」と左右田。果たして宮田氏の決断は…?

「Krush.68」で王座防衛の小澤海斗が改めて武尊との対戦を熱望

2016.08.23 Vol.673
 8月20日に名古屋で開催された「Krush.68 ~in NAGOYA~」の試合後会見が23日、都内で行われ、勝利を収めた小澤海斗、野杁正明、東本央貴、堀尾竜司の4選手が登壇した。  初防衛戦に臨んだKrush -58kg王者の小澤はチームドラゴンの大岩龍矢と対戦。6月のK-1で対戦し敗れた武尊が相手のセコンドに就くという状況の中、延長の末、勝利を収めた。  小澤は「結果的には勝ちで良かったが、試合内容がクソだった。一日も早く強くならないといけない。(延長までもつれたのは)アグレッシブさが足りなかった」と試合を振り返った。  そしてセコンドにいた武尊については「いるだけでムカついた。今一番ムカついているのが武尊なんで、それが頭から離れない。あいつのことを考えなくなる日は俺があいつをぶっ倒したとき」とし、「すぐでいい」と早期の再戦を希望した。  宮田充Krushプロデューサーは「再戦はK-1になると思う。小澤選手がしっかり防衛を果たしたことで、ファンが見たくなるような場面での再戦というのはあるのではないか。具体的に今決まっていることはないが、小澤選手の追い上げしだいで(再戦は)あるのかな、と思う」と語った。

Krush.64 寺戸が-55kgのベルト奪取 -63kg王座決定戦は佐々木vs平本に

2016.03.21 Vol.662
 立ち技格闘技「Krush.64」(3月20日、東京・後楽園ホール)のメーンで行われた「Krush -55kgタイトルマッチ」で挑戦者の寺戸伸近が3-0の判定で王者・堀尾竜司を破り、第5代王座に就いた。  試合は1Rから寺戸が右ローキックでペースを握る。堀尾は前蹴り、ミドルで反撃するが、寺戸はパンチの連打にローキックと打ち分け、主導権は渡さない。  2Rになっても寺戸のローキックは止まらない。堀尾は飛びヒザを見せるも、寺戸は下がって交わすと着地際にパンチの連打を合わせ、そこから激しい打撃戦に。3Rも寺戸はしっかりガードを固め右ローの連打から攻撃を組み立てる。判定では分が悪い堀尾はプレッシャーをかけロープに詰めるが、そこで寺戸が不意を突く飛びヒザ一閃。モロにアゴに食らった堀尾はダウン。一瞬あっけに取られた堀尾だったが、ダメージは小さかったようで失点を取り返すべくラッシュをかけるが、寺戸は下がりながらも随所でカウンターのパンチを繰り出し、しのぎ切った。

「Krush.64」前日計量と一夜明け会見を一般公開 当日は弘嵩と山崎がサイン会

2016.03.18 Vol.662
「Krush.64」(3月20日、東京・後楽園ホール)の前日公式計量・タイトルマッチ調印式・記者会見が19日、大久保のGENスポーツパレスで一般公開で行われる。  計量には全選手、記者会見には主要選手が参加。調印式には堀尾竜司と寺戸伸近が参加する。計量は13時~、記者会見は13時30分~。来場者全員に堀尾と寺戸の直筆サイン入り「Krushロゴ入りクリアファイル(非売品)」が進呈される。  また21日11時から同所で行われる一夜明け記者会見も一般公開。  出席者は堀尾vs寺戸戦の勝者と第4代Krush -63kg王座決定トーナメント・準決勝の勝者2選手が予定されている。こちらの来場者全員には、Krush -55kgチャンピオン(堀尾vs寺戸の勝者)の直筆サイン入り「Krushロゴ入りクリアファイル(非売品)」が進呈される。  大会当日はオープニングトークにKrush -58kg王者の小澤海斗が登場。  正面ロビー・物販ブースでは卜部弘嵩と山崎秀晃のサイン会が行われる。卜部は開場時と本戦第6試合後の休憩時間、山崎はメインイベント終了後。

3・20「Krush.64」-55kg王者・堀尾竜司、寺戸戦は必ず名勝負になる!「僕と寺戸選手は絶対に噛み合う。この試合を見ないと後悔すると思います」

2016.03.11 Vol.662
3月20日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.64」の[Krush-55kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R]で挑戦者・寺戸伸近と対戦する第4代王者・堀尾竜司のインタビューを公開!

3・20「Krush.64」西京春馬の対戦相手が変更

2016.03.08 Vol.661
「Krush.64」(3月20日、東京・後楽園ホール)で-55kg スーパーファイトに出場する西京春馬と対戦予定だったエリアス・マムーディ(アルジェリア/MAHMOUDI GYM)が「左大腿四頭筋断裂、および膝内側の炎症」の負傷によりドクターストップがかかり今大会の欠場が決定した。  それに伴い、西京の対戦相手がKrush初参戦となる良星(らすた)に変更。大会前日の3月19日に18歳の誕生日を迎える西京と現在19歳の良星によるフレッシュな組み合わせとなった。  同大会のメーンでは王者・堀尾竜司に寺戸伸近が挑戦するKrush -55kgタイトルマッチが行われる。

3・20「Krush.64」で今後の-55kg戦線を左右する2試合「堀尾vs寺戸」「西京vsマムーディ」

2016.01.26 Vol.659
 立ち技格闘技「Krush.64」(3月20日、東京・後楽園ホール)で行われる「Krush -55kgタイトルマッチ」で対戦する王者・堀尾竜司と挑戦者・寺戸伸近が25日、揃って会見した。  2度目の防衛戦となる堀尾は「前回はKOすると言っておきながら、ギリギリの判定勝ちだったので、今回はKrushの王者らしい戦いを見せたい。前へ出て打ち合うのが僕のスタイル。寺戸さんもそうだと思うので、純粋に打ち合えるのが楽しみ」。  35歳の寺戸は「年も年なのでラストチャンスかな?という気持ちもある。背水の陣で臨みます。(堀尾には)強豪が出ていたトーナメントを勝ち抜いてチャンピオンになったので、強い選手というイメージがある。全部の試合を見たわけじゃないんですが、運動量も多く、ステップも軽いイメージで攻撃も多彩。しっかりと対策を練っていきたい」とそれぞれ話した。  ともにその試合には「逆転」のイメージがあるのだが、堀尾は「逆転のイメージがついている人とやるのは初めてですが、自分も逆転のイメージを持たれているので、同じ者同士、プライドのぶつかり合いになると思う。自分のイメージが取られないよう、絶対に勝ちたい気持ちがあります」としたうえで、10歳以上年齢が離れた挑戦者に対し、「寺戸選手は僕らの世代からすればずっと目標だった選手。同じレベルに立った時に超えなきゃいけない壁。もう若い世代はここまで来ているんだよということを見せつけたい」と語った。

Krush.61 堀尾が-55kg王座を初防衛 -58kg王座決定戦は神戸vs小澤に決定

2015.12.05 Vol.655
 立ち技格闘技の「Krush.61」(4日、東京・後楽園ホール)のメーンでKrush -55kgタイトルマッチが行われ、王者・堀尾竜司が挑戦者のハキム・ハメッシュを3R2-0の判定で破り、初防衛に成功した。  ハメッシュは7月のK-1で武尊と対戦し判定負けを喫したものの、最後まで武尊を苦しめた実力者。堀尾はその強豪にKOで勝つことが「大きなアピールになる」とこの一戦に臨んだ。  しかしハメッシュは1Rから重い右ストレートにフック、ヒザ蹴りで堀尾を追い込む。堀尾はカウンターの飛びヒザでいったんはその猛攻を食い止めるが、ハメッシュは体勢を立て直すと再び重いパンチで堀尾を追い込んでいく。堀尾は早い段階で鼻血を出すなど苦しい展開に。

Krush.56 堀尾竜司が第4代55kg王座に輝く

2015.08.15 Vol.648
 立ち技格闘技『Krush.56』(14日、東京・後楽園ホール)で「第4代krush-55kg王座決定トーナメント」の準決勝と決勝が行われ、堀尾竜司が決勝で匠を破り、王座に就いた。
 堀尾は準決勝で戸邊隆馬と対戦。1R序盤から積極的に仕掛け、ペースを握る。左ミドル、ヒザ蹴り、フックの連打に、戸邊は1Rから鼻血が吹き出す。2Rも堀尾の攻勢は変わらず、飛びヒザからのパンチ、前蹴りで距離をとってからのヒザ蹴り。戸邊はローキックで見せ場は作ったものの、ラウンド終盤、堀尾は狙いすました右の飛びヒザ一閃。まともに食らった戸邊は立ち上がれず、2R2分6秒、KOで堀尾が決勝に駒を進めた。
 決勝の相手は準決勝で結城将人を判定で破り勝ち上がってきた匠。しかし匠は結城戦で右まぶたをカットし、テープを張ったままの状態。
   

Krush.55 復帰戦の山崎が3度目の防衛 -55kgトーナメントは堀尾、戸邊、匠、結城が勝ち上がる

2015.06.13 Vol.644
 立ち技格闘技「Krush.55」(12日、東京・後楽園ホール)のメーンで行われたKrush-63kg級タイトルマッチで王者・山崎秀晃がジョアン・カナベラルを3-0の判定で破り3度目の防衛に成功した。
 山崎は昨年11月のK-1 WORLD GP -65kg初代王座決定トーナメントの1回戦で優勝したゲーオ・フェアテックスに敗れて以来の復帰戦。その試合ではゲーオのハイキックで額の陥没骨折と眼窩底骨折の重傷を負い、復帰も危ぶまれる中での今回の防衛戦だった。
 挑戦者のカナベラルは“コロンビアの爆撃機”の異名を持ち、現在ISKA世界スーパー・ライト王座など4本のベルトを保持する世界4冠王という強豪。
 しかし山崎は1Rからバックスピンキック、右のハイからミドル。左の横蹴りからパンチにつなげるなど、多彩な攻撃を見せブランクを感じさせない。2R開始前には久々のリングへの思いか、勝利への確信か、笑顔を見せコーナーを離れた山崎はいきなり踏み込んでの打ち合いに臨む。カナベラルも呼応し、リング上に緊張が走ったが、ともに仕留めるには至らない。変則的な蹴りを繰り出す山崎の攻撃に手を焼くカナベラルは左右のローキック、カウンターの右フックと見せ場を作るが、山崎が徐々に攻め込みゴング間際にはロープに詰め右ストレート、ゴングと同時に放った左フックで顔面を打ち抜き、カナベラルが膝をついたが、これはダウンとは認められなかった。
 山崎は3Rもゴングと同時にパンチの連打で攻め込むが、ともに距離が近くなってしまい、クリンチの場面が目立つようになる。しかし山崎は押し返してから踏み込んで打ち合いに挑むなど最後までKOを狙う姿勢を崩さなかった。
 結果は30-29、30-28、30-28の3-0で山崎の勝利。
 山崎は試合後、リングで「皆さんの応援がなかったら帰って来ることができなかったと思います。何度か心が折れそうだったけど、みなさんに感謝申し上げます。復帰したからには“山崎、強いな”という試合を見せなきゃいけなかったのに、今日はKOをお見せすることができませんでした。でもこれから大暴れする予定なので応援よろしくお願いします」と挨拶。
 試合後の会見でも「復帰戦という位置づけでは勝ったかもしれないですが、一つの試合として見たら0点。相手は生きのいい選手だったが、穴はたくさんあった。こっちが力んでしまった。まだ、100%復活とは言えない。応援してくださっている方に復活した姿を見せられたのはよかったですが、内容はダメ。体力面は今までで一番余裕はあったんですけど、最後で仕留めるポイントがズレていた」と反省しきりだったが、今後については「ここ2~3年、外国人とやらせてもらっているので、どんどん世界に出ていきたい。次は必ずKOします」と目標を掲げた。

第3代Krush-70kg級王者・中島「K-1で優勝するということを目標に戦った」

2015.04.14 Vol.640
 12日に東京・後楽園ホールで行われた立ち技格闘技「Krush.53」の一夜明け会見が13日、都内で行われた。
「第3代Krush -70kg級王座決定戦」で山崎陽一を判定で下しベルトを巻いた中島弘貴が登壇し、念願のベルト奪取に「不安もあったが王者になれてホッとしている。頑張ってきてよかった」と胸の内を明かした。ベルトには3回目のチャレンジとなるが「今回取れなかったらKrushのベルトを取れない選手なのかなって思った。頑張ってきて良かった」と感慨深げ。
 前日の試合後の会見で7月に行われるK-1トーナメントへ参戦の意思を示したことについては「7月のK-1の話を聞いて、それに出るためにも2月と4月はしっかり勝たなければいけないと思った。昨日勝ったので、チャンピオンとしてK-1に出たい。出たいというより、7月にK-1で優勝するということを目標に立てて戦ってきた」と改めて語った。
 宮田充プロデューサーも「Krushとしても中島選手にはK-1で海外の強豪と勝負してほしい」とのことから、K-1のリングでも中島のファイトが見られそうだ。

Copyrighted Image