今年はシンボルカラーのオレンジ色にライトアップ!

2017.11.24 Vol.700
 東京タワーは、今年で21回目となるイルミネーション企画「東京タワー ウィンターファンタジー〜オレンジ・イルミネーション〜」を今年も開催。点灯式が11月2日に行われた。今年は、東京タワーのシンボルカラー“温かなオレンジ色”がコンセプト。オレンジ色にライトアップされた東京タワーと、オレンジ色に輝く地上のイルミネーションの光の共演が楽しめる。東京タワーの足元には、2年ぶりに生のモミの木を使ったツリーを設置し、その前にはSNS向けの写真撮影にぴったりなフォトステージを用意。シンボルカラーのオレンジと、来年創業60周年を迎える東京タワーにちなみ還暦を表現した赤色LED電球に彩られたツリーを東京タワーと一緒に撮影することができる。  点灯式には、11月に公開される話題の映画「覆面系ノイズ」に主演の中条あやみが登場。「地元大阪の友達が遊びにくるとよく東京タワーに案内します。これまで4〜5回は上っています」とコメント。イルミネーションが点灯されると「とってもロマンチック」と感激していた。

東京都とニューヨーク市が相互観光PRパートナーシップ締結

2017.11.10 Vol.Web Original
 東京都と米ニューヨーク市観光局が「東京都&ニューヨーク市 相互観光パートナーシップ」を締結、10日、都庁でメディア発表会を行った。それぞれの都市からより多くの旅行者に訪れてもらうことが目的で、都と同市が相互に観光PRを行う取り組みは今回が初めて。  小池都知事は「今回の取り組みは、より多くの旅行者を東京に誘致する上で、大変有意義であると思います。また、日本の皆様にもニューヨークを訪れていただきたいです」。  ニューヨーク市観光局のフレッド・ディクソン代表は「世界有数の大都市であるニューヨーク市と東京都だからこそ実施できるコラボレーションに感謝します。東京はニューヨーク市と同じで、『Old meets New』を体現した街です。観光事業において、両都市が持つ魅力と文化を掛け合わせることで、より、成果を上げられると思います」と、期待した。  パートナーシップ締結を記念して、それぞれのランドマークである東京タワーとエンパイア・ステート・ビルディングが東京都の新アイコン「Tokyo Tokyo Old meets New」のっシンボルカラーであるブルーにライトアップされる。東京タワーはきょう10日の日没から午後11時まで、エンパイア・ステート・ビルディングは現地時間の10日日没後から翌日の午前2時まで。

床から光のお化けが!? 東京タワーで光のハロウィン始まる/9月26日(火)の東京イベント

2017.09.26 Vol.Web Original
 インタラクティブな映像演出で人気のネイキッドが企画・演出を行う、ハロウィンをテーマとした空間演出『TOKYO TOWER HALLOWEEN NIGHT FANTASIA』が東京タワーで26日からスタート。

東京タワーで三陸・大船渡のさんまを無料配布! 「 東京タワーさんままつり」/9月23日(土)の東京イベント

2017.09.23 Vol.Web Original
 東京タワーの秋の人気イベントを今年も実施! 新鮮な大船渡産のさんまを炭火焼で無料配布する。その数、東京タワーの高さ“333メートル”にちなんで3333匹!!

東京タワー大展望台でファンタジーな夜を楽しもう

2017.06.16 Vol.692
 東京タワーでは、9月3日(日)まで毎日3Dマッピングイベント「TOKYO TOWER SUMMER LIGHT FANTASIA」を大展望台2階で開催中。  多くの来場者を魅了した昨年に続き2回目となる今回は、煌めく星空、飛び交う蛍、青い海に寄せる波等を表現。夜空に大輪の華を咲かせる打ち上げ花火、太陽に向かって咲くひまわり等、夏をイメージさせるマッピング映像を、展望台2階フロアの窓ガラスや床面に投影し、実際の夜景との共演を楽しめるものとなっている。 更に、今回は展望台内にスモークとレーザー光線による夏のオーロラも初登場。  夏の夜、東京タワーで臨場感あふれる夏のマッピングとリアルな夜景を見ながらファンタジーなひと時を楽しもう。 「TOKYO TOWER SUMMER LIGHT FANTASIA」 期間:?9月3日(日)まで毎日 時間:19:30?22:50(?8月3日(木)まで)    19:00?22:50(8月4日(金)?9月3日(日)まで) 場所:東京タワー 大展望台2階フロア 詳しくは東京タワーH.P. https://www.tokyotower.co.jp/event/illumination/summer-light-fantasia2017/index.html

東京タワーで台湾祭開催 世界のフードフェス続々

2017.03.14 Vol.686
 台湾の文化や芸術、グルメが集結する「東京タワー台湾祭2017」が18?20日の3日間、東京タワーの正面玄関広場の屋外特設会場で行われる。日台の交流を目的としたイベントで、台湾の人気スポットや夜市をイメージしたリアル台湾を再現した会場では、小籠包や担仔麺、台湾麺線、葱油餅にタピオカミルクティーなど台湾の屋台の味が楽しめる。また、台湾ゆかりのアーティストらによるステージイベントも行われる予定だ。イベントは期間中11?21時、最終日のみ20時まで。入場無料、飲食代などは別途有料。  これを皮切りに都内各地ではさまざまな国やその文化に注目した催しが続々と行われる。26日には同じ東京タワーで、港区内に大使館がある国の文化、芸術、料理などが集まる「港区ワールドカーニバル in 東京タワー」が開催予定。「新宿サンバ・シュラスコフェス2017」(4月6?9日、歌舞伎町シネシティ広場)も控えている。

世界の年末年始! ユダヤの伝統行事“ハヌカー”を東京タワーで初開催

2017.01.04 Vol.681
 世界各地でさまざまな伝統行事が行われる年末年始のシーズン。キリスト教の伝統行事であるクリスマスは、日本でも季節のイベントとしてすっかり定着しているが、ほぼ同じ時期、ユダヤ教では“ハヌカー”という伝統行事が行われている。  そんなハヌカーを体験してもらおうと12月29日、東京タワーで日本で初めてとなる本格的なハヌカーイベントが行われ、ハバッド ジャパン センター のラビ メンディ スダケヴィッチ氏や駐日イスラエル大使館の特命全権大使 ルツ・カハノフ氏、日本・イスラエル友好議員連盟の中山泰秀衆議院議員らが出席した。  イベントでは、メノーラーと呼ばれる燭台に7人の出席者が灯りを灯す“宮清めの儀式”が厳かに行われ、中山議員は「日本にも、一つの灯は人に分けても無くならず、分け与えるほどに世界を照らすという教えを表す言葉があります。メノーラーの灯りのように、平和が広がっていくことを願います」と語った。  また、この日はハヌカーの祝いに欠かせない伝統のお菓子スフガニーヤーなどが振る舞われ、初めてハヌカーを体験した人たちも大喜びだった。

クリスマスはさくら色! 東京タワーのイルミ点灯 

2016.11.04 Vol.677
『東京タワー ウィンターファンタジー ~ONE PIECEスノードームイルミネーション~』の点灯式が3日、同所で行われた。  点灯式には、リオ五輪重量挙げ銅メダリストの三宅宏実と、アイドルグループのさくら学院が出席。ともに、イルミネーションの点灯式は初体験で、観客と一緒にカウントダウンで点灯すると、さくら色に輝くイルミネーションに大喜びだった。  イベント終了後の取材で、クリスマスの予定を聞かれた三宅は「クリスマスはいつも合宿なんです。でも、今年は地方で講演の予定。父と一緒です」とのこと。さくら学院のメンバーも家族と過ごすという。  東京タワーの冬のイルミネーションは、東京タワーフットタウンにある、人気マンガ『ONE PIECE』のテーマパーク東京ワンピースタワーとコラボレーションしたもの。作品に登場する『冬に咲く奇跡の桜』のエピソードをモチーフにしたもので、直径6メートル高さ5.5メートルの国内最大級のスノードーム。見どころは約5分間の「光のショー」で、雪が舞い、ツリーの色が桜色に変わる。東京タワー正面玄関前で2017年2月28日までの毎日16~23時まで点灯する。

東京タワーで世界タワー会議

2016.10.07 Vol.676
 東京タワーで9月26?28日に「世界タワー会議」が開催された。同会議は世界で展望施設を運営する54のタワーやビルが加盟する世界タワー連盟の年次総会で、今年は東京タワーがホストタワー。  この開催を記念して会議前日の25日には世界タワー連盟の英語略称である「WFGT」を大展望台の東面に電光表示。  会議初日の26日から28日には、照明デザイナーの石井幹子さんによる「愛と平和と永遠」を願う特別ライトアップを点灯した。

「世界タワー会議」を記念して東京タワーで特別ライトアップ

2016.09.27 Vol.675
 東京タワーで9月26~28日の3日間に渡り、「世界タワー会議」が開催される。  同会議はエッフェル塔やエンパイア・ステートビルといった世界で展望施設を運営する54のタワーやビルが加盟する世界タワー連盟の年次総会で、今年は東京タワーがホストタワーとなっている。  この開催を記念して会議前日の25日には世界タワー連盟の英語略称である「WFGT」を大展望台の東面に電光表示。  会議初日の26日には、東日本大震災に見舞われた時に世界のタワーが哀悼の念を表す日の丸をイメージしたライトアップを行ったことへの感謝を込めた「愛と平和と永遠」を願う特別ライトアップを点灯。特別ライトアップをデザインした照明デザイナーの石井幹子さん、タワー連盟本部のエグゼクティブディレクター、ダニエル・トーマス氏らが参加して点灯式が行われた。  特別ライトアップは28日まで点灯される。

東京タワーに夏が来た!「天の川イルミネーション」スタート

2016.06.03 Vol.667
 東京タワー毎年恒例の七夕特別企画「天の川イルミネーション」の点灯式が1日、同所で行われた。 点灯式では、カウントダウンに合わせて、大展望台1階のフロア東西南北すべての天井が夜空に輝く無数の星、そして天の川を表現したイルミネーションに彩られた。展望台の窓には外の夜景とイルミネーションの光が相まって幻想的な世界が広がり、来場者からは大きな歓声が上がっていた。  通算12回目となる今年は、大展望台1階で約5万3000個、フットタウン屋上から大展望に続く外階段で約10万9000個、合計約16万2000個の青色と白色のLED電球を装飾している。 「天の川イルミネーション」のテーマ曲には、東京タワーと縁が深いコブクロの『星が綺麗な夜でした』が決定。開催期間中は大展望台1階西側フロアで、19時、20時、21時、21時30分、22時、22時30分の1日6回聞くことができる。  8月31日まで同所で。毎日17~23日まで点灯。大展望台までの展望料金は必要。