新しい“ジブン発見”コラム My Discovery vol.05 水沢アリー(みずさわ ありー)

2016.07.10 Vol.670
水沢アリーの“My Discovery” 新たな出会いは、楽しむ気持ちから!

水沢アリー、W杯は「1試合ぐらい一緒に見たい」

2014.06.04 Vol.618
20140604a.JPG
 サッカーのワールドカップの開幕を来週12日に控え、4日、六本木ヒルズアリーナで「2014 FIFA ワールドカップ 究極の予想イベント」が開催され、スポーツジャーナリストの前園真聖、お笑いコンビ・ピース、そして水沢アリーが出席した。

 人気サッカーゲームを使い、W杯での熱い戦いをシュミレーションするというもので、日本代表は1勝1敗1分けでグループリーグを突破、ベスト8進出を果たすという結果だった。

 水沢アリーは、組み合わせこそ違うものの、グループリーグの1勝1敗1分けの予想を的中させた。イベント後の取材で、サッカー元日本代表の槙野智章選手と交際中であることから、「誰かに聞いたの?」と質問が集中したが、この場で決めたそう。W杯本番を誰と見たいか聞かれると「(槙野は)ゾノさん(前園)みたいな先輩に誘われたらそっち行くと思う。1試合ぐらいは一緒に見たいな」。ピースの又吉の「このままだと1人で見ることになる」というぼやきに、水沢が「一緒に見ようよ。全部はダメだけど、1試合ぐらいなら」と誘ったが、又吉は微妙な表情だった。

“2020度参り”で水沢アリーが東京タワーの外階段600段を制覇

2013.08.05 Vol.597
 2020年夏季オリンピック・パラリンピック開催都市決定まで41日と迫った7月28日、東京タワーで『“2020度参り”チャレンジラン』キックオフ記者発表会が行われた。  これは東京タワー周辺のランニングコースを走った後、東京タワーの外階段600段を上って大展望台にある“タワー大神宮”に東京招致に向けて祈願するというもの。2020年と“お百度参り”にちなみ2020人に挑戦を募るという。なお参加ランナーが2020人に達するまで毎日開催するという壮大な計画となっている。  この日はタレントの水沢アリーと元競泳選手でスポーツキャスターの宮下純一(北京五輪男子400mメドレーリレー銅メダリスト)が33人の一般ランナーとともに最初の挑戦者として参加した。 「最近走ったのは5年前。帰宅部で代表的な文化系女子」という水沢はオープニングで「運動とは無縁に生きてきて、走るのはすっごく久しぶりなんだけど、そんな無縁に生きてきた人でも注目できるようなオリンピックにしたいなと思って、私はそういう人の代表で頑張ろうと思ってます。今日は本気で走ります!」と独特の言い回しで意欲を語った。  そして開催都市決定まで1000時間となる13時にスタート。約20分後、大展望台のタワー大神宮に姿を現した水沢と宮下は、早速お祈りして、ミッションを遂行した。  イベント終了後の取材では水沢は「始まってすぐに自分のキャパシティーを越えちゃって、大変だったんだけど、宮下さんに励まされて走ることができた」とさすがにお疲れモード。しかし宮下に「最初は元気だったんだけどだんだん腰が引けてきて。でも頑張って走ってくれた」と褒められると「リタイアしちゃおうかとも思ったんだけど、みんなの後押しがあったから走ることができた」と一般のランナーにも感謝。そして「もう走らなくてもいいと思うと元気が出て来た」といつもの水沢に戻っていた。  ちなみに神社では「東京にオリンピックをというのと、私にステキな男性を」とお願いしたという。そのへんは最後までぶれない水沢であった。

水沢アリーが竜兵会入リ熱望「身の回りのお世話したい」

2013.06.11 Vol.593
20130611b.JPG
 映画『ファインド・アウト』の公開記念イベントが11日、都内で行われ、タレントの水沢アリーと、お笑いコンビ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵がゲスト出演した。

 イベントで、水沢は、幼いころから上島のファンであったことを明かし、上島とダチョウ倶楽部の肥後克広、有吉弘行、土田晃之らからなる竜兵会入りを熱望。「足の角質取りとか、汗を拭くとか、(上島の)身の回りの世話をしてあげたい」という捨て身の懇願には、上島も「それはカミさんがいるから大丈夫」と苦笑い。「介護ですね」と報道陣からツッコミが入ると、「個人的にはやってほしい。フロにも入れてほしい」と本音も飛び出した。

「ファン」「ずっとお会いしたかった」「憧れの人のリアクションを生で見られてうれしい」と、止まることのない水沢の絶賛に、上島は「こんなに褒められたことない!映画(『ファインド・アウト』)じゃないけど、うそみたい!......そんなに憧れられても力はないよ(笑)」と吹き出る汗を必死にぬぐっていた。

 この日は、姉が消えた妹を探し出す(ファインド・アウト)、事件の真相を見つけ出す(ファインド・アウト)という映画のストーリーにちなんで、水沢がこれまでしてきた発言が真実か否かを上島がファインド・アウト。上島が、水沢の口調が人気タレントのローラにそっくりであることからモノマネをしているのではと追及すると、水沢はサクッと否定。その上で、「お笑いでやっていこうと思っているの。相手も見つけなきゃいけないし、ピンでやっていこうかとも悩んでいるの~!」と、ビックリ発言も飛び出した。

 映画は、アマンダ・セイフライド演じる姉が、突然消息不明になった妹を探すストーリー。水沢は「周りの人が誰も彼女を信じてくれないなかで、妹を探すの。見ている方も、リアルなのか彼女の妄想なのか分からなくなって、最後までドキドキして、ヒヤヒヤしながら終わるの!みんなに見てほしいな!」と話していた。
 
  15日公開。

Copyrighted Image