タオル一枚の男が舞う!劇団Rexy新公演とは【脱こじらせへの道 第60回】

2017.11.24 Vol.Web Original
 実はこの数ヶ月GIRL’S CHはイベント続きなんです。  10月8日にはDVD発売記念イベント、10月21日には前回ご紹介したイケメンフェスティバル、そして来月は劇団Rexy第五回公演。  劇団Rexyについては、以前このコラムでも紹介させていただきました。  GIRL’S CHやSILK LABOに出演するエロメン・ラブメンを含むイケメンたちだけの劇団です。 脱こじらせへの道 第10回 特別編 劇団Rexy出演者7人にインタビュー  露出度高めのイケメンたちを目の前で見られるこの劇団Rexyですが、コメディ作品を基本として、時代劇、BLにも取り組んできました。  第五回目となる本公演のタイトルは「風呂ダンサーズ」。  そう、イケメンが踊るんです。

「イケメンフェスティバル2017」とは? 後編【脱こじらせへの道 第59回】

2017.11.14 Vol.Web Original
 10月21日に行われたイケメンフェスティバルの模様をお伝えする今回。  前編では、ショーの内容をご紹介して終わってしまいましたので、後編ではSOD本社全フロアを使った、各フロアのイベントをご紹介したいと思います。 (⇒前編はこちら

「イケメンフェスティバル2017」とは? 前編【脱こじらせへの道 第59回】

2017.11.10 Vol.Web Original
 去る10月21日に、GIRL'S CH初の単独イベントを開催いたしました。

「次へつながる」AV出演とは【田口桃子の脱こじらせへの道 第58回】

2017.10.27 Vol.Web Original
 9月は新人エロメンの夏目哉大さん、そして10月は舞台俳優としても活躍しているエロメン・有馬芳彦さんのインタビュー。  2ヶ月にわたって、女性向けAVの出演側の意見をお伺いしてきました。 <有馬芳彦さんのインタビューはこちら> 前編:http://www.tokyoheadline.com/190001/ 後編:http://www.tokyoheadline.com/190222/  前回の夏目哉大さんは、AV作品で自分を表現することに重きをおいてましたが、有馬芳彦さんの場合は、「俳優・有馬芳彦」を、いかにいろいろなメディアで表現するか、を重要視している方でした。  同じエロメンであっても、スタンスの違いが非常に面白い、お二人のインタビュー。  今回はそんなお二人のスタンスから、男性がAVに出演することとは? を考えてみたいと思います。 ■男性向けAVには「出ない」
 AV男優とエロメンって何が違うの? という質問をたまにいただきます。  よく私たちは、「AV男優は男性向けAVに出演している人、エロメンはSILK LABO(女性向けAV)に出演している人」と答えています。  それって、視聴者が違うだけなのでは? やってることは同じではないの? という風に思う方もいるかもしれませんね。  しかし有馬さんは、男性向けAVには出ない、と断言しました。 「女性向けのレーベルが作る作品だったら、ということであれば(男性向けAVのような企画内容への出演も)考えられると思います。ただ男性向けのレーベルに出るというのは許さないんですよね。何のために今、女性向けの作品に出ているのかということが根本から崩れてしまうので」  男性向けAVでは、女優さんの体やプレイ、または、企画で、面白さが決まってきます。  たとえば、”元芸能人デビュー!”なんていう作品では、その女優さんが裸を見せることや、カメラの前でエッチなことをするということを見せる、というのがメインテーマです。  または、”時間が止まる○○”というような企画作品では、普段はありえないけど映像の中だからできるエッチなことを見せる、というのがメイン。  何を見せたいかが明確で、それをどうやって見せるか?を考えるのが、男性向けAVの作り手の醍醐味であり、最も重要なことではないかと思います。  出演者も、それらの意図に沿うように最善を尽くします。  対して女性向けAVの場合、「出演者」が何をするか? どんな表情を見せてくれるか? という部分が重要視されているのではないかと思います。  男性向けAVでは、求められた要求に的確に反応する職人的な技能が求められるのに対し、女性向けAVでは、与えられたテーマを自由に表現する即興的な技能が求められるのかな、という風に感じています。  俳優・有馬芳彦として、自分を表現するために来たAVの世界。  AVの中で活躍する職人ではなく、有馬芳彦という俳優をいかに成長させるか、ということが有馬さんの中での揺るがない軸であるように感じられました。  一方、前回インタビューに答えてくれた夏目哉大さんは、男性向けAVへの出演も積極的でした。  男性向けAVでの技能を身につけることによって、「AV男優・エロメン」としての成長をしたい。  ふたりにとっての”成長”の方向性がそれぞれ現れた回答だったと思います。 ■女性向けAVも格闘技も、縁。
 ちょうどこの記事が掲載されることには、上演真っ只中ですが、10月26~29日に、有馬芳彦さんがメインキャストを務める、「宇宙SORA」というお芝居が上演されます。  それらの出演の傍ら、今年はシュートボクシングのリングアナウンサーとしても活躍。    また、トークイベントを開催したり、歌を歌ったり…。  本当にマルチな分野で活躍していますね。  AV女優さんの中には、アイドルになりたい、女優になりたい、有名になりたい…そんな理由からAV女優という道を選択する女性もいます。  実際にそれを叶える人もいますが、狭き門、決して楽な道ではありません。  一方でAV男優さんの多くは、AVに出ること、出続けること、を目標として、始めている人が多い印象。  その過程で、女性向けのイベントを開いてファンを増やしていったり、書籍を出版して性に関するイメージを変えていこうという活動をしている方もいます。  そんな中、有馬さんのような出演の形は、新しいパターンだといえると思うのです。  有馬芳彦さんが成功例となり、男性とAVの新たな関係性を構築できると、おもしろいですよね。  さて、そんな有馬さん夏目さんも出演された、一大女性イベントが先週開催されました。    題して、「GIRL'S CH presents イケメンフェスティバル2017 女性向け秘密のお店大博覧会!!」  エロメンの皆さん、男優さんとのふれあいはもちろん、GIRL'S CHの考えるさまざまな女性向けレジャーを大集結させて、安心安全に少しずつ楽しめるという、新しいイベントです。  次回はそんなイケメンフェスティバルの様子をご紹介したいと思います!  有馬芳彦さん出演舞台「宇宙SORA」公式サイトはこちら

舞台でも活躍中の演技派エロメン・有馬芳彦さんにインタビュー・後編【田口桃子の脱こじらせへの道 第57回】 

2017.10.17 Vol.Web Original
 前後編でお届けしている、エロメン・有馬芳彦さんへのインタビュー。  (⇒前編のインタビューはこちら)  今回は、彼がもっとも大切にしている「お芝居」について、お話をお伺いしました。

舞台でも活躍中の演技派エロメン・有馬芳彦さんにインタビュー・前編【田口桃子の脱こじらせへの道 第57回】

2017.10.13 Vol.Web Original
 前々回に期待のエロメンとして夏目哉大さんのインタビューをしましたところ、編集部から「ぜひ、また」というお話をいただきまして、今回は舞台でも活躍中のエロメン、有馬芳彦さんにインタビュー。有馬さんに女性向けAV出演のきっかけから、出演する舞台のことなど、いろいろうかがいました。

「認める」時代【田口桃子の脱こじらせへの道 第56回】

2017.09.22 Vol.Web Original
前回は前後編にわたって、今年の春にデビューしたばかりの新人エロメン・夏目哉大さんのインタビューをお送りしました。 ⇒前回のインタビューはこちら 着エロから女性向けAVへ…期待のエロメン夏目哉大さんにインタビュー・前編 http://www.tokyoheadline.com/186466/ もっと相手を気遣ったセックスを…期待のエロメン夏目哉大さんにインタビュー・後編 http://www.tokyoheadline.com/186471/  さまざまな経歴を経て、まさに導かれるように女性向けAVの世界にやってきた夏目さん。作品作りに対する情熱はもちろん、男性・女性の関係のあり方についての深い考えをお伺いでき、これからの活躍がますます期待されます。  さて、今回はそんな夏目さんのお話で気になった部分を取り上げて、深掘りしてみたいと思います。 ■なんにせよ“認める”というのが時代の流れ
 性に対して積極的な女性のことも肯定してくれた、夏目さん。こんな発言もありました。 「なんにせよ“認める”というのが時代の流れだと感じています。ゲイとかバイセクシャルといったこともそうだし、宗教上のマイノリティーの人もそう。いろんな人のいろんな形があることを認めよう、といった流れを感じるので、むしろそこを認めないのは、“人としてどうなの?”って感じがします(笑)。僕はそういう人は責めちゃいますね(笑)」  このコラムでも散々、そういう女性がいたっていいじゃない! ということを訴えてきたので、同じように考えてくれる方がいるのかと思い、感動しました…!(泣)  特に男性側からこういうことを言ってもらえるのはうれしいですよね。いくら女性が「積極的になりたい!」と言って行動したところで、まわりがそれを白い目で見ていては、溝は深まるばかりですから。  積極的であっても、積極的でなくても、異性愛でも同性愛でも、生きている人の数だけ考え方はあります。まずはそれを「認める」というのが、お互いを理解しあう第一歩になると考えます。  もちろん認めた上で、そういう考え方には共感できない、ということはあると思いますが、それはそれ。認めないで共感もできない、というのは、存在を否定するようなものです。たとえ共感ができなくても、そういう考え方やそういう人がいるということを知っておくことで、お互いが生きやすい社会になるのではないでしょうか。 ■やっぱり作品は「買って」見てほしい
 AVの出演者のギャラは、印税ではなく、「出演料」として支払われるケースがほとんどです。現段階では、作品が売れれば売れるほど、出演者も儲かるということはありません。  では作り手だけが儲かっているかというと、そうでもありません。売上は、次の作品の制作費になります。もちろん、売れれば利益は増えますが、売れなければ損になってしまう。  利益を増やすためには、買い手の数を増やしていかなければいけません。ひとつのメーカーの支持者が増えることで、少しずつ利益が増え、それによって制作できる作品数が増えたり、出演者の数が増えたり、出演者のギャラが増えたり。  なので、今後市場が広まっていけば、AV業界でも印税契約なんてことも不可能ではないでしょう。好きな演者を応援するためにも、「買って」見ること。買い続けること。それが大事になってくるんです。  このコラムが掲載されるころには終了してしまっていますが、9月12日~17日の間に、GIRL'S CH、SILK LABOなどに出演する男の子を中心とした劇団Rexyの、公開稽古が行われました。今回インタビューさせていただいた夏目さんも出演します。公開稽古の様子も取材してきましたので、こちらのコラムでも様子をお伝えしますね!

もっと相手を気遣ったセックスを…期待のエロメン夏目哉大さんにインタビュー・後編【田口桃子の脱こじらせへの道 第55回】

2017.09.11 Vol.Web Original
 前回に引き続き特別版として、期待の新人エロメン・夏目哉大さんへのインタビュー。  着エロをはじめとして、バラエティに富んだ経歴を経て、女性向けAVに出ることになった夏目さんですが、今回はプライベートの性生活や、今後の展望などを伺ってみました。

着エロから女性向けAVへ…期待のエロメン夏目哉大さんにインタビュー・前編【田口桃子の脱こじらせへの道 第54回】

2017.09.08 Vol.Web Original
 今回は特別版としてお送りします。  以前にも劇団Rexyのインタビューをここでやらせていただいたんですが、今回は今年4月にデビューしたばかりの期待のエロメン・夏目哉大さんに、お仕事のこと、女性の性についてなどいろいろうかがいました。

“別れた彼”からの誘いを断る勇気【田口桃子の脱こじらせへの道 第53回】 

2017.08.25 Vol.Web Original
 今年も芸能人や政治家の不倫のニュースばっかりだなぁと、ワイドショーを見ていて思います。    もちろん、そういった業界に不倫が多いということではなく、彼ら彼女らは人前に出る仕事をしているために、明るみにでたときに反響が大きいということで、世間一般でも不倫をしている人は決して少なくないと思います。  芸能人だったら活動を自粛したり、政治家は辞任をしたり。一般人でも、職を追いやられたりすることもあります。要するに、不倫恋愛が終わった(もしくは終わらされた)あと、もう「そういう気持ち」がおきないような状況を作ること。それが関係を清算するということなのかな、と思います。  これは、不倫でなくても恋愛が終わったあとも同じですね。好きだった人と同じコミュニティにい続けるのがつらいのは、「そういう気持ち」を抱くことを許されなくなってしまうから。自分の気持ちを否定するのはとてもつらいことです。  さてそんなわけで、今回はこんなテーマを取り上げてみます。

女が男の「喘ぎ声」を聞きたいワケ【脱こじらせへの道 第52回】 

2017.08.11 Vol.web Original
 おとといはananの毎年恒例SEX特集が発売されましたね。今回はGIRL'S CHの掲載はないのですが、同じくSODグループのSILK LABO監修のDVDが付録としてついています。このときばかりは女性も堂々と、いや、男女ともに堂々とセックスについて語り合える時期なので、この機会にぜひ、ananを口実にいつもできない話をしてみるのはいかがでしょうか。  ananは女性誌ですが、女性の性欲について世間的に認知されたのは、この5年くらいのことだと思います。SILK LABO、そしてGIRL'S CHも、そのブームを引っ張り、引っ張られながら現在までたくさんの方にご支持いただいています。女性も性に対して積極的に発言したり、考えたりするようになってきました。  一方で、男性は性に対して受身になりたがる傾向もあります。それはAVの作品を見ても明らか。痴女もの、複数女性とのハーレムシチュエーションなどは、毎月いくつもリリースがあります。しかもそれは15年も前からあるブームだそうなのです。弊社の創業者いわく、創業期は「男性が女性を責める」という内容の作品が売れていたようですが、15年ほど前からそれが逆転。「男性が女性に責められる」という内容の作品の売上が、逆転して伸びたらしいのです。  男性の心の中には、女性から責められたいという気持ちがあるのでしょうか。あるいは、仕事や社会生活に疲れて、妄想の中だけでも受身になりたいという願望の現われなのでしょうか。  そんなわけで、今回はこんなアンケートを見てみたいと思います。