『少年たち』が舞台初演から50年を経てついに映画化!【読者プレゼント】

2019.03.26 Vol.716
 1969年の初演から50年。伝説として語り継がれる舞台「少年たち」がついに『映画 少年たち』となってスクリーンに登場。ジャニー喜多川氏が手がけた舞台の初映像にして、初の映画総指揮作品だ。心に深い傷を持ち、少年刑務所に収監された少年たち。若さゆえに生まれる抵抗、悩み、葛藤が描き出されたストーリーが、オリジナル楽曲とダンスに乗せて描かれる。SixTONESら人気のジャニーズjr.が多数出演するほか、関ジャニ∞の横山裕、A.B.C-Zの戸塚祥太らが脇を固める。メインのロケ地は重要文化財にも指定されている旧奈良監獄。映画ならではのリアリティーと空気感を追求した。公開を記念し、オリジナルクリアファイルを3名にプレゼント(係名:「少年たち」)。 『少年たち』3月29日(金)全国ロードショー

かわいい小型消臭除菌器で簡単消臭「kila air」【読者プレゼント】

2019.03.21 Vol.web Original

 手のひらサイズの小型消臭除菌器「kila air(キラ・エアー)」が好評発売中。乾電池式でコンセントが必要ないので、ニオイの気になる会社のロッカーや、自宅の靴箱など、小空間の消臭・除菌に最適。特許取得の光触媒方式により、優れた消臭・除菌効果を発揮するほか、小型ファンモーターで空気を本体内に吸い込んで消臭・除菌を行うので、安全・安心に使用できる。消臭効果がなくなったと感じたら、ペレットを取り出し、1日天日干しすれば、消臭力が復活。臭いのエチケットとして気軽に、おしゃれに使用でき、ギフトにも最適だ。同商品を3名にプレゼント(係名:「キラ・エアー」)。 小型消臭除菌器「kila air(キラ・エアー)」 【価格】2980円(税別)【URL】https://www.kfjc.co.jp
<プレゼントの応募について> 【応募の〆切】2019年4月7日(日)23時 以下のリンクのフォームからご応募ください。 http://www.campaign-kenshou.com/campaign.php?id=3586

『ザ・プレイス 運命の交差点』試写会に10組20名 

2019.03.19 Vol.web Original
『おとなの事情』のパオロ・ジェノヴェーゼ監督が、アメリカの大ヒットドラマ『The Booth〜欲望を喰う男』を、イタリアの豪華アンサンブルキャストを迎えて映画化。カフェを舞台に、さまざまな人の運命の交錯を描くワンシチュエーションドラマ。綿密に練られたストーリー、目が離せない展開が話題を呼び、2018年イタリア・アカデミー賞で7部門にノミネート、第12回ローマ国際映画祭クロージング作品となった。  カフェ「ザ・プレイス」の奥のテーブルに昼も夜も座っている男の元には、人生に迷ったものたちがひっきりなしに訪ねてくる。彼らが自らの願いや欲望を叶えるためには、男が告げる行為を行わなくてはならない。息子をガンの病から救うために見ず知らずの少女の殺害を命じられる男、神の存在を感じたいために妊娠を命じられる修道女、アルツハイマーの夫を救うために爆弾を仕掛けることを命じられる老婦人…。それぞれに無理難題が与えられた9人の男女。彼らの願望には、他人の運命という代償が必要だった。次第に交差してゆく訪問者たちの運命。その先に待ち受けるものとは。  4月5日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

『空母いぶき』完成披露試写会に15組30名 

2019.03.19 Vol.716
「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ氏による累計350万部突破のベストセラーコミックを西島秀俊、佐々木蔵之介の共演で初の実写映画化! 監督は『沈まぬ太陽』の若松節朗。西島、佐々木に加え髙嶋政宏、玉木宏、藤竜也、そして佐藤浩市といった日本映画界を牽引するオールスターキャストが集結。  世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の襲撃。日本領土の島が占領され、未曾有の緊張が走る中、政府は自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。日本は経験したことのない一日を迎えようとしていた…。国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本。国民の命と平和が脅かされたとき、国の舵取りを託された者、過酷な戦闘下で防衛の任に当たる者、彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。手にした力はどのように使うべきなのか。  5月24日(金)より全国公開。

うるおいと美白に着目「米肌(まいはだ)」【読者プレゼント】

2019.03.18 Vol.716

“お米”と“発酵”の力で美しさを育む「米肌(まいはだ)」から、ライスパワーNo.7とトラネキサム酸を、業界で初めてコラボレーションした美白の新商品「米肌 肌潤美白化粧水」と「米肌 肌潤美白エッセンス」が発売された。肌の美しさや見た目年齢を大きく左右するシミやくすみ。その大きな要因のひとつとして米肌が着目したのが“乾燥”と“滞り”。今回発売された2品は、そこにアプローチすべく、保湿と美白を全方位からパワフルにサポート。うるおいとツヤに満ちた透明感あふれる肌へ導いてくれる。発売を記念し、同商品をセットで2名にプレゼント(係名:「米肌」)。
【価格】米肌 肌潤美白化粧水:5500円、米肌 肌潤美白エッセンス:8000円(いずれも税別)【公式サイト】 https://shop.maihada.jp/

笑いはもちろん、まさかの青春や感動も!?『えいがのおそ松さん』【読者プレゼント】

2019.03.13 Vol.716
 赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、2度にわたって制作・放送されたTVアニメ「おそ松さん」。二十歳を過ぎても“クズ”で“ニート”、しかも全員“彼女ナシ”で“童貞”。ダメだけど、どこか憎めない大人に成長した松野家の6つ子が主役として描かれ社会現象を巻き起こしたアニメの、完全新作となる劇場版が公開する。劇場版は、高校生時代の6つ子たちも登場し、「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐストーリーが、初めて明らかに!公開を記念し、『えいがのおそ松さん』プレスシートを3名にプレゼント(係名:「おそ松さん」)。 劇場版『えいがのおそ松さん』 3月15日(金)より全国ロードショー【公式サイト】https://osomatsusan-movie.com

『シャザム!』試写会に10組20名 

2019.03.12 Vol.716
 見た目は大人、中身は子ども。最強のギャップヒーローが登場! DCユニバースを背景に展開しつつ、独特のユーモアとファミリー向けのトーンをもつ異色のヒーローの活躍を描く笑いとアクション、そして悪ノリも満載の話題作がいよいよ日本上陸。 「シャザム!」という魔法の言葉を唱えれば、筋肉ムッキムキ、稲妻バッキバキの“シャザム”に大変身!(ただし顔はおっさん)。身寄りのないイマドキの悪ガキ、ビリー・バットソンは、ある日ナゾすぎる魔術師から「選ばれし者よ…」とかなんとか言われ、スーパーパワーをゲット。悪ガキ仲間のフレディと一緒に、スーパーマンにも負けない怪力をあちこちで試したり、稲妻パワーをスマホの充電にムダづかいしたり。ところがビリーの前に、これまたナゾすぎる科学者 Dr.シヴァナが現れ、せっかく手に入れた魔法のチカラを狙われることに。さらには“7つの大罪”と呼ばれるクリーチャーも出現。相棒のフレディがさらわれてしまう。はたしてビリーは“ヒーローらしく”仲間と世界を救うことができるのか?  4月19日より全国公開。

スリリングなストーリーの絶品サスペンス『シンプル・フェイバー』【読者プレゼント】

2019.03.08 Vol.716
 華麗なる2人の女優による傑作サスペンス『シンプル・フェイバー』が全国公開される。保険金を切り崩しながら子どもを育てているシングルマザーのステファニー(アナ・ケンドリック)は、同じクラスに息子を通わせるエミリー(ブレイク・ライブリー)と出会う。対照的な2人だが、お互いの秘密を打ち明け合うほどに親密な中に。そんなある日、ステファニーは息子のお迎えをエミリーから依頼される。しかし、エミリーはその“シンプル・フェイバー(ささやかな頼み)”を最後に姿を消した。やがてミシガン州でエミリーを目撃したという情報が入り…。公開を記念し、オリジナルTシャツを3名にプレゼント(係名:「シンプル・フェイバー」。
<プレゼントの応募について> 【応募の〆切】2019年4月7日(日)23時 以下のリンクのフォームからご応募ください。 http://www.campaign-kenshou.com/campaign.php?id=3591

【読プレ】工事現場ではたらく車大集合!企画展「工事中!」〜立ち入り禁止!?重機の現場〜

2019.01.22 Vol.714

 日本科学未来館(東京・お台場)は、企画展「工事中!」〜立ち入り禁止!?重機の現場〜を開催する。会場には、油圧ショベルやブルドーザ、最新の四脚クローラ方式双腕型コンセプトマシンなど本物の重機が迫力いっぱいに並ぶ。さらに、大型重機に使われている巨大な部品や貴重な工事映像なども展示。普段は立ち入り禁止の重機の現場にもぐりこみ、工事現場に秘められた人類の知恵や熱意、重機の力が文明の発展に与えた影響、重機の仕組みなどを科学的に“掘り”さげる。開催を記念し、同展のチケットを読者5組10名にプレゼント(係名:「工事中!」)。
企画展「工事中!」〜立ち入り禁止!?重機の現場〜 【日程】2月8日(金)〜5月19日(日) 【会場】日本科学未来館【観覧料】大人(19歳以上)1600円(1400円)、中人(小学生〜18歳以下)1000円(800円)、小人(3歳〜小学生未満)500円(400円)※( )内は前売り 【問い合わせ】03-5777-8600 【公式サイト】https://kojichu2019.jp

【読プレ】今年注目のオリジナル長編アニメが公開『あした世界が終わるとしても』

2019.01.21 Vol.714
 劇場長編アニメ『あした世界が終わるとしても』が1月25日から全国公開される。アニメーションの新時代を切り拓くオリジナルストーリーとハイクオリティーなアニメーションは公開前から話題に。挿入歌・主題歌に紅白にも出場したあいみょんを迎え、ボイスキャトに梶裕貴、中島ヨシキ、内田真礼、千本木彩花、悠木碧、水瀬いのりら豪華キャストが結集。心を閉ざしがちな少年と幼なじみの少女。高校3年の今、 ようやく一歩を踏み出そうとしたふたりの前に突然もうひとつの日本から、もうひとり「僕」が現れる—。公開を記念し、読者3名に原作小説をプレゼント(係名:「あした世界が終わるとしても」)。
『あした世界が終わるとしても』1月25日(金)公開【公式HP】ashitasekaiga.jp

【読プレ】日本が誇る2人の天才を人気俳優が熱演「この道」

2019.01.16 Vol.714
 童謡の誕生から100年、稀代の天才詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生と、秀才音楽家・山田耕筰との友情を描いた映画『この道』が全国公開中。白秋を演じるのは、日本映画に欠かせない存在となっている大森南朋。子どものように自由な詩人を、大森がしなやかに演じる。西洋音楽の普及に貢献した耕筰役は、EXILEのパフォーマーとして活躍するAKIRA。同作では、これまで経験のなかったバイオリンの演奏や指揮、歌にも挑戦している。主題歌「この道」をAKIRAと同じEXILEのメンバーのATSUSHIが歌っていることも注目だ。公開を記念し、小説版『この道』を読者1名にプレゼント(係名:「この道」)。
『この道』1月11日(金)TOHOシネマズ日比谷他全国公開中【配給】HIGH BROW CINEMA

Copyrighted Image