E-GirlsこれEな! Vol.15

2011.09.26 Vol.525
ph_column9501.jpg

今回のお話担当
Dream Ami



EXILE系ガールズユニット Dream・Happiness・FLOWERが教えちゃう、
イマドキの女子事情
E-Girlsとは、先輩で同じ事務所に所属するEXILEのDNAを引き継ぐガールズユニットのこと。
現在は、Dream、Happiness、FLOWERの3組で構成されている。


ブリティッシュテイスト再来の秋冬! 足元はラバーソールで


 こんにちは、DreamのAmiです。あっという間に9月も終わりです。つい最近8月も終わり、夏も終わりだなぁなんて言ってたのに。a-nationが終わるなあと思ったら、サマンサタバサのCMソング『Dreaming Girls』があって、神戸コレクションに出演させていただいたり「居酒屋えぐざいる」でライブをしたりと、いろいろあった9月でした。


 さて今回私が紹介させていただくのはラバーソール!ロックやパンクなファッションでは代表的なアイテムですね。今、このラバーソールが気になって仕方がないんですよね。


 ステージでは高いヒールでパフォーマンスしていますが、実はヒールの靴が苦手。持っているものはバレエシューズやローファーなどのぺったんこのものばかり。ヒールといっても、なんとなくヒールがありますか的な低いものしか持っていないんです。デザインはゴツめのものが好き。そういう私には、ラバーソールは理想の靴なんです。


ph_column9500.jpg

 この秋冬はブリティッシュテイストが流行するそうで、1960年代にイギリスで大ヒットしたこのラバーソールも重要なアイテムになっているみたいです。英国パンクの象徴みたいなところもあるようですし? 私はヒールじゃない靴を追求するなかで行き着いちゃったところがあるのですが、いろんなブランドがラバーソールを出してきているので、他の人とかぶらないようにいいものを見つけて、個性を出していかないと!でもきっと、何足か買ったとしても、結局は同じものばかりを履いてしまうんでしょう。私、靴に限らず、気に入ったものがあるとそればかりになってしまう性質です。靴だど、これ以上は無理ってところまで掃き倒しちゃうんです。ラバーソールは頑丈そうだから大丈夫かな? それに耐えうる良いものを探すというのもポイントかもしれません。


 ファッションは足元からといいますが、HappinessやFLOWER のメンバーの話を聞くとそこまでは至ってないよう。振り返ってみても、私も靴が気になりだしたのは20歳を超えてからだったかも! ちょっと大人になったからこその楽しみなのかも。ふふふ。


 冒頭でお話した「居酒屋えぐざいる」なんですけど、ときどきサプライズライブが行われているのはご存知でしたか? 先日、私たちもライブさせていただきましたが、「誰かのライブが始まるぞ!」って感じでやっています。今後のスケジュールは「居酒屋えぐざいる」(http://izakaya-exile.com/)でチェックしていただくのがいいかもしれません。まだライブはあるのかなあ。Dreamプロデュースの「夢者夢者ポテト」も食べられますし、ぜひ足を運んでくださいね。10月10日までお台場のデックス東京ビーチでやっています。


 それでは、また!



EXILEが被災児童にダンスレッスン

2011.06.06 Vol.512
ph01

 EXILEのUSAとTETSUYAが5月30日、岩手県大船渡市の市立蛸ノ浦(たこのうら)小学校を訪問した。著名人が講師となり授業を行う「DREAM21夢の課外授業・希望プロジェクト」(二十一世紀倶楽部主催)の一環。この日は、在校児童と同小学校で授業を行っている市立赤崎小の児童をあわせた193人が参加した。
 これまでに何度か夢の課外授業に参加しているUSAは、打ち合わせ段階から子どもたち喜んでもらえる授業となるようにアイディアを出し、ヒット曲「Choo Choo TRAIN」に合わせメンバーと一緒に体を動かす授業となった。
 津波から必死で逃げた子どもたちは、家屋を流失したり、家族を失ったりしており、本当に多くの悲しみを背負って生活していた。校長先生はダンスを楽しんで踊る子どもたちの姿を見て、「あんなに子どもたちが喜んだのは、震災後初めてだ。本当にうれしい」と、涙を浮かべていた。




ph02

 まずは、メンバーへの質問が行われ、児童は「どうしたらダンスが上手く踊れるか?」などを聞いていた。続いて、上級生を対象としたダンスのレクチャーを実施。。初めはぎこちない動きをしていた児童も、やさしい指導のおかげで最後は曲にあわせて踊れるようになった。
  閉会式ではUSAが手掛けるプロジェクト「DANCE EARTH」(http://www.dance-earth.com/swf_intro_nomal.html)のTシャツやポストカードなどを児童全員にプレゼント。最後は児童全員による「I Wish For You」の大合唱に送られながら体育館を後にした。





「夢の課外授業・希望プロジェクト」

2011.05.30 Vol.511


〜東北の子どもたちへ夢や希望を〜



5月30日に岩手県大船渡市蛸ノ浦小学校で開催



ph_feature0300.jpg


写真は2008年6月25日千代田区富士見小学校




 21世紀の日本を担う子どもたちが夢を持って、物事に挑戦する気持ちを持ってもらおうと、2000年度より活動をスタートさせた「夢の課外授業」。



 国立青少年教育振興機構による「子どもゆめ基金」からの助成、また、各企業・団体、個人の方々の協力のもと、これまでにのべ110校(2011年3月現在)もの全国各地の小学校に赴き、子どもたちに「夢」を与える授業を実施してきた。



 この度、夢の課外授業は東日本大震災により甚大な被害を受けた東北地方の子どもたちに夢や希望を強く持ってほしい。こんな願いのもと「夢の課外授業・希望プロジェクト」を発足。



 第一弾として、5月30日に岩手県大船渡市蛸ノ浦小学校にてEXILEのメンバーによる夢の課外授業を展開する。



 そして今後も震災復興支援を呼び掛ける「RESTART JAPAN」と連携し、 被災地の子どもたちに継続的に心の支援を行っていくという。



Copyrighted Image