GENERATIONS サイン入りチェキプレゼント《TOKYO HEADLINE WEB限定》

2018.06.16 Vol.Web Original

GENERATIONS from EXILE TRIBE のニューシングル『F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS』6月13日リリースされました!
■最新インタビューはこちら「自分たちも背中を押される」ニューシングル
 リリースを記念してメンバーの直筆サイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼントします! ふるってご応募ください。

【新連載】GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】 第3回 「毎晩、矛盾と闘っています」

2018.06.14 Vol.Web Original

小森の小言第3回!! 早いもので 小言3回目を迎える今 僕たちの初のドームツアー「UNITED JOURNEY」もついに折り返し、 残すは東京ドームとなりました!! 本当に今年は時が過ぎるのが早く 先ほどのドームツアーもそうですが、今年は年始に 初のベストアルバムをリリースして 初の中国ツアーも周り 初のレギュラーラジオ TOKYO FM『よんぱち』が始まってから2カ月が過ぎ いろいろなことにたくさんチャレンジさせていただいてます! 本当に時間が過ぎるのが早い… と、言ったばかりですが まだ6月…!? まだ6月なの? って毎晩自分の気持ちの矛盾と闘っています。笑 6月は僕の誕生日の月でもあり 誕生日がリリース日で とても大切な月にしたいと思っております!笑 先日のライブが福岡で 6月9日、10日とあったのですが 個人的に22歳ラストステージということで すごくいろいろなことを感じながら パフォーマンスさせていただきました! 改めて、ステージから見える景色に 本番中も終始感動していました! 端から端までたくさんの方に来ていただき 自分は本当に幸せ者だなぁ〜っと。 改めて皆さんの存在が自分にとってパワーになるのだと思いましたし 皆さんに元気を与えられるように自分ももっと頑張ろうと思いました!! ところで 誕生日はたくさんの方に祝っていただき 本当にうれしい反面 こんな自分ですみません。 と、自分を見返して落ち込むのを 共感できる人いませんか?笑 自分の反省点やダメなところ… 僕なら すぐに物を失くしたり 汚したり 23歳にもなってとても騒がしかったり GENERATIONSではメンバーからの助けもあって MCを担当させていただいているのですが 未だにカミカミなところとか…笑 お祝いしてもらう反面 もっと頑張らないとな と毎年プレッシャーを感じてます。笑 ですが、 先ほど話したようにいろいろなことにチャレンジさせていただき 時が流れることを早く感じながらも、 思いの外時間が経ってないことなど めまぐるしく何かが起きてるという事は 本当にありがたい事です! 何もない時は、ろくな事を考えない。 そしてなりふり構わず何かに集中できる事が 一番の物事の吸収になると感じています! 何かをするという事は ”評価”されるという事につながるかもしれません。 そうなるとどうしても これをやったらどう思われるだろう? 新しい事にチャレンジした時に 失敗してしまったらどうしよう? って考えてしまうものです。 けれども 何も考える事なく突っ走れると 失敗も経験のひとつとして 自分の大切な判断材料に変わります! 成功すれば自信に変わります! そのようにまっすぐに何事にもチャレンジし続けることができる ポジティブな自分になる事が23歳の目標です!! 今後とも GENERATIONS、小森隼 応援よろしくお願い致します! 【小森の小言】は毎月第2・第4木曜更新予定です! お楽しみに!

【インタビュー】GENERATIONSのニューシングル「自分たちも背中を押される」

2018.06.13 Vol.Web Original
 注目度上昇中のグループ、GENERATIONS from EXILE TRIBEがニューシングル「F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS」を13日にリリースする。初のベスト盤のリリース、中国ツアーを経て、念願のドームツアーを展開するなかで発表される本作の表題曲は「みんなに向けた応援歌」。そして「自分たちにとっても応援ソング」だという。

関口メンディーが始球式「次回は140キロ投げたい!」

2018.06.06 Vol.web original

 EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーが5日、東京ドームで行われたプロ野球交流戦・巨人対楽天戦で始球式を行った。  会場に関口の名前がアナウンスされると、全身を巨人のユニホームで身をまとった関口が登場。左手首には、阿部慎之助選手からプレゼントされたリストバンドを着け、気合い十分でマウンドにあがった。  緊張した表情でセットポジションをとると、プロ顔負けの豪快な投球を披露。133キロのストレートを真ん中やや高めに投げ込み、会場に詰めかけた観客をどよめかせた。大記録達成にも「2週間前から野球教室にも行って練習して、140キロを目指していた」と悔やんだ表情を見せながら、6歳から高3までの野球経験をもつ関口は「当時は130キロくらいでしたので、現役の時より急速はあがっています」と、集まった報道陣の笑いを誘った。  自己採点を聞かれると「緊張もあったのですが良いコースに投げられて、室伏広治さんが持つ131キロの記録を越えられたので70点」と辛口採点。「やっぱり140キロを出したいので、また練習して戻ってきたいです」とリベンジを誓った。

【新連載】GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】 第2回 「本当の本当の初めてではないのです」

2018.05.24 Vol.Web Original
今回の小森の小言 連載第2回目!! 前回はGENERATIONの初のドームツアー「UNITED JOURNEY」のスタート前だったのですが 名古屋公演初日を終えて、少し振り返りをしたいと思います!! まず、GENERATIONSは単独でのドームツアーは初めてになるのですが、 ドームのステージに立つのは今回が初めてではありません! デビューする前2012年に行われたEXILE TRIBEのツアーで サポートダンサーとしてステージで踊らせていただいたのが、 初めてのドームのステージでした! その後、EXILEさんのLIVEや2014年の2度目のEXILE TRIBEのLIVEツアーで パフォーマンスさせていただいた経験があり、 今回のツアーが本当の本当の初めてではないのです! 先輩方のお力があり、普通では経験出来ないようなステージでの挑戦を経て、 今回の僕たちの単独ツアーにつながっていることは、僕たちGENERATIONSの強みでもあります! EXILE TRIBEの名で、三代目 J Soul BrothersとGENERATIONSの コラボレーション楽曲をリリースさせていただいたり、 先輩のツアーファイナルに出演させていただけたりと… 振り返るだけでも、本当にたくさんの経験と思い出があります! その中でGENERATIONSとしても“自分たちのステージでツアーがしたい” という想いがすごく強くなりました! そして、5月12日。 とうとうGENERATIONSとして初の単独ドームツアーの初日を迎える事が出来ました! 初日の前日、 会場で実際のLIVEを想定したゲネプロと呼ばれるリハーサルをしている時は まだまだ実感が湧かず… 本当にこの会場に皆さんが来てくれるのだろうか? と、不安でいっぱいでした。 スタッフさんから、チケットの券売状況など教えていただいていたのですが、 それでも信じられず… 来てくださる約4万人の皆さんに楽しんでいただけるか… 元々、ネガティブな性格の僕は時間が経てば経つほど どんどん深~い深~い闇の中に……笑 ですが、本番当日ステージに立った時には 格好付けて居たはずの僕が 後で映像確認をすると… にやけてる!!!!笑笑 完全ににやけてます! でも、鮮明に覚えています! ステージに上がった瞬間 本当に目の前に皆さんが居る。 僕を見て、喜んでくれる方、涙してくれる方 本当に皆さんのさまざまな表情や声援、熱気にワクワクして、 踊る事の素晴らしさを感じた瞬間を! まだ始まったばかりですが、 より良いパフォーマンスを皆さんにお届け出来るように GENERATIONS全員で頑張ります! まずは明日からの大阪公演、 ぶちかましたるで~!(笑)

【新連載】GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】 第1回 「ドームツアー、そしてコラムも始まります」

2018.05.10 Vol.Web Original
この度TOKYO HEADLINE で連載を行わせていただくGENERATIONS小森隼です!! さまざまな方との出会いがあり今回連載をさせていただくのですが 初回はまず僕の自己紹介から僕のパーソナルな部分を紹介したいと思います! まず僕を紹介する上で欠かせないのは 「GENERATIONS from EXILE TRIBE」というグループです! LDHの所属グループでEXILE、EXILE THE SECOND、三代目J Soul Brothersの 次となるダンス&ボーカルチームです! その中で僕はパフォーマーを務めています!! パフォーマーの概念や考え方などは 先輩のEXILE TETSUYAさんがTOKYO HEADLINEで連載しているコラムを ぜひご覧ください!!

インタビューシリーズ【 LDH バトン ~夢~】Vol.22 数原龍友 (GENERATIONS from EXILE)

2018.04.15 Vol.Web Original

 EXILE、三代目J Soul Brothers、E-Girlsなどが所属するLDH JAPANは、音楽やダンスだけでなく、映画やお芝居、アパレルや飲食など、さまざまなプロジェクトを通じて「Love, Dream, Happiness」のメッセージを届けます。【LDH バトン】では、LDHに所属するアーティストやタレント、アスリートたちに、Dream(夢)について聞いていきます。  今回は、GENERATIONS from EXILEの数原龍友さんです。

3日開催&GENERATIONSら出演ラインアップ第1弾を発表!【DANCE EARTH FESTIVAL 2018】

2018.04.11 Vol.Web Original
 さまざまなアーティストや音楽、そしてダンスが集結する、野外フェス「DANCE EARTH FESTIVAL 2018 ~SPLASH SUMMER~」が11日、出演ラインアップの第1弾を発表した。さらに今回は7月14~16日の3デイズでの開催となることもアナウンス。あいにくの天候にも関わらず盛り上がりを見せた昨年をさらに上回るフェスになりそうだ。  今回発表されたのは、GENERATIONS from EXILE TRIBE(14日)、EXILE ATSUSHIの新プロジェクトRED DIAMOND DOGS(15日)、そしてEXILE SHOKICHI(16日)。DANCE EARTH PARTYが3日間毎日出演することは発表済みで、この発表で各日2組ずつの出演者が明らかになった。  会場は幕張海浜公園Gブロック特設会場でこれまでと変わらないが、開催期間は3日間へと拡大。これまで以上に充実したライブが楽しめそうだ。  EXILE ÜSAは「今年も“DANCE EARTH FESTIVAL”で、多くの皆さんの笑顔に出会えることを心から願っています」と、コメントを寄せている。  13日からLDHオフィシャル抽選先行チケットの受付がスタート。一般発売は6月16日。

小森隼さん、初の単独ドームツアーで飛躍の年に【JAPAN MOVE UP】

2018.02.24 Vol.703
 日本を元気に」を合言葉に毎週土曜日午後9時30分からTOKYO FMで放送中の『JAPAN MOVE UP supported by TOKYO HEADLINE』。今回のゲストは小森隼さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)。

GENERATIONS片寄が中国ファッション誌のカバーに登場

2018.02.13 Vol.Web Original

 ダンス&ボーカルグループ、GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)の片寄涼太が、中国の人気ファッション雑誌「红秀GRAZIA」の表紙を飾ったことが13日、分かった。  14日発売の最新号で、アジアで注目の俳優、アーティスト、モデル、ファッションアイコンら9人が国境を越えて共演しているもの。誌面では、韓国人トップモデルのアイリーン・キム、注目人モデルのイステル・チェン、チェリストであり女優の台湾出身のオーヤン・ナナらとともに、片寄は、「ASIA NEW POWER」として紹介されている。日本からは片寄のほかに、森星、秋元梢も登場する。  片寄の人気は中国でも拡大中。出演した映画『兄に愛されすぎて困ってます』が中国で大ブレーク。8日開設した中国のSNS「Weibo」の公式アカウントのフォロワーはすでに56万を超えた。  3月には、GENERATIONSとして初の中国ツアーを行う。

小森隼の「心を和らげてくれる」場所【あの人の東京おすすめスポット】

2018.02.07 Vol.web original
 今回「東京おすすめスポット」を紹介していただくのはGENERATIONSの小森隼さん。1月1日に初のベストアルバム「BEST GENERATION」を発売、春にはグループ初の単独ドームツアーの開催も決定したGENERATIONSのムードメーカーが癒される場所とは? 小森隼さん「僕の東京おススメスポットは「東京タワー」です。もともと三重県出身で東京に強い憧れがあり、やっぱり東京と言えば東京タワーかなって。夜になるとライトアップされ、それがすごく力強くも哀しい色で…。でもその色が自分の心を和らげてくれるし、こんな事で悩んでいる場合じゃないなと思わせてくれます。あと、どこにいても見える存在感にも惹かれますし、僕にとってのパワースポットです」
error: Content is protected !!