【インタビュー】「豚」と罵られたイジメを乗り越えて…痩せた自分を知ってほしい。「七海ティナ」悲願のAVデビュー

2018.12.04 Vol.Web Original
 2018年12月4日、名古屋の地下アイドル七海ティナが、恵比寿マスカッツ所属のAV女優としてデビューした。  健全なアイドル活動からのヘアヌード、そしてAVデビュー。「AV堕ち」などと言う言葉で表現されてしまいそうな彼女のAVデビューには、本人の強い意思があった。

劇団Rexyが朗読劇を経て11月に第7回公演を開催

2018.10.30 Vol.711
 劇団Rexyが8月末に第6.5回公演として朗読劇『禁断の果実』を上演した。  Rexyは女性向けアダルトコンテンツで活躍するセクシー男優を中心に結成された劇団で、旗揚げ公演には一徹、月野帯人といった人気セクシー男優が出演していた。  しかし第2回公演以降は小劇場で活躍する役者も多く出演するようになり、逆に主要メンバーの北野翔太は他の小劇場の舞台にも立つようになった。第1回から出演する有馬芳彦はもともと小劇場で活躍していた俳優でもある。  また公演数も約3年で6回とコンスタントに公演を重ね、足腰のしっかりとした劇団として活動中。今や「セクシー男優を中心に」という枕詞は必要ないかもしれない。  とはいえやはり、ここの俳優たちはどうしても脱ぎたがる。もちろんアダルトコンテンツのように脱ぐわけではないが、日々鍛え上げている男たちの体はやはり美しく、ファンたちもそれを見ることはやぶさかではない。  むやみやたらと脱ぐわけではないが、脱がなければいけない。  そこで「脱ぐことが必然」というシチュエーションが求められるのだが、第4回公演から演出を務めるようになった鄭光誠が第5回公演から脚本も担当。「風呂ダンサーズ」という傑作を生み出す。  傾きかけた銭湯を立て直すために男たちが「風呂ダンサーズ」を結成し、裸で踊りまくるというシチュエーションなのだが、人情話も絡み、まさかのほろりとさせる物語が展開され、裸はもちろんドラマも見せてファンを家路につかせるという結果となった。  風呂ダンサーズは好評につきパート2まで上演され、この2作品を通じて「必然性を作って脱ぐ」という劇団の個性がより一層ファンの中にも知れ渡ることとなった。  それを受けての第6.5回公演の朗読劇は4人の死刑囚たちの物語だったのだが、観客参加型の4種類のマルチエンディングという形を取るなど、新たな趣向でファンを楽しませた。  そのRexyの第7回公演『黒服ドレッサー』 が11月8~11日に行われる。今回、彼らはまさかの“女装”に挑戦するという。公演の詳細は劇団ホームページ( http://rexy.tokyo/ )をチェック!

【インタビュー】2000年生まれのAV女優・唯井まひろ、AVも「自己発信ツール」のひとつ

2018.06.11 Vol.Web Original
 AVメーカーSOD(ソフト・オン・デマンド)から、2018年6月に業界初、2000年生まれ、18歳のミレニアムベイビーAV女優「唯井まひろ」がデビューする。そんな18歳のAV女優に、女性ライターの視点からインタビューした。

秋葉原に新登場した出会えるスポット「立ち飲みSOD女子社員」を女子目線でリポート!

2018.05.07 Vol.Web Original
秋葉原に新たな「出会えるスポット」が誕生! アダルトエンターテインメントグループのSODが、とうとう女子社員やAV女優に「会える」居酒屋「立ち飲みSOD女子社員」を5月3日にオープンした。気になる、その内部は? 具体的なサービスは? 女子ライターが潜入してきた!

紗倉まながアワード6冠「生涯現役でがんばりたい」

2018.03.12 Vol.web Original

 総合アダルトエンターテインメントグループのSODグループの優れた作品、監督や女優を表彰する「SOD AWARD2018」が9日、都内ホテルで行われ、AV女優以外にもタレント活動、執筆業などマルチに活動している紗倉まなが「VR売上部門第1位」を筆頭に6冠を獲得した。  紗倉は「VR売上部門第1位」「宝島VR女優作品賞」「TSUTAYA女優作品賞」「専属女優賞」「最優秀専属女優賞「高橋がなり賞」と6冠。  野本ダイトリ社長は「今回のアワードは“紗倉まなで始まり、紗倉まなで終わる”。そして、AVは次のスキップの時期に来ている。SODは新しいものづくりをしていく」と意気込んだ。そんな社長の話を受け紗倉まなは「社長のそんな言葉をいただけて幸せです。乳が垂れても、肌がくすんでも、熟女女優になってもAV女優をやっていきたい」と語った。  プレゼンターで登壇したテリー伊藤も、紗倉まなの立ち振舞やコメントを評価し「いくつもの賞を受賞して、そのたびに違ったコメントを提供し続ける姿はすごい。喋りが本当に上手い。『サンジャポ』に出演してほしいぐらい」とコメントした。

紗倉まな 処女作『最低。』で小説家デビュー

2016.03.13 Vol.662
 人気AV女優の紗倉まなが小説家としてデビューした。その処女作『最低。』はAV女優、プロダクション社長、AV女優の娘といったAV業界に関わる4人の人間のそれぞれのエピソードを連作小説の形で描いた作品。2月12日の発表後、すぐに重版がかかる異例の売れ行きを見せている。

脱こじらせへの道第2回 頭でっかちは「こじらせ」のもと!?

2015.07.10 Vol.646
 こんにちは、田口桃子です。  6月26日から始まったこのコラム、いったいなんなんだ?と思われている方も多いと思いますが、細かいことは前回の頭の部分を読んでくださればと思います。  そしてすっかり言い忘れていたのですが、このコラムは毎月第2、第4金曜日に更新しますのでよろしくお願いします。  さて、今回は「AVを見るとき、どこを見てる?」というアンケートをもとに「こじらせ」からの脱却の道を探ってみたいと思います。  昨今、女性向けのアダルト動画が多くなったことで、女性も男性と同じように、AVに対し主導権を握り始めています。かつては男性のAVファンに混じってわずかにいた女性ファンでしたが、女性向けAVが一般の人にも広まってきて多くの人が見るようになり、「こういう行為が好き」「こういうシチュエーションが好き」ということに気づき始め、声を上げるようになってきたのがここ1〜2年の状況なんですね。  それを踏まえて、まずはグラフをご覧下さい。  男性の方の中には「ん!?」と思う方も多いかもしれませんね。  だいたい男性にこういうアンケートをする場合は「どんなジャンルのAVが好き?」とか「どの女優さんが好き?」といった聞き方になります。回答もJKとか痴漢とか、紗倉まなちゃんとか明日花キララさんとかになりますね。  アンケートを取るにあたって私は男優→シチュエーション→女優→結合部→その他の順番じゃないかと予想したのですが、蓋を開けてみるとシチュエーションが一番。見事に裏切られました。

脱こじらせへの道 第1回 「こじらせ」からの脱却を目指すコラム始めます

2015.06.26 Vol.645
 はじめまして、田口桃子です。  といわれても、「なんだこの女?」と思われる方も多いと思います。  いや、そんな人ばかりでしょう。  というわけで、自己紹介から。  最近、女性向けのAVっていうものがあるんです。よく聞きません? シルクラボとか一徹さんという男優さんの名前とか。  そういう女性向けの「GIRL'S CH」という動画サイトがありまして、そこの運営をしているのが私、田口なんです。  ひょんなことからTOKYO HEADLINEさんから「女性向けのコラムをやりませんか」というお話をいただきまして、「少しでもこのサイトが世間に認知されるのなら」ということで始めさせていただくことになりました。    堅苦しい話はさておき。  GIRL'S CHでは毎週木曜日に「ヒミツのガールズトーク」というアンケートを募集していまして、多くのご意見が寄せられています。このコラムではそんなアンケートから見える女の生態? みたいなものから最近の傾向を探り出して、少しでも「こじらせている」女性をそこから脱却させてあげようと思っています。  「大きなお世話」という声も聞こえてきますが...。  違うんです! 私がその「こじらせ」なので、私が脱却するためのリハビリみたいな企画なんです!!  と、まあ前フリはこのくらいにして、早速本題に。  次回からはこの前段のくだりはありませんので、ご安心ください。  さて先日とったアンケートで「あなたのロストバージンはいつ?」というものがありました。  結果は円グラフをご覧下さい。  GIRL'S CHユーザーの平均は18.9歳。2012年にSODで調査したときが19歳、平均的な結果でした。  そしてその中で、約1割が処女。 vol01-IMG_9347.jpg さまざまなご意見が寄せられているんですが、それをみると「処女には2種類いる」ようです。 ひとつは、本当に恋愛やセックスに興味がない場合。  こういうパターンは、本人に「脱処女したい」という気持ちがありません。  本人が望んでいないのだから、仕方ありませんよね。  いつか恋をして、自然な流れで幸せな処女喪失を迎えることを勝手に祈らせていただきます。  もうひとつは、興味があるのにその機会を逃している場合。つまり脱処女したいのにできない...というパターン。  このパターンの処女は、「相手が受け入れてくれるかどうか」であったり外見のコンプレックスを気にする人が多いようです。  実際に社会生活を送るにあたっては、自分から相手に合わせていくことが必要なんですが、そこから逃げてしまう。試す前に逃げてしまっては、できるものもできません。  確かに「ありのままの自分を好きになってほしい」とは誰もが思うもの。  特に、男性とくらべて甘やかされ、可愛がられて育ってきた女性はその思いが強いでしょう。  でも 「ありのままの自分を好きになってほしい」=「自分を変えたくない」と言い換えることができると思うんです。 「自分を変える」ということが怖い、だから「自分を変えたくない」と意固地になってしまう。その「意固地さ」を、私は「こじらせ」だと考えています。  さて、どうです? 今回は処女を題材にしましたが、処女に限らず、あらゆる場面で「意固地さ」が顔を出す時ってありません?    たまには相手に合わせてみるのもいいかもしれませんね。

Copyrighted Image