EXILE TAKAHIROが日本シリーズ初戦で国家独唱

 EXILE TAKAHIROが28日に福岡ヤフオク!ドームでスタートした日本シリーズ初戦で、国家独唱をおこなった。


 TAKAHIROは長崎県佐世保市出身。高校時代には同ドーム内に店舗を構える野球観戦居酒屋「鷹正」でアルバイトをしていた経験もあり国家独唱は思い出深いものとなった。



 独唱後にTAKAHIROは「気が引き締まる思いでした。EXILEでのライブと全く違った緊張感を感じました。主役である選手の背中を少しでもおせるように心を込めて歌わせてもらいました」と語った。


 始球式は、世界体操金メダリスト村上茉愛が行なった。