『ソロモンの偽証 前篇・事件』で実力派女優に大成長! 石井杏奈

2015.03.08 Vol.638
E-girlsのメンバーとしても活躍する一方で『だいじょうぶ3組』など多彩は作品に出演し、俳優としても着々と成長を続ける石井杏奈。そんな彼女が、約1年ものオーディションでつかみ取った難役で、さらなる成長を遂げた!

梅田彩佳「その日がきたんだって思いました」

2015.02.23 Vol.637
2012年、大好評のうちに幕を閉じた宮本亜門演出の『ウィズ 〜オズの魔法使い〜』が再演される。前回同様、主演のドロシー役はAKB48グループのメンバーによるオーディションで決定。今回、108人が参加したオーディションから前回最終選考まで進みながら涙をのんだNMB48(当時はAKB48)の梅田彩佳がAKB48の田野優花とともに、ダブルキャストで見事ドロシー役をゲット。再演される日を夢見て、努力を続けてきた梅田の同作にかける思いとは。

SPECIAL INTERVIEW 宮藤官九郎 × 麻生久美子

2015.02.09 Vol.636
 岩松了作・演出で宮藤官九郎、麻生久美子主演というなんとも気になる舞台『結びの庭』(下北沢・本多劇場)の上演が3月5日から始まる。本格的な稽古が始まる前、ややゆったり気分の宮藤と麻生に岩松作品について、お互いのことについて聞いてみた。

SPECIAL INTERVIEW 趣里

2015.02.09 Vol.636
 劇団オーストラ・マコンドーが小津安二郎監督の『東京物語』にオマージュを捧げる作品『家族』を3月5日から吉祥寺シアターで上演する。主演を務める趣里は舞台、映画と注目作への出演が続く、今年最も気になる女優の一人だ。

SPECIAL INTERVIEW 芋洗坂係長

2014.12.07 Vol.632
大きな体でキレキレのダンスを踊る芋洗坂係長。そんな身軽な巨漢が戦隊ヒーローとなり舞台に登場。その名も“カゾクマン”。家族経営?お茶の間サイズ?の戦隊ヒーローたちは日本の、いや地球の平和を守れるのか?!

SPECIAL INTERVIEW 松岡充 × 鈴木おさむ

2014.11.24 Vol.631
人気モバイルゲームからドラマ化、昨年は舞台化された『私のホストちゃん』。観客のラブ(ポイント)によって、ホストのランキングが決まるという、客席参加型の舞台は、若い女性を中心に大きな話題を呼んだ。今回、店を福岡中洲に移し、主演に松岡充を招き再び舞台化。さらに白熱したランキング争いが巻き起こる!?

SPECIAL INTERVIEW 増田セバスチャン × 有村架純

2014.11.23 Vol.631
 世界を席巻している“Kawaiiカルチャー”の第一人者、増田セバスチャンが、1979年にサンリオが製作した人形アニメーションをリクリエイト。イマジネーション豊かな色彩設計を施し、新たなパートも製作。さらに3D作品としてよみがえらせた。35年の時を経て人形たちに息吹を与えるのは、主人公・クララ役の有村架純をはじめとする豪華な役者陣。クリエイターとして、女優として今最も注目を集める2人が、不思議で深い“カワイイ”ワールドを語る!

EXILEとしてグループに貢献できる事は何でも挑戦したい 岩田剛典

2014.11.11 Vol.OMU vol.11
EXILE、そして三代目J Soul Brothesのメンバーとして活躍する岩田剛典。10月からは木曜劇場『ディア・シスター』(フジテレビ系、木曜午後10時〜)で、石原さとみの相手役をつとめるなど、その活躍の場を広げている。そんながんちゃんこと岩田が、ドラマにかける意気込み、人生のターニングポイントだったという三代目J Soul Brothes のオーディション秘話、今後の夢、そしてEXILE HIROやEXILEへの思いを率直に語る。(聞き手・一木広治)

SPECIAL INTERVIEW 二階堂ふみ

2014.11.09 Vol.630
榎屋克優による究極のロックコミックを『SR サイタマノラッパー』の入江悠監督が映画化。トップアイドルと運命の出会いを果たしたヘタレロッカーが、世界を変える!? 主人公の運命を大きく変えるカリスマ的アーティスト・宇田川咲役は、いま日本映画界が最も期待する女優・二階堂ふみ。そのロックな素顔に迫る。

SPECIAL INTERVIEW 米倉 涼子

2014.10.12 Vol.628
「いたしません」、「私、失敗しないので」というフレーズが小さな子どもたちの間でも使われるほど、幅広い層に愛されているドラマ『ドクターX』シリーズ。通算3作目となる最新作『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』が戻ってきた。「自由にやっていきたい」。型破りなフリーランス外科医に再び挑む、米倉涼子にインタビューした。

SPECIAL INTERVIEW 勝地 涼
舞台『小指の思い出』主演

2014.09.15 Vol.626
芸術監督を務める野田秀樹の戯曲を気鋭の演出家によって上演する東京芸術劇場のシリーズ企画として、9月29日から『小指の思い出』が上演される。そこで主演を務めるのは勝地涼。企画の面白さについつい目がいきがちなのだが、豪華なキャスト陣を忘れてはいませんか? ということで役者側からこの作品を語ってもらった。

Copyrighted Image