乃木坂46がシャキッとする新CM

2012.07.18 Vol.559
 アイドルグループの乃木坂46が18日、都内で行われたハウスの炭酸飲料「メガシャキ」の新CM発表会に登場した。新CMにメンバーが出演するとともに、同CMソングに8月22日発売のニューシングル『走れ!Bicycle』が決定。キャプテンの桜井玲香は「本当に光栄」とコメントした。  新CMは、同製品の「ピリッとした刺激とさわやかな爽快感」を表現する内容。キャプテンの桜井と、"七福神"メンバーの生田絵梨花、生駒里奈、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、松村沙友理が、シャキッとしたいサラリーマンとともに、大量の水を浴びる。トークショーで白石が「全員で合計20回は水をかぶった」と明かすと、星野は「今までで一番体をはった仕事だったと思う」としみじみ。橋本は「3回目はハイになってやりました」、生田は「身も心もシャキッとした」と撮影を振り返った。  すでに商品も試飲済みで、生駒は「飲みやすくておいしい」と、お気に入りのよう。松浦は「お父さんに飲んでもらって仕事を頑張ってもらいたい」、西野は「1人暮らしのお兄ちゃんに飲んで勉強を頑張ってもらいたい」と話した。  この日は、CMソングとなっている『走れ!Bicycle』もパフォーマンス。メンバー「シャキッとした曲。シャキッとしたいときに聞いてほしい」とこちらもシャキッとPRしていた。  味やパッケージを一新した新しい「メガシャキ」は23日発売。同日から新CMも全国でオンエアされる。

シリーズの最新版「実況パワフルプロ野球2012」

2012.07.16 Vol.559
 人気の『実況パワフルプロ野球』シリーズの最新版。1994年に第一作が登場して以来毎年最新版がリリースされているが、最新版では、これまで以上に熱い駆け引きや手に汗握る試合が楽しめそうだ。  最新版ではこれまでに発表されてきた同シリーズの良い部分を踏襲しつつも、バッティングの照準を自動的に合わせる「ロックオン」機能を標準搭載したり、「全力ストレート」などを搭載したことで、初心者でも最初から気軽に、より野球らしい対戦が楽しめるようになった。  映像の迫力も増している。選手のモーションを強化し野球ならではの動きを追求。さらに、リプレイカメラやクローズアップカメラによって、TV中継さながらの臨場感が増す演出がなされているので、プレーヤーはもちろん、周りで見ている人も楽しめそう。  遊び方も豊富。好きなチームで最大20年を戦い抜く「ペナント」、人気選手を育成していく「サクセス」、プロ野球選手の人生を体験できる「マイライフ」、さらにはオンライン専用の新モード「パワスタ」など、さまざまな角度から遊べる。もちろん、オンライン、アドホックによる通信対戦も可能だ。  前作で育成した選手のデータの引き継ぎが可能など、シリーズファンにもうれしい機能がたくさん。  スポーツニュースが飛び交う今、パワプロ2012にも注目だ!

EXILEが4度めの「最優秀ビデオ賞」MTV VMAJ

2012.06.25 Vol.556

 国際規模の音楽授賞式MTV VMAJが23日、幕張メッセで開催され、最も優れたミュージックビデオに贈られる、最優秀ビデオ賞にEXILEの『Rising Sun』が輝いた。4度めの受賞で、ボーカルのATSUSHIは「これからもみなさんに感動や勇気や希望を届けられるようなエンターテインメントを全員で力を合わせて追求していきたい」と、コメントした。   『Rising Sun』は東日本大震災復興支援ソングとして発表した作品。EXILEが活動のテーマとして掲げる「日本を元気に」というメッセージを伝えられる楽曲を作りたいという想いから制作され、2011年9月に発表した。ミュージックビデオは、EXILEのメンバーが数え切れない大群衆とともに踊っている。    最優秀男性アーティストビデオ賞は、ブルーノ・マーズの『It Will Rain』、最優秀女性アーティストビデオ賞は、安室奈美恵の『Love Story』。最優秀新人アーティストビデオ賞は、2NE1の『I AM THE BEST』だった。    他受賞者やレポートは、サイト(http://gyao.yahoo.co.jp/vmaj2012/)で。   

BEST春うたに miwa「春になったら」

2012.03.23 Vol.545
ph_web09.jpg


 音楽配信サイトのレコチョクが23日に発表したBEST春うたランキングで、1位にmiwaの「春になったら」が輝いたことが分かった。



「春になったら」は、女子大生シンガーソングライターのmiwaが、2011年2月にリリースしたシングル。軽快な曲に乗せて、新しい環境での生活に期待と不安が入り混じる状況にある人たちに向けて「きっとうまくいくはず」とエールを送る前向きな曲。「出会いと別れの季節。悩んだり、迷ったり、そんなことも吹き飛ばすくらい前向きになれる曲」(18歳・女性)、「春のウキウキした気持ちを醸し出している曲!新しい生活や恋の明るい応援歌のようで、好きです」(17歳・女性)など、女性を中心に多くの共感を集めた。



 2位はコブクロの「桜」、3位はケツメイシの「さくら」、4位はいきものがかりの「SAKURA」、5位はGReeeeNの「春を待ちわびて」だった。



 ランキングは、同社が運営する「レコチョク 音楽情報」サイトのユーザー投票によるもので、調査は2012年3月6日~2012年3月20日の15日間で行われた。


ファッション業界に嵐? 「SERENE Dept.」ローンチ

2011.06.06 Vol.512

表参道発



ph_tokyo0200.jpg

(写真左)「グッドガール」をキーワードに「ベーシック・クラシック・キュート」をコンセプトにしたスタイルだ。“おばあちゃんが着ていた服を今風にアレンジ”。 (写真中央上)SERENE Dept.は靴にも注力。リーズナブルな価格帯で多数のアイテムを投入予定。 (写真中央下)注目度の高いアイテム、フード付きキルトコートは1万2000円(予定)。
(写真右端)総合プロデューサーの佐々木大輔氏。「ファストファッション、ハイメゾンはある意味完成された市場。それとは違う新しい層を生み出したい」。世代を代表するデザイナーを起用し「ジャパンカルチャーを世界に発信したい」とも語った




 5月24、25日、都内で東京スタイルが手掛ける新しいブランド「SERENE Dept.」の展示会が開催され、多くのマスコミ、アパレル業界の関係者が詰めかけた。本ブランドは東京スタイルが初めてF1層をターゲットにしたブランドとして話題を集めている。


 総合プロデューサーには、札幌コレクションなどを手掛けた佐々木大輔氏を迎えた。ファストファッションとハイメゾンの2極化が進むF1層の中で「パイ(客)を取り合うのではなく、新しいマーケット、新しいカルチャーを創出したい」と佐々木氏。キーワードは「グッドガール」。「家族も仕事も大切にしながら自由を謳歌する女性」のイメージで、「日本のユーザーには世界を感じてもらいながら、海外から見ると“東京ポップ”を感じさせる」スタイルを作り上げている。


 イメージアイコンには、アメリカの名門7女子大学のセブン・シスターズをモチーフにした「セブンスターズ」を使用するなど、視覚的・聴覚的なイメージ戦略にも力を入れており、今後さまざまな展開を行っていく予定だ。今年秋に旗艦店となる路面店をオープンし、今秋5店舗展開を目指していく。



梅田彩佳 チャンスの順番をつかまえた!

2011.05.16 Vol.509
5月18日、ダンス&ボーカルグループDiVAでデビュー  AKB48の4人のメンバーで結成されたDiVAがいよいよメジャーデビューを飾る。AKB48から派生したユニットとしては、初のダンス&ボーカルユニットだ。メンバーは、秋元才加、梅田彩佳、増田有華、宮澤佐江の同期4人組。新生DiVAにかける意気込みを、東京タワーイメージガールとして、小紙でも毎月連載を務めた梅田彩佳が語る。

5年かけてやっとここまでこられた。 スタッフ、ファンに本当に感謝したい。

「DiVAの結成、そしてメジャーデビューの話を聞いた時、やっとチャンスの順番がきたんだなって思いました」。その発表は、AKB48らしくサプライズで行われ、その時の映像はデビューお披露目イベントで流された。その時の率直な思いを聞いた時に、梅田が最初に言った一言だ。「来たはいいけど、なんとしてもそれをつかまなきゃって思いました」とも。「チャンスは何回くるか分からない。これが最後かもしれないし、一回目かもしれないですけど、これをつかまないでどうするぐらいの気持ちでやらなきゃなって」。  AKB48の人気が上がり始めた時に、足のケガのため、長期離脱していた梅田。どんどん有名になっていくメンバーを見ながら、絶対またステージに立つという強い思いを秘めながらリハビリにはげみ、見事復帰した時の思いがよみがえったのかもしれない。 「初めて自分たちの曲を聞いた時に思ったのが、今までたくさんの曲を聞いてきて、それと同じようになるんだなって。誰かのiPodに入ったり、この曲聞くとテンション上がるよねって言われたり。そう思うと自分が今まであこがれていたところにきたんだとしみじみ思いました」。  あこがれのところは、今までよりさらに厳しく多忙な世界だ。 「以前に比べれば取材も増え、PVの撮影など今まであまりやらなかったようなお仕事もやらせていただいて、正直戸惑いとか不安もあるんですが、それだけがんばれる場所があるのはありがたいことだと思っています。目標があるってすごくいいことだと思うから、プラス思考で前に進んで行きたいですね。PVもお昼の12時から翌4時か5時ごろまで、ダンスシーンを撮って、すごく大変でした。でもAKB48に入りたての時にダンスの先生に、映像はずっと残るけど、苦しいとかきついは一瞬のこと。だからそこを耐えなさいって言われたんです。その時は全然ピンときてなかったけど、ケガをしたぐらいから分かりだして。だからDiVAはダンス&ボーカルユニットなので、何回踊っても、どこから撮られて、どの一瞬が使われてもいいように最善をつくしたつもりです。それにそれだけ多く撮ってもらえるってありがたいことだし」。  自分自身はネガティブなタイプだから、意識してプラス思考でものを考えると言うが、インタビューの間、ファンやスタッフに対する"ありがたい"という言葉を何度も口にする梅田。DiVAではどんな立ち位置なのか。 「けっこう姉御です(笑)。才加と私がキャーキャー言っている有華ちゃんと佐江ちゃんを見守ってる感じ。私たちは撮影中の映像をチェックする時に、すぐに反省会をやりだし、ここはどうしたらいいかな?って言ってるのに、2人は騒いでいる(笑)。でもイメージカラーが、AKB48の時は、黄色とか緑の衣装だったのが、DiVAではピンク担当になることが多いんですよ! ピンク大好きだから、めちゃくちゃうれしい。最初は大人っぽいユニットだからクールにいこうと思ってたんですが、ちょっと無理っぽいので、姉御だけど、ピンクでかわいいっていうのどうですか(笑)」。  ほかのメンバーは何キャラ(笑)? 「キャラっていうか、有華はまずザ・歌姫です。歌に対するプライドもすごく強いし、私はどちらかというとダンスが得意で、歌は苦手意識があったんですけど、発声とかも教えてくれてすごく勉強になるし、刺激をもらってます。佐江ちゃんは、下手な男より男前(笑)。その男らしいところが、DiVAでドンドン磨きがかかってるなって(笑)。写真撮るときとかすごくイケメンで、かっこいいって思いながら見てます。才加は存在感がすごいです。才加なら、こんなふうに歌ったり踊ったりするんだろうなって、想像できるところが、存在感じゃないかな」  今回のCDは歌詞にも注目してほしいという梅田。 「男性も女性もきっと共感できる部分があると思うんです。つらい恋の歌だったりするんですけど、秋元さんはなんでこんなに、切なくて人の気持ちのキュンキュンくるところをついてくるんだろうって(笑)。ダンス&ボーカルのパフォーマンスも楽しみつつ、歌詞の奥深いところに共感していただければうれしいですね」  最後にDiVAに求められていることで、苦手なところはどこか聞くと...。 「私、セクシー系がすごく恥ずかしいんです。水着のグラビアがあったんですけど、マネジャーさんに"私にこれ、求められていますか?"って聞いちゃったぐらい(笑)。DiVAでは、セクシーな要素もはずせないので挑戦ですね。...って思うんですけど、そこはなかなかプラス思考になれませんね(笑)」。 (本紙・水野陽子)

AKB48・梅田彩佳「来年はイメージガールに返り咲きます!」

2011.04.04 Vol.504

 東京タワーで3月29日、インター FMの公開生放送が行われ、東京タワーイメージガール・AKB48の梅田彩佳が最後のDJ姿を披露。2009年から2年連続イメージガールを務めた梅田の東京タワーでの最後の仕事に、多くのファンがつめかけ、感極まった梅田が番組の最後に涙を流す場面も。番組終了後、「2年間は、自分にとってすごく大きなものでしたが、あっという間の時間でした。誕生日にファンやスタッフがサプライズでお祝いしてくれたり、多くの人の優しさに触れられた日々でした。次はAKB48の小林香菜がイメージガールになりますが、来年は私が返り咲きます(笑)」と復帰宣言も飛び出した。DiVAというユニットでデビューも決まった梅田の今後の活躍に期待したい。  

Copyrighted Image