イキウメ『散歩する侵略者』

2011.04.25 Vol.507

ph_stage0100.jpg


 作・演出の前川知大は昨年発表した『プランクトンの踊り場』で第14回鶴屋南北戯曲賞を受賞し、岸田戯曲賞でも最終選考にノミネートされた。



 SFをベースとしたストーリーで驚かせ、人間関係の細かい機微を乗せた会話劇で、時に欲望や喪失感といった“グッとくる”感覚に訴えるその作品世界はまさにオンリーワンの存在といえる。



 今回は劇団の代表作の再演。



 最近倦怠期気味の夫婦。妻は最近、旦那の人格が変わったように思える。実は「概念」を奪うという宇宙人に体を乗っ取られてしまっていたのだ。頻繁に散歩に出掛けるようになった旦那。その度に街では事件が起こる。そして多くの「概念」を奪った宇宙人は去り際、最後に妻からある「概念」を奪うのだが…。



 SF的な仕掛けに毎度のことながら「なるほど」と感心。そして思いもよらないラストシーンに胸を打たれる。




【日時】5月13日(金)〜29日(日)(開演は平日19時30分、土13時/18時、日13時。25日(水)は14時開演のみ。月曜休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前から発売) 【会場】シアタートラム(三軒茶屋) 【料金】全席指定 一般 前売4000円/当日4200円 【問い合わせ】イキウメ(TEL:03-3715-0940 〔HP〕http://www.ikiume.jp/) 【作・演出】前川知大 【出演】浜田信也、盛隆二、岩本幸子、伊勢佳世、森下創、窪田道聡、大窪人衛、加茂杏子/安井順平




黒色綺譚カナリア派番外公演『犬と花~早熟の枯れぬ少年期~』

2011.04.18 Vol.506

ph_stage0100.jpg


 舞台を「携帯電話のない時代」「明治〜昭和初期」といった時代に設定し、主宰の赤澤のこだわりに満ちた演出のもと上演される作品は、最近の演劇界を見回してもかなりの異彩を放つ。そんな“こだわり”と“異質感”でオンリーワンの存在になりつつあるといっても過言ではない黒色綺譚カナリア派。



 そんな彼らにとって今回はかなり実験的な番外公演。第3回公演で上演された作品の再演となるのだが、若手俳優チームと中堅俳優チームに分かれ2つのバージョンで上演。演出も世代も作風も全くことなる演出家2人を起用するという。他の演出家が赤澤の戯曲を演出するとどうなるのか?など、さまざまな意味で興味深い公演となる。



 公演は各約75分で間に休憩を挟んでの2本連続公演となる。1公演のみの観劇も可能とのこと。



 24日(日)の17時30分からはトークショー、バンド演奏などの特別イベントも企画されている。




【日時】4月21日(木)〜5月2日(月)(開演は月〜金18時30分、土13時/18時30分、24日(日)、1日(日)は13時開演。29日(金)は13時の回あり。2日(月)は14時開演。25日休演。開場は開演20分前。当日券は開演30分前から発売) 【会場】OFF・OFFシアター(下北沢) 【料金】全席自由 前売・当日共「犬」or「花」チケット3000円/「犬花」セット券5000円(日時指定・枚数限定・前売のみ)。/「犬花イベント」券2000円(24日17時30分。入退場自由) 【問い合わせ】黒電話(TEL:090-8461-4699 〔HP〕http://www.kokusyoku.com) 【作】赤澤ムック〈犬編〉 【演出】谷賢一(DULL-COLORED POP) 【出演】牛水里美、芝原弘、升ノゾミ、井上みなみ(青年団)、渡辺六三志、山下由、松崎みゆき 〈花編〉 【演出】牛嶋みさを(鉄割アルバトロスケット) 【出演】赤澤ムック、山下恵、中里順子、夏目慎也(東京デスロック)、ほたる、板垣雄亮(殿様ランチ)、トースティー




青山円劇カウンシル#4~Re~「その族の名は『家族』」

2011.04.11 Vol.505
ph_stage0100.jpg

 2008年に初演、2009年には東京芸術劇場の「芸劇eyes」でも上演された『て』は劇団ハイバイの代表作ともいえる作品だ。岩井秀人(脚本・演出)初となる円形劇場でキャスティングを一新、タイトルも変えてプロデュース公演で上演する。


 認知症の祖母をめぐっての家族の葛藤が描かれる本作は、岩井の実体験でもあるという。ストーリーの切なさと個々のキャラクターににじみ出るおかしさ。そして巧みな演出でうならされたり、ほろりとさせられたり。


 大きなウエイトを占める母親役はユースケ・サンタマリア。母親役を男優がやるというと「なにっ?」って思う人もいるだろうが、そういう違和感は全くなし。 祖母役には舞台初出演となる研ナオコ。研ナオコでおばあちゃん役というと、かつての大ヒット番組「カックラキン大放送」のナオコおばあちゃんを思い浮かべる人は今どれくらいいるのだろうか…。


 ほかに荒川良々、滝藤賢一などキャスティングの妙が光る話題作だ。



【日時】4月13日(水)〜28日(木)(開演は平日19時、土14時/19時、日14時。20日(木)と25日(月)は14時の回あり。28日(木)は14時/18時。15・19・22・26日休演。開場は開演30分前。当日券は開演40分前から発売) 【会場】青山円形劇場(表参道) 【料金】全席指定 前売・当日5800円 【チケット問い合わせ】サンライズプロモーション東京(TEL:0570-00-3337 〔特設HP〕http://hi-bye.net/kazoku/) 【作・演出】岩井秀人 【出演】ユースケ・サンタマリア、荒川良々、滝藤賢一、内田慈、ノゾエ征爾、古澤裕介、浅野千鶴、小河原康二、田村健太郎、師岡広明、大鷹明良、研ナオコ



虚構の劇団『アンダー・ザ・ロウズ』

2011.04.04 Vol.504

ph_stage0100.jpg


 鴻上尚史は今現代、社会を騒がせる問題を等身大の視点で描き出してくれる作家だ。そしてそれを踏まえたうえで、もう少し先の世界の情景やあり方といったものを示唆してくれる。



 今回の作品は阪神大震災の後に日本社会は変わったというパラレルワールドの設定だった。そしてまさかのタイミングで3月11日に地震が起こる。世間では自粛ムードが漂うなか、鴻上はいち早く上演を決めた。



 多少の修正はあるものの、際どい表現もあるかもしれない。それでも彼らは公演を行う。それは演劇の使命は人々に何かを届けることだから。ゆえに今回はいつにも増して、演劇の持つ力を感じさせられる作品となる。



 彼らが伝えたかったものを観客はどう受け止め、そしてまた発信していくのか。今回は普段より見る側のアンテナの感度を良くしていかないといけないかもしれない。




【日時】4月8日(金)〜24日(日)(開演は火〜金19時30分、土14時/19時30分、日14時。9日(土)は19時30分の回のみ。13日(水)は14時の回あり。月曜休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前から発売) 【会場】座・高円寺1(高円寺) 【料金】全席指定 4500円(13日(水)14時の回のみ4000円) 【問い合わせ】サードステージ(TEL:03-5772-7474 〔HP〕http://kyokou.thirdstage.com/) 【作・演出】鴻上尚史 【出演】大久保綾乃、大杉さほり、小沢道成、小野川晶、杉浦一輝、高橋奈津季、三上陽永、山崎雄介、渡辺芳博/古河耕史




ままごと『わが星』

2011.03.28 Vol.503

ph_stage0200.jpg


『わが星』初演より(撮影/青木司)




 2009年秋に、ここ三鷹の星のホールで上演され、翌年の岸田戯曲賞を受賞した作品が待望の再演。



 作・演出の柴幸男はループやサンプリング、ラップといったそれまでの演劇では見られない演出を持ち込み、その斬新な作品作りが話題を呼び、現在、若手演劇人の中で最注目といっても過言ではない存在だ。



 初演時は、それまで劇団というくくりでは活動していなかった柴が、初めて自らの作品を上演するための団体を立ち上げたということもあって、公演前から大きな期待を集めていたのだが、同時に、口コミによる動員もケタ外れ。後半はチケットの取れない人も多かった。見逃した人は今回はぜひとも押さえておきたい公演だ。



 作品はソーントン・ワイルダーが『わが町』で描いた「時間と日常の再体験」を「星」でやろうというもの。団地に住む一家をモチーフに、ある女の子の一生と星の一生を重ね合わせて描く。



 今まで見たことのない斬新な演出に驚く。




【日時】4月15日(金)〜5月1日(日)(開演は火〜金19時30分、20日(水)と27日(水)は15時の回あり。土日15時。16日(土)は19時の回のみ。30日(土)は19時の回あり。24日(日)は18時の回のみ。月曜休演。※23日は特別公演。HPで発表。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前から発売) 【会場】三鷹市芸術文化センター 星のホール(三鷹) 【料金】全席自由 日時指定 整理番号付 一般 前売3000円、当日3500円/高校生以下1000円(前売・当日とも) 【問い合わせ】三鷹市芸術文化センター(TEL:0422-47-5122 〔HP〕http://mitaka.jpn.org/ 〔劇団HP〕http://www.mamagoto.org/) 【作・演出】柴幸男 【出演】青木宏幸、大柿友哉(害獣芝居)、黒岩三佳(あひるなんちゃら)、斎藤淳子(中野成樹+フランケンズ)、永井秀樹(青年団)、中島佳子、端田新菜(青年団)、三浦俊輔




パルコ・プロデュース『欲望という名の電車』

2011.03.28 Vol.503

ph_stage0100.jpg


『欲望という名の電車』が久しぶりに舞台化される。主演のブランチは、かつて文学座で杉村春子が十八番として長く演じ、最近では大竹しのぶ、樋口可南子といった個性的な女優をはじめ、女形としては篠井英介が演じて話題を集めた。今回は今や日本の演劇界を代表する女優、秋山菜津子が満を持してこの役に挑む。



 そして演出は大人計画の松尾スズキ。現在「台本は一切変えずに、ト書きに忠実に」稽古は進んでいるという。この名作中の名作をどのような作品に仕上げてくれるのか? 全く予想がつかない。



 地主階級から落ちぶれ結婚した妹の家に居候することとなったブランチをめぐりさまざまな問題が巻き起こる。



 女性としての生き方、貧富の問題など、当時の社会問題を通じて、さまざまな対比の構図が含まれる問題作でもある。




【日時】4月12日(火)〜5月1日(日)(開演は月〜土19時、日14時。木土は14時の回あり。水曜休演。※19日(火)と29日(金・祝)は14時開演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前から発売予定) 【会場】パルコ劇場(渋谷) 【料金】全席指定7700円 【問い合わせ】パルコ劇場(TEL:03-3477-5858 〔HP〕http://www.parco-play.com/) 【作】テネシー・ウィリアムズ 【訳】小田島恒志 【演出】松尾スズキ 【出演】秋山菜津子、池内博之、鈴木砂羽、オクイシュージ、猫背 椿、村杉蝉之介、顔田顔彦、河井克夫、小林麻子、桔川友嘉、井上 尚




ニットキャップシアター『ピラカタ・ノート』

2011.03.21 Vol.502

ph_stage0200.jpg


 京都を拠点に活動するニットキャップシアター。作・演出のごまのはえはOMS戯曲賞を2度受賞、劇団としても関西で多くの賞を受賞するなど、作品のクオリティーは文句なし。関西の演劇界を引っ張る劇団だ。



 ごまのはえは大阪府枚方で生まれ育った。枚方という街、そこに暮らす人々、その風景にこだわりを持つ彼の書く作品には、少年期、学生時代のエピソードや団地の記憶をもとにした「ヒラカタもの」と呼ばれる短編やコントがいくつもあった。そして2004年にそういった作品をもとに出来上がったのが『ヒラカタ・ノート』。一人の男の、明るく暗く、そしてちょっとばかり泣ける青春とそれを包み込む「町」の物語は、第12回OMS戯曲賞特別賞、新・KYOTO演劇大賞を受賞するなど、高い評価を受けた。



 今回の作品はその続編となる。前回と共通するエピソードや設定も交えながら、街と人との関係をより長い歴史の中で描くという。




【日時】4月9日(土)〜11日(月)(開演は19時。日曜は14時の回あり。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前から発売予定) 【会場】ザ・スズナリ(下北沢) 【料金】一般前売2800円、当日3000円/学生前売2000円、当日2500円/高校生以下前売1000円、当日1500円 【問い合わせ】ニットキャップシアター(TEL:090-7118-3396 〔HP〕http://knitcap.jp/) 【作・演出】ごまのはえ 【出演】門脇俊輔、高原綾子、澤村喜一郎、市川愛里、織田圭祐、藤田かもめ、ごまのはえ




燐光群『裏屋根裏』

2011.03.21 Vol.502

ph_stage0100.jpg


前回『屋根裏』公演より(撮影=古元道広)




 日本の「現実」に向き合い、硬質な作品を作り出してきた坂手洋二と燐光群。



 彼らが2002年に発表した『屋根裏』は、現代社会の問題のひとつとなっている「ひきこもり」を題材とし大きな注目を集め、国内外で上演を続ける代表作となった。今回は海外俳優とのコラボレーションによるインターナショナル・リミックス・バージョンとしてリニューアル。『裏屋根裏』として上演する。



 現在、あるいは近未来。誰が発明したのか、世間から「ひきこもり」とされる人々が、それぞれ自ら閉じこもるための「パッケージ空間」である「屋根裏」が商品として、秘密情報による譲渡の対象として世間に流通し始める。それぞれの屋根裏から発信されるメッセージ、呼応しあうように起きる事件、引きこもる者たち同士の奇妙な連帯感。「屋根裏」発明者を探索する男。そしてさまざまな場所で、それぞれの事件が巻き起こる。



 物語の大半は屋根裏という本当にミニマムな空間で展開されるのだが、そこからわきあがるイマジネーションは限りなく大きい。演劇という表現手段の不思議さ、奥深さを実感させられる作品。




【日時】〜3月31日(木)(開演は22・23・25・28・29日19時、21・27・31日14時、24・26・30日14時/19時。開場は開演30分前。当日券は開演45分前から発売) 【会場】ザ・スズナリ(下北沢) 【料金】日時指定 一般前売3500円、ペア前売6600円、当日3800円、大学・専門学校生2500円、高校生以下1,500円(学生券は前売・当日共通料金。受付で要学生証提示) 【問い合わせ】燐光群/(有)グッドフェローズ(TEL:03-3426-6294 〔HP〕http://rinkogun.com/) 【作・演出】坂手洋二 【出演】トニー・ブルール、ユン・サンファ、イ・ジュウォン、洪明花、小山萌子、中山マリ、猪熊恒和、大西孝洋、鴨川てんし、川中健次郎、杉山英之、松岡洋子、樋尾麻衣子、安仁屋美峰、武山尚史、鈴木陽介、橋本浩明、桐畑理佳、横山展子、根兵さやか




自転車キンクリートSTORE『〆』

2011.03.14 Vol.501
ph_stage0100.jpg

「自転車キンクリートSTORE」とは自転車キンクリーツカンパニーがプロデュースする公演のこと。劇団「自転車キンクリート」が女性ばかりのメンバーで構成・上演していた形とは違う、さまざまな舞台を上演している。


 今回は飯島早苗が作・演出を務める奇想天外なスラップスティックコメディー。


 とっくに過ぎた締め切りを抱え途方に暮れているライトノベル作家のところに、ゾンビになりかかったファンたちが押しかけてくる。作家が自宅にこもってあれこれ頭を悩ませているうちに、彼以外の世界は一変。いきなり世間の人々がゾンビになってしまったのだ。一風変わったファンゾンビが「100%ゾンビになって、人間らしい理性をなくさないうちに新作を読ませてください」と作家に迫る。さあ、追い込まれた作家はどうなる!?恐怖の中で、書けない原稿を書かされる羽目になる作家だったが…。


 なんとなく…作家・飯島の日常だったりして。



【日時】3月16日(水)〜27日(日)(開演は水〜金19時、土〜月14時。※26日(土)は19時の回あり。火曜休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前から発売予定) 【会場】赤坂 RED/THEATER(赤坂) 【料金】全席指定 オープニング料金(16〜18日)3300円/通常料金(19〜27日)3800円 【問い合わせ】自転車キンクリーツカンパニー(TEL:03-5489-4434 〔HP〕http://www.jitekin.com/) 【作・演出】飯島早苗 【出演】瀧川英次(七里ガ浜オールスターズ)、星野園美、和田ひろこ(ONEOR8)、松坂早苗、平塚真介



岩松了プロデュース「カスケード~やがて時がくれば~」

2011.03.07 Vol.500


岩松了が若手俳優たちとワークショップから作り上げる



ph_stage0100.jpg


 作・演出家・岩松了が今年早くも2作目の新作書き下ろし。



 1〜2月にかけ上演した『国民傘』ではオーディションで選ばれた俳優たちと「戦争」をテーマとするオムニバス形式の実験的な作品を作り上げた岩松。今回は昨今、舞台や映像で頭角を現しつつある若手俳優たちとのワークショップを経て、ひとつの作品に取り組むという。



 物語は「かもめ」の上演を控えた若い役者たちを中心に繰り広げられる。とある出来事をきっかけに彼らのバランスがくずれはじめ、さまざまな問題が浮き彫りになる。彼らを翻弄するのはチェーホフ? 世間の大人たち? それとも演出家? 涙を笑いで洗う青春群像劇。



 葛川思潮社の『浮標』での好演も記憶に新しい安藤聖、昨年の『シダの群れ』で岩松作品を経験済みの�「ジョンミョンら、これから気になる若手俳優たちがしのぎを削る舞台となる。




【日時】3月16日(水)〜27日(日)(開演は火〜金19時、土14時/19時、日月14時。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前から発売) 【会場】駅前劇場(下北沢) 【料金】前売 指定席3800円、自由席3500円/当日 指定席4000円、自由席3700円 【問い合わせ】(有)鈍牛倶楽部(TEL:03-3400-2131 〔HP〕http://www.dongyu.co.jp/) 【作・演出】岩松了 【出演】安藤聖、青山ハル、今村沙緒里、尾上寛之、小林竜樹、駒木根隆介、清水優、滝沢恵、田中慎吾、永岡佑、橋本一郎、 ジョンミョン、松本ちさ、吉牟田眞奈




Copyrighted Image