ジャルジャルが新キング、念願のキングオブコントの王者に!「これがチャンピオンなんや!」

2020.09.27 Vol.Web Original

 真のコント日本一を決める『キングオブコント2020』の決勝が26日、東京のTBSで行われ、ジャルジャルが新王者に輝いた。大会がスタートした初回から挑戦しつづけ、13回目の挑戦でのキングの座を手にいれた。  ジャルジャルが念願だったキングオブコントの第13代目キングのタイトルを手にした。  後藤淳平は「1回から挑戦していて、12回悔しい思いをしていた。本当に気が狂いそうになるぐらいへこむこともあったし、決勝にすら行けない時期も長かった。こうやって優勝して、悔しい思いとか吹き飛んだ。これがチャンピオンなんやと実感している最中です」  結果を聞いて涙を浮かべていた福徳秀介は「同じぐらいの芸歴の芸人さんたちが辞退していったりするなかで、僕らは出続けていて。芸歴も17年、18年になってきて、若手が輝くべき大会に僕らが出ていいのかという不安もあったんですけど、どうしてもチャンピオンになりたくて、優勝したかったので挑んだ。諦めず、しつこく挑み続けてよかったと心の底から思います」  昨年大会は、実家の椅子を蹴って足を骨折した状態で挑んだ。 「もしかしたら折るかもしれないという思いで、今年は決勝決まってから一回も実家に帰らなかった。たくさんのかたに迷惑をかけて、後藤にも迷惑をかけて、ネタ2つも変えてもらった。優勝という形で許してもらえないかという思いで、今年挑ませてもらった。」  今年は「客観的に自分たちを見て、“もういい加減に優勝しろよ! ジャルジャル”と思っていた。客観的な叱咤激励がジャルジャルに届いたんじゃないかな」と、後藤。  念願だった王者のタイトルを手にした今大会を、福徳は「僕らが最年長で芸歴があるコンビだった。後輩には負けられないというプライドの戦いだった」という。  一方で後藤は、「準備段階から優勝がイメージできていた」とし、新型コロナウイルスの影響で観客を入れた公演がままならないなかで「吉本さんが劇場をたくさん持っていて、万全な対策のうえで、お客さんを減らしながらも公演をやってくれていたので、僕たちもそこに出させてもらって、たくさん準備ができた。今年はそれが良かった」と、勝利を分析した。

どぶろっく「腹にイチモツ抱えて頑張って」キングオブコント2020 エントリー受付開始

2020.06.19 Vol.Web Original
 コント日本一を決める『キングオブコント2020』の開催が決定、19日から出場者のエントリー受付も始まった。すでに多くのコンビがエントリー。昨年2位のうるとらブギーズ、同4位のGAG、同9位タイの空気階段、「M-1グランプリ2019」で決勝に進んだすゑひろがりずが参加を表明している。  昨年大会では、どぶろっくがミュージカル調のネタでキングの座を奪取。ボーカルの江口直人は「挑戦者の皆さん、Change the world! お前のconte で、世界を変えろ」と挑戦を呼びかけている。  江口は、開催に寄せたコメントのなかで、「新型コロナウイルスの影響で大会が行われるか気になっていましたが、開催されると聞いてうれしい」。また、「前回優勝してから腹が立つことがあっても、あ、俺は王者になったんだ、と思うと、いろんなことが許せるようになりました」と続けた。  ギターとコーラス担当の森慎太郎は「優勝して自分に少しだけ自信が持てるようになって、愛想笑いの数が減りました。優勝賞金でチャンピオンが嗜むとされるゴルフを本格的に始めようと思い、ゴルフバックを買いました」。  森本は「今回のチャレンジャーの皆さんには、腹にイチモツ抱えて頑張ってほしいです。自分を信じて!」と新たなる挑戦者たちへエールを贈っている。  決勝戦のもようはこの秋、TBSで生放送する。

どぶろっくが下ネタミュージカルで新キング! 独自ジャンル作る【キングオブコント2019】

2019.09.22 Vol.Web Original
 コント日本一を決める「キングオブコント2019」の決勝戦が21日、港区のTBSで行われ、どぶろっくが12代目のキングに輝いた。ファーストステージを1位で勝ち上がり、ファイナルステージではその貯金を生かして逃げ切って、賞金1000万円を獲得した。

元ラガーマンのジャルジャルが微妙な言い回しでラグビー日本代表にエール

2019.09.19 Vol.Web Original
「丸の内ノーサイド酒場」のオープニングでオリジナル漫才を披露
 お笑いコンビのジャルジャルが9月19日、東京・丸の内で行われた「丸の内ノーサイド酒場」のオープニングイベントに参加。20日から開幕する「ラグビーワールドカップ(W杯)」に出場する日本代表に“らしい”言い回しでエールを送った。  この丸の内ノーサイド酒場はこれから増えると予想される訪日外国人との異文化交流を目的にTokyo Good Manners Projectが企画したもので20~21日の2日間限定でオープンする。  ノーサイドの精神というのはラグビーにおいて、試合が終わった後は敵味方関係なく盛り上がろうという文化。  ジャルジャルの後藤淳平と福徳秀介は高校時代ともにラグビーに青春を捧げた仲とあって、今回のオープニングイベントに「第一号のお客」として駆け付けた。  後藤は「ノーサイ丼」、福徳は「ノーサイドフライ」に舌鼓。後藤が食べている最中に福徳がメニューの説明をし始めるなど、いつものジャルジャルの漫才のような掛け合いでそれぞれのメニューを紹介した。そしてこのオープンを記念して作ったというオリジナルの漫才を披露した。

ロバート結成20周年を振り返る「こんなスタイルでもキングオブコントで優勝しました」

2018.12.07 Vol.Web Original
 お笑いトリオ・ロバートの結成20周年記念展覧会『ロバート激ヤバ祭』のメディア向け会見が7日、同展を開催する池袋のパルコミュージアムにて行われ、メンバーの秋山竜次、馬場裕之、山本博が登場した。  同展は結成以来、彼らが生み出してきたコントキャラクターと厳選された名コントの1つひとつをサークルや研究所として紹介。それぞれのネタのブースをめぐりながら、ロバートの“激ヤバ”な世界観を楽しめる体験型の展覧会。 「20年間、われわれがどんなコントをやってきたかと振り返ってみたら、ほとんどがサークルとか研究所のネタだった」と言う秋山。コントは大抵、まず秋山が勧誘チラシを持って登場し、サークルの説明をし、馬場の変なキャラクターが現れ、勧誘された山本が無理! と断って終わる、というパターンだったと説明し「こんなコントスタイルでも2011年にキングオブコントで優勝しました」と胸を張った。

キングオブコント優勝のハナコ 先月収入ゼロから1000万円獲得

2018.09.22 Vol.Web Original
ファイナルでチョコレートプラネットとわらふぢなるおを逆転
 コントの日本一を決める「キングオブコント2018」の決勝が9月22日、東京・港区のTBSで行われ、ハナコ(ワタナベエンターテインメント)が初優勝。賞金1000万円を獲得した。  今年は9月7日に終わった準決勝に出場した32組の中から当日にファイナリスト10組が紹介されるシステムとなり、決勝までの約2週間はファンの間でもどのコンビが進出するのかといった話題で盛り上がった。  審査員はバナナマンの設楽統、日村勇紀、さま〜ずの三村マサカズ、大竹一樹、そして松本人志の5人。一人100点の500点満点で得点を争い、上位3組がファイナル進出。2回の合計点数で優勝を争う。  1回目のネタの結果、チョコレートプラネット(478点)、わらふぢなるお(468点)、ハナコ(464点)の3組がファイナルに残り、ハナコは2回目で472点を叩き出し合計936点とし、上位の2組を逆転した。  ハナコは芸歴8年、トリオ結成4年と決勝に進んだ10組の中では結成歴が最も浅いのだが、設楽が「思っていた以上にハナコはやばい」、松本も「4年目でこのレベルはなかなか将来が楽しみ」と話すなど審査員をうならせる内容だった。  決勝後に行われた優勝会見では報道陣のリクエストに応えて「やったー!」「俺たちがキングだー!」のセリフを連呼。じわじわと報道陣の多さに気付いたのか「すげえ」「実感わかない」「バイトしなくてもいいかな?」などと口にする。  質疑では秋山寛貴は「キングオブコントで勝とうということを目標に1年間頑張ってきたが、決勝も初めてで、決勝の時点で夢のようだったというか実感がわかなかった。さらにそのまま優勝したというのが、実感がわかなくて、今こうやって囲まれている状況もわけが分からない。信じられない」  岡部大「今日は誰よりも楽しもうと決めていたので、楽しくコントができた。それがお客さんや審査員の方にもうまく伝わったんじゃないかと思う。最高の日だった」  菊田竜大は「今日はずっとだるくて、緊張しすぎて体の調子が悪かった。優勝と言われてよりだるくなって、今も体の調子が悪いです」とそれぞれ話した。  賞金の1000万円はネタ作りに参加していない菊田の「3等分でお願いします」という提案で3等分することになった。  秋山と岡部は現在、築地市場で週3〜4日でバイト中。菊田はかつて運送会社でバイトも股関節を痛め、今は企業でデータ打ち込みのバイトをしているという。  ちなみにお笑いでの収入は秋山曰く「平均で月1万〜2万円」。岡部に至っては先月はゼロ円で「給料明細が来ないので事務所に聞いたら“ゼロの時は明細は出さない”と言われた」と話すなど、今年もシンデレラボーイの誕生となった。

ガングロギャルがKOC参戦! かまいたちが太鼓判「ジャンポケに並んでる」

2018.07.04 Vol.Web Original
 コント日本一を決める「キングオブコント 2018」(以下、KOC)に、黒肌ギャル集団 Black Diamond(ブラック・ダイアモンド)の中から誕生したユニット、「Black Diamondーfrom 2000ー」(以下、from 2000)が挑戦することになり、4日、吉本興業本社で取材に対応した。    挑戦の理由について、メンバーのあおちゃんは「2000年から来たっていう斬新なうちらなので2000年っぽい笑いを出せればいいかなみたいな。あと、ギャルがそういうの出演するのってあんまなかったので新しいことができればいいかなみたいな。……あ、深い深い理由は、本当に特技なくて……ノリで頑張れば優勝できるんじゃないかなって」。    取材の場には、昨年の王者、かまいたちの2人も合流。山内健司はギャル姿で登場するとメンバーと一緒にパラパラダンス。ギャルたちから「ボロネーズ」というギャル名をもらい、大喜びだった。  from 2000の参戦について聞かれると、山内は「先ほどネタを観させていただたいたんですが、ジャンポケに並んでいる。今年の三強は、ジャンポケ、さらば……Black Diamond。要チェック要チェック~!」と、太鼓判。

KOC2回戦にボイメン登場「全力出し切れた」

2017.08.10 Vol.Web Original
ボイメン「全力出し切った」  真のコント王を決める『キングオブコント2017』の2回戦が始まり、10日、新宿シアターブラッツのステージに、ボイメンこと人気ボーイズグループのBOYS AND MENの水野勝と田村侑久のコンビ、そしてラジオ番組『BOYS AND MEN 栄第七学園男組』(CBC)のなかで結成した土田拓海(ボイメン)とお笑い芸人の酒井直斗からなるコンビ「第七学園演芸部」が登場した。  出番終了後に2組は報道陣の取材に対応。ボイメンのメンバーは「出し切った」「やり切った」と口を揃えた。  水野と田村は中華料理店を舞台にしたネタ。力強く鍋を振った田村は「本番前までずっと勝君と確認してて、失敗してもやり切ろうと。やり切れてよかった」とコメント。芸人さんを心からリスペクトしているという水野は「どんな状況であれ人を笑かすというのは一番難しいこと。芸人さんたちが命を懸けてやっているところに、僕たちみたいなグループが出ていいのかっていうのはずっとあったんですけど、出していただくからには全力でやりたかった。今回も全力でやらせていただいた」と、振り返った。  土田と酒井は男子高校生の友情がテーマ。軽妙なやり取りと驚きの展開で笑いを誘った。土田はこの日の出来について聞かれると「150点!」と言い切り、酒井を困らせた。

キングオブコント会見、しずる「トロフィーを持つ手にしたい」

2017.05.23 Vol.691
 真のコント王を決める「キングオブコント 2017」の大会開催決定会見が23日、東京・赤坂のTBS放送センターで開かれた。会見には、昨年のチャンピオンのライスをはじめ、相席スタート、かもめんたる、ジャングルポケット、しずる、タイムマシーン3号が出席。それぞれ今大会への意気込みを語った。    しずるの池田は「コントっていいなっということを伝えたい。優勝は目標ですが、それよりもお笑い全体の底上げになったらいい」。昨年、同様の会見での言動は「イカレすぎていた」と反省、「池田は心を入れ替えた」(村上)うえでの発言だったよう。  しずるは前回涙を呑んだ。そえれぞれのライバルを聞かれた時に、タイムマシーン3号の関に、前大会で決勝へ進めないことが分かるとイヤホンを投げ捨てて悔しがっていたことを明かされて、2人は照れ笑い。その時に席を立ちその場を立ち去ろうとしたものの「まだ、画面に映るかもしれない」というスタッフの制止でその場に留まった舞台裏を自ら再現した。それによって、悔しさを新たにしたよう。「イヤホンではなく、(今回は)トロフィーを手にしたい。イヤホンはそっと置きたい」と闘志を燃やした。  現チャンピオンのライスは出場しない予定。「コロコロチキチキペッパーズ(2015年に優勝)が昨年出場して痛い目にあったようで、ネタができていないなら参加しないほうがいいと言われました。今は今年用のネタができていない状況。今のところは出ません」。  会見ではまた、準々決勝が設けられること、準決勝で2ネタを披露するなと新ルールも発表された。  1回戦は7月3日からスタートし、東京、大阪、名古屋、沖縄、福岡、札幌で行われる。2回戦と準々決勝は大阪と東京で行われ、準決勝は9月7日、8日に東京で行われる。決勝大会は今秋、TBS系にて生放送される予定。「キングオブコント」は今大会で10回目の開催になる。  エントリーは7月21日まで。

KOC優勝のコロチキ、今年の出場は「7月までにネタができたら」

2016.05.26 Vol.667
 コント王を決める大会『キングオブコント(KOC)』の2016年大会の開催決定会見が25日、TBS放送センターで行われ、前回優勝者のコロチキことコロコロチキチキペッパーズ、大会出場を決めたザ・ギース、ジャングルポケット、さらば青春の光、バンビーノ、うしろシティが出席した。コロチキのナダルは「(キングオブコントは)チャンスだと思う。出場したほうがいいと思う!」と、若手へ 優勝したことで「仕事量が30倍になった」という好調のコロチキだが、今大会への出場については「勝負できるようなネタが見当たらないんです。(応募締め切りの)7月までにネタがかけたら」(西野)と未定。とはいえ、「守りに行ったらダメ」「挑戦をやめたところで終わりだと思っている」と闘志を見せた。  賞金1000万円を目標に、出席したみんながやる気。第1回となった2008年から決勝準決勝の常連で、昨年も決勝まで進んだザ・ギースの尾関は「(昨年は)5歳の娘にコロチキのマネをさせられたので、そうならないように頑張りたい」と、大きな声で宣言した。  エントリーは7月22日まで。

Copyrighted Image