『EMPIRE−エンパイア』が日本上陸!

2014.08.03 Vol.623
 直径3mのパフォーマンスステージを、最前列までわずか1mの距離にある客席が取り囲む、ありえない程の超至近距離サーカス・ダークシルクの最新作SPIEGELWORLD presents 「EMPIRE - エンパイア」が日本上陸!2012年の初演を迎え、全世界をツアー中の同公演が日本でその驚愕のパフォーマンスを披露する。アクロバティックな演技、セクシーな演出、動きだけで笑いを生み出すコメディーパフォーマンスなど、サーカスなのにゴージャスなショーの要素もたっぷり詰め込まれた大人のエンターテインメントだ。思わず避けてしまうほど近い前方列に座るとパフォーマーに舞台に上げられちゃうことも。とにかく何も考えずに、パフォーマーや会場のゲストとワーワーキャーキャー楽しむのが正解!この夏は涼しい会場で、世界が絶賛する熱いショーを楽しんで!

真夏に猛吹雪!?「スラバのスノーショー」ついに上陸。

2014.08.03 Vol.623
 世界30カ国以上で500万人以上を動員した「スラバのスノーショー」が日本に本格上陸する。世界的に有名な道化師・スラバ・ポルニンが創作・演出した体感型ファンタジーショーだ。その魅力をスラバ自身が語る。 「この作品にはセリフは一切ありません。ピエロたちのパフォーマンスにより構成されています。その世界観は宮崎駿さんの映画に近い。変わった登場人物がいて、変わった状況で、でもとってもハートフル。私たちのショーの中にはとても優しく心温まり、でも寂しいといった繊細なニュアンスが込められています。感動して泣いているおばあちゃんもいれば、大笑いしている子どももいる。そんないろいろな感情を刺激するショーですね」  大人から子どもまで楽しめる? 「もちろん。パンクな若者も大学で気難しい顔している教授たちも、誰が見ても絶対楽しめます。あと、原宿で遊んでいる男の子や女の子もね(笑)」  体感型ステージとは? 「直径4mの巨大ボールが降ってきたり、20mのクモの巣が客席を覆ったりします。そしてラストは大量の雪。紙吹雪なんですが、多分みなさんがご想像する何倍もの量があります。ものすごい強風で飛ばすので、お客さんは雪まみれです(笑)。以前ロンドンで公演が終わったあとに、お客さんが持ち帰った紙吹雪で道路が大変なことになった。ズボンやスカートについた大量の雪が歩くたびに落ちて、道路が真っ白になりました(笑)」  日本のファンにメッセージを。 「“スノーショー”をロシア語にして、発音するところの区切りを変えると“優しい”という意味になります。そこには優しい心をもってほしいという願望が入ってますし、日本人はそういう心を持っていると私は思います。ですからこのショーを見て温かい気持ちを感じてもらえたらとてもうれしいです」

立て! 動け! 見上げて! 巻き込まれて楽しい フエルサ ブルータ

2014.05.24 Vol.618
 日本に初上陸した新感覚の体験型エンターテインメントショー『フエルサ ブルータ』が大人気だ。人が壁を走り転げまくったかと思えば、天井からジリジリと降りてくるプールの中でまるで水を操るかのようなパフォーマンスを繰り広げる。今まで見たことのないような演出方法で見せるダイナミックなアクトに、オーディエンスは大歓声を上げ、水しぶきを浴びながら、毎日盛り上がっているのだ。

Copyrighted Image