SearchSearch

博多華丸・大吉が最強漫才師に!

2014.12.14 Vol.632
20141215a.JPG
 2014年の最強漫才師を決める「日清食品 THE MANZAI 2014~年間才最強漫才師決定トーナメント~」の決勝が14日、お台場のフジテレビで行われ、博多華丸・大吉が優勝した。華丸は「博多弁で漫才をしたので福岡に恩返しできたかな」と、目を潤ませた。

 決勝1回戦、2回戦と、視聴者のライブ投票による「国民ワラテン審査」で得票したうえ、審査員からの投票数も他のコンビを引き離した。1回目は若者文化に取り入ろうとするおじさん、2回目は上司にの飲み会を上手に抜けるためにはどうするかというネタで、幅広い層に受け入れられたとみられる。

 大吉は「本当に面白い人は劇場にいる。劇場に来てください」とコメントし、番組を締めくくった。

 番組最高顧問で、「ずっと(博多華丸・大吉の)ファン」というビートたけしは「圧勝だった」と満足げだった。

たけし そっくり等身大フィギュア「バンバン打たれる」

2014.10.15 Vol.628
20141015b.JPG
 お台場のマダム・タッソー東京に15日、ビートたけしが現れた。ハリウッドセレブや歴史上の人物など約60体に及ぶ等身大フィギュア群に、新フィギュアとして加わったもの。同日行われたお披露目式には、ビートたけし本人が出席し、「射的場でこれが出てきたらバンバン打たれるだろうね。花やしきでも使える!」と、大喜びだった。

「1、2、3、ダーッ!」のカウントダウンでお披露目されたフィギュアと対面した、たけし。報道陣のカメラに背を向け、表情や髪などフィギュアの細部を食い入るように見ると、「やな野郎だなあ!」「確かにこれだよなあ」と、独り言のようにコメント。「似てるっていうのは、自分にとって非常に嫌なもんなんだよね。自分は欠点を良く知っていて、その欠点通りに作ってある! このガニ股のところとか、何だこの野郎!って猫背で文句言ってる感じだとか。良くできてるなあ」と、感嘆しつつも、苦笑いするしかない様子だった。
 
 フィギュアのポーズは、もちろん"コマネチ"。「俺が死んでも"コマネチ"の格好で、恥ずかしい歴史を残す可能性はあるけれど、まあいいやって。ここに来た人が同じ格好をして写真取るんじゃないかな」と、ニヤリ。型を取るために7時間もこのポーズを保ったそうだが、その苦労も報われそうだ。

 その後も、「笑うしかない!」、「弱ったなあ」というフレーズを繰り返しつつも、常に、フィギュアの肩に手を触れているなど、本人も気に入ったようだった。

 喜びを誰に伝えたい?と聞かれると、「いろいろ揉めますんでやめた方がいいと思います。当たり障りのないところだと、おふくろや父ちゃん。でも、2人ともくたばったし...。芸人として出発した浅草の売れてない時代の人には感謝したい。おかげさまでここまで上り詰めたって」と話した。

ビートたけし、新CMは「映画よりも時間かかってる」

2014.08.15 Vol.624

 お笑い芸人のビートたけしが12日、都内で行われたカルビーの新CM発表会に出席した。『ちびまる子ちゃん』などを手掛ける漫画家のさくらももことタッグを組み、たけしが原作と監修を担当する新CMは、下町喜劇を設定としたアニメーション。「アミタイツのおじさん」など全28体のユニークなキャラクターが登場し、ストーリーを紡ぐ。たけしは、「映画にも時間の制限があるけど、(CMは)15秒、30秒で、商品を出して、落としをつけ笑わせようっていうのは…。アイデアを出してるだけだけど、裏をやっている人が大変だろうな」と、スタッフをねぎらった。また、「久々にネタは頑張って作ったよ。映画の脚本よりも時間をかけている」とも話した。

 アニメーションCMであることから、アニメーション映画を制作する可能性について聞かれ、「せんとみつおの金隠し、とかな」。この日、MCを務めたガダルカナル・タカは「ジブリの人は見てないと思いますけど…」と、慌てていた。

 会見には、唯一のタレント枠でCMに出演した、お笑い芸人の三又又三も出席した。CMはオンエア中。

Copyrighted Image