SearchSearch

国分太一「うどんは魔法のような食べ物」TOKIOが新CMで「うどんで日本を元気に!」

2021.07.19 Vol.Web Original

 

 TOKIOが出演する丸亀正麺の新CMの放映がスタートする。 20日に「笑顔ティザー篇」、翌21日から「笑顔篇」のがオンエアが始まる。

 新CMは、丸亀うどん弁当シリーズに新たに加わる『丸亀こどもうどん弁当』をPRするもの。CMは、城島茂、国分、松岡昌宏の「うどんで日本を元気に!」という掛け声で始まり、国分が『丸亀こどもうどん弁当』を楽しむ子どもたちとを見守る。

 同商品は、4月に丸亀製麺と株式会社TOKIOが締結した共創型パートナーシップから生まれたもの。記者発表会で「うどんで日本を元気にプロジェクト」で両社が今後取り組んでいくことのアイデア出しを行った際に、「食育」を掲げた国分太一が商品開発に参加し、完成させた。

 国分は、「うどんっていうのは、魔法のような食べ物でありまして、子どもが喜んでくれる食べものだと僕は思っています。その中で栄養バランスもたくさん考えましたし、家で食べるのも良し、外でみんなでピクニックっぽく食べるのもありだと思いますので、 いろいろな所でこのお弁当が役に立ってもらえたらなと思います」

 また、CM内に登場するテーブルとイスは、株式会社TOKIOの3人の手づくり。 木材のカットから組み立て、仕上げに至るまで、3人の手によって丁寧に作られている。制作の様子はメイキングで見られる。

 CMは21日から丸亀正麺の公式サイト、同社の公式YouTubeでも見られる。

株式会社TOKIOが初仕事! 丸亀製麺と『うどんで日本を元気にするプロジェクト』

2021.04.21 Vol.Web Original

 

 讃岐釜揚げうどんの株式会社丸亀製麺と株式会社TOKIOが「共創型パートナーシップ」を締結、『うどんで日本を元気にするプロジェクト』を共に展開していくことになり、21日、都内で合同記者会見を開いた。会見では「丸亀製麺」を運営する株式会社トリドールホールディングスの粟田貴也代表取締役社長兼CEOと株式会社TOKIOの城島茂社長がお互いの証書にサインをする調印式が行われた。

 城島社長は「大変な状況で、みなさん、普段の生活がどれだけ有難かったのかということを体感されていることだと思います。株式会社TOKIOとしても何かできないかと考えていたところ、こうしたプロジェクトにお声がけいただいた。自分たちがこれまで番組も含めやらせていただいた仕事、培ってきたアイデアを一生懸命ぶつけ合いながら、ディスカッションして、素晴らしい何かができないかと思っています。会社自身には、DO IT YOURSELF=自分でやろうというのがありますが、DO IT OURSELVES=みんなで作ろうという部分も会社として掲げている。今回の共創パートナーシップはぴったりだと思っています。これから丸亀製麺さんとともに、日本中を元気にできるお手伝いができればと思っています」と滑らかに話し、意気込んだ。

Copyrighted Image