お店で飲む、家で飲む、外で飲む!あの『八海山』が作る地ビール

2015.05.09 Vol.642
 越後の銘酒『八海山』が作ったこだわりの地ビール『八海山泉ビール』。フルーティーな香りが特徴のホワイトビール〈ヴァイツェン〉と、濃色麦芽を使った香ばしい香りとコクが特徴の〈アルト〉の2タイプ。八海山やこうじを使った料理が人気の『八海山 千年こうじや』(日本橋)でも飲むことができる。

お店で飲む、家で飲む、外で飲む!サッポロ発クラフトビール第1弾

2015.05.09 Vol.642
 発売前から注目を集めているのが、サッポロビールの100%子会社であるジャパンプレミアムブリューが新発売する『Craft Label 柑橘香るペールエール』。2種類のフレーバーホップを使った柑橘の香りと、深みのあるコクが特長のペールエールだ。『クーパーズ 丸の内二丁目店』や、サッポロライオン首都圏23店舗などで5月26日から飲むことができる他、6月9日にサッポロネットショップで一般販売。

お店で飲む、家で飲む、外で飲む!『よなよなBEER KITCHEN 神田店』

2015.05.09 Vol.642
〈よなよなエール〉や〈水曜日のネコ〉など、キュートで個性的な缶デザインやネーミング、お手軽ながらクラフトビールらしい味わいで、今大ブームとなっているヤッホーブルーイング社。そのラインアップをドラフトで飲むことができる公式ビアバルがこちら。この春、赤坂店に加え神田店も新オープン。こだわりフードと一緒にドラフトならではのうまさを堪能して。

クラフトビールを使った簡単レシピ

2015.05.09 Vol.642
 作り手によって個性豊かな顔を見せるクラフトビールは、食事と一緒に味わえるものも多い。レストランやカフェでメニューに合わせて銘柄を選ぶのもワクワクするけど、家での食事や友達とのホームパーティーに、いろいろな種類のクラフトビールとおつまみを持ち寄り、マッチングを楽しむのもまた格別。  例えば、全米No.1クラフトビールのBLUE MOONは、どんな料理とも相性抜群。ホップの苦みがこってりした味を和らげたり、逆に、同素材同士が料理の味を引き立てたりも。  BLUE MOONはバレンシアオレンジピールを使用しているので、柑橘系の食事に合うほか、脂っこい揚げ物や肉料理にもピッタリ。また、柑橘は醤油との相性もいいので、和食と合わせても楽しい。さらに、スパイスも入っているので、タイやインドのエスニック料理にもよく合うと評判だ。今回はBLUE MOONで煮込んだプルドポークを使ったファヒータとのマリアージュを提案、そのレシピを紹介。プルドポークはスパイスでも味つけをしているのでBLUE MOONとの相性は最高。プルドポークと好きな野菜をトルティーヤに自由に巻いて、飲み口にカットオレンジを差したBLUE MOONと合わせてみて。シトラスのフレーバーと柑橘の味が膨らみ、さらに華やかな気分に。そしてそのさっぱりとした口当たりと味できっと想像以上のマリアージュが楽しめるはず。

これを知っていれば上級者!? 通を気取れるクラフトビールあるある

2015.05.09 Vol.642
ウンチク  ビールの主な原料は、「水」と「麦芽」、「ホップ」、「酵母」の4つ。それぞれが1種類だけでなく、例えばビールに風味と香りを与えてくれる「ホップ」には、アメリカ産、ドイツ産、チェコ産、イングランド産などがあり、異なる特徴がある。また「酵母」は1500種類以上あるといわれ、ビールには主にエール酵母とラガー酵母が使用されている。このように、主な原料は4つだが、そこに各ブリュワリーが香りや風味をプラスし、オリジナルのビールを作り出しているのだからその数は無限大。小さな生産者がこだわりを持って、丁寧に作っているためクオリティーが高く、個性的なものが出来上がるのだ。 アロマ  ビールの特徴がはっきりと現れるのが原材料からくる香り。麦芽、ホップ、酵母それぞれの香りが混ざり、そのビールらしい香りを放つ。香りは温度にとても影響を受けるもの。ビールを冷やせば冷やすほど、香りが薄くなるので、香りを楽しみたい時や、香りに特徴があるものを飲む時には、あまりキンキンに冷やさないほうがいい。“焦げたような”“柑橘系”“フルーツのような”“スパイシーな”“甘い”“チョコレートのような”など、よく使われる言葉を覚えておくと、味や香りを表現する時に便利。 テイスティング  テイスティングする時は、「見た目」「アロマ」「テイスト」「口当たり」「アフターテイスト」の5段階で評価。まず、ビールの色、透明度、濃淡、濁り度をチェック。おおまかにどんなビールかを判別。次に匂いを嗅ぎ、原材料や配合されているものを探る。そして苦み、酸味、甘みなどのほか、どんなタイプのものなのかをテイスティングで確認。その後、食感や粘度、重さをなど口の中の感覚を確かめ、最後に飲み終わった後に残るフレーバーや香り、バランスを見る。これを意識することで、自分の好みのタイプを客観的に整理できるほか、ビール通からも“できるやつ”と思われる…かも。

「東京の地ビール」を訪ねて 福生・石川酒造

2015.05.09 Vol.642
蔵見学も大人気! 多摩の老舗酒造  その小規模生産のスタイルから、主に生産地周辺で流通するため“地ビール”とも呼ばれるクラフトビール。地方だけでなく東京でも、地元の豊かな恵みを生かした地ビールが作られている。そんな東京自慢の地ビールを訪ねてやってきたのが石川酒造。こちらは17世紀初頭から続く名家・石川家が1863年に創業した多摩の老舗酒造。日本酒〈多満自慢〉は東京の地酒として広く知られているが、もう1つ忘れてはならないのが日本酒と同様にこの地の天然水を使ったクラフトビール。1998年に発売さた〈多摩の恵〉に続き、この春発売された新たなビールが好評と聞き、石川酒造を訪ねてみた。

クラフトビール大ブーム! 各地の地ビールを東京で飲む
地ビール天国 Tokyo Style!

2015.05.09 Vol.642
ゴールデンウイークが明けたら、蒸し暑い初夏、太陽が照りつける夏…ビールのおいしい季節! ビールといえば今、日本中で大人気となっているのが、小規模なブルワリーによる個性豊かなビール。日本では地ビールともいわれる、いわゆる“クラフトビール”。日本と海外のクラフトビールを最も堪能できる場所はもちろん、ここ東京!

Copyrighted Image