「平成最後」の春の選抜で平成元年優勝の東邦が優勝

2019.04.04 Vol.717
「第91回選抜高校野球大会」の決勝が4月3日、兵庫県の甲子園球場で行われ、東邦(愛知)が6−0で習志野(千葉)を破り30年ぶり5度目の優勝を果たした。  30年前というのは平成元年で、東邦は平成の最初と最後で王者となった。  決勝は東邦のエースで3番を打つ石川の独壇場。初回に2点本塁打を放つと5回にも追撃の2点本塁打。投げては二塁を踏ませず97球で習志野打線を完封した。  習志野は2回戦で勝利を収めた星稜との試合で「サイン盗み」疑惑をかけられ、意に反したところで注目を浴びることとなってしまった。しかしその後も粘り強い野球を見せ3試合連続で逆転勝ちと大会を盛り上げたが決勝では力尽き、石川の前に3安打に終わった。

【徳井健太の菩薩目線】第21回 窮屈な時代“平成”が終わろうとしている

2019.03.30 Vol.Web Original
“サイコ”の異名を持つ平成ノブシコブシ・徳井健太が、世の中のあらゆる事象を生温かい目で見通す連載企画「徳井健太の菩薩目線」。第21回目は、平成が終わる今、この31年間に徳井は何を思うのか、独自の梵鐘を鳴らす――。

“ありがとう平成!”がキーワード【銀座ロフト】

2019.01.01 Vol.WEB
 お正月のお楽しみといえば「福袋」。今年は“平成最後”とあって、どの店もかなり気合の入った福袋を用意。平成を振り返るもの、新たな年号に思いをはせるものなど、その中身をちょっとだけ拝見!

Copyrighted Image