“手帳派”は必見! 本日は糸井重里トークも実施/9月4日(火)の東京イベント

2018.09.04 Vol.Web Original
 銀座ロフトでは。14年連続でロフトの手帳売上No1を記録するほぼ日手帳の2019年版発売を記念し『書く!』展を開催中。期間中、会場では荒井良二(絵本作家)、飯島奈美(フードスタイリスト)、佐藤卓(グラフィックデザイナー)、みうらじゅん(イラストレーター)など10名の著名人による「書く」ことにまつわる展示を行うほか、ほぼ日手帳2019や書籍など関連商品約180種類をはじめ、2017年にほぼ日ストア上のみで抽選販売を行っていたアンリークイールの手帳カバーを銀座ロフト限定で販売する。

糸井重里 岡本太郎の“幻の作品”と地方創生の願いを結びつけたら、みんながワクワク!

2017.05.22 Vol.691
 コピーライターとしてさまざまなムーヴメントを生みだし、現在は上場を果たし起業家としても注目を集める「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰・糸井重里。東日本大震災が発生した年に気仙沼に支社を設け、継続的な支援を行うなど、被災地を含む地方活性の現場を見守り続けている彼が、新たな地方創生プロジェクト誕生をサポート。地方と東京、人と文化、さまざまなものを結びつける糸井重里のひらめきのヒミツとは?

Copyrighted Image