人気シリーズの最新作はボリュームも楽しさも過去イチ「龍が如く7 光と闇の行方」

2020.01.17 Vol.726
 累計出荷本数1200万本を超える人気ゲームシリーズ『龍が如く』の最新作が登場。新主人公の春日一番が、横浜・伊勢佐木異人町を舞台に、仲間たちと共に成りあがり、巨悪を打ち砕くというストーリー。無一文の主人公が自販機を漁ったり、缶拾いをして地道にお金を稼ぐところからスタートし大きく成長していくさまや、ドラマティックで熱い男たちのドラマに心揺さぶられる。  ゲームの舞台はこれまでにない規模。伊勢佐木異人町は「職安街エリア」「スナック街エリア」「風俗街エリア」「伊勢佐木ロードエリア」「神内駅エリア」「飯店小路エリア」「コリアン街エリア」「中華街エリア」「浜北公園エリア」とエリアごとに個性があり、広さは神室町の約3倍。美しいグラフィックによって、まるで街を散策しているような気分が味わえるのも、このシリーズならでは。もちろん、ユニークなスポットも多数ある。  シリーズの魅力のひとつである喧嘩アクション、そしてRPGコマンド選択システムが融合した「ライブコマンドRPGバトル」も登場。それによって、より男たちのバトルを臨場感たっぷりに楽しめる。

Copyrighted Image