三代目 JSB 小林直己、今市隆二 「アジア国際子ども映画祭2016」に参加!

2016.11.28 Vol.679
 EXILE/三代目 J Soul Brothersの小林直己と、三代目 J Soul Brothersの今市隆二が26日、北海道・北見市民会館で開催された「アジア国際子ども映画祭2016」に参加した。  同映画祭は、俳優で歌手の杉良太郎が名誉会長を務め、映像作品を通じてアジアの子供に夢や希望を与えることを目的に2007年からスタート。  小・中・高校生の子どもたちが決まったテーマをもとに、ホームビデオなどで自ら脚本から撮影、制作した3分以内の映像作品をコンテストする。  今年で10回を迎えた同映画祭には、日本を含むタイやベトナム、モンゴル、韓国など16カ国・地域から過去最多となる612作品が寄せられた。  また、小林、今市と同じく、同映画祭の応援ゲストとして参加した伍代夏子、西島隆弘(AAA)、w-inds. 、西内まりや、そして杉名誉会長とのトークショーも開催され、会場に集まった1,500人の観客は笑顔を見せながら熱心に耳を傾けた。  杉良太郎特別賞には、東ティモール・聖ミゲル高校の作品「幼い子どもが家の手伝いのために学校をやめるのはきらい」が選ばれた。

EXILE 究極のベストアルバム9.27発売!!

2016.09.25 Vol.675
 デビュー15周年のアニバーサリーを迎えるEXILEが9月27日、最新にして究極のベストアルバム『EXTREME BEST』をリリースする。アルバムのリリース日は、15年前にEXILEが、シングル『Your eyes only ~曖昧なぼくの輪郭(カタチ)~』でデビューした日。メンバーにとっても、彼らにエールを送り続けているファンにとっても、特別な日になりそうだ。  EXILEがこの日にリリースする最新ベストアルバムは、彼らがこの15年間歩んできた道のりとその中で遂げてきた成長、そしてそこから未来までもが感じられる。第二章以降に再レコーディングを行った第一章時代のシングル曲から最新シングル『Joy-ride ~歓喜のドライブ~』までの45曲のシングル曲の音源と、EXILEがEXILEたることをストレートに伝えるミュージックビデオ(TAKAHIRO加入以降の全53作品)をコンパイルした構成は、これまで彼らを応援してきたファンはもちろん、ここを起点に彼らに興味を持つ、これからのファンに対してEXILEの魅力を伝える作品としては、パーフェクトな内容だ。  知っている曲しかない内容には、EXILEのすごさを改めて確認させられる。聴けば自然と体がリズムを取り出してしまうどころか、振り付け通りに体が動き出すダンスナンバー『Choo Choo TRAIN』『I Wish For You』や『Rising Sun』はもちろん、『ただ…逢いたくて』『Lovers Again』『Ti Amo』『あなたへ』など、心を絞られる感覚になる珠玉のラブバラードやミディアムナンバーからは、リリック面での要として重要なポジションを担ってきたボーカルATSUSHIとTAKAHIROが、エモーショナルかつ繊細、時にはエネルギッシュに、それぞれの曲に向かい合ってきたことも感じられる。  彼らが15年間、それよりも長い時間をかけて、追求し続けている独自のエンターテインメントの形も、なんとなくではあるものの感じられてくる作品。自然とワクワクして元気にもなってくる。EXILEはきっと、これからもずっと私たちをワクワクドキドキさせてくれそうだ。 

映画『HiGH&LOW THE MOVIE』7月16日公開 史上最多! 50人登壇の完成披露イベント

2016.07.10 Vol.670
 EXILE TRIBEのメンバーをはじめ豪華キャストが出演する注目の映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の完成披露プレミアイベントが4日都内にて行われ、映画舞台挨拶史上最多となる50人が登壇。約4000人の観客が会場を埋め尽くしたほか、全国101スクリーンでもライブビューイングが行われ、日本中が50人の熱き男たちに大声援を送る一大イベントとなった。  同作はドラマ、コミック、オリジナルアルバム、ライブなど、さまざまなメディアコンテンツが連動する『HiGH&LOW』プロジェクトの軸となる作品。地上波で放送されていたドラマシリーズに続くストーリーが展開される。  会場を揺るがすような大歓声で迎えられた50人の登壇者たち。本作のプロデュースを手掛けたEXILE HIROも「熱気がすごくて最高です!」と万感の面持ちで「作品が完成するまで数えきれないくらい見ました。久保監督をはじめ多くのスタッフやキャストたちの熱い思いがつまった作品になっているので皆さんにもいろいろなことを感じてもらえたらうれしいです」と、完成作に自信を見せた。通常の舞台挨拶であれば一人一人コメントが求められるところだが、さすがに50人全員は難しいということで、劇中のチームごとに代表者がコメントをすることに。 〈ムゲン〉チームからはAKIRA、青柳翔、井浦新が挨拶。AKIRAが「改めてHiGH&LOW旋風を起こしたい」と意気込めば、青柳は「ムゲンメンバー7人がバイクで並走したシーンの撮影が本当に楽しくて、実際にバイクチームを作っちゃう?という話もしました」と明かし、演技派俳優の井浦も「僕ももっとアクションをやりたかった(笑)」とコメント。〈雨宮兄弟〉の兄役を演じたTAKAHIROは「お兄ちゃんの話を聞きなさい、というセリフがあるのですが、実際に登坂と飲んでいると、熱く話しているのに話を聞いてないときがあって(笑)」と暴露。その弟役・登坂広臣も苦笑しながら「役を演じていただけです」と返し仲の良さを見せた。〈山王連合会〉コブラ役の岩田剛典はMCから「アントニオ猪木さんをリスペクトしているという役ですが…」と暗にモノマネを振られるも、すかさず隣にいたAKIRAがモノマネで「バカヤロー!」と助け舟。これには会場も大爆笑。他にも、黒木啓司、山田裕貴、窪田正孝、林遣都、ELLY、橘ケンチ、町田啓太らが挨拶。その度に大歓声が飛び交い、会場はさながらライブコンサートのよう。  このそうそうたるキャストとともに作品を完成させた久保茂昭監督は最後に「濃いキャラクターをまとめたというより、皆が1年間、一つの役を演じて、自分で個性を作っていってくれた。そのエネルギッシュさが詰まった作品なのでぜひ楽しんで」と語った。  映画は7月16日から全国公開。

三代目JSB×THL 特別号本日より配布開始!

2015.09.30 Vol.

三代目 J Soul Brothersに日本熱狂

2015.09.28 Vol.

All the Best!! EXPG Report vol.12

2014.03.31 Vol.614
今回は先日リリースされた新曲『S.A.K.U.R.A.』のミュージックビデオについてお話したいと思います!!
新曲『S.A.K.U.R.A.』のミュージックビデオは、7人7通りのシチュエーションで、しかもPV撮影では三代目初となる殺陣にチャレンジしています!!
『S.A.K.U.R.A.』というタイトルなので、最初はバラードなどを連想すると思いますが、いい意味で期待を裏切ったバキバキのアッパーな曲です!!
 僕のシチュエーションは雨の中での殺陣でした!! 撮影当日の気温はなんと3℃でした…(笑)!! その中で、スプリンクラーの水を全身に浴びながらの撮影は、過去一番の寒さと辛さだったと言っても過言ではないです(笑)!! 下に落ちた水が凍ってましたからね!!
 けど辛かった分、映像はめちゃくちゃかっこよく仕上がってます!! ワイヤーアクションやタイムスライスなども取り入れているのでチェックしてほしいです!!
 最近の殺陣はとても進化しています!! 本来は相手を切ってるように見せるギリギリを通すのですが、近年ではガッツリ相手に当てる技法が主流みたいです!! もちろん安全なラバーの刀を使います!! 始めは相手に当てるのが怖くて何回も失敗しましたが、当てるのがだんだん気持ちよくなり快感に変わりました(笑)!!
 今回紹介したのは、僕のシーンのほんの一部なんで、ぜひミュージックビデオを見ていただいて、7人7通りの殺陣を見てほしいです!!
 チェックよろしくお願い致します!!

三代目J Soul Brothers 山下健二郎 Monthly Column All the Best!! EXPG Report

2013.11.11 Vol.604
 今回は、10月31日から11月9日まで行われた舞台『ムッシュ』について話したいと思います。  EXILEのパフォーマーであるKEIJIさん主演ドラマ『ムッシュ』を舞台化した作品で、僕も参加させていただきました!! 先輩主演のドラマ『ムッシュ』を一ファンとして拝見させていただいていたので、舞台のお話が来たときは本当にうれしかったし、KEIJIさんと一緒に仕事ができるのが楽しみでした。  ドラマ版は、商店街にある借金まみれで救いようがない店をパリで一流3つ星シェフのムッシュが救う物語で、その中には涙あり笑いありでとても心暖まるストーリーでした!!  そして今回の舞台版では、ドラマに引き続き、ムッシュのお店『ラポール』メンバーとその店の向かいにできた新しいフレンチの店『MEMO'R IT』がさまざまなドラマを繰り広げるお話となっております!! 僕がやらせていただいたのがそのライバル店『MEMO'R IT』のマネジャー、戸崎尊志。しかも三代目メンバーのがんちゃん(岩田剛典)と兄弟役(笑)!! ある意味やりやすかったです!! この役は今までやったことないキャラだったため、なかなか役作りに苦戦しましたが、やっていくうちに自分の実の兄に似ている事が判明しすごくやりやすくなりました(笑)!! 前回の舞台『あたっくNO.1』からのキャラの違いは見ものです(笑)。  こうやって連続で舞台をやるのは初めてだったのですが、自分的にめちゃくちゃ成長した気がします!! 舞台は、毎公演違う良さがあり、ライヴと同じだと思うので、すごく勉強になってます。お芝居大好きなので、また機会とチャンスがあれば舞台はどんどんチャレンジしたいと思っています。役者『山下健二郎』もぜひ応援のほど、よろしくお願い致します!!

三代目J Soul Brothers 山下健二郎 Monthly Column All the Best!! EXPG Report

2013.10.14 Vol.602
今回のAll the bestは完成したばかりのEXPG横浜校に行ってきました。当たり前ですがめちゃくちゃ綺麗(笑)。生徒のみんながうらやましい。綺麗な鏡、綺麗なフロア、クリアなサウンド、オシャレな照明……いい時代になりましたね〜(笑)。  できたてホヤホヤなので情報もあまりなく、レッスン内容をどうすればいいのか悩みましたが、ルーククラス(初心者クラス)ということもあり、ダンスの楽しさを伝えたかったので得意のステップを教えることにしました。教えたのは、ロボコップとプロペラ。難しいステップだけあって、みんな初めはてこずってましたが、何回も反復し、ていねいに教えると、徐々にですが体が動き出して形になってきました。レッスン後は、みんなの夢や目標を聞いたり、質問に答えたりして、コミュニケーションを取りました。みんなの、キラキラ輝いたまっすぐな気持ちが伝わりました。  そして、今回は人生初となるクラス編成テストの審査もさせていただきました。EXPGには、定期的にクラス編成テストがあります。インストラクターの前でダンスをして、上のクラスに上がれるかどうかを決めます。僕も生徒時代にはこのテストで何回も痛い目にあってます(笑)。だけど、このテストのおかげで、オーディションで緊張しなくなったり、レベルが上がったことを肌で感じました。  審査は緊張しましたが、みんなの一生懸命な姿を見られて楽しかったです。審査後はオーディションを受けるにあたっての自分なりのアドバイスや体験談などを赤裸々に話してみんなも真剣に聞いてくれました。今日のレッスンや話が何かのきっかけになってくれたら幸せです。EXPG横浜校からスターが出ることを心から楽しみにしています。

三代目J Soul Brothers 山下健二郎 Monthly Column All the Best!! EXPG Report

2013.08.19 Vol.5998
 今回のAll the Bestは特別編。『夢の課外授業』で岩手県野田村立野田中学校に行ってきました! 『夢の課外授業』というのは、子どもたちに「夢」を持ってもらい、挑戦する気持ちをもってもらおうという取り組みです。  被災地に行くのは今回が初めてでした。震災後テレビや新聞等を通して被災地のニュースは見ていましたが、実際に被害を受けた場所に行き野田村の方々から震災についてのお話を聞いた時、僕は言葉が出ませんでした。未だに震災の爪跡が数多く残っていて、その現実を目の当たりにして本当に胸が苦しくなりました。 『夢の課外授業』では、野田村にある野田中学校に行かせていただきました。そこで僕らは、EXILEの『Rising Sun』の振り付けを生徒のみなさんにレクチャーしたり、ミニライブとして僕らの代表曲でもある『花火』や『Go my way』を披露させていただきました。  今回はなんとサプライズがあったのです。終わった後、生徒の方々がソーラン節を披露してくださったのです! 突然の出来事でびっくりしましたが、生徒のみなさんの心意気にとても感動し、逆に僕たちがたくさんの笑顔やパワーをいただいてしまいました。  被災地に行き、改めて、僕たちもパフォーマンスでもっともっとたくさんの笑顔や幸せ、そしてパワーを与えられるよう頑張っていかないといけないなと強く感じました。微力ではあるかもしれませんが、被災地の方々が少しでも元気になれるようこれからも日々精進してパフォーマンスを届けていきたいと思います!  野田村、野田中学校のみなさんありがとうございました。

Copyrighted Image