『謝罪の王様』主演・阿部サダヲ”謝罪演出”すべって再度謝罪

2013.08.13 Vol.597
20130813a.jpg

 映画『謝罪の王様』の完成会見が12日、都内で行われ、俳優の阿部サダヲ、井上真央、竹野内豊、岡田将生、荒川良々、濱田岳、松本俊夫(EXILE・MATSU)、高橋克実、松雪泰子と、脚本の宮藤官九郎、水田伸生監督という豪華な顔ぶれがそろって登壇した。


 同作は"謝罪師"として、さまざまな依頼人の謝罪を指南する主人公・黒島が、些細なトラブルから国際問題までを"謝罪"で解決していくというコメディー。


 会見には、キャスト・スタッフが定刻よりやや遅れて登壇。すると、このそうそうたる顔ぶれが「大変、申し訳ありませんでした!」と一斉に頭を下げ、完成会見が"謝罪会見"のように。ところが報道陣からのリアクションが薄く、阿部は「スタッフから、もうちょっと笑いがくると聞いていたんですけど...すみません。映画のほうはすごく面白くなってますので」と苦笑いで"謝罪演出"を謝罪した。


 会見では、荒川が「撮影で井上さんのピンクのレオタード姿にドキッとしてすみません」、井上が「撮影で、阿部さんを蹴飛ばしたり足を踏んづけたりしてすみません」など、それぞれの謝罪エピソードを披露。


 最後に阿部は「2013年の邦画実写映画でNo.1になります! 」と宣言したが、すぐに「生意気言って申し訳ありません!」と謝罪し、報道陣の笑いを誘っていた。


 映画は9月28日から全国公開予定。

Copyrighted Image