サッカー天皇杯やB.LEAGUEでも。広がるスポーツ界のSDGs

スタジアムの大音量などで感覚過敏に悩みを抱える発達障害の子供たちのために設置された「センサリールーム」。©︎JFA
 2030年までのキーワードとして注目を集める、持続可能な開発目標「SDGs」。いま、スポーツ界でも積極的な取り組みが広がっている。

 日本サッカー協会(JFA)は、元旦に国立競技場で行われた「天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会」決勝戦で、主催大会として初となるSDGs推進活動を実施。エコ製品の推進や省エネを意識した大会運営、人混みや大音量への対応に悩みを抱える発達障害の子供たちを対象にした「センサリールーム」の設置など、社会や環境に配慮した取り組みをスタートさせた。
1 2 3>>>
パラ卓球のアート展が渋谷で開幕。パラスポーツ×アーティストのコラボで新たな魅力届ける
『SDGsピースコミュニケーションproject』とは……
「SDGs」とは……
「長崎原爆投下75年を伝える」松本和巳さん(映画監督・演出家)