SearchSearch
インタビュー記事も充実!
AFLO SPORT Presents PHOTOIMPACT-プロの瞬撮-
月3回水曜日更新
新鮮なエンタメニュース満載!
今日食べたい食情報も!
「SDGsピースコミュニケーションproject」
TOKYO HEADLINEはSDGsの活動を発信していきます

林和希「僕は東京で一生を終えていくんだと思う」【東京ストーリー】

2024.03.01Vol.Web Originalあの人の東京<東京ストーリー>
 東京は、そこにいる人の数だけ表情を持つ。首都としてドーンとしている東京、刺激的な東京、ちゃんと温もりのある東京。働く人、勉強をする人、遊ぶ人……「あなたにとって、東京はどんな場所ですか」? ヒップホップグループ、DOBERMAN INIFINITYでボーカルを担当する林和希さんは、昨年、ソロ活動をスタート。自身が愛し続けているクラシックで艶のあるR&Bで女性ファンはもちろん、男たちも魅了しています。先日、最新シングル『東京』をリリース。そんな和希さんの東京ストーリー。   “ 憧れた city lights 霞むくらい 君が隣に居た あの頃の日々が やけに眩しくて ”( 林和希『東京』)    “city lights ” は僕が持っている東京のイメージです。地元の岐阜にはなくて東京にあるものでした。  18で上京してきた時、東京はうわーって感じでした。何を見ても刺激的ですし、ときめいていました。僕は友達とグループを組んで、音楽制作ソフトを買って、独学で、DTM(Desk Top Music)を始めました。それが今も続いています。  気づけば14年。東京で暮らすなかで、いろんなものを見たし、いろんな出会いがありました。いろんなリアルも見たし、あきらめないとならない現実もありました。叶えられた夢もあるけど、理想通りにいかないこともたくさんあって、打ちのめされることもあります。  そんな時、“city lights” を見ると、もう戻れはしない遠い故郷での日々を思い出します。地元に “city lights” はないし、あの時の大切な人と一緒に見た思い出があるわけでもないのに、あの頃のことが思い出されて……心が温かくなるんです。あの時の思い出、眩しかった瞬間が次へのモチベーションになります。  あの頃、“city lights” は煌びやかだったし、見ればときめきました。でも不思議ですね、今はその“ city lights ”の中にいるのですが、ときめかない。首都高の両サイドにある “city lights”に心が動きませんし、綺麗と思わないどころか、色あせている感覚もあります。でも、少し離れ見渡すと、胸に来るし、感動があるし、沁みるんですよね。  今年の正月に「東京」の歌詞を書くために東京から少し離れたホテルにこもっていました。そこから見える東京の夜景、“city lights”を見ているとき、思ったんです。東京はきれいだなって。そのうえ、その光よりも、眩しいものがあそこにはあるって。  きっと僕はこれからも東京にいるだろうし、自分のためにも、そのほうがいいんだろうなと思っています。  東京は夢をかなえる場所でしたが、東京で過ごした時間も長くなってきて、今は居場所になりました。人生の居場所です。東京ライフも楽しんでいるし、きっと僕はここで、一生を終えていくんだと思います。  だから東京とはいい関係でいたい。渋谷のセンター街は自分の曲が常に流れてる状態にしたい。渋谷じゃなくても、新宿でもどこでもいいんですけど(笑)。そういう野望もあるんです。   (構成 TOKYO HEADLINE・酒井紫野)

石丸幹二「『ドラえもん』なくして世界平和はない」かが屋・賀屋は「ジャイアンとデュオ組む」

2024.03.02Vol.web original映画
   公開中の『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』の舞台挨拶が2日、都内にて行われ、ゲスト声優を務めた石丸幹二、芳根京子、かが屋(加賀翔・賀屋壮也)と今井一暁監督、ドラえもんやのび太らが登壇。物語にちなみ、ゲスト声優たちが「無くなったら困るもの」を語った。  藤子・F・不二雄の生誕90周年、シリーズ第43作目。『映画ドラえもん』シリーズで初めて“音楽”をテーマにした壮大な冒険が繰り広げられる。 『映画ドラえもん』出演の反響の大きさを感激しながら語っていたゲスト声優たち。かが屋の賀屋は「アメリカで一人暮らしをしているおばから“ドラえもんに出るんだね、グッジョブ!”とメールが届きました」と自慢げ。  本作での声優デビューに「緊張していた」と明かしたかが屋の2人は「こういう舞台挨拶も初めてで。でもレギュラー陣、とくにジャイアンとスネ夫がめっちゃ経験豊富で(笑)」と、ドラえもんをはじめとするレギュラー陣の舞台挨拶慣れぶりに脱帽しつつ賀屋は「今度、ジャイアンとデュオを組むことになりまして」とすっかり意気投合。 「音楽が地球から無くなる危機にドラえもんたちが立ち向かう」という物語にちなみ、レギュラー陣から「なくなったら困るもの」を聞かれた石丸は「ドラえもんかな。ドラえもんなくして世界平和はありません」と言い、ドラえもんは「石丸さん、大好き!ずっとついて行きます」と大感激。  芳根は「お味噌汁」とほっこり回答。かが屋の加賀は「やっぱりお笑いですね。小さいお子さんとかお笑いがなくなったら、どうなるか分からないと思うんですよ。だからぜひ次回は『のび太のドラドラ新喜劇』をやってもらいたい」。一方の賀屋は「ハンバーガーかな~」と言い、ジャイアンも「分かる~」と、またしても意気投合。すかさず「パティとバンズみたいでしょ」と笑いをさらったジャイアンに、「全部救ってくれる」と苦笑していた。

石丸幹二、芳根京子のフルート演奏の実力に感動! 『題名のない音楽会』に来週ゲスト出演

2024.03.02Vol.web originalエンタメ
   公開中の『映画ドラえもん のび太の地球交響楽(シンフォニー)』の舞台挨拶が2日、都内にて行われ、ゲスト声優を務めた石丸幹二、芳根京子、かが屋(加賀翔・賀屋壮也)と今井一暁監督が登壇。ドラえもんやのび太たちも駆けつけて、本作のテーマとなる音楽の話題で盛り上がった。  藤子・F・不二雄の生誕90周年、シリーズ第43作目。『映画ドラえもん』シリーズで初めて“音楽”をテーマにした壮大な冒険が繰り広げられる。  音楽家ロボット・ワークナー役の石丸幹二は、周囲の反響の大きさに喜びつつ「僕は『題名のない音楽会』というテレビ番組で司会者をしているんですけど、来週9日の放送で、この『のび太の地球交響楽』を特集します。芳根京子ちゃんもフルートを吹きます」と予告し、会場もビックリ。  芳根が「まさか自分が出させていただけるなんて夢のようで。(番組収録は)幸せでした」と目を輝かせると、石丸は「美しい音色を奏でていらっしゃいます」と絶賛。 「本作を見た子どもたちにはぜひ楽器をやってみてほしい」とアピールしていた石丸。自身も「芳根さんのフルートの音が素晴らしくて、僕も吹いてみたいなと思った」とフルート挑戦に意欲。  小学校から吹奏楽をやっていたという芳根は「ペットボトルや瓶を口にあててフーッとやると音が出ますが、あれと同じ原理なんです。私もビンや筒状のもので練習していました。あれで音が出れば大丈夫です」とエールを送った。  一方、かが屋の賀屋は「この間、相方から誕生日プレゼントでカホンという楽器を頂いて。イスにもなるからって。これを機に極めたい」と言い、加賀は「ドラム教室の資料請求をしていて。折り返しの電話がかかってきてたんですけど、いざとなったら緊張して無視してしまった」と明かし、ジャイアンやスネ夫から「なんでやねん」と猛突っ込みされていた。

名作椅子100脚で20世紀を振り返る!日本橋髙島屋「椅子とめぐる20世紀のデザイン展」

2024.03.02Vol.Web Original今日の東京イベント
 中央区の日本橋髙島屋 S.C.にて現在、椅子研究家・織田憲嗣氏のコレクションから厳選した100脚の名作椅子を展示する「椅子とめぐる20世紀のデザイン展」が開催中だ。

百花繚乱の東京ガールズコレクション、きょう開催! 中条あやみ、ゆうちゃみらがウォーキング! PSYCHIC FEVERらがライブで盛り上げ

2024.03.02Vol.Web Originalエンタメ
   人気ファッションイベント『第38回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2024 SPRING / SUMMER』が3月2日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催される。最新のリアルクローズやファッション、カルチャー、推しのモデルやアーティストの姿を求めて、多くの人が会場に足を運んでいる。  配信とリアルイベントのハイブリッドで行われ、配信は13時からスタート。ファッションショーなどリアルイベントは14時にスタートする。  中条あやみを筆頭に人気モデルが登場するファッションショーはもちろん、PSYCHIC FEVER、スカイピース、TWS、BOYNEXTDOOR、ME:Iがライブパフォーマンスを披露する。  イベントの模様は、ABEMAで生配信、TGCのTikTok、X、YouTubeの公式アカウントでディレイ配信する。  

GENICの増子敦貴が意気込み「ハクのように!高く舞い上がって…」? 舞台『千と千尋の神隠し』

水上恒司と高橋文哉が春曲をシェア! #ぼくらの春曲キャンペーン

杉咲花「きっと議論が起きる。皆さんの声を真摯に受け止めたい」主演映画公開に思い

2024.03.01Vol.web originalエンタメ
   映画『52ヘルツのクジラたち』の初日舞台挨拶が1日、都内にて行われ、主演の杉咲花、共演の志尊淳、宮沢氷魚らキャストと成島出監督が登壇。杉咲が同作の公開に寄せる思いを切々と語った。  2021年の本屋大賞を受賞した町田そのこによる同名小説の映画化。他の仲間たちには聴こえない高い周波数で鳴く“52ヘルツのクジラ”たちのような、声なきSOSに寄り添う物語。  撮影前に約1週間のリハーサル期間を作り、役を深掘りしていくという成島監督の現場に、杉咲は「骨の折れるような日々でしたが、それだけ皆が真剣な現場でした」と入魂の撮影を振り返った。  一方で撮影現場では、以前から親交の深い小野花梨や、主人公と心を通わせる幼い少年を演じた桑名桃季との、ほっこりする時間もあった様子。  杉咲は役作りで関係を深めるために「撮影現場でのルールを作ったんです。桃季は“思ったことを何でも言いたい”、私は“毎朝、会ったときにハグするのはどう?”と聞いたら、いいよと言ってくれた」と振り返ったが「“敬語とかもなくて、花って呼んでいいよ”と言ったら“それはちょっとできない”と言われました(笑)」と明かし、会場も大笑い。  続けて「でも撮影をするうちに気づいたら敬語も無くなって、花と呼んでくれるようになった」とうれしそうな笑顔を見せていた杉咲。  最後に公開初日を迎えた思いについて「私たちは、この映画が完成したと手放しで、すがすがしく思ってはいません。きっと議論が起きると想像していますし、皆さんからの声を真摯に受け止めたいという気持ちを持っています」と前を見つめ「ただ私は、この作品が時代の中で乗り越えられていく作品になってほしい。将来、見返したときに“まだ、こういう悲劇が描かれていた時代があったのか”と人々に思われてほしくて。そのためにこの作品が作られたのではと信じたい」と、作品に込められた思いを語っていた。  この日の登壇者は杉咲花、志尊淳、小野花梨、桑名桃季、宮沢氷魚、成島出監督。  映画『52ヘルツのクジラたち』は公開中。  

KEYWORDでみるニュース

12万6720人

 新年恒例の一般参賀が1月2日、皇居で行われ、天皇、皇后両陛下や皇太子ご夫妻をはじめとする成年皇族方が宮殿「長和殿」のベランダに計5回立ち、手を振って応えられた。宮内庁によると、平成で最多だった6年(計8回で11万1700人)を上回る12万6720人の参賀者が訪れた。天皇陛下の譲位日が31年4月30日と決まってから初めての新年一般参賀で、国民の関心の高まりが要因とみられる。

39.4%

 平成29年の大みそかに放送された「第68回NHK紅白歌合戦」の第2部(午後9時から11時間45分)の関東地区平均視聴率が39.4%にとどまった。前年と比べて0.8ポイント減。二部制になった平成元年以降では3番目に低い数字。テレビ東京の「第50回!大晦日恒例 年忘れにっぽんの歌」が8.4%と大健闘。民放では日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 大晦日年越しスペシャル!」が17.3%でトップ。

2万2764円

 平成29年最後の取引となる大納会を迎えた12月29日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は2万2764円94銭と、年末の終値としては3年末(2万2983円77銭)以来26年ぶりの高値水準となった。前年末の終値(1万9114円37戦)を3650円57戦(19.1%)上回っており、年間ベースでは6年連続の上昇。昭和53年~平成元年に12年連続で上昇して以来の長さで、バブル経済が崩壊して以降では最長となった。

口座維持手数料

 銀行口座の維持にかかる費用。海外の商業銀行はほぼ全て導入しており、「無料」は日本のみ。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが、日銀のマイナス金利政策で利益を出しにくくなったことから、この口座維持手数料を預金者から徴収できるか検討を始めた。平成30年度中にも結論を出すもよう。三井住友銀行子会社のSMBC信託銀行は、米国系シティバンク銀行が日本で手掛けていた個人向け事業を買収したのに伴い、27年から残高が一定額を下回ると、月2000円の口座維持手数料を徴収している。

世田谷一家殺害事件

 東京都世田谷区の住宅で平成12年12月、会社員、宮沢みきおさん=当時(44)=ら一家4人が殺害された事件の発生から昨年の12月30日で丸17年となった。事件は12年12月30日深夜に発生。宮沢さんと妻の泰子さん=当時(41)、長女のにいなちゃん=同(8)、長男の礼君=同(6)=の4人が自宅で殺害された。現場からは多くの遺留品が見つかり、犯人の指紋やDNA型も判明している。殺人事件の時効が廃止されたことから事件の捜査は継続中。情報提供は成城署捜査本部(TEL:03-3482-0110)まで。

志尊淳、裏での呼び名は「ソンジュン」? 29歳バースデーケーキは「一人で」

2024.03.01Vol.web originalエンタメ
   映画『52ヘルツのクジラたち』の初日舞台挨拶が1日、都内にて行われ、主演の杉咲花、共演の志尊淳、宮沢氷魚らキャストと成島出監督が登壇。志尊淳が29歳の誕生日をサプライズで祝われ抱負を語った。  2021年の本屋大賞を受賞した町田そのこによる同名小説の映画化。他の仲間たちには聴こえない高い周波数で鳴く“52ヘルツのクジラ”たちのような、声なきSOSに寄り添う物語。  杉咲花が演じる主人公・貴瑚の幸せを願うトランスジェンダー男性の塾講師・岡田安吾を演じた志尊淳は「大げさな言い方になりますが、命を懸けて向き合わないといけない役でした」と難役を振り返りつつ、リハーサル期間を設けて役を深掘りしていく成島監督の現場に「居酒屋に行くシーンでリハをやったんですけど、中に入って座ったら、監督が“待って、なんでここに座ったの?”と。この人物は今こういう状態、ではどこに座る?と聞かれて、もの作りってそういうことだよな、と思いました」と感嘆。 「杉咲花をはじめ皆でぶつかって、ときには苦しい思いもして作った作品」と振り返っていた志尊。  トークでは、初共演だという貴瑚の親友役・小野花梨との“わちゃわちゃ”で会場を盛り上げる一幕も。志尊が「花梨ちゃんは礼儀正しくて素敵な女優さん…でもメチャクチャ僕のことをいじってくる」と明かし、小野が「こんな“志尊淳”ってウチワが出ているところで言う!?」と焦りつつ「裏では“ソンジュン”て呼んでいたんです。ある日、間違えて“ソンさん”て呼んじゃって。そう呼んでいいよと、快く言っていただいた。温かい方です」と言い、会場の笑いをさそった。  さらにこの日は、3月5日に29歳の誕生日を迎える志尊をサプライズで祝福。杉咲からの花束と、映画をモチーフにしたケーキに「すみません、こんな公共の場で…」と恐縮しつつ「一人で最後まで食べたいと思います(笑)」。 「20代最後の年になるんですけど、そのスタートをこの作品と迎えられるのもうれしいですし、これから迎える30代にも、この作品が後押ししてくれると思います」と同作への思いを語っていた。  この日の登壇者は杉咲花、志尊淳、小野花梨、桑名桃季、宮沢氷魚、成島出監督。  映画『52ヘルツのクジラたち』は公開中。

岩橋玄樹、初写真集『Labneh』表紙を公開! ドバイの陽光の下、意志的な瞳で “今” を表現

2024.03.01Vol.Web Originalエンタメ
 元King & Princeのメンバーで日米を拠点に活動するアーティスト、岩橋玄樹の1st写真集『Labneh(ラブネ)』通常版(3月14日発売、講談社)の表紙が公開された。

伊勢丹新宿店で三浦大地「DIALETHEISM」展 Josieや抽象画など新作150点以上を展示

2024.03.01Vol.Web Original今日の東京イベント
 現代アーティスト・三浦大地のアート個展「DAICHI MIURA DIALETHEISM(ダイアレイジズム)」が伊勢丹新宿店 本館6階 催物場にて開催中だ。

THE RAMPAGEの与那嶺瑠唯と後藤拓磨が子どもたちのダンスにキュン! 2日放送のラジオ『JAPAN MOVE UP!』

2024.03.01Vol.Web Originalエンタメ
 16人組ダンス&ボーカルグループ、THE RAMPAGEのパフォ―マーの与那嶺瑠唯と後藤拓磨が3月2日放送のラジオ番組『JAPAN MOVE UP!』(TOKYO FM、毎週土曜21時30分~)に出演する。  番組は、2月23日に岩手県宮古市で行われたダンスイベント「Mo’Paradise PARTY SANRIKU 2024」で行われた公開収録の模様を放送する。    宮古市の山本正德市長も加わって、東日本大震災から13年を迎えるなかでの現在の宮古市の状況を聞いたり、地域の子どもたちが主人公のダンスやエンタテイメントのイベントが開催されることについて、さらにEXILEなどが所属するLDH JAPANなどを中心に進められてきた『中学生 Rising Sun Project』が三陸地域にもたらした影響などについても話す。    与那嶺と後藤も同プロジェクトに参加経験があり、特に与那嶺は初期から積極的に関わってきたひとり。当時の記憶、東京五輪を経て一段落した今あたらめて感じること、そして今後への思いを馳せる。  また、ステージで一生懸命踊る子どもたちの姿にあてられて、自身の子どもの頃のダンスや初舞台の思い出をシェアしたり、子どもたちのダンスのときめきポイントについてもポロリ。THE RAMPAGEがデビューしていない10年前に福島のスパリゾートハワイアンズで「Rising Sun」をパフォーマンスした際のエピソードなども紹介する。    番組ではまた、4月に開幕するツアー「THE RAMPAGE LIVE TOUR 2024 “CyberHelix” RX-16」についても聞く。    放送は、radikoやAuDeeでも聴ける。
今週のひとこと One-Word-Header 一覧へ
日本相撲協会評議員会の池坊保子議長が理事を解任した貴乃花について「上司であり先輩でもある八角理事長が何度も携帯に電話してもまったく応答なく折り返しの電話をしなかった。著しく礼を欠いていたのではないか」(1月4日、臨時評議員会後の記者会見で)
→横綱の格は貴乃花のほうが北勝海より断然上だったけどな。

THE RAMPAGEの与那嶺瑠唯と後藤拓磨が子どもたちのダンスにキュン! 2日放送のラジオ『JAPAN MOVE UP!』

2024.03.01Vol.Web Originalエンタメ
 16人組ダンス&ボーカルグループ、THE RAMPAGEのパフォ―マーの与那嶺瑠唯と後藤拓磨が3月2日放送のラジオ番組『JAPAN MOVE UP!』(TOKYO FM、毎週土曜21時30分~)に出演する。  番組は、2月23日に岩手県宮古市で行われたダンスイベント「Mo’Paradise PARTY SANRIKU 2024」で行われた公開収録の模様を放送する。    宮古市の山本正德市長も加わって、東日本大震災から13年を迎えるなかでの現在の宮古市の状況を聞いたり、地域の子どもたちが主人公のダンスやエンタテイメントのイベントが開催されることについて、さらにEXILEなどが所属するLDH JAPANなどを中心に進められてきた『中学生 Rising Sun Project』が三陸地域にもたらした影響などについても話す。    与那嶺と後藤も同プロジェクトに参加経験があり、特に与那嶺は初期から積極的に関わってきたひとり。当時の記憶、東京五輪を経て一段落した今あたらめて感じること、そして今後への思いを馳せる。  また、ステージで一生懸命踊る子どもたちの姿にあてられて、自身の子どもの頃のダンスや初舞台の思い出をシェアしたり、子どもたちのダンスのときめきポイントについてもポロリ。THE RAMPAGEがデビューしていない10年前に福島のスパリゾートハワイアンズで「Rising Sun」をパフォーマンスした際のエピソードなども紹介する。    番組ではまた、4月に開幕するツアー「THE RAMPAGE LIVE TOUR 2024 “CyberHelix” RX-16」についても聞く。    放送は、radikoやAuDeeでも聴ける。

フジロックフェスティバルが出演ラインアップ第2弾でノエル、PEGGY GOU、電気、MWAMなど27組! 出演日割も発表

2024.03.01Vol.Web Original音楽
 人気夏フェス「フジロックフェスティバル」(7月26~28日、新潟・湯沢町苗場スキー場)は3月1日、2024年の出演ラインアップ第2弾として、NOEL GALLAGHER’S HIGHT FLYING BIRDS、PEGGY GOU、電気グルーヴ、MAN WITH A MISSIONら新たに27組を発表した。また、既に発表されているアーティストを含めて出演日も発表された。  発表されたのは、以下の通り。 7月26日(金) PEGGY GOU、FLOATING POINTS、REMI WOLF、上原ひろみ Hiromi’s Sonicwonder、電気グルーヴ、ERIKA DE CASIER、マカロニえんぴつ、NOTD、大貫妙子、THE SPELL BOUND、TEDDY SWIMS、YELLOW DAYS 7月27日(土) KRAFTWERK、GIRL IN RED、KID FRESINO、MAN WITH A MISSION、SAMPA、YUSSEF DAYES、ANGIE McMAHON、THE BAWDIES、Billyrrom、CHRISTONE “KINGFISH” INGRAM、EYEDRESS、Hedigan’s、HIROKO YAMAMURA、THE LAST DINNER PARTY、折坂悠太 band、スガシカオ、10-FEET、TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA 7月28日(日)NOEL GALLAGHER’S HIGHT FLYING BIRDS、TURNSTILE、THE ALLMAN BETTS BAND、KIM GORDON、RIDE、betcover!!、クリープハイプ、FONTAINES D.C.、HEY-SMITH、キタニタツヤ、NO PARTY FOR CAO DONG、RUFUS WAINWRIGHT、toe、YIN YIN    現在、チケットを一般発売価格よりも割安な価格で購入できる第2次先行発売が行われている。5月30日まで。限定枚数での発売になる。 「フジロックフェスティバル」は今年、苗場で通算25回目の開催となる。  

PSYCHIC FEVER、TikTokとSpotifyの24弾のバズトラに

2024.03.01Vol.Web OriginalEXILE TRIBE
   EXILE TRIBEのグループ、PSYCHIC FEVERが、ショートムービープラットフォーム「TikTok」とオーディオストリーミングサービス「Spotify」の「Buzz Tracker」のMonthly Artist 第24弾に決定した。 「Buzz Tracker」は、TikTokとSpotifyの両プラットフォームの特性を生かして、毎月1組のアーティストをを共同で応援するプログラム。TikTokではショートムービーや楽曲ページを通じてアーティストの魅力を多角的に掘り下げ、Spotifyでは「Buzz Tracker」をはじめとする様々なプレイリストを通して楽曲の魅力をユーザーに届ける。   PSYCHIC FEVERは、ダンス、ボーカル、ラップ、ビートボックスと多彩なスキルを持つ7人によるEXILE TRIBEのグループ。1月にリリースされた、JP THE WAVYプロデュースの楽曲「Just Like Dat feat.JP THE WAVY」は現在、国内含むSpotifyバイラルチャートトップ50に計7カ国にランクインし、世界各国から注目が集まっている。TikTokでも、日本だけではなく海外のユーザーからも注目が集まっており、ダンス動画を中心にトレンドになりつつある

激かわクマ再来!《第53回 Glow of Tokyoのコソコソばなし》

爆風スランプ再集結 デビュー40周年でライブツアーと26年ぶりの新曲

2024.03.01Vol.web originalエンタメ
 ロックバンド・爆風スランプが、今年デビュー40周年を迎えるにあたり10月からのライブツアーと26年ぶりとなる新曲のリリース決定を発表。1999年より活動を休止していた爆風スランプの4人が再結集する。  爆風スランプはサンプラザ中野くん(Vo)、パッパラー河合(G)、バーベQ和佐田(B)、ファンキー末吉(Dr)からなる4人組ロックバンド。1984年にデビューし、応援歌の定番曲「Runner」や、日本武道館を舞台にした楽曲「大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い」など数々のヒットソングを生み出したが1999年に活動休止を発表。以後は“その日限りの復活”として2005年、2007年、2010年に爆風スランプとしてライブを実施。  前回のライブから14年を経て発表された今回のツアーは、名古屋を皮切りに兵庫、東京で開催。兵庫と東京の公演にはファンキー末吉が中国でドラムを務める”中国で一番ツアーを回るバンド”「BuYi」(ブイ)が来日しライブに参加する。  ボーカルを務めるサンプラザ中野くんは「デビュー40周年を記念してただ集まってライブをするだけじゃなくて、なにか意味を持たせられればと。中国からファンキー末吉と、彼が組んでいるバンドを呼んで、日本も中国も関係なく音楽を楽しんでもらいたいです」と意気込みのコメント。  合わせてリリースが決定した、26年ぶりとなる新曲は、まだ全容は明かされていないものの、サンプラザ中野くんいわく「テーマはIKIGAI。今、日本語の”生きがい”という言葉がローマ字で”IKIGAI”となって世界でも注目され始めている。私もコロナ禍を経て、改めて”歌うことがIKIGAIだな”と感じました」、ドラムのファンキー末吉は「今回は今までの楽曲作りとはガラリと変えて、”メンバーの誰かが作曲した曲”ではなく、“みんなで作曲した曲”にしたい」と構想を語っている。  活動休止以来、久しぶりに撮り下ろしたという4人の新アーティスト写真は、1992年にリリースされたアルバム「アジポン」の時に撮影したアーティスト写真を再現したもの。バーベQ和佐田は「とにかく4人揃ったのが心から嬉しいです。」と話すと、パッパラー河合も「4人健康でいられるのは年齢的にも奇跡!ファンの皆さんも健康でいて、ぜひライブに来て欲しいです!」とファンに向けてメッセージ。  メンバー全員が還暦を超えながらも、再び走り出した爆風スランプの40周年に注目したい。  ライブ「爆風スランプ〜IKIGAI〜デビュー40周年日中友好LIVE”あなたのIKIGAIナンデスカ?”」は前夜祭として愛知県・名古屋E.L.L.(10月31日、11月1日)から始まり、兵庫県・兵庫県立芸術文化センター(11月4日)、東京・LINE CUBE SHIBUYA(11月17日)に開催。ツアーのチケットは3月8日12時より先行予約受付を開始。詳細は公式サイトにて。

Copyrighted Image