SearchSearch

THE RAMPAGEの鈴木昂秀 ワンチャンドッキリと思った主演映画で魅力ジワリ〈ただ、あなたを理解したい〉

2024.02.23 Vol.Web Original

 ダンス&ボーカルグループ THE RAMPAGEのパフォーマー、鈴木昂秀が主演する映画『ただ、あなたを理解したい』(碓井将大監督)が2月23日に公開となる。これまでにも映画やドラマ、舞台などさまざまな場所で演技に挑戦してきたが、本作で映画初主演。THE RAMPAGEやそこから派生したヒップホップユニットのMA55IVE THE RAMPAGEでは年下で弟キャラの鈴木。この映画に出会えてラッキーだった? 鈴木に聞く。


 公開を控えた2月13日、鈴木は都内の映画館でともに映画を作った面々と舞台挨拶に立っていた。ステージの真ん中で、共演者たちの言葉を受けて顔をくしゃっとさせて笑ったり、ツッコミを入れて盛りあげたり。応援に駆けつけたMA55IVE THE RAMPAGE(以下、MA55IVE)のメンバーは、そんな鈴木の姿を誇らしく思ったという。

 インタビューしたのはそれよりも少し前。主演映画の話でインタビューを受けるってどんな気持ち?と聞くと「ちょっと不思議です。だけど、やっと公開できる、みなさんに届けられるといううれしさがあります」

『HiGH&LOW』シリーズや舞台作品への出演経験はあるが主演は初めて。出演の経緯を聞くと「映画に主演しませんかって、おいしいなーって思って」と素直過ぎる答えが返ってきた。

「その時点では、僕には具体的なストーリーであったり詳しいことは知らされなかったので、ワンチャン、ドッキリか何かかなとも思ったんです。それから時間が経つに連れて、ちゃんとしたプロットが届いて、本当なんだって。青春系を演じてる自分を想像してなかったし、演じるのがすごく楽しみになりました。台本が届くと(主人公は)自分っぽくてやりやすそうだなって感じましたし、作品への興味もどんどんどんどん湧いてきて、この作品をどうしてやっていこうかって、すごく楽しくなりました」

BALLISTIK BOYZ、最新作は「大きなターニングポイントになる」 2年ぶりのニューアルバム『Back & Forth』をリリース

2024.02.21 Vol.Web Original

 7人組ダンス&ボーカルグループのBALLISTIK BOYZが待望のニューアルバム『Back & Forth』を2月21日にリリースする。約2年ぶり、通算3枚目となる本作は、タイでの活動や経験と、新たな段階 = NEXT レベルへと進む7人の意志を強力に反映した作品に仕上がった。本作にどのように向き合ったのか、メンバーに聞く。

ーー ニューアルバム『Back & Forth』のリリースが迫ってきました。前作から約2年ぶり。どんな作品にしたいと思っていましたか?

 砂田将宏(以下、将宏):タイトルを直訳すると「行ったり来たり」。僕たちはこれまで、本当にトライ & エラーを繰り返しながら、いろいろなチャレンジをしてきました。進んだと思ったら、ちょっと戻ってみたりすることもありましたが、着実に進んできたと思っています。そういったこの2年間の自分たちを表すようなアルバムにしたいと思っていました。

ーー 前回みなさんとお話したのが『All I Ever Wanted feat.GULF KANAWUT』のリリースのタイミングで、昨年の9月ごろだったのですが、その次点で制作は進んでいたんですか?

 将宏:そうですね。ただそれも『Back & Forth』な状況ではあって(笑)。

 日髙竜太(以下、竜太):アルバムのリリースは2年ぶりということもあって、納得いくものを出したいと思っていました。この2年で発表した楽曲を見返して、他にどんな曲をやるべきなのかというのを色々考えて話し合いました。

 将宏:行ったり来たり(笑)。昨年のツアーでも披露させていただいた、僕らがゼロから作った楽曲でもある「N.E.X.T」がアルバムのリード曲になっても良かもしれないという話し合いもありましたが、リリースの頃には、年も新しくなる。そうすると、みんなが知らない曲をリード曲にしたいよねと最終的に意見が一致して、自分たちがやりたい曲って何だろうとメンバーで考えたんです。

林和希「こういう曲をずっと書きたかった」新曲『東京』で向きあった誰にもある“あの日々”

2024.02.21 Vol.Web Original

 ヒップホップグループ、DOBERMAN INFINITYでボーカルを務める傍らで、昨年、ソロアーティストとしてのキャリアもスタートさせた林和希。シルキーでスムースなR&Bアルバム『I』が熱い視線を集めつづけるなかで、ニューシングル『東京』を完成させた。「こういう曲をずっと書きたかった」と本人。この楽曲で林が歌いたかったこととは……?

 

どの曲よりも難産だった「東京」

ーー最新シングル『東京』がリリースされます。すでにツアーも始まっていますが、2024年、いい感じで進行していますか?

始まりはすごかったですけど(笑)。正月は元旦からホテルに泊まって作業をしてました。このシングルの制作が追いついていなくて、かなりやばい状況でした。「東京」の歌詞が本当に出なくて。納得するものを作りたいからって詰めていたら、ものすごい時間がかかってしまいました。「東京」は、これまで制作した楽曲のどの曲よりも難産でしたね。

ーーなぜ歌詞が出てこなかったのか、今となれば振り返れます?

 自分の中にある思いを言葉で上手く表せていない。それに気づくまで時間がかかったんですよ。何度も書き直したりなんなりを繰り返して迷宮入りです。

ーー 脱出できてよかったです。その「東京」ですが、上京してきた人が東京を通じて故郷での時間や当時を思い、今の自分も思う曲。この曲を書こうと思ったのはどうしてですか?

 30歳を超えたあたりから「東京」みたいな楽曲をいつか書きたいなって思っていたんです。羽田から首都高を通って帰って来ますよね。東京タワーを通り過ぎて、渋谷を通過して……上京する前の自分がものすごく憧れてた景色を車の中から見ているんです。時間はもう12時を回って日も変わっている。あれからもう14年も経つのかって、時の流れが胸を締め付けてきて、思うんですよ。もう戻れへんのやな、あの時代にはって。あの頃のようにではなくなってしまったなあ、とか。

 あの頃、大切に思っていた人に会えなくなってしまったり、自分だって変わったことを感じたりすることに、切なさを感じました。ただ、それと同時に、その思い出を浮かべてる間、心がものすごく温かくなっているのにも気づいたんですよ。

 戻れない時を思って何か後悔するんじゃなく、僕が感じたような温かい感覚になってくれたらいいなって。そういうきっかけになる曲を作りたいなって思いました。それが、このタイミングだったということです。

ガンプロ勝村周一朗が2・23横浜での和田拓也とのSOG世界無差別級王座戦に高揚感「以前の自分と戦うような気がして、そこのワクワクがある」

2024.02.19 Vol.Web Original

“リアルタイガーマスク”勝村周一朗(ガンバレ☆プロレス)が地元・横浜での凱旋大会(2月23日、神奈川・横浜ラジアントホール)での王座戦に燃えている。現在スピリット・オブ・ガンバレ(SOG)世界無差別級、SOG世界タッグ(パートナーは和田拓也)と2冠を保持する勝村。1月6日、大阪・豊中の176BOXでのタッグ王座戦(挑戦者はHARASHIMA&大家健)で防衛を果たした後、パートナーの和田がシングル王座に挑戦を表明し、勝村も受諾。横浜大会でのパートナー対決による王座戦が決まった。そこで決戦を目前に控えた勝村に和田戦のこと、3月いっぱいでCyberFightから独立するガンプロの今後のことを聞いた。

倖田來未、小児がん支援ライブへの思い「音楽の力で少しでも子どもたちの力になれれば」

2024.02.18 Vol.Web Original

 2月15日の「国際小児がんデー」に、14組のアーティストが出演する小児がん支援チャリティーライブ「LIVE EMPOWER CHILDREN 2024 supported by 第一生命保険」が東京・国際フォーラムで行われた。同ライブのアーカイブ配信を前に、出演アーティストの倖田來未と国立成育医療研究センターの松本公一小児がんセンター長に話を聞いた。

◆ ◆ ◆

教えて、 WOLF HOWL HARMONY! とびきりのバレンタインデー&ホワイトデーの思い出

2024.02.17 Vol.Web Original

LDH史上最大規模のオーディション「iCONZ〜Dreams For Children〜」から誕生した4人組ボーカル・ラップグループ、WOLF HOWL HARMONY(ウルフ・ハウル・ハーモニー)が先日セカンドシングル『Frozen Butterfly』をリリースしました。リリース日は2月14日のバレンタインデー。4人からバレンタインデーとホワイトデーの思い出……教えてもらうしかない!

 

ーーニューシングル「Frozen Butterfly」のリリース日はバレンタインデーでした。それで、みなさんのとっておきのバレンタインデーのエピソードを聞きたいなと……!

SUZUKI:僕は、今年バレンタインデーのとっておきの思い出を作りたいなと思っているんです。当日にリリースイベントをやらせていただくので、LOVERED(ウルフのファンネーム)の皆さんと最高の思い出作れたらなと。

ーー……それはきれいな答えですね(笑)。

SUZUKI:バレンタインの思い出をなんか話せたらいいなと思って考えたんですけど……何もないんですよ、今まで。話せることがなかった!

RYOJI:(笑)。では、僕。といっても、これ結構話してしまってるんですけど、とっておきってなると、この話なんです。小学生の時にグランドでサッカーの練習をしていたら、そこにわざわざ来てくれたんですよ。学校も別々だったのに。めっちゃ恥ずかしかったんですけど、今思うと、ああいうことってもう二度とないだろうなって。

ーー大人になるとそういうことって、まあなくなりますよね。HIROTOさんはどうですか?

HIROTO:小学校4年生の時に女の子から大好きってホワイトチョコで書いてある大きなクッキーをもらいました。一日置いて食べました。

RYOJI:一日置いた理由はなんなの?(笑)

HIROTO:ちょっともったいなさが勝っちゃった。

ーー そういうのを聞くと少しうれしいかもしれません! では、最後にGHEEさん。

GHEE:僕のはですね……3学期の終わりに机の中を掃除していたら手紙が出てきたんですよ。バレンタインの日に入ってたみたいなんですけど、2月14日に駅で待ってます、伝えたいことがあるんでって。わー、やらかした!っていうのが、とっておきのバレンタインデーです。名前が書いてなかったから、それが誰だったのかは今も分からないままです。

ーーその日、駅でずっと待ってた子がいたんですね。

ガッツリ踊る WOLF HOWL HARMONYにドキドキ? 最新シングル「Frozen Butterfly」で未知のウルフに会える

2024.02.14 Vol.Web Original

 LDH史上最大規模のオーディション「iCONZ〜Dreams For Children〜」から誕生した4人組ボーカル・ラップグループ、WOLF HOWL HARMONY(ウルフ・ハウル・ハーモニー)が2月14日、セカンドシングル「Frozen Butterfly」をリリースする。数えきれない人をドキドキさせて、結果もしっかりと残したデビューシングル「Sweet Rain」に続いて彼らが届けるのは、彼らの葛藤や思いを綴った、ちょっとした懐かしさとフレッシュさを兼ね備えた踊りたくなる楽曲。同じオーディションから飛び立ったグループが踊りまくる一方で、歌声でオーディエンスを湧きたたせて来た彼らが踊りだしたら……!?

満場一致で決まった「Frozen Butterfly」

 

ーー 新曲「Frozen Butterfly」は昨年末の「LDH LIVE‐EXPO 2023」で初披露されましたが正直驚きました。みなさんのファーストインプレッションは?

RYOJI:WOLF HOWL HARMONY(以下、ウルフ)は、プロデューサーのDARUMAさんを筆頭に、ファクトリーと呼ばれるチームで楽曲制作をしていて、「Frozen Butterfly」もファクトリーから何曲か候補が上がってきたところで試聴会をするみたいに聴きました。

 僕が感じたのは、新しいけど、どこか懐かしいなってことでした。2000年代ぐらいのサウンド感があって。それにバイオリンとか、クラスターのエッセンスも入ってたりとか、ウルフらしさがあるなって思いました。

ーー踊らないわけはないよねといったダンサブルな楽曲です。

SUZUKI:次の楽曲あたりでガッツリ踊るっていう話は結構前から出てはいたんですよね。「Frozen Butterfly」をリリースしようっていう前から。

RYOJI:実際にどの曲に取り組むかっていうのは、みんなで一緒に決めていくんですけど、満場一致でこれがいいよってなったのが「Frozen Butterfly」のデモ音源でした。

ーー ファンの方の手元に置かれる2枚目の作品。いよいよリリースとなった今の気持ちは?

SUZUKI:最初のシングルを出した時から次はいつ出そうかって先のことも全部想定しながら進めてきたので、出せるタイミングが来たことがすごいうれしいです。『Sweet Rain』を超える作品を作ろうと思って取り組んでいますが、いろいろな方にサポートしていただいてすごく盛り上げていただいたデビューシングルを超えるのは本当に簡単なことじゃないと思っています。

 ただ「Frozen Butterfly」は、これまで届けて来た曲の中ではちょっと毛色が違うので、僕たちの新たな一面を見せられると思っています。それにこの曲は、僕たちの強さも出せる楽曲で、人の背中を押せるような内容になってもいるので、ガッツリかましたいなって思っています。「Sweet Rain」も最高の楽曲ですけど、それを更新していかないといけない。

新浜レオン、木梨憲武プロデュースのきっかけは「俺のほうが『ギャランドゥ』うまいから」

2024.02.11 Vol.Web Original

 本格的な歌唱力とアイドル並みのルックスを兼ね備え、演歌界に新風を吹き込む “演歌第7世代” をご存じだろうか。春日八郎、三橋美智也、三波春夫らから数えて7代目となる若手歌手らが、所属事務所やレコード会社の枠組みを超えて演歌を盛り上げている。そんな第7世代のひとりである演歌歌手の新浜レオンが、世代を代表するメンバーで行う「我ら演歌第7世代!春一番スペシャルコンサート」を前に取材に応じた。(全2回のうち第2回/前編から続く)

◆ ◆ ◆

“演歌第7世代” 新浜レオン「まったく知らない方々に目を向けていただくことは僕の使命」

2024.02.10 Vol.Web Original

 本格的な歌唱力とアイドル並みのルックスを兼ね備え、演歌界に新風を吹き込む “演歌第7世代” をご存じだろうか。春日八郎、三橋美智也、三波春夫らから数えて7代目となる若手歌手らが、所属事務所やレコード会社の枠組みを超えて演歌を盛り上げている。そんな第7世代のひとりである演歌歌謡歌手の新浜(にいはま)レオンが、世代を代表するメンバーで行う「我ら演歌第7世代!春一番スペシャルコンサート」を前に取材に応じた。(全2回のうち第1回/後編に続く)

◆ ◆ ◆

長妻怜央「キスシーンに母からダメ出し」された前作を経て川津明日香と新作ラブコメ「恋も仕事も上手くいく秘訣」を語る

2024.02.03 Vol.web original

 イケメンパティシエと挫折を経験した元マラソンランナーの、甘くてときどきビターな恋の行方は…? 新ドラマ『Sugar Sugar Honey』(TOKYO MX 月曜22時 2月5日放送開始)で、W主演を務める長妻怜央(7ORDER)と川津明日香が語る“恋ドラ”トークをお届け!

 原作は、電子書籍配信サイト「コミックシーモア」で累計900万DLを突破した、鈴木有布子による同名オリジナルコミック。マラソンランナーとして将来を嘱望されながらケガにより引退を余儀なくされ、現在はホテルスタッフとして奮闘する佐原瑞月(さはら・みづき)だがなぜか失敗ばかり。そんな瑞月の唯一の癒しはホテルスイーツ。そんなある日、ひょんなことから、女たらしと噂のイケメンパティシエ・梶佑輔(かじ・ゆうすけ)に“新作スイーツの試食係”に任命され…!?

 梶役の長妻怜央が「パティシエと元マラソンランナーという一見、接点のなさそうな2人なんですが、それぞれのキャラの魅力がかけ合わさって、すごくおいしい一品になっています!」と言えば、瑞月役の川津明日香も「このドラマの面白さの1つとして瑞月と梶が2人とも、夢や仕事を大事にしている点。それぞれに大事なことを持っている2人の距離が縮まる瞬間は見どころです。もちろん毎話出てくるスイーツもこだわって撮影されているので毎回楽しみにしていただきたいですね」と手ごたえ満点の様子。

 梶はパティシエとしての夢を、瑞月は挫折から立ち直り新たな目標を見つけるべく奮闘中。お互いに惹かれ合いながらも、それぞれ仕事への情熱を持つ2人が紆余曲折を経て恋を実らせていく様子は、胸キュンシーン満載ながらも等身大の心情が描かれており共感度満点。そんな恋を演じた長妻と川津自身は“恋も仕事も実らせる”秘訣は何だと思う?

長妻怜央(以下:長妻)「これは恋愛マスターの川津さんに聞いてみましょう!」

川津明日香(以下:川津)「マスターじゃないです(笑)!」

長妻「僕が思うのは、お互いをリスペクトすることが一番じゃないかと。 “私は一生懸命に走っているのに、あなたはお菓子を作ってるだけじゃない!”みたいな、相手の仕事にリスペクトを払えなくなったら絶対に上手くいかないじゃないですか」

川津「確かに!」

長妻「それを“この人はこんなにおいしいケーキを作るんだ”とか“この人は挫折を乗り越えて前を向こうとしてるんだ”とかお互いの頑張りを尊敬し合える相手同士なら恋も上手くいくと思います」

川津「とても素敵な答え。私も尊敬ってとても大事だと思います。それに、仕事でも趣味でも、それぞれに夢中になっているものがあると、いい距離感を保つことができるのかな、とも思います。お互いの興味のあることについて話を聞いたり語り合えば信頼感も高まると思うし、尊敬も生まれるのかなと思います」

長妻「確かに、仕事に手を抜いている相手にはそういう尊敬は生まれないかも。この2人は全力で仕事を頑張っていたからこそ、より強い互いへのリスペクトが生まれたのかもしれないですね」

長妻はドラマ初主演を務めた『その結婚、正気ですか?』(TOKYO MX)に続き同ドラマ枠で連続主演。今や“胸キュン演技”はお手の物では?

長妻「いえいえ、僕なんていまだに裏でずっとセリフの練習していますから(笑)」

川津「確かに、すごく熱心に練習されていましたね」

長妻「せっかく素敵な恋愛ドラマですし、どうせなら女性たちの気持ちをわしづかみにしたいじゃないですか(笑)。前作のときに母からめっちゃダメ出しされたんです。すごく厳しいんですよ。“キスシーンが全然だめ。この作品を参考にしたほうがいいよ”みたいな」

川津「すごく素敵なお母さん!」

長妻「僕も、きちんと厳しいことも言ってくれるのはありがたいなと思いました。最初2秒くらいムッとなりましたけど(笑)」

川津「私 “梶さんの俺様キャラって、本当にサラッとできる人じゃないとギャグになっちゃうよね”と他のキャストさんたちとも話していたんです。長妻さんは、それをサラッとできるから梶さんが本当にかっこいい。しかも1つのシーンでもいろんなパターンのお芝居をすぐにできるから、本当にすごいなと思っていました。監督から突然指示をもらっても“あ、はい”という感じでサラッと応えていて、お芝居の幅も広くてすごいなと思いました」

長妻「いえ、とにかく“ハイ”と言っていただけですよ(笑)。でもありがとうございます」

 バレンタインシーズンにぴったりの本作。そんな2人に、この時期に行きたい東京のデートスポットを聞いてみると…。

長妻「無料で楽しみたい場合と、課金して楽しみたい場合とがあると思いますが…」

川津「課金て(笑)」

長妻「無料版は、今なら東京都内のあちこちにイルミネーションがありますから2人で歩くと良いのではないでしょうか。皇居の周りもいいかも。皇居ジョギングデートみたいな」

川津「いいですね! ドラマでもそんなシーンありますし」

長妻「昔のバレンタインって、チョコやプレゼントを買ってオシャレなレストランに行って…みたいな感じが定番だったと思うんですけど、今ってわりと自由じゃないですか。だから家の中で、一緒にお菓子を作ったりチョコフォンデュをしたり…チョコバナナとか作ったり…というのもいいかも」

川津「あ、それ楽しそう!私も場所はどこでもいいですけど、バレンタインとかホワイトデーみたいな特別なときだからこそ、ちょっとした贈り物と一緒に、日ごろの感謝の気持ちを伝えたいなと思いますね」

 チョコレートのように甘くてときどきビター、でもやっぱり最高にスイートなラブストーリー。恋も仕事もあきらめない2人に応援必至!

教えてPSYCHIC FEVER! 気になるあの子に1秒でも早く気づいてもらう方法

2024.01.27 Vol.Web Original

 PSYCHIC FEVERが最新EP『99.9 Psychic Radio』をリリースした。JP THE WAVYがプロデュースした本作はメンバーそれぞれの個性が聴ける作品に仕上がっています。そこで、教えてPSYCHIC FEVER! 収録曲にちなんだ一問一答のつもりが想定外の恋バナセッションになって……。

 

ーーリード曲「Just Like Dat feat. JP THE WAVY」で登場するのは本命には振り向いてもらえない“イケイケ”な男子。それにちなんで、“イケイケ”なPSYCHIC FEVERのメンバーが振り向いてもらうためにはどうしてきたのかなと、少し踏み込んでみようかなと(笑)。では……手が上がった順に行きましょうか?

JIMMY:僕から行きます……こういうのは先に言った方がいい(笑)。僕は第一印象ってすごい大事だなって思ってるんですよ。なので、匂いとか身だしなみが大事。手だとかね、細かいところに気を使うことで、「この人、他の人と違うな」って印象を最初に1つ持ってもらえたらって思ってます。


JIMMY

ーー 最近は男女関係なく言いますよね。「なんかいい匂いした!」って。あの香りの人だって覚えてたりもする……かも。

JIMMY: 僕、見た目が結構怖いって言われがちなんですよね。だから、いい匂いがしたとかそういうイメージはポジティブな方に行くことが多くなったような気がします。印象が良ければスタートダッシュできますよ、きっと。

メンバー:なるほど!

中西椋雅(以下、椋雅):次は僕! 僕はもういろいろ考えずにアプローチしちゃいます。行っちゃいます。なんか気のない感じで距離をとって回り込んでみたいなのがちょっと苦手なタイプなんで……。好意を持っている人がいるなら、大胆に行った方が成功するんじゃないかなと僕は思います。

半田龍臣(以下、龍臣):え、そういう時の最初の一言は?

椋雅:「今日なんか予定ある? ご飯行く?」

龍臣:チャラい!(笑)。


中西椋雅

ーー 自分から視界に入って振り向かせにいくのだと考えると、相手が椋雅さんの存在に気づいてない場合もゼロじゃなさそう……その時も「今日なんか予定ある? ご飯行く?」?

椋雅:うーん、その場合は挨拶から(笑)? 僕、目を見てアピールみたいなのが、本当に苦手なんですよ。だからもう初めましての方には直接的なコミュニケーションでいこうっていう。

ーー なるほど。では……小波津さん?

小波津志(以下、志):僕はギャップかなと思ってて。もちろんJIMMY君の第一印象も大事だと思うんですけど、そのうえで意外とこういう一面あるんだっていうのが大事で、惹かれると思うんです。だから僕は、そういったものを出しまくる。

龍臣:どういうギャップですか?

JIMMY:例えば?(笑)


小波津志

志:僕だとまあ……第一印象はどんな感じ?

剣:「かっこいい」

椋雅:「あまりしゃべらなそう」

志:……では、めっちゃしゃべって踊る。自分の特技を生かすのがいいのかなって。

JIMMY:急に踊ったら怖いな!(笑)

ーー踊りながら近づいていくのは場所によっては王道(笑)……龍臣さん、なんだか話したそう?

龍臣:僕は些細なことに気づいてあげるのが大事なんだなって……ドラマとか見てて思います。

椋雅:そっからなんや!


半田龍臣

龍臣:女性って自分がどれだけ努力してるかって言わないじゃないですか? 髪型、ネイル、メイク……どれだけ裏でやっててもあまり言わないけど、気づいて欲しいという気持ちはあると思うんです。だから、「今日ちょっとメイク違うね」とか、「髪、ちょっと変えたね」とか。その一言が大事だと思うんです。そういう面でなんかちょっとずつ……。

ーー一「振り向いてもらいたい」「気づいてもらいたい」の先に行ってる気もしますけど、ドラマで見たそれ、実践したことありますか?

龍臣:それは……僕シャイなんで。

剣:なんやそれ!

龍臣:ただ、そういうのがTikTokとかでまわってくると、直接会ってそういうのを言わないとな、それが大事なのかなって思います。

Copyrighted Image