斎藤工とROLANDが絵本の読み聞かせ「ピュアな気持ちに」

2019.07.25 Vol.Web Original
 俳優の斎藤工と、カリスマホストのROLAND(ローランド)が25日、南青山のスパイラルガーデンで開催中のYAMAHA「はしれ!絵本」展のオープニングイベントに出席した。    ステージに並ぶと斎藤は「午前中のイベントとは思えない並びだなあ」と、ニヤリ。そして子どもたちにそれぞれ絵本の読み聞かせを行った。「楽しかった」と感想をもらうと、「子どもって素直じゃないですか。本当に楽しかったんだろうな」と、ローランド。「普段、あまり子どもと接することがないなかで新鮮だったとうか、ピュアな気持ちに戻ることができた」と、話した。

海から見る景色は、極上のプレゼント「Special Twilight Cruise」

2019.07.08 Vol.720
 結婚記念日や誕生日などの大切なアニバーサリーは、どんな贈り物がふさわしいか、あれこれ思いを巡らせてしまうもの。物を贈るのもいいけれど、大切な人と過ごす特別なひとときもまた、かけがえのないプレゼント。この夏、大人の贈り物として、トワイライトクルーズはいかが? 浜風に吹かれながら眺める夕陽や夜景、洗練された横浜の街並みに、きっと心ときめくはず。特別な日は、大切な人と上質な船旅へでかけよう。

豊洲でマリンレジャーに触れられるイベント 親子で体験プログラムも

2019.07.07 Vol.Web Original
『マリンカーニバル 2019in アーバンドック ららぽーと豊洲 』が開催中だ。  海や船、マリンレジャーに関わるさまざまなことを体験し学べるイベント。会場では、自分だけの海のポスターを作れるワークショップや、ゴムボートなどのパドリング体験、親子そろっての釣りのキャスティングゲーム、ボート免許の学科講習体験会などが無料で体験できる。  また、ボートや水上オートバイ、インフレターブルなどの展示もある。  7日まで。10~19時まで。

最新のマリン情報が集結!「ジャパンインターナショナルボートショー2019」開幕

2019.03.07 Vol.web original

 マリンレジャーの魅力を発信する「ジャパンインターナショナルボートショー2019」が7日、パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナで開幕した。  今年は「海・心満たされる時間…」をテーマに展開。パシフィコ横浜では、国内外から230社が出展、約260艇が展示されている。さらに、ボート免許、マリンイベント、海辺のベーカリーなど多彩なプログラムや会場演出で、マリンレジャーを盛り上げる。  横浜ベイサイドマリーナでは、出展艇では最大となる全長約22mのボートをはじめ、ボート40隻、ヨット13隻の計53隻の大型ボート、ヨットを係留展示するほか、販売価格約10億円豪華クルーザーの特別乗船見学会に参加を実施。また。事前予約をするとボート免許なしで操船体験ができる「船長にチャレンジ」や恒例の大型ボートでの「東京湾航海講座」など計4種類の体験プログラムに参加も可能。マリンレジャーの楽しさを肌で感じる事ができる。

鈴鹿8耐で連覇目指すYAMAHAがライダーとマシンをお披露目

2016.07.26 Vol.671
 オートバイの「鈴鹿8時間耐久ロードレース 第39回大会」(7月28~31日、三重県・鈴鹿サーキット)に参戦するYAMAHAが27日、都内で会見を開き、参戦ライダーを紹介。そして8耐用に開発されたファクトリーマシン「YZF-R1」がお披露目された。  YAMAHAは昨年の大会で1996年以来となる19年ぶり5回目の優勝を果たした。2連覇がかかる今年はファクトリー体制の「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と「YART Yamaha Official EWC Team」で出場する。  YAMAHA FACTORY RACING TEAMは昨年優勝時のメンバーである中須賀克行、ポル・エスパルガロに、新しくアレックス・ローズが加わった。  YART Yamaha Official EWC Teamはブロック・パークス、野佐根航汰、藤田拓哉の布陣で臨む。  会見で中須賀は「今年は2連覇がかかった年となりますが、チャレンジャーの気持ちで、またあの表彰台からの景色を見られるように頑張ります」と挨拶。エスパルガロも「今年もベストなチーム、ベストなバイク、そしてベストなチームメートと一緒にまた優勝したい」と連覇への思いを語った。新加入のローズは「YAMAHA FACTORY RACING TEAMの一員に加わることは光栄。レースが楽しみ。ファンの皆さんの力で優勝できると思う」と話した。  後半のトークセッションでは中須賀は「マシン自体、2年目で熟成されて、8耐に向けて死角はない。プレッシャーに負けないようにして、みんながそれぞれの役割をやり遂げられれば連覇は可能だと思う」とより強く、連覇へ向けての思いを語った。  また今回が9回目の出場となる中須賀は8耐について「チームワーク、チームのバランス、スタッフとの信頼関係が重要になるレース。3人が認め合っているからこそ8時間しっかり戦える。スプリントと違ってチームワークが大事になってくる」と話せば、エスパルガロも「昨年は素晴らしいチームメートに恵まれて勝つことができた。(昨年はエスパルガロがポールポジションを獲得したが)今年は中須賀選手も黙っていないだろうし、ローズ選手も速い。最終的にはチームワークが一番大事だと思っているので、チームの中の誰かがポールポジションを取れればいい」と話すなど、チームワークは万全のようだ。

サマーホリデーを10倍楽しくする! 特集 夏の風、体で感じて

2014.07.06 Vol.621
7月に入って気分は本格夏モード。じりじりと照りつける太陽もはねつけて、この季節だからこそ、アウトドアでの時間を満喫したいもの。その最強キーワードが「バイク」。陸上でそして水上で、真夏の風とスピードを自分の体で思いっきり感じてみませんか? 本紙メンバーが体験してきました!

大島優子”TRICITYに乗りたくて、 二輪免許を取ることにしました!”

2014.07.05 Vol.621
「ナニコレ!?」という言葉が思わず飛び出してしまう、かつてないスタイルの三輪バイクがこの秋、ヤマハから発売決定。フロントが二輪という近未来的なデザインや二輪初心者も乗りやすい安定した走行感などで、新たな三輪ブームを巻き起こしそうだ。  1日、都内にて行われた発表会には、CMにも出演する元AKB48の大島優子がゲストとして登場。『TRICITY(トリシティ)』に魅せられて、なんと二輪免許の取得を決意し、現在“受験中”だと明かした。 「CMの撮影で初めて『TRICITY』と出会ったとき、初めて見るデザインに“何これ!”と叫んでしまいました(笑)。何これ、と思うと同時に、自分で乗りたいという気持ちがあふれてきたんです」と語り「実はすでに教習所で勉強をしまして、最後の試験に臨むところなんです。最初は怖かった技能実習もだんだん楽しくなってきて、一層『TRICITY』の新感覚のライディングを体験したくなりました。みなさんに良い報告ができるよう頑張ります!」と意気込みを見せた。免許取得後は「『TRICITY』はデザインがスタイリッシュなので横浜の元町とか、オシャレな街に繰り出したい。乗り心地を楽しむだけでなく、街の視線が釘付けになると思うので、そんなオシャレな自分を楽しむのもいいと思います(笑)」と、今から待ちきれない様子。  さらに会見後、後部座席に乗って“タンデム”で『TRICITY』の乗り心地を体験した大島。「安定していてカーブを曲がるのもスムース。気持ちが良かったです。早く自分で運転したいです。後ろに乗せるなら?…私より小さい人かな(笑)」。

ジャパンインタナショナルボートショー2014開催

2014.03.06 Vol.612
 ジャパンインターナショナルボートショー2014が3月6日、パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナにて開幕した。
 今年は「365日、海がアソビバ!」をテーマに、幅広い層にマリンレジャーの楽しさを伝える企画を多数用意。また、今年からはパシフィコとベイサイドマリーナ間をシャトルボートでの移動が可能となり、より多くの集客が見込めそうだ。
 パシフィコでは、ボートやヨットの展示の他、水上オートバイ、アパレルなどのライフスタイルゾーンが新しく加わった他、イベントステージにて基礎から学べるボート講座やマリン情報などを日替わりで楽しむことができる。
 ヤマハ発動機の会員制ボートレンタルサービス『シースタイル』の会員数は年々増加傾向にあるといい、手軽にボートをレンタルできるサービスへの関心がうかがえる。
 海やボートを気軽に体験できるボートショー。ぜひ“海のアソビバ”を楽しんでみては? 開催は3月9日まで。

Copyrighted Image