SearchSearch

GENICの増子敦貴が意気込み「ハクのように!高く舞い上がって…」? 舞台『千と千尋の神隠し』

2024.03.01 Vol.Web Original


 7人組ダンス&ボーカルグループ、GENICのメンバーで俳優の増子敦貴が2月29日、都内で行われた舞台『千と千尋の神隠し』(3月11日開幕、帝国劇場)の製作発表会見に出席した。

 宮﨑駿による不朽の名作『千と千尋の神隠し』を英ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクターであるジョン・ケアードの翻案・演出で舞台化。2022年に世界で初めて舞台化された際には、主人公の千尋を橋本環奈と上白石萌音がWキャストで務め、大きな話題を呼んだ。

 増子は今回オーディションを勝ち抜いてハク役に抜てきされた。

 ハクをどのように演じたいかをキャッチフレーズで答えてほしいとリクエストされると「僕は東北出身で色白でよく消えそうと言われるので、”消えそうなハク”です」と増子。「ライトが当たると、色白で消えそうと言われるので……」と苦笑い。そして「ハクのように! あ、龍のように! 天高く舞い上がって……舞い上がる?(笑) とにかく全力で頑張ります!」と意気込んだ。

水上恒司と高橋文哉が春曲をシェア! #ぼくらの春曲キャンペーン

2024.03.01 Vol.Web Original


 俳優の水上恒司と高橋文哉が出演するテレビCM「#ぼくらの春曲キャンペーン」シリーズが放送中だ。

 ユニバーサルミュージックが展開する、さまざまな春曲をまとめたプレイリストを公開する『#ぼくらの春曲キャンペーン』を紹介するもので、「#ぼくらの春曲キャンペーン スピッツ」 篇、 「#ぼくらの春曲キャンペーン RADWIMPS」 篇、「#ぼくらの春曲キャンペーン ヨルシカ」 篇の3バージョンがある。

 

杉咲花「きっと議論が起きる。皆さんの声を真摯に受け止めたい」主演映画公開に思い

2024.03.01 Vol.web original

 

 映画『52ヘルツのクジラたち』の初日舞台挨拶が1日、都内にて行われ、主演の杉咲花、共演の志尊淳、宮沢氷魚らキャストと成島出監督が登壇。杉咲が同作の公開に寄せる思いを切々と語った。

 2021年の本屋大賞を受賞した町田そのこによる同名小説の映画化。他の仲間たちには聴こえない高い周波数で鳴く“52ヘルツのクジラ”たちのような、声なきSOSに寄り添う物語。

 撮影前に約1週間のリハーサル期間を作り、役を深掘りしていくという成島監督の現場に、杉咲は「骨の折れるような日々でしたが、それだけ皆が真剣な現場でした」と入魂の撮影を振り返った。

 一方で撮影現場では、以前から親交の深い小野花梨や、主人公と心を通わせる幼い少年を演じた桑名桃季との、ほっこりする時間もあった様子。

 杉咲は役作りで関係を深めるために「撮影現場でのルールを作ったんです。桃季は“思ったことを何でも言いたい”、私は“毎朝、会ったときにハグするのはどう?”と聞いたら、いいよと言ってくれた」と振り返ったが「“敬語とかもなくて、花って呼んでいいよ”と言ったら“それはちょっとできない”と言われました(笑)」と明かし、会場も大笑い。

 続けて「でも撮影をするうちに気づいたら敬語も無くなって、花と呼んでくれるようになった」とうれしそうな笑顔を見せていた杉咲。

 最後に公開初日を迎えた思いについて「私たちは、この映画が完成したと手放しで、すがすがしく思ってはいません。きっと議論が起きると想像していますし、皆さんからの声を真摯に受け止めたいという気持ちを持っています」と前を見つめ「ただ私は、この作品が時代の中で乗り越えられていく作品になってほしい。将来、見返したときに“まだ、こういう悲劇が描かれていた時代があったのか”と人々に思われてほしくて。そのためにこの作品が作られたのではと信じたい」と、作品に込められた思いを語っていた。

 この日の登壇者は杉咲花、志尊淳、小野花梨、桑名桃季、宮沢氷魚、成島出監督。

 映画『52ヘルツのクジラたち』は公開中。

 

志尊淳、裏での呼び名は「ソンジュン」? 29歳バースデーケーキは「一人で」

2024.03.01 Vol.web original

 

 映画『52ヘルツのクジラたち』の初日舞台挨拶が1日、都内にて行われ、主演の杉咲花、共演の志尊淳、宮沢氷魚らキャストと成島出監督が登壇。志尊淳が29歳の誕生日をサプライズで祝われ抱負を語った。

 2021年の本屋大賞を受賞した町田そのこによる同名小説の映画化。他の仲間たちには聴こえない高い周波数で鳴く“52ヘルツのクジラ”たちのような、声なきSOSに寄り添う物語。

 杉咲花が演じる主人公・貴瑚の幸せを願うトランスジェンダー男性の塾講師・岡田安吾を演じた志尊淳は「大げさな言い方になりますが、命を懸けて向き合わないといけない役でした」と難役を振り返りつつ、リハーサル期間を設けて役を深掘りしていく成島監督の現場に「居酒屋に行くシーンでリハをやったんですけど、中に入って座ったら、監督が“待って、なんでここに座ったの?”と。この人物は今こういう状態、ではどこに座る?と聞かれて、もの作りってそういうことだよな、と思いました」と感嘆。

「杉咲花をはじめ皆でぶつかって、ときには苦しい思いもして作った作品」と振り返っていた志尊。

 トークでは、初共演だという貴瑚の親友役・小野花梨との“わちゃわちゃ”で会場を盛り上げる一幕も。志尊が「花梨ちゃんは礼儀正しくて素敵な女優さん…でもメチャクチャ僕のことをいじってくる」と明かし、小野が「こんな“志尊淳”ってウチワが出ているところで言う!?」と焦りつつ「裏では“ソンジュン”て呼んでいたんです。ある日、間違えて“ソンさん”て呼んじゃって。そう呼んでいいよと、快く言っていただいた。温かい方です」と言い、会場の笑いをさそった。

 さらにこの日は、3月5日に29歳の誕生日を迎える志尊をサプライズで祝福。杉咲からの花束と、映画をモチーフにしたケーキに「すみません、こんな公共の場で…」と恐縮しつつ「一人で最後まで食べたいと思います(笑)」。

「20代最後の年になるんですけど、そのスタートをこの作品と迎えられるのもうれしいですし、これから迎える30代にも、この作品が後押ししてくれると思います」と同作への思いを語っていた。

 この日の登壇者は杉咲花、志尊淳、小野花梨、桑名桃季、宮沢氷魚、成島出監督。

 映画『52ヘルツのクジラたち』は公開中。

岩橋玄樹、初写真集『Labneh』表紙を公開! ドバイの陽光の下、意志的な瞳で “今” を表現

2024.03.01 Vol.Web Original

 元King & Princeのメンバーで日米を拠点に活動するアーティスト、岩橋玄樹の1st写真集『Labneh(ラブネ)』通常版(3月14日発売、講談社)の表紙が公開された。

THE RAMPAGEの与那嶺瑠唯と後藤拓磨が子どもたちのダンスにキュン! 2日放送のラジオ『JAPAN MOVE UP!』

2024.03.01 Vol.Web Original

 16人組ダンス&ボーカルグループ、THE RAMPAGEのパフォ―マーの与那嶺瑠唯と後藤拓磨が3月2日放送のラジオ番組『JAPAN MOVE UP!』(TOKYO FM、毎週土曜21時30分~)に出演する。

 番組は、2月23日に岩手県宮古市で行われたダンスイベント「Mo’Paradise PARTY SANRIKU 2024」で行われた公開収録の模様を放送する。

 

 宮古市の山本正德市長も加わって、東日本大震災から13年を迎えるなかでの現在の宮古市の状況を聞いたり、地域の子どもたちが主人公のダンスやエンタテイメントのイベントが開催されることについて、さらにEXILEなどが所属するLDH JAPANなどを中心に進められてきた『中学生 Rising Sun Project』が三陸地域にもたらした影響などについても話す。

 

 与那嶺と後藤も同プロジェクトに参加経験があり、特に与那嶺は初期から積極的に関わってきたひとり。当時の記憶、東京五輪を経て一段落した今あたらめて感じること、そして今後への思いを馳せる。

 また、ステージで一生懸命踊る子どもたちの姿にあてられて、自身の子どもの頃のダンスや初舞台の思い出をシェアしたり、子どもたちのダンスのときめきポイントについてもポロリ。THE RAMPAGEがデビューしていない10年前に福島のスパリゾートハワイアンズで「Rising Sun」をパフォーマンスした際のエピソードなども紹介する。

 

 番組ではまた、4月に開幕するツアー「THE RAMPAGE LIVE TOUR 2024 “CyberHelix” RX-16」についても聞く。

 

 放送は、radikoやAuDeeでも聴ける。

フジロックフェスティバルが出演ラインアップ第2弾でノエル、PEGGY GOU、電気、MWAMなど27組! 出演日割も発表

2024.03.01 Vol.Web Original


 人気夏フェス「フジロックフェスティバル」(7月26~28日、新潟・湯沢町苗場スキー場)は3月1日、2024年の出演ラインアップ第2弾として、NOEL GALLAGHER’S HIGHT FLYING BIRDS、PEGGY GOU、電気グルーヴ、MAN WITH A MISSIONら新たに27組を発表した。また、既に発表されているアーティストを含めて出演日も発表された。

 発表されたのは、以下の通り。

7月26日(金)
PEGGY GOU、FLOATING POINTS、REMI WOLF、上原ひろみ Hiromi’s Sonicwonder、電気グルーヴ、ERIKA DE CASIER、マカロニえんぴつ、NOTD、大貫妙子、THE SPELL BOUND、TEDDY SWIMS、YELLOW DAYS

7月27日(土)
KRAFTWERK、GIRL IN RED、KID FRESINO、MAN WITH A MISSION、SAMPA、YUSSEF DAYES、ANGIE McMAHON、THE BAWDIES、Billyrrom、CHRISTONE “KINGFISH” INGRAM、EYEDRESS、Hedigan’s、HIROKO YAMAMURA、THE LAST DINNER PARTY、折坂悠太 band、スガシカオ、10-FEET、TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA

7月28日(日)NOEL GALLAGHER’S HIGHT FLYING BIRDS、TURNSTILE、THE ALLMAN BETTS BAND、KIM GORDON、RIDE、betcover!!、クリープハイプ、FONTAINES D.C.、HEY-SMITH、キタニタツヤ、NO PARTY FOR CAO DONG、RUFUS WAINWRIGHT、toe、YIN YIN

 

 現在、チケットを一般発売価格よりも割安な価格で購入できる第2次先行発売が行われている。5月30日まで。限定枚数での発売になる。

「フジロックフェスティバル」は今年、苗場で通算25回目の開催となる。

 

PSYCHIC FEVER、TikTokとSpotifyの24弾のバズトラに

2024.03.01 Vol.Web Original

 

 EXILE TRIBEのグループ、PSYCHIC FEVERが、ショートムービープラットフォーム「TikTok」とオーディオストリーミングサービス「Spotify」の「Buzz Tracker」のMonthly Artist 第24弾に決定した。

「Buzz Tracker」は、TikTokとSpotifyの両プラットフォームの特性を生かして、毎月1組のアーティストをを共同で応援するプログラム。TikTokではショートムービーや楽曲ページを通じてアーティストの魅力を多角的に掘り下げ、Spotifyでは「Buzz Tracker」をはじめとする様々なプレイリストを通して楽曲の魅力をユーザーに届ける。

  PSYCHIC FEVERは、ダンス、ボーカル、ラップ、ビートボックスと多彩なスキルを持つ7人によるEXILE TRIBEのグループ。1月にリリースされた、JP THE WAVYプロデュースの楽曲「Just Like Dat feat.JP THE WAVY」は現在、国内含むSpotifyバイラルチャートトップ50に計7カ国にランクインし、世界各国から注目が集まっている。TikTokでも、日本だけではなく海外のユーザーからも注目が集まっており、ダンス動画を中心にトレンドになりつつある

舞台『千と千尋の神隠し』「イギリス演劇界や若者層の間で早くも話題」ロンドン公演「想像しない売れ行き」で延長

2024.03.01 Vol.web original

 舞台『千と千尋の神隠し』 の製作発表会見が29日、都内にて行われ、主人公の千尋役の橋本環奈、上白石萌音、川栄李奈、福地桃子をはじめキャストとスタッフが登壇。東宝の松岡宏泰代表取締役が、4月からロンドン公演を行う本作の現地での前評判を明かした。

 宮﨑駿の不朽の名作を英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクター、ジョン・ケアード翻案・演出により世界で初めて舞台化。名古屋・御園座での再演(2023)を経て、今年3月から帝国劇場公演を皮切りとする全国ツアーおよび英国・ロンドンで初の海外公演を行う。

 冒頭、東宝の松岡宏泰代表取締役は「最初、舞台化を聞いたとき、世界中で評価された奇跡のような作品を舞台化するというのは、壮大なチャレンジというか無謀と思われるのではと感じた」と明かしつつ、大きな話題を呼んだ初演を振り返り「今回は日本各地だけでなく、英国演劇の聖地、ウエストエンドでも上演されます」と意気込み。

 演出のジョン・ケアード氏も「宮﨑駿さんは素晴らしい物語の語り部でありアニメーターでもあるが、同時に日本の歴史、文化を伝えている人だとも思う」と、日本のキャスト、日本語のセリフのままロンドンで大規模公演を行う試みに気合十分。

 さらに「例えばディズニーの作品だと善人と悪人がいて若者が成長していく物語という傾向がありますが、宮﨑作品は、善人と悪人がいるのではなく、ヒロインやヒーローですら、誰もが良いところと悪いところを持っているという複雑さに満ちていて、それこそ人間世界だと思う」と宮﨑作品の根底にある要素を舞台でも伝えたいと語った。

 ケアード氏が「アメリカでもイギリスでも演劇ファン層は必ずしも若くないんですが、宮﨑ファンは若い人が多いので新たな層が来てくれるのでは」と言うと、共同プロデューサーのイアン・ギリー氏が「チケット購入者は18歳から32歳くらいの方が多い」と明かし「ウエストエンドで一番大きい劇場を押さえましたが、これまでにないほど好調な売れ行き。ロンドンっ子はもちろん、ロンドンの演劇関係者の間でも話題を呼んでいる」。

 松岡代表も「ロンドン公演がここまでチケットが売れるとは想像しておらず、売れ行きが良いので延長することになった。この作品の魅力は海外でも本当に通用する」と感嘆しつつ「他の国の製作の人たちからも多数お声がけいただいているので、ジョンさんたちとこれからの展開を考えていけたら」とさらなる展開に意欲。

 一方、千尋役の橋本環奈、上白石萌音、川栄李奈、福地桃子には「ロンドンっ子たちに本作を宣伝するとしたら?」という質問が。4人が頭をひねっていると、湯婆婆・銭婆役の夏木マリが「おいでな」と劇中台詞でまとめ、拍手をさらっていた。

 この日は、スタジオジブリ 鈴木敏夫プロデューサーからの「単なる再演ではなく、まさに新しいことにチャレンジし続ける“千尋”。 私も楽しみにしています」とのコメントを夏木が代読した。

 舞台『千と千尋の神隠し』は東京・帝国劇場(3月11日から30日まで。チケット即日完売)を皮切りに、英国ロンドン・コロシアム(4月30日~8月24日)、愛知・御園座(4月7日~20日)、福岡・博多座(4月27日~5月19日)、 大阪・梅田芸術劇場メインホール (5月27日~6月6日)、北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru(6月15日~20日)にて上演。

爆風スランプ再集結 デビュー40周年でライブツアーと26年ぶりの新曲

2024.03.01 Vol.web original

 ロックバンド・爆風スランプが、今年デビュー40周年を迎えるにあたり10月からのライブツアーと26年ぶりとなる新曲のリリース決定を発表。1999年より活動を休止していた爆風スランプの4人が再結集する。

 爆風スランプはサンプラザ中野くん(Vo)、パッパラー河合(G)、バーベQ和佐田(B)、ファンキー末吉(Dr)からなる4人組ロックバンド。1984年にデビューし、応援歌の定番曲「Runner」や、日本武道館を舞台にした楽曲「大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い」など数々のヒットソングを生み出したが1999年に活動休止を発表。以後は“その日限りの復活”として2005年、2007年、2010年に爆風スランプとしてライブを実施。

 前回のライブから14年を経て発表された今回のツアーは、名古屋を皮切りに兵庫、東京で開催。兵庫と東京の公演にはファンキー末吉が中国でドラムを務める”中国で一番ツアーを回るバンド”「BuYi」(ブイ)が来日しライブに参加する。

 ボーカルを務めるサンプラザ中野くんは「デビュー40周年を記念してただ集まってライブをするだけじゃなくて、なにか意味を持たせられればと。中国からファンキー末吉と、彼が組んでいるバンドを呼んで、日本も中国も関係なく音楽を楽しんでもらいたいです」と意気込みのコメント。

 合わせてリリースが決定した、26年ぶりとなる新曲は、まだ全容は明かされていないものの、サンプラザ中野くんいわく「テーマはIKIGAI。今、日本語の”生きがい”という言葉がローマ字で”IKIGAI”となって世界でも注目され始めている。私もコロナ禍を経て、改めて”歌うことがIKIGAIだな”と感じました」、ドラムのファンキー末吉は「今回は今までの楽曲作りとはガラリと変えて、”メンバーの誰かが作曲した曲”ではなく、“みんなで作曲した曲”にしたい」と構想を語っている。

 活動休止以来、久しぶりに撮り下ろしたという4人の新アーティスト写真は、1992年にリリースされたアルバム「アジポン」の時に撮影したアーティスト写真を再現したもの。バーベQ和佐田は「とにかく4人揃ったのが心から嬉しいです。」と話すと、パッパラー河合も「4人健康でいられるのは年齢的にも奇跡!ファンの皆さんも健康でいて、ぜひライブに来て欲しいです!」とファンに向けてメッセージ。

 メンバー全員が還暦を超えながらも、再び走り出した爆風スランプの40周年に注目したい。

 ライブ「爆風スランプ〜IKIGAI〜デビュー40周年日中友好LIVE”あなたのIKIGAIナンデスカ?”」は前夜祭として愛知県・名古屋E.L.L.(10月31日、11月1日)から始まり、兵庫県・兵庫県立芸術文化センター(11月4日)、東京・LINE CUBE SHIBUYA(11月17日)に開催。ツアーのチケットは3月8日12時より先行予約受付を開始。詳細は公式サイトにて。

「4人全員違う“千尋”」橋本環奈、上白石萌音、川栄李奈、福地桃子が舞台『千と千尋の神隠し』会見で初集合

2024.03.01 Vol.web original

 

 舞台『千と千尋の神隠し』 の製作発表会見が29日、都内にて行われ、主人公の千尋役の 橋本環奈、上白石萌音、川栄李奈、福地桃子をはじめキャストとスタッフが登壇。この日、初めて全員がそろったという“4人の千尋”が上演に向け息ピッタリのトークを繰り広げた。

 宮﨑駿の不朽の名作を英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクター、ジョン・ケアード翻案・演出により世界で初めて舞台化。名古屋・御園座での再演(2023)を経て、今年3月から帝国劇場公演を皮切りとする全国ツアーおよび英国・ロンドンで初の海外公演を行う。

 初演から主人公・千尋を演じている橋本環奈は「今年で25歳になったんですけど、千尋は10歳。年齢を重ねるごとにどうなるかと思っていたら、遠ざかるわけではなく、逆に10歳の子どもの気持ちが分かったり寄り添えたりする自分に驚いています」と明かし「どれだけ期待していただいても裏切らない作品」と手ごたえ十分の様子。

 同じく上白石萌音は「常に心の中に千尋がいて、街で10歳くらいの子を見ると目で追ってしまう(笑)。千尋を演じていないときでも研究しています」と明かし、海外も含む長い公演に「健康第一で」と意気込み。

 新たにオーディションで同役を射止めた川栄李奈が「稽古場では、萌音ちゃんは自分が分からなかったことを背中で見せてくれる。環奈ちゃんは“大丈夫、いけるっしょ”って(笑)。この2人に私たちは本当に助けられています」と言えば、同じく福地桃子も「まさにその通り(笑)」。上白石は「毎日、走って転んで…をやっている。同志ですね」と、4人の千尋は一致団結している様子。

 この日、初めて4人全員がそろったと明かしつつ、それぞれの稽古姿に刺激を受け合っていると言い、橋本が「同じセリフを言っているのに4人それぞれ違う」と言うと、「環奈ちゃんは見ていて心躍るような千尋」「李奈ちゃんの千尋はすごく応援したくなる」と、4人はお互いの千尋の持ち味について大盛り上がり。

 上白石が「桃ちゃんが稽古で間違えちゃったときのリアクションが千尋そのもので、全員がキュンキュンしてます(笑)」と明かし、福地が「間違えないように気を付けます」と照れ笑いする一幕も。

 一方で、舞台中を所狭しと駆け回るハードな役どころに、川栄が「萌音ちゃんがこの舞台をやっていたときに朝ドラで会ったら、げっそり痩せていた(笑)」、福地が「未知のことがたくさん」と不安をもらすと、すかさず橋本が「大丈夫だよ!」。

「環奈ちゃんは年上かと思うくらい、私と桃ちゃんの悩みとか聞いてくれて。“スナック環奈”みたいだった」と明かしていた川栄は「本当に心強いです、この言葉が」と笑顔になっていた。

 この日は、スタジオジブリ 鈴木敏夫プロデューサーからの「単なる再演ではなく、まさに新しいことにチャレンジし続ける“千尋”。 私も楽しみにしています」とのコメントを湯婆婆・銭婆役の夏木マリが代読した。

 舞台『千と千尋の神隠し』は東京・帝国劇場(3月11日から30日まで)を皮切りに、英国ロンドン・コロシアム(4月30日~8月24日)、愛知・御園座(4月7日~20日)、福岡・博多座(4月27日~5月19日)、 大阪・梅田芸術劇場メインホール (5月27日~6月6日)、北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru(6月15日~20日)にて上演。

Copyrighted Image