SearchSearch

東京都、1日の新規陽性者は3834人、重症者は13人

2022.10.01 Vol.Web Original

 東京都は1日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに3834人確認されたと発表した。重症者は都基準で13人。65歳以上の高齢者は379人だった。
 
 病床の使用率は28.0%、オミクロン株の特性を踏まえた重症者用病床使用率は12.6%。

 50代から90代までの男女13名の死亡も報告された。

東京都、30日の新規陽性者は4558人 重症者は14人

2022.09.30 Vol.Web Original

 東京都は30日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに4558人確認されたと発表した。重症者は14人。

 病床の使用率は28.9%。オミクロン株の特性を踏まえた重症者用病床使用率13.1%だった。

 10歳未満から90代までの男女10名の死亡も報告された。

東京都、29日の新規陽性者は5032人 重症者は15人

2022.09.29 Vol.Web Original

 東京都は29日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに5032人確認されたと発表した。65歳以上の高齢者の感染者数は431人。重症者は15人。
 
 病床の使用率は21.5%。オミクロン株の特性を踏まえた重症者用病床使用率13.6%だった。

 60代から90代までの男女12名の死亡も報告された

東京都、28日の新規陽性者は5327人 重症者は14人

2022.09.28 Vol.Web Original

 東京都は28日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに5327人確認されたと発表した。65歳以上の高齢者の感染者数は422人。重症者は14人。
 
 病床の使用率は21.9%。オミクロン株の特性を踏まえた重症者用病床使用率16.7%だった。

 50代から100歳以上までの男女10名の死亡も報告された。

フィンランド発祥のスポーツ「モルック」の親子イベントが10月開催決定。TOKYO MXが主催

2022.09.28 Vol.Web original

 TOKYO MXは10月29日、東京・立川のアリーナ立川立飛で『集まれっ!親子モルック フェスティバル』を開催する。

 TOKYO MXでは10月29日から11月6日を「親子の絆つなげるウィーク」として、企業メッセージ「つなげるテレビ。」のもと、親子の笑顔を応援する取り組みを行う。その一環として10月、『集まれっ!親子モルック フェスティバル』が開催される。

「モルック」とは、木の棒を使ったフィンランド発祥のスポーツで、運動神経を問わず、老若男女誰でも楽しめるのが特徴。親子でモルックを楽しむことで、絆を深めるきっかけづくりにする。イベントの申し込みはTOKYO MX公式ホームページから。

東京都、27日の新規陽性者は5247人 重症者は17人

2022.09.27 Vol.Web Original

 東京都は27日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに5247人確認されたと発表した。65歳以上の高齢者の感染者数は337人。重症者は17人。
 
 病床の使用率は22.3%。オミクロン株の特性を踏まえた重症者用病床使用率17.4%だった。

 60代から90代までの男女8名の死亡も報告された。

雑司が谷七福神をみんなで歩いて国際交流 知らなかった池袋の風景に驚きも

2022.09.26 Vol.Web Original

 

 豊島区の雑司が谷の七福神を歩いて回るイベント『スタンプラリー 国際交流 雑司が谷七福神巡り』が25日に行われ、晴れ上がった空のもと、約50名がスマホ片手に七福神を巡った。

 秋の池袋の風物詩である『ふくろ祭り』で国際交流として神輿を担ぐことを目的とした団体「国際交流のおみこしを担ぐ会」が主催した国際交流イベント。大黒天(鬼子母神堂)、恵比寿(大鳥神社)、毘沙門天(清立院)、寿老人の代替となる吉祥天(清土鬼子母神堂)、弁財天(観静院)、布袋尊(中野ビル)、福禄寿(仙行寺)を巡る。出発前には、それぞれの神様について日本語と英語で説明が行われたが、ユニークな口調にあちこちから笑い声も上がった。

東京都、26日の新規陽性者は6316人、重症者は20人

2022.09.26 Vol.Web Original

 東京都は26日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに6316人確認されたと発表した。重症者は都基準で20人。

 陽性となった人の年代で最も多かったのが30代で1119人。以下順に、20代1109人、40代1077人、10代854人、50代777人、10歳未満699人、60代320人、70代209人、80代115人、90代35人、100歳以上1人、不明1人だった。65歳以上の高齢者は648人だった。
 
 病床の使用率は23.8%、オミクロン株の特性を踏まえた重症者用病床使用率は17.1%。

 60代から90代までの男女6名の死亡も報告された。

東京都、25日の新規陽性者は5621人、重症者は16人

2022.09.25 Vol.Web Original

 東京都は25日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに5621人確認されたと発表した。重症者は都基準で16人。

 陽性となった人の年代で最も多かったのが40代で992人。以下順に、30代934人、20代854人、10代802人、50代689人、10歳未649人、60代320人、70代208人、80代128人、90代42人、100歳以上3人だった。65歳以上の高齢者は517人だった。
 
 病床の使用率は24.4%、オミクロン株の特性を踏まえた重症者用病床使用率は18.3%。

 70代から90代までの男女9名の死亡も報告された。

東京都、24日の新規陽性者は4855人、重症者は15人

2022.09.24 Vol.Web Original

 東京都は24日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに4855人確認されたと発表した。重症者は都基準で15人。

 陽性となった人の年代で最も多かったのが40代で891人。以下順に、30代878人、20代840人、10代615人、50代557人、10歳未551人、60代201人、70代164人、80代109人、90代43人、100歳以上6人だった。65歳以上の高齢者は384人だった。
 
 病床の使用率は25.0%、オミクロン株の特性を踏まえた重症者用病床使用率は18.3%。

 70代から100歳以上までまでの男女9名の死亡も報告された。

自然あふれる公園、坂道なくす、としまポイントで観光活性化……小学生が「住み続けたくなる未来の豊島区」でアイデア提案〈豊島区こども未来国連会議〉

2022.09.24 Vol.Web Original

 豊島区の小学生を対象にした「豊島区こども未来国連会議」が23日、豊島区役所で開催された。ワークショップ型のイベントで区内の小学校から約50名の児童が参加し、「住み続けたくなる未来の豊島区」をテーマに考えた。

  子どもたちは4~5人ずつ10のチームに分かれて、ひとつのテーブルを囲み、ジャーナリストの堀潤氏を筆頭とした話し合いの進行を手助けする大人(コミュニケーションサポーター)のアドバイスも受けながら、テーマについて意見交換。チームとしての「住み続けたくなる未来の豊島区」像を決定し、それを実現する具体的な案、必要なこと、大人に頼むべきことなど、意見をまとめて発表した。

Copyrighted Image