【ひめくりワンダホー】蘭丸くん(1歳10カ月)

2020.03.28 Vol.web Oliginal
 このコーナーでは愛犬ポータルサイトワンダホーのフォトコンテストに応募されたかわいい犬の写真を毎日ご紹介。

ワークライフバランスを考える【SOD女子社員・負け犬女の働き方改革】#7

2020.03.27 Vol.web original
 そんなわけで、この2年は引き続きGIRL’S CHのサイトの運営やそれに関わる業務を行ってきた。  体調不良や精神の乱れはまた不本意な結果を招くかもしれない。  だからこそ、自分の健康や心地よさを重視して無理をしないようにと仕事をしていた。  そんなある日、会社の先輩に呼び出された。  別部署の女性ではあるが、私の入社前からずっと働いている人だ。 「GIRL’S CHに戻ってからどう? 思ったほど活躍できてないように見える」  単刀直入にそう切り出された。 「GIRL'S CHに戻ってきて仕事に邁進するかと思ったらサンバにかまけてばっかりじゃないか」  そうなのか。  確かに以前のようなガムシャラな働き方はしていないが、決して仕事に手を抜いていたつもりはなかった。  それが、周りの人にそう見られていたなんて。  趣味であるサンバは、夏場は練習やイベント出演などで忙しく、しかしそれは土日がメインだ。  とはいえ、浅草サンバカーニバルのような大きなイベントの翌日などは、有給休暇を使うこともあったし、日常会話の中でサンバの話題を出すことも多かったことは自覚している。  ただ、普段は週に1度、仕事の後に練習に通う(それも21時からなので、基本的に業務には支障はない)程度なので、「サンバばかりして仕事に手を抜いていた」と言われるのは心外だ。  また、前回書いたように、サンバで得られた経験が仕事に生かされるという局面もある。  たとえば、サンバチームで活動するメンバーは年齢も仕事も家庭環境もバラバラなため、一緒に活動しながら様々な価値観を理解できるようになったりだとか。効率的に、かつ、確実に連絡事項を伝達するにはどうしたらいいかだとか。  売上に直結はしないが、得るものは多い。  決して、仕事よりサンバを優先していたわけではなく、どちらも同じくらいには大切なのだ。  実は、弊社では今年度からノー残業デーが取り入れられた。  週に一度は早く帰り、家族や友人と過ごす時間を大切にしたり、仕事以外の楽しみを見つけようという目的で、いわゆるワークライフバランスを考え直すための取り組みである。  弊社はもともと映像制作を基盤としてスタートした会社で、目指す作品を完成させるためなら寝る間も惜しまない仕事熱心な人が多かった。  少し前までは終電を超えて朝まで働くことも少なくなかったし、会社に泊まることもあった。  そんな会社が、ワークライフバランスである。  私としてはかなりのビッグニュース、会社に対しての価値観が揺らぐ出来事であった。  その一方で前述した先輩のように、私に対して「仕事を怠けている」という人もいる。  ただ、「サンバにかまけてばかりで仕事がおろそかになっている」というのも、言い換えてみると「もっと仕事をガムシャラにやってほしい」というその先輩の願望かもしれないことも想像できる。  自分ももっと仕事をガムシャラにやりたいけど(会社や家庭や様々な事情で)それができない分、私に期待している。  自分はワークライフバランスを大切にしたいけど、そうでない人生の可能性を見てみたいから私に期待している。  そういう期待を込めて、叱咤激励してくれているとも考えられる。  でも結局は、独身で、役職もない、責任がない私が、働きすぎてボロボロになっていく様子が見たいだけなのではないだろうか。  そんな悪魔のような考えが頭をよぎることも事実だ。  働いていても怒られ、働かなくても怒られる。  一体私は誰のために、何のために働いているのだろうか。  誰のご機嫌をとるために、誰の満足感を満たすために。  本当は自分自身のために働いていればいいはずなのに、雑音が多すぎる。  目の前の色々な意見に振り回されて、会社で生きることは本当に心が疲れてしまう。  私に必要なのは、他人からの意見を右から左に受け流す軽さ、なのだろうか。  本当にそれでいいのだろうか?

【ひめくりワンダホー】chiffonくん(8歳11カ月)

2020.03.27 Vol.web Oliginal
 このコーナーでは愛犬ポータルサイトワンダホーのフォトコンテストに応募されたかわいいペットの写真を毎日ご紹介。

GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第47弾 何処に…?

2020.03.26 Vol.Web Original
最近の僕は 本当に24時間メンバーと居る。 特にメンさん。 最近、メンさんの家にずっと泊まっている。 リハーサルをして一旦帰宅して 服を着替えて用意をして ご飯を食べに行って、メンさんの家に帰る。 こんな生活が続いてる。 つい最近なんて 気付いたら5日連続で泊まってた… 何を話すわけでは無いけど メンさんのベッドを陣取って僕が先に寝る… メンさんはゲームをしているから 僕より後に寝てる。 たまに、レオも遊びに来て 3人で夜遅くまでゲームして 気付いたらリビングで寝てる時なんかもある。 高校生の時の青春を取り戻してるような気持ち。 だから、本当の意味で24時間一緒にいる。 でも、読んでいて思う方も居るかも知れない。 それ、めちゃくちゃ迷惑じゃない?って。 僕もそれを凄く感じる。 いくらメンさんと言えど5日連続とか 嫌なんじゃないかなーって。 でも、メンさんはいつも笑顔で 「全然良いよー」って言ってくれるから 僕は、「じゃあ今日も行きますねー」って 文章にしてたらすごい迷惑なやつですね。(笑) でも、こう言う時間って絶対に思い出になるから 今は1つずつの事をしっかりと 思い出にして行きたいと思います!

【ひめくりワンダホー】ちろるくん

2020.03.26 Vol.web Oliginal
 このコーナーでは愛犬ポータルサイトワンダホーのフォトコンテストに応募されたかわいい犬の写真を毎日ご紹介。

女性27歳「関係が近い距離の人と最終的に関係性がこじれてしまいます」【黒田勇樹のHP人生相談 118人目】

2020.03.25 Vol.web original
 こんにちは、黒田勇樹です。  昨日(24日)から三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュース Vol.8「世界は、猫と花と鳥と、蛇のもの」の上演が始まりました。  出来る限りの新型コロナウイルス対策を施して、皆様の来場をお待ちしておりますので、皆様にも万全の対策をされたうえでお越しいただけると幸いです。 「来て良かった」と言っていただけるような作品に仕上がったと思っておりますので、こんなご時世ですが、ぜひ!  今回は人生相談です。相談も随時受付中です。  では始めましょう。

【ひめくりワンダホー】のあくん(2歳2カ月)

2020.03.25 Vol.web Oliginal
 このコーナーでは愛犬ポータルサイトワンダホーのフォトコンテストに応募されたかわいい犬の写真を毎日ご紹介。

【ひめくりワンダホー】ゆきちゃん(1歳0カ月)

2020.03.24 Vol.web Oliginal
 このコーナーでは愛犬ポータルサイトワンダホーのフォトコンテストに応募されたかわいいペットの写真を毎日ご紹介。

【ひめくりワンダホー】くうちゃん(ラブラドール・レトリーバー)

2020.03.23 Vol.web Oliginal
 このコーナーでは愛犬ポータルサイトワンダホーのフォトコンテストに応募されたかわいい犬の写真を毎日ご紹介。

【ひめくりワンダホー】ルーシーちゃん(16歳6カ月)

2020.03.22 Vol.web Original
 このコーナーでは愛犬ポータルサイトワンダホーのフォトコンテストに応募されたかわいい犬の写真を毎日ご紹介。

【ひめくりワンダホー】あばちゃん(9歳3カ月)

2020.03.21 Vol.web Original
 このコーナーでは愛犬ポータルサイトワンダホーのフォトコンテストに応募されたかわいい犬の写真を毎日ご紹介。

Copyrighted Image