社会課題は起業アイデアの宝庫! 次世代のソーシャルビジネスが持つ可能性「SDGs×起業」

 2015年9月にニューヨークの国連本部で開かれた「国連持続可能な開発サミット」で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で掲げられた17の「持続可能な開発目標(SDGs)」。SDGsは、途上国から先進国まですべての国に対し、豊かさを追求しながら、地球を守ることを呼びかけており、それまでのミレニアム開発目標(MDGs)より一層普遍的な指標として、2030年までの解決を目指して、さまざまな分野の目標に取り組んでいく。

 2016年の正式発効から日本でも少しずつ認知され、現在では強い関心を持つ企業や自治体も増えている。そんな中、企業としての成長を目指しながら社会課題を解決していく、次世代のソーシャルビジネスが注目を集めている。

 持続可能な開発の定義は「将来の世代がそのニーズを充足する能力を損なわずに、現世代のニーズを充足する開発」。今、SDGsを通してより深く社会と結びつく起業の形に大きな期待が寄せられている。

【17の「持続可能な開発目標(SDGs)」】
目標01: あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
目標02: 飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善
を達成するとともに、持続可能な農業を推進する
目標03: あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、
福祉を推進する
目標04: すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、
生涯学習の機会を促進する
目標05: ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエン
パワーメントを図る
目標06:すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する
目標07: すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
目標08:すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働
きがいがある人間らしい仕事)を推進する
目標09:強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る
目標10: 国内および国家間の不平等を是正する
目標11: 都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする
目標12: 持続可能な消費と生産のパターンを確保する
目標13: 気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
目標14: 海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する
目標15: 陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る
目標16: 持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する
目標17: 持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

1 2 3>>>
kemio「自分の国を外から見る経験はしたほうがいい」高校生とSDGsを学ぶイベント
パラ卓球のアート展が渋谷で開幕。パラスポーツ×アーティストのコラボで新たな魅力届ける
『SDGsピースコミュニケーションproject』とは……
「SDGs」とは……
「長崎原爆投下75年を伝える」松本和巳さん(映画監督・演出家)