今回はしっかり政策を聞いて投票したい!! 【東京都知事選7月31日投開票】

2016.07.22 Vol.671
 舛添要一前東京都知事の辞職に伴う東京都知事選の投開票が7月31日に行われる。  1999年の選挙で石原慎太郎氏が当選して以来、すっかり“後出しじゃんけん”がトレンドとなってしまい、候補者の政策をじっくり吟味する機会がなくなってしまった都知事選だったが、今回は様相が少し違うようだ。  舛添氏の辞任以降、嵐の桜井翔の父で総務省事務次官の桜井俊氏などさまざまな名前が上がるなか、6月29日に元防衛相で自民党の衆議院議員である小池百合子氏がいち早く出馬を表明した。小池氏は「自民党員として出馬する」と自民党の公認・推薦を求めたが、自民党東京都連は11日に元総務相で元岩手県知事の増田寛也氏を推薦。自民党は平成11年以来の分裂選挙となった。  一方、野党は先の参院選に続き都知事選でも野党統一候補を立てることとなったが、人選に難航。  そんななか業を煮やした一部の市民団体が7月6日に俳優の石田純一氏を野党統一候補に推薦。石田氏も6日に会見し、「野党統一候補としてならば出馬させていただきたい」と条件付きで出馬を表明した。  しかし直後に参院選の投票日を控えていたこともあり、なかなか決定には至らず。石田氏は契約するCMや出演するTV番組、イベントの調整からタイムリミットと目されていた11日に出馬を断念した。  11日には過去2回続けて次点となっている元日弁連会長の弁護士、宇都宮健児氏が出馬を正式表明。一方で民進党は元経済産業省官僚の古賀茂明氏に出馬を要請。しかし翌12日に急転直下で民進党はジャーナリストの鳥越俊太郎氏の擁立を決め、鳥越氏が野党統一候補として出馬することとなった。  宇都宮氏は12日に行われた5人の候補者による公開討論会や13日に日本記者クラブで行われた会見にも参加し、自らの政策を訴え出馬の意思を示していたが、13日夜に出馬断念を発表した。  14日の告示日には21人が立候補の届け出をした。21人というのは過去最多の数字。  本紙コラムニストの小池氏は地元・池袋で第一声。「東京を大改革し、そして未来の東京を、都民の手で都民による都民のための都政にしていきたい」と訴えた。  なお自民党都連は今回の都知事選にあたり、都連が推薦する増田寛也氏以外の候補者を応援した場合、処分対象となることを通知していたのだが、自民党衆議院議員の若狭勝氏が小池氏の応援に駆け付けた。  この都連の通達はメディアでも取り上げられ、「やりすぎ」という声も多く出た。  増田氏は千代田区の事務所前で第一声。自公の推薦を受けてはいるものの知名度で劣る増田氏は選挙戦では自らの実務能力をアピールするとともに、時にはメディアの要求にこたえ、「五郎丸ポーズ」を披露するなど、知名度アップに躍起となっている。  野党統一候補として臨んだ鳥越氏は12日の出馬会見での「昭和15年生まれで終戦の時は20歳。もちろん空襲も覚えている」「東京都では若干、出生率はほかのところよりは高いといわれているがそれでもまだ1.4前後」などと事実と違う内容の発言や、過去に4度のがん手術を受けていることから年齢と健康に対する不安が指摘された。しかし本人は「今が一番健康」と胸を張るが、選挙期間前半は政策の立案不足なのか健康への不安なのか、街頭演説が他の候補に比べ少なく、当初からの不安の声を払しょくし切れてはいない。  また鳥越氏は17日にフジテレビの「新報道2001」で予定されていた主要3候補の討論会を日程調整を理由に欠席。それに伴い企画自体が流れ、小池氏と増田氏も出演がとりやめになるといった事態も起こった。各候補の政策をじっくり聞くことのできる数少ない機会だっただけに、物議を醸した。  各メディアによる世論調査では小池氏が一歩リードし、鳥越氏と増田氏が続く形となっているが果たして結果は…。 ※本原稿の締め切りは21日。

健康な頭皮と美しい髪のために

2016.07.11 Vol.670
 1957年、フランスの美容師により作られたスカルプ&ヘアケアブランド「ルネ フルトレール」。創業年に発売開始した人気の商品を紹介! 「創業以来60年近く、多くの方にご愛用いただいている当社の定番の人気商品がシャンプー前に使用するスカルプケア用のオイルトリートメント“コンプレックス 5”です。創業者のルネ・フルトレールの“美しい髪は健康なスカルプから生まれる”という理念に基づき作られたもので、マッサージによって頭皮全体の血行を良くし、健康な頭髪へと導いてくれます。オレンジとラベンダーのエッセンシャルオイルがたっぷり使用され、それらがシャンプー前の頭皮を清潔にし、頭皮のすこやかさを保ってくれます。香りはさわやかな柑橘系が主体で、枕元がいい香りになるので、気持ち良く寝られるという声もいただいています」  製薬会社が頭皮と皮膚の生理学、病理学に沿って商品開発をしているという。毛髪に変化を感じ始めた人にはこんな商品も…。 「洗い流さないスカルプトリートメントの“トリファジック インテンシブ”です。最近CMなどでもよく聞かれるAGAなど遺伝などによる進行性の抜け毛が気になる方に使っていただきたいスカルプエッセンスです。こちらも1986年に誕生し、長く愛されている商品で、来月には、さらに保湿成分であるアデノシン三リン酸という成分を新たに配合し、さらにパワーアップします。これらの商品はサロン専売品なので、美容師による頭皮状態のチェックとカウンセリングを通じて、個人にあったものをお勧めしています。スカルプケアを日常の習慣にして健やかな髪を育んで下さい」 【希望小売価格】「ルネ フルトレール コンプレックス 5」6000円/「ルネ フルトレール トリファジック インテンシブ 」8本入1箱 9600円(いずれも税別)

毎日を健康で美しく過ごすために【超・腸活のすすめ】その2

2016.06.13 Vol.668

腸整ヨガで日常のプチ不調を解消

毎日を健康で美しく過ごすために【超・腸活のすすめ】その1

2016.06.13 Vol.668
第二の“脳”と呼ばれ、健康と美容に大きな影響を持つといわれている“腸”。腸内環境を整えることは今やトレンドから常識に変わりつつある。腸内環境を整える上で重要なのが食と運動。今回は食と運動の2人のスペシャリストに、体の内側と外側からできる腸内環境改善のアプローチ法を教えてもらう。

実はアブナイ“食欲の秋”! 糖質を上手にコントロールして血管を健康に。

2015.11.07 Vol.654

食べて健康!私のCHOICE Vol.2

『世界一受けたい授業』などのテレビ番組や健康をテーマにしたさまざまな著書で知られるスーパードクター・小林弘幸先生による、好評企画第2弾! 今回は“食欲の秋”に潜む、危険な糖質過剰摂取について、語ってもらった。

全世界が注目するネイマール・ヘアの秘密は「アンファー」!?

2015.01.10 Vol.634
“男を上げる”『アンファー スカルプD』新たなCMに起用されたのは、なんと世界屈指のサッカー選手、ネイマール! アンファーのCMといえば、過去にはあのバロンドールの常連・メッシも登場し大きな注目を集めたことも記憶に新しい。ブラジル代表史上最年少キャプテンに任命されたネイマールが、アンファーのCMでも攻める!

安全・健康・おいしいお菓子

2014.09.15 Vol.626
 安全で健康に配慮された「おやつキング」が人気だ。原材料は国産品にこだわり、小麦粉は愛知県産・北海道産、糖分はてんさい糖、きび糖、黒糖等を使用。また、すべての商品に乳酸菌発酵種を配合することで、味や風味、食感が良くなり保存性が向上、よりおいしく食べられるおやつになった。かぼちゃ、ほうれんそう、黒糖、ミルクなど風味豊かな素材を用い、軽い食感のラスク、少量でも満足感のあるクッキー、発酵バターの風味も楽しめるサブレの全9種類をセットにして、読者10名にプレゼント(係名:「おやつキング」)。

健康の先に”キレイ”がある! 新アプローチのヨガを届けたい 野沢和香

2014.09.14 Vol.626
 雑誌『VERY』のモデルとして活躍する野沢和香。彼女は、ヨガ・インストラクターとしても人気だ。 「きっかけはサーフィンを始めたことでした。筋肉がついて体が大きくなってきちゃって。“このままだと入る服がなくなっちゃう!”って苦情もあって(笑)。他の方法ってないのかなって、加圧とかピラティス、ボルダリングや乗馬…いろいろやりました。そのなかで、自分の性格的にもフィットしたのがヨガだったんです。年齢を重ねてくるなかで、手に職をつけたいっていうのもあったのも本心(笑)。何か欲しい!って」  そんな理由もあって、ヨガへの取り組みもストレートにインストラクターの資格取得へ。2007年には全米ヨガアライアンスを取得した。その後は日本最大のヨガイベント『ヨガフェスタ』にレギュラー出演するのを始め、ダイエット、部分やせなど美容の観点からの映像作品も作った。この夏は冠番組『野沢和香 わかヨガ からだメンテナンス』(BSフジ)も放送。こちらは健康の観点からのアプローチで、肩こり、腰痛、むくみ、便秘など、現代人が抱える体の不調の改善に効果的なポーズを紹介。先日、番組と同じタイトルでDVD作品も発表した。 「友人と集まると、昔はどうすればきれいになれるかってことが話題だったのに、今はまず健康の話。健康があってその先の美容なんだろうなって思うんです。それで、いろんなからだの悩みを少しでも改善できるようなポーズ、ヨガを届けられたらいいなって、新しいアプローチで取り組みました。研究好きなこともあって自分の体を使って試したり、周りの人に実践してもらったりしたうえで、まとめています。ヨガ経験者も初めての人にも満足してもらえるんじゃないかなって思います。どのポーズも10分でできるので気軽に始めてもらえるんじゃないかな」  秋の始まりは『わかヨガ』で。

生薬のチカラで子どもの健康をサポート

2014.02.02 Vol.610
 子どもの万能薬として長く愛されている宇津救命丸から3カ月から15歳未満の子どもの健康を強力にサポートする「宇津救命丸Gold」が新登場。受験や教育環境の変化、家庭環境の変化等のストレスで体調を崩す子どもが増加している近年。同製品はそんなストレスによる精神不安からくるイライラや食欲不振、胃腸虚弱などの症状に必要な成分「ゴオウ」と「ジャコウ」を強化。その2種を含む8種の自然由来の成分が、症状をじっくり改善させて心身のバランスを整え、体質を強化させる。400年の歴史から生まれた小中学生の救世主。

Copyrighted Image