カンニング竹山キレる「これくらいの薄毛で薄毛キャラ背負えない」



 お笑い芸人のカンニング竹山とじゅんいちダビッドソンが21日、都内の会場で行われた「新・男性用ヘアケアブランド PROTAGA製品発表会」に出席した。
 
 はじめに竹山が「薄毛タレント日本代表」と紹介されると「失礼な言い方だな。薄毛で金稼ぎたくないわ。気分悪いわ。本気の薄毛に失礼だわ。なんなら俺より強い薄毛いっぱいいるから。これくらいの薄毛で薄毛のキャラ背負えないわ。申し訳ない」と高速のキレ芸。しかし、続けて「俺だって悩んでんだよ。だからこの商品に期待しているの」と薄毛キャラには反発しつつも、気にしている様子も。そこへ、じゅんいちダビッドソンが「ロシアからちょっとだけ帰ってきました」と堂々の入場。「竹山さんの髪の毛って普通に考えたら伸びしろがなくなった結果がそれだと思うんですよ」とサッカー日本代表本田圭佑のマネで竹山の薄毛をいじった。しかし「じゅんいちじゃねえか。そんな事より、後半本田が出場して良かったな」と軽く一蹴。じゅんいちは思わずサングラスをはずし、「めちゃめちゃ良かったです」と素に戻り、前日のコロンビア戦で本田が途中出場して、決勝ゴールをアシストした事に安堵した。「自分で言うのはなんですけど、“サッカー界の“あの方が来ました”って言うと、99%僕が来ますから」とワールドカップ特需について暴露。さらに「昨日の試合で大迫が得点したら、いろいろな人から“ありがとう”って言われた。この場を借りていいます。俺じゃないです(笑)」と笑わせた。


 イベントでは、ワールドカップの必勝を祈願し、なぜかコロンビア戦の決勝点の場面を再現。じゅんいちが本田になりきりボールを蹴るも、コロコロと転がり竹山はヘディング出来ず。「少しは上げてくれないとヘディングできないよ」とダメ出しをした。

 最後は不本意ながら薄毛タレント日本代表として竹山が「今までいろいろな薄毛対策商品を使ってきたけど、肌荒れやかゆみが出て続けられなかった。今回の商品はサプリということでかけてます。ぜひ、皆さん一緒に試してみて!」と薄毛に悩む人に呼び掛けた。じゅんいちは「僕も今は大丈夫なんですけど、金髪にしているので、将来的に不安。本田選手と長友選手には進めたいと思います」と頭皮のダメージを心配しつつ、うまく商品をアピールした。