冬に気になるフケ・かゆみ…「頭皮の乾燥」を予防するには?

冬の「頭皮の乾燥」対策について語る浜中聡子先生
 「頭皮の乾燥」の原因と対策を教えてください。

浜中「外気温の低下もそうですし、室内のエアコンも頭皮の乾燥に影響します。おしゃれのためのカラーリングやパーマなどで、頭皮環境を犠牲にしていることもあると思います。個人でできる対策として、まずは脱脂力が強すぎないか、合わない成分が入っていないかなど、自分に合ったシャンプーを使っているかどうかを見直しましょう。オーガニックシャンプーでも、洗い残しやベタつきが残る場合もありますので、頭皮環境に一番合ったシャンプーを選ぶことが大事です。

 また、実は頭皮も専用の保湿美容液で保湿できますので、頭皮の保湿ケアを習慣にしてほしいですね。頭皮用の保湿美容液は医療機関で入手できますし、いくつか市販されているものもあります。頭皮にもさまざまな保湿成分がありますが、当院では頭皮の水分保持力が高まる米エキスを配合したものを用意しています。塗布してもベタつきが残らず浸透しやすいので、頭皮には頭皮専用の保湿美容液の使用をおすすめします」

 「頭皮の乾燥」を防ぐために行いたい冬のケア方法は?

浜中「シャンプー後、ドライヤーで乾かしてから頭皮のつっぱり感やかゆみ、赤みが気になる部分を手早く保湿してください。すでに頭皮の乾燥を治療している場合も、外用薬を塗る前に頭皮を保湿していただくと、外用薬の浸透が良くなり効果も安定します」

 「頭皮の乾燥」で医療機関を受診する目安を教えてください。

浜中「かゆみや赤みがひどい、フケが出るなど何かしらの自覚症状があれば医療機関を受診したほうが良いと思います。頭皮の乾燥を放置すると抜け毛などの原因にもなります。また、乾燥が気になる場合はカラーリングやパーマを休むなど、頭皮に負担の少ないおしゃれを選んでください。月に一度だとしても毎回刺激を与え続けるのと、その分を頭皮のケアにあてるのとでは、最終的な結果が違ってきますよ」
東京スカイツリーが金色ライトアップ!日本初の小児がん啓発キャンペーンがスタート
コロナ禍中の熱中症リスクに要注意!! 日々の生活で意識したい水分摂取のススメ
国産ハーブ風味のペーストがとろ〜り「養命酒製造クロモジのど飴」リニューアル
「美少年酒造」の大吟醸酒を配合したアルコールスプレー「Mistgram60」誕生
スザンヌが復興支援でトーク「熊本に来てください!」
今回はしっかり政策を聞いて投票したい!! 【東京都知事選7月31日投開票】