栗原恵×中山俊樹対談「バランスよく成り立っているチームが最終的に勝つことが多い」

不安に打ち勝つには「楽しむこと」と言う栗原氏

プレッシャーを楽しみに変える

中山「スポーツにはプレッシャーがかかる場面もあると思いますが、その点はいかがですか?」

栗原「私自身はプレッシャーを楽しみに変えようといつも考えていました。試合に向けてできることはすべてやったと思っても、いざとなると “こうしておけば良かった”“もっと練習しておけば良かった” という不安は常に湧き起こって……。でも、その不安が向上心につながることも分かっているので、そんな自分を客観的に見て、プレッシャーさえ楽しんでしまおうと考えたのです。ストイックになりすぎると楽しめなくなってしまうので、あえて気軽に考えることも時には必要だと思いました。中山社長はどうですか?」

中山「業績目標やプロジェクトの締め切りなど日々プレッシャーはありますね。そんな中で私が大切にしていることは二つあります。まずはゴールに向かい続けることや目の前のことから逃げ出さないこと。もう一つは追い詰められないこと。追い詰められたと思ったら、いったん心をオフにする。別のことに打ち込んで気持ちを切り替える。私の場合は休日のテニス、年に数回の山登りがそれに当たります。その時間は仕事のことを全部忘れて、テニスや山に集中する。そうやって日々のプレッシャーとうまく付き合っています」

栗原「あえて別のことに没頭する時間を作っているんですね。私もスランプに陥った時は視野が狭くなってしまって、基本的なことに気づけなくなることがありました。そんな時は一度バレーボールから離れて別のことをするようにしていました。先ほど “楽しむ” という言葉を使いましたが、実は楽しめるようになったのは引退を見据えた最後の1年半くらい。それまでは “楽しんでいたら試合になんて勝てない” と思い込んでいましたね」

中山「世界を相手に戦っていた栗原さんだからこその重みある言葉ですね」

【SDGsピースコミュニケーション宣言】カルロス菊田「格闘技で世界を繋ぎます」
4月からは大分県パートナーシップ宣誓制度がスタート。SDGsジェンダー主流化に向けた取り組みを推進
【SDGsピースコミュニケーション宣言】大前孝太郎「『しぶさわくんFM』で地域のクロスカルチャーを推進します」
【SDGsピースコミュニケーション宣言】森澤恭子「女性をエンパワメントし、ジェンダー平等の社会を品川区から」
小山薫堂ら、大阪・関西万博で“未来のおかし”展示へ 子どもたちからアイデア募る
堀潤、AIアナウンサー登場に「ニュースはもうだめ。ビジュアルも含めてまったく遜色ない」