栗原恵×中山俊樹対談「バランスよく成り立っているチームが最終的に勝つことが多い」

栗原氏も選手時代は中間管理職のような立場の時があったそう

未来に向けて

中山「栗原さんは引退後、まったく新しい仕事を始められていますが、何かご自身の中で変わったことはありますか?」

栗原「バレーボールをやっている時は “笑わないエース” というテレビ番組ができるほど笑わなかったんです。でも、それはメディアやファンの方が求めているストイックな選手像を演じていたのではないかと今になって思います。それに気づいてからは自分の言葉で話せるようになりましたし、タレントとしても活動しやすくなりましたね」

中山「なるほど、その素敵な笑顔は内面から湧き出ているものだったのですね。仕事も目指す場所にたどり着くために苦しいことがたくさんありますが、ワクワクしながら創作していく楽しさもあると思っています。栗原さんもぜひ楽しみつつ、ますますのご活躍を期待しております」

栗原「ありがとうございます。私も、街づくりへの貢献活動に大いに期待しております」

(取材・文:伊藤緑)

コミュニケーションの極意は「相手の立場に立って考えること」と語る中山氏

 

 

【SDGsピースコミュニケーション宣言】カルロス菊田「格闘技で世界を繋ぎます」
4月からは大分県パートナーシップ宣誓制度がスタート。SDGsジェンダー主流化に向けた取り組みを推進
【SDGsピースコミュニケーション宣言】大前孝太郎「『しぶさわくんFM』で地域のクロスカルチャーを推進します」
【SDGsピースコミュニケーション宣言】森澤恭子「女性をエンパワメントし、ジェンダー平等の社会を品川区から」
小山薫堂ら、大阪・関西万博で“未来のおかし”展示へ 子どもたちからアイデア募る
堀潤、AIアナウンサー登場に「ニュースはもうだめ。ビジュアルも含めてまったく遜色ない」