栗原恵×中山俊樹対談「バランスよく成り立っているチームが最終的に勝つことが多い」

【新企画】SDGs HEADLINE〈シリーズ:未来トーク〉

 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)は、目標達成期限の2030年まで折り返し地点を過ぎた。持続可能な未来へ向けた取り組みや、目標達成のヒントとなる話題を各界の著名人とビジネスパーソンが語り合う「シリーズ:未来トーク」。

 今回は目標8「働きがいも経済成長も」と17「パートナーシップで目標を達成しよう」に関わるテーマ「チームワーク」について。バレーボール全日本代表として活躍し、2019年に現役引退。現在はタレントとして活動する栗原恵氏と、通信インフラ設備の構築を中心に事業を展開し、災害発生時には応急復旧工事を行う株式会社ミライト・ワン代表取締役社長の中山俊樹氏が語る。

「シリーズ:未来トーク」より、株式会社ミライト・ワンの中山俊樹氏と栗原恵氏(撮影:田辺虎太朗)

エースがいれば勝てるわけではない

中山俊樹氏(以下、中山)「バレーボールの日本代表として世界で活躍された栗原さんは、チームワークについてどのようにお考えですか?」

栗原恵氏(以下、栗原)「バレーボールは強いエースがいたら絶対勝てるかというとそんなことはなく、バランスよく成り立っているチームが最終的に勝つことが多いと感じています。今の日本代表チームがまさにそれで、海外の選手との体格差を技術力やコンビバレーなどのチームワークで埋めています。私自身、長く選手でいられたのはチームメイトに助けてもらったことが大きいですね」

中山「確かに、チームはひとりだけ強くても、というのはありますね。仕事もチームで行うので、栗原さんがおっしゃるように、ひとりではできないことを助け合いながらそれぞれが役割を持って進めることが大きいと思います。私も数十年仕事をしてきて、20代、30代、40代それぞれに忘れられない仕事があります。そうした仕事を一緒にやり遂げた中でも忘れられないチームは、自分を育ててくれたり、自分に変化を与えてくれたりしたチームですね。その時のメンバーとは今も良い関係で付き合いが続いていています」

1 2 3 4 5>>>
【SDGsピースコミュニケーション宣言】森澤恭子「女性をエンパワメントし、ジェンダー平等の社会を品川区から」
小山薫堂ら、大阪・関西万博で“未来のおかし”展示へ 子どもたちからアイデア募る
堀潤、AIアナウンサー登場に「ニュースはもうだめ。ビジュアルも含めてまったく遜色ない」
黒谷友香、2体の家族型ロボットとの生活語る「人間がどうなるか自分で実験したかった」
EXILE TETSUYA「一緒に踊る仲間を増やしたい」TGCとLDHの地方創生プロジェクトが4月に熊本初上陸
「なんでテリー伊藤という名前なの?」小学生の質問にテリー伊藤が名回答「君たちも今日から2つ目の名前を持ってみて」