“警察小説×仁義なき戦い”の世界に酔え!『孤狼の血』

©2018「孤狼の血」製作委員会
 暴力団対策法成立直前の広島の架空の都市を舞台に、刑事、やくざ、そして女たちがそれぞれの正義と矜持を胸に生き残りを賭けて戦う姿を描く衝撃作!

 原作は第69回日本推理作家協会賞を受賞をした柚月裕子の同名小説。一つの失跡事件に隠された謎を追うミステリーと、仁義なき世界に生きる者たちの人間ドラマが織りなす警察小説の傑作。柚月自身が「『仁義なき戦い』があったからこそ生まれた小説」と語る同作を、そのDNAを受け継ぐ東映が日本を代表する俳優陣をそろえて映画化した。

 捜査方法は手段を選ばず、やくざとの癒着など黒い噂が絶えない刑事・大上省吾役に役所広司。役所史上“最凶”の刑事役に注目! 大上のやり方に疑問を持ちながらも少しずつ影響を受け成長していくエリート新人刑事・日岡秀一に松坂桃李。老舗・尾谷組の若頭で昔気質の極道・一之瀬守孝役に江口洋介。大上とは旧知の仲であるクラブ「梨子」のママ・高木里佳子に真木よう子。他、竹野内豊、さらにピエール瀧、中村獅童、石橋蓮司、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、阿部純子、矢島健一、田口トモロヲら個性豊かな実力派俳優が集結。メガホンを握るのは『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。“警察小説×仁義なき戦い”と称される原作の醍醐味をあますところなく映像化している。

STORY:昭和63年。いまだ暴力団組織が割拠している、暴力団対策法成立直前の広島・呉原。新たに進出してきた広島の巨大組織・五十子会系の加古村組と地場の暴力団・尾谷組との抗争の火種がくすぶり始めるなか加古村組関連企業の社員が失跡。それを殺人事件と見たマル暴のベテラン刑事・大上と新人刑事・日岡は事件解決のため奔走するが、やくざの抗争がすべてを飲み込んでいく…。

監督:白石和彌 出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、中村獅童、竹野内豊、ピエール瀧、石橋蓮司、江口洋介他/2時間6分/東映配給/全国公開中 http://www.korou.jp