全身“悪”に身を包んだ中村獅童。息子をあやすも、まさかの無反応

 映画『ヴェノム』ジャパンプレミアが22日、都内にて行われ、俳優・中村獅童、女優・中川翔子、声優の諏訪部順一、ロックバンドのUVERworldが登場した。

『スパイダーマン3』にも登場する悪役ヴェノムをダークヒーローとして描くハリウッド大作。日本語吹き替え版ではトム・ハーディ演じる主人公エディの声を声優の諏訪部順一が、エディに寄生する地球外生命体を中村が、エディの恋人アンの声を中川が演じる。日本語吹き替え版の主題歌をUVERworldが手掛ける。
 映画の世界観に合わせたブラックカーペットに登場した豪華か顔ぶれ。中でも目を引いたのはヴェノムのコスプレで現れた中村。過去にはヴェノムにとっての宿敵であるスパイダーマンのスーツ姿を披露したこともある中村だが「その宿敵を演じるのはプレッシャーもありましたが、スパイダーマンが大好きなので光栄でした」と語りスーツの着心地についても「なかなか温かい」とご満悦。
 中川は「(中村の)悪としての存在感は巨大ヴェノム像にも勝る。さっきエレベーターの密室で真後ろにいて、死ぬかと思いました」と絶賛。諏訪部も「ヴェノムとエディはすごく良いバディー。僕も獅童さんとバディとして表現できたと思います」と語った。
 そんな中村は控室でヴェノム姿を息子の陽喜(はるき)くんにも見せたと明かし「どんな反応をするかと思ったんですが、いつもどおりでした」と苦笑。それでも「この姿のまま(陽喜くんを)よしよしとあやしていて、すさまじかったです」と中川には、かなりのインパクトを与えていた様子。最後には獅童とファンの掛け声で、ヴェノムトラックが出発した。

 映画『ヴェノム』は11月2日より全国公開