岡田将生と時任三郎「羽生結弦選手の応援」で“親子の絆”を育んだ

 映画『家族のはなし』親子試写会が13日、都内にて行われ、主演の岡田将生と父親役を演じた時任三郎が登壇した。

「涙が止まらない」とネットでも話題を呼んだ、お笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画を元に、挫折が重なり、いつしか実直な父を疎ましく感じるようになっていた青年が、幼いころの自分を通して家族の愛に気づくまでを描く。
 役どころにちなみ自身の反抗期について質問されると「ありました、ありました。反抗してました〜」と妙に明るいノリで答えた岡田。観客が笑いを漏らすと「重く言う事でもないかと思って…でも軽すぎましたね」と照れ笑い。10代のころは母親と話さなくなった時期もあったと明かした岡田だったが「父が間をとりもってくれて、そこで私の反抗期は終わりました。半年、無いくらいですかね(笑)」とあっさり終わった反抗期を振り返った。

 苛立ちをぶつける息子を見守り続ける父を演じた時任について「こんなかっこいいお父さんがいたら…。撮影現場での立ち振る舞い含め、時任さんの芝居にすごく感化されました。優しくされればされるほどこちらは苛立っていく芝居に自然となっていった」と尊敬の念を語った岡田。時任も「こちらもまったく同じ。岡田くんに反抗されればされるほど影響されて、見守るタイプの父親になっていった。お互いに良い影響を与えながら芝居を進めていけた」と役さながらの温かい笑顔を岡田に向けた。
 芝居ではすれ違う役どころだった2人だが、撮影中のエピソードについて聞かれると「テレビを…」という岡田に「見てたね、あの…」と時任が返し、2人声をそろえて「羽生結弦!」。撮影がちょうどオリンピックの時期に行われていたとのことで「芝居ではギスギスしていたんですけど、撮影を待っている間はみんなで家族団らんのように羽生選手を応援していました」と岡田が明かし、時任も「向こうで“本番!”って言っているのに、こっちでテレビを見ながら“おお〜っ!”って(笑)。こたつを囲んでね」と家族のように過ごした時間を振り返った。
 またこの日は岡田演じる主人公の幼年期を演じた子役・田中レイくんがカゴいっぱいのリンゴを持って登場。「岡田さんは優しくてかっこよくで大好きです!」というレイくんの言葉に相好を崩した岡田。「さっき待っている間にお話してたじゃん? 俺、何歳だっけ?」とレイくんにマイクを向け「19歳!」という返事をもらうと「まだ高校生役ができると思いました(笑)」と、さらに大きな笑顔を見せていた。

 同作は11月23日より全国公開。